Category Archives: Outdoor

ザイオンの朝 Morning in Zion


早朝、私たちは再びザイオンを訪れました。まだ暗かったので公園の入口近くのクリスマス用のイルミネーションが綺麗でした。 We visited Zion National Park again the following morning. We saw pretty Christmas illuminations near the park entrance because it was still so dark.

この日はザイオンの東側に行き、朝日を浴びたザイオンの写真を撮るのが目的でした。 Our purpose this day was to see the morning sunrise from the east side of Zion.

トンネルの向こうの東ザイオンの風景は渓谷内とは少し違います。 The scenery is different once you go through the tunnel because it is no longer in the valley.

渓谷ではないので、なだらかです。 Because of that, peaks and slopes are more gentle.

クロスベッドの地層がよくわかります。 We can see the cross-bed strata very well.

まだ早朝だったのでラッセル車の前後を走りました。仕方がないので東の公園入り口まで走り、見送りました。 Because it was so early, we drove pretty much together with a snowplow. So we waited a little for it to drive ahead at the east entrance so we wouldn’t block it.

少しづつ朝日が差し込んでくる予感がします。 We sensed that the morning light was gradually coming through the thick clouds.

遠くの崖の上に私のクリスマスツリーを見つけました。見えるでしょうか。いつかこの木が朝日に照らされている写真を撮りたいです。 I found my Christmas tree at the tip of the rock. Can you see it? I decided that I will take pictures of the tree illuminated by the morning light one of these days.

ところで、このツララ、何かがおかしい。重力の法則に従ってない。まっすぐ下に伸びてないんですね。どうしてでしょうか。 By the way, look at these icicles. Do you agree with me that something is wrong? It’s against the law of gravity. They were not hanging down straight. Why did such a thing happen?

そんな疑問は突然眼前に現れた景色に吹き飛ばされ、息を呑みます。 In any case, we were awed by the sight that suddenly appeared right in front of us.

ついに朝日が雲間から現れました。 The morning light had finally broken through the clouds.

景色が再び一変します。 The scenery had changed its look again dramatically.

The hills breathed again for a new day with the light.

再びトンネルを抜けて渓谷に帰ってきた時には車の量も増えて数珠繋がり状態になっていました。でも、景色の素晴らしいこと! When we exited the tunnel on our way back to the valley, we found so many cars already lined up on the road. Ugh! But what a stunning view it was!

車を止めて、朝の渓谷の写真を撮ることにしました。 So we stopped our car and started taking pictures.

午後には用事があるので帰途を急ごうとしていた私たちですが、サイドビューミラーを見ても、素晴らしい景色が私たちを引き止めようとします。 Because we had an errand in the afternoon, we were hurriedly going out from the park. But even the reflection of the side view mirror tried to stop us leaving there because it was so gorgeous.

しばらくサイドビューミラーの景色を楽しんでいたら、セルフィーが撮れました。微かにカメラを構えている私が見えます。 I enjoyed the view through the side view mirror for a while. Later, I realized that I took a selfy shot capturing views from the side view mirror. Can you see me faintly holding my camera?

帰途、遠くに見えたビーバーダムマウンテンにも雪が積もっていました。美しい景色は見るだけで幸せ度をグンとあげてくれるんですね。 On the way back home from the road, we saw the snow covered Beaver Dam mountains. It is very true for me that my happiness gauge goes up so high when seeing beautiful views like this.

冬が来た! Winter Has Arrived!


ザイオン国立公園に雪が降るとの天気予報を聞き、初雪の写真を撮りに出かけました。 We went to Zion National Park to take pictures because the weather report said it was going to snow.

近くなるにつれて雪がドンドン降ってきました。 As the park got closer, the snow got heavier.

期待した通りでした。公園に着いたら雪の世界が広がっていました。 And just like we wanted, the park changed to a snow wonderland.

とりあえずザイオンロッジに向かいました。 We went to the Zion lodge first.

深い雪雲で大きな岩壁は見えないものの、時折の雲間から見える渓谷の景色に大満足です。 We enjoyed the grand views from the lodge very much even though we couldn’t see the peaks as the thick clouds covered them.

ロッジからバージンリバーを渡り、トレイルを歩きました。 We crossed the Virgin river from the lodge, and walked on a trail.

雪に覆われるとどうしてこんなに風景が美しくなるんでしょうね。 Why is that scenery becomes so beautiful once snow covers the land?

魔法の杖が一振りされたんですね、きっと。 I guess someone had waved a magic wand.

トレイルはツルツルで、アイゼンを持ってくるのを忘れてしまったことに後悔しました。While we walked the slippery trail, we regretted that we didn’t bring our crampons.

早々に引き上げ、車に戻ってきた時には私たちにも雪が積もっていました。 So we soon gave up walking and came back to our car. When we got to the parking lot, we realized that the snow was on us as well.

牡鹿の立派な角にも雪が積もっていました。 The snow was on the buck’s gorgeous antlers as well.

もう冬が来ていました。 Winter had come already.

黄金の岩 Golden Rock


パウエル湖の北、グランドステアケース エスカランテを南下し、ビッグウォーターに向かうオフロードから見える岩壁は、夕日を浴びると神々しい姿に変身します。 The rocks along the road from Grand Staircase-Escalante to Lake Powell changed their look drastically when the sunset light hit them. They were divine.

まるで金でできているように輝いていました。 They were shining like they were made out of gold.

パウエル湖は人気スポットなのに、この日は誰もいない。私たちだけでこの黄金郷を独占です。 Lake Powell is a popular spot, but we didn’t find anyone yesterday. We had the El Dorado (Golden land) all to ourselves.

月が見えてきました。 The moon had come up already.

夕日をどこで見ようか迷っている間に、太陽はスピードを増して沈んでいきます。 We were looking for a place where we could wait for the sunset, but couldn’t find a place. In the meantime, the sun was going down so quickly.

サイドミラーを見ると、同じ岩壁がほんの少しだけ光っています。 When I looked in the side mirror, the same rock we passed by before was shining only on the top portion of it.

もう、ここしかない! This was it.

日が暮れてから1時間ぐらい、空の色が変わっていくのを観察しました。 For about an hour after the sunset, we observed how the sky was changing.

ピンクに染まった雲が高く登って行った月を追いかけて、ダンスをしている様でした。 The clouds, painted in pink, were dancing and chasing the moon as it went up higher.

10K: ランニングベスト Running Vest


ランニングベストを購入しました。 I bought a running vest.

写真、右上に見えるのはウエストに着装する軽いハイキング用のベルトです。今まではそれを走る時に使っていましたが、しっかり固定することが出来ないので気になって仕方がありませんでした。 I’ve been using a light hiking belt for running all this time. See the black thing at the upper right on the picture above. But I don’t like it because it bounces a lot when I run.

もうレースまで2週間もない今、ランニングのプロが使いそうなベストを買うってどうなの?と、躊躇していました。でも、その道を極めた人がデザインした製品は、予想を超えた着装感です。調整可能なバンジーコードがベストを体にピタッと固定してくれて、ジャンプしても全然動かない。 I hesitated to buy this vest because I won’t be using it much until race day, only two weeks away. Yet, this vest looked so good for a running pro, though not for a beginner like me. But when I tried it on, it fit perfectly for me because of the controllable bungee cords. It didn’t move around even when I jumped up and down. It exceeded my expectations, and I thought this is done by people who wanted to create the best.

水はソフトボトルを2本、ベストの前のポケットに入れることが出来ます。また、水バッグを背中に入れることも可能で、トータル5リットルも運ぶことが可能です。 I can put one soft bottle in each front pocket. I can also put a water bag in the back and a tube. It’s possible to carry 5 liters total.

私はせいぜい200mLあれば十分なので、ソフトボトルを片方に入れ、もう片方には携帯を入れてみました。また、エネルギージェルも即飲めるよう、2番目のポケットに入れました。さらに小さなポケットにはハンカチと飴を入れてみました。10-15km走るなら、これで十分です。 For me, I need only 200mL for a run. So I put one soft bottle in one side of the pocket, and my cell phone in the other side. I added an energy gel in the outer pocket, and put a handkerchief and candy in the smallest pockets. This is it for a 10 – 15 km run.

背中には水バッグを入れてもいいし、その他諸々何でも構わないんです。私は水バッグからチューブを通して水を飲むオプションは好きではなかったので、ベストの前のポケットからソフトボトルを出さずに飲めるオプションも気に入って購入しました。 The back pocket can hold anything you like besides a water bag. I don’t like the option of drinking water through a tube. But I do like the idea of drinking from a soft bottle without taking it out from the pocket. This is another point that I like about this vest.

すでに2回使いました。一回目はランニング、そして2回目はハイキング。なんとハイキングにも十分使えるんですね。日帰りのハイキングならこのベストがあればバックパックは必要ありません。私の中のパラダイムシフトとなりました。レース当日は使いませんが、それまでのトレーニング、そしてこれからのハイキングに大いに活躍してくれそうです。 I have used this vest for one run and one hike. It worked for both. If it’s a day hike, I can easily go with only this vest without a backpak. It was my paradigm shift. I won’t use it for the race, but I will use it for the remaining training. I already know that the vest will be very useful for my future hikes.

このベストは Bronco Race Vest という製品で、UltrAspireから発売されています。 The company name is UltrAspire, and the product name is Bronco Race Vest.

キャンプを試す Camping Trial


キャンプはしたいけれど、いくつかの障害があると思っている人は結構いるはずです。私もその一人です。 I think that there are many people who want to do camping, but several issues prevent them from doing so. I am one of those people.

そこで、障害解決のため、近場のスノーキャニオン州立公園で一泊キャンプのテストをしてみました。 So we did a camping trial near our house to test solutions for those issues. We stayed in Snow Canyon State Park for a night.

バンちゃんは全然問題なくテントに寝られます。 Banchan can sleep in a tent.

でも、私はもうテントには寝たくない。過去の経験を思い返すと避けたい。RVを借りたら快適に過ごせるはずですが、バンちゃんはRVを運転したくない。ま、RVが走り込めない場所に行くとしたら、今の車を使ってテストするしかないわけです。 But I don’t want to sleep in a tent anymore. Remembering back to when I did it before, I want to avoid sleeping in a tent as much as possible. If we could rent an RV, I would love that. But Banchan doesn’t want to drive it. Come to think of it, it may be a good idea to test camping with our current SUV to prepare for a place where an RV cannot go.

そこで、xTerraの後ろに寝ることにしました。So, I had an opted to sleep in the back of the xTerra.

そして、空調の問題は4つの窓と後ろのハッチバックドア全部に網を貼り、解決しました。We solved the air circulation problem by attaching screens on all four window plus the back door.

もう一つの問題はトイレです。キャンプ場のトイレまで3分25秒。この距離は夜中に行きたい時は問題です。そこで、ポータブルトイレを購入しました。 Another issue is the restroom. It takes 3 minutes and 25 seconds in this campsite to walk to the restroom. This distance is a problem for me in the middle of the night. So we bought a portable toilet.

それにしても暑い。40Cを超えていました。 In any case, the afternoon temperature was so hot, above 104 F.

こんな暑い時にテントに寝ていた人たちは私たちだけでした。他の人たちはRVで来ていたので、クーラーのある車内で快適な夜を過ごしていたことでしょう。 We were the only ones with a tent at the tent sites. The rest of the people there were comfortably inside their RVs with the air conditioning on.

それでも、日が暮れると涼しい風が気持ちいい。 It became somewhat cooler with an occasional breeze after sunset.

いやいや、車の中はやっぱり暑かった。暑すぎて頭が痛くなり、夜中過ぎまで寝付けませんでした。 I’ll take my word back. It was still hot inside the car. I got a headache because of the heat and couldn’t sleep until after midnight.

翌朝、トイレ。24Cぐらいで快適でした。 It was about 75 F the next morning. We went to the park restroom comfortably.

太陽が昇る前の景色は素晴らしい。 The views before sunrise were gorgeous.

こんな景色に出会えるからキャンプするんですね。 We want to camp because we can see such majestic views.

でも、こんなに暑い時は、やはり避けましょう。ハイキングの計画もしていましたが、それもやめて、さっさと退去しました。 I say we should still avoid such a hot season. We planned to do an early morning hike, but we decided to go home right away instead.

第一回目のキャンプテスト、65%成功でした。 Our 1st camping trial was 65% successful.

Hike 27: ザイオンの東 East Zion – Between Two Canyon Loop


久しぶりのザイオンの東、7.5km、ナバホ砂岩層の登り300m以上、全行程7.5kmをぐるりと回るハイクでした。The hike was in the east side of Zion National Park, 4.5 miles round trip with 1000 feet of climbing. It’s been a while since I came to Zion for a hike.

朝3時半に起き、ハイク仲間と5時に待ち合わせ、まだ真っ暗な中を歩き始めました。 We woke up at 3:30am, met our hike friends at 5am, and started walking when it was still dark.

暑くなる前にハイキングを終わらせるためです。 We wanted to finish the hike before it got hot.

太陽の光が差し始めました。The light from the Sun started shining on the cliff.

山間の高台に着いた時には、イーストテンプルが光を受けて私たちを迎えてくれました。 When we got to a mesa between the canyons, the majestically lit East temple greeted us.

そこでしばらく休憩です。涙が出るほど美しい。 We had a short break there. It was so beautiful that it made me almost cry.

その後しばらくイーストテンプルの方向に歩いて行きます。 We continued toward the East temple after that.

最近の嵐で水が流れ、水溜りが沢山できていました。 Because of the recent storms, many pools were created.

水溜りを避けながら、さらにズンズン進みます。 We kept going on avoiding the pools.

私たちのハイクも後半に入りました。下りが多くなります。 In the second half of our hike, we started going down more than going up.

それでも魅了される景色ばかり。 How majestic it was!

この雄大な景色の中、ただひたすら嬉しくて、やっぱりハイキングが大好きなんだと実感しました。 I was simply so happy in the grand nature, and realized again that I like hiking here.

トレイルのない山道です。だから観光客はほぼ皆無。静寂の世界。 There are no trails there, so almost no tourists go there. It was so peaceful.

ありがとう、ザイオン。大好きです! Thank you, Zion. I love you!

おもいっきり生きる To Live Fully


フェアバンクスでは、何人かの逞しく生きる若者に出会いました。 We met several strong-willed young people in Fairbanks.

アラスカといえば金の採掘で有名です。ゴールド ドーターズ(直訳:金の娘たち)は旅行者にも金の採掘の一部を経験させてくれる所です。名前が示す通り、二人姉妹が始めたビジネスです。 Alaska is famous for “Gold digging”. The Gold Daughters is a place for tourists to experience panning for gold. It’s a business started by two sisters (daughters) as the name indicates.

彼女たちのおじいさんはオリンピック水泳選手でしたが、引退後、アラスカで広大な土地を購入し、金の発掘という新しい人生を歩み始めます。この姉妹はそんなお爺さんの元で育ち、大学卒業後、二人のビジネスベンチャーが始まりました。Their grandfather was an Olympic swimmer. He came to Alaska, bought a huge land, and started a new life as a gold miner after his retirement from competitive swimming. These girls grew up under him, and started the business after they both finished college.

勿論今でもゴールド採掘のビジネスは続いていますが、今後伸びていくかもしれない化石の発掘にも力を入れ始めました。 The gold panning is still their on-going main business, but they have been digging out fossils as well. This could be a good future business.

半端ではない発掘量に、古生物学者たちも注目しています。 The amount of fossils they have found are incredible. Paleontologists are now paying attention to their finds.

Tシャツとカップケーキ売るところからスタートしたベンチャーです。チャンスを逃さず、躊躇なくやってみようというバイタリティーはすごいですよね! They began their business just selling T-shirts and cupcakes. Now they have come this far. Their vitality is admirable. They grab the chance when they see it and take on new challenges.

次に出会ったのは、エミリーロビンソンという14歳の女の子です。 Next, we met a 14 year old girl. Her name is Emily Robinson.

エミリーと子犬。 Emily and a puppy.

まだ14歳の若さなのに人前で話をすることに躊躇しません。その後、彼女がジュニア犬ぞりレースのチャンピオンだと知って納得しました。 She didn’t hesitate at all speaking in front of people even though she was only 14. I understood why later because we learned that she is the champion of the Junior Dog Sled race.

エミリーからもらった絵葉書。 A post card Emily gave me.

大人のレースは1000マイルの荒地を10日から20日間で走り切りますが、ジュニアなので150マイル(約240km) を1日で走ります。だから1日分の自分の食糧と犬たちの食糧を積んでスタートさせます。 The adult dog sled race is 1,000 miles through wilderness. It takes 10 – 20 days. On the other hand the Junior race is only 150 miles completing in a day. So they carry 1 day’s worth of food for themselves as well as their dogs.

エミリーのお姉さんからハスキー犬と犬ぞりの説明を受けました。 Emily’s sister gave us a quick lecture about Husky dogs and the dog sled races.

犬ぞりの過酷なところは、勿論、極寒の自然の厳しさ、自分の体調管理、そして最も大切な犬たちの調教と管理でしょう。 I imagine that the harshest aspect of the dog sled race is the severe weather. It is quite a challenge to their own mental and physical capabilities. Managing dogs could be a challenge, too.

7週間目の赤ちゃん犬。 7 week old puppy.

まだ14歳の女の子ですから誘惑がたくさんありそうです。でもブレずに自分のやりたい事をやり通す強い意志、敬服しました。Thinking back when I was 14 years of age, I can easily imagine that so many temptations are around Emily. But she maintains her focus on what she wants to do. I admire her strong will.

Hike 24: パドレ渓谷 Padre Canyon


パドレ渓谷はスノーキャニオン州立公園内からトゥアカーン野外劇場に通じる渓谷です。私たちは、公園内からスタートして、トゥアカーン側に降っていく出前の尾根まで登り、同じ道を帰ってきました。往復7.8kmの山道でした。The Padre Canyon trail runs from Snow Canyon State Park to Tuacahn Amphitheater. We started from the Snow Canyon State Park side, hiked up to the saddle where sat at the highest point before going down to the Tuacahn side. It was a 4.8 mile long hike.

早朝の光を受けて金色に輝く岩壁が美しい。 The morning light shined on the red rock turning it golden.

朝6時半の空気はまだ優しい。 The air was still so gentle around 6:30 in the morning.

この後長い砂地を歩き、急な登りとなります。 We walked on a long sandy wash, then hiked up the steep trail.

スノーキャニオンはどこを見ても美しい。疲れは飛んでしまいます。Snow Canyon State Park is so pretty no matter where we go. Our fatigue disappeared in front of the views.

たった3時間のハイキングでこんなに素晴らしい景色が見られるなんて、私たちはなんてラッキーなんでしょう。。It took only three hours to go up and back to see this beautiful view. How lucky we are to be able to do so.

今日も元気でいこう。 Let’s be happy today, too!

Hike 22: ねじれた森 Twisted Forest


英語名を直訳してみました。(Twisted = ねじれた、Forest = 森}

ツイステッドフォレストはアッシュダウンゴージ ウィルダネスの中にあります。 The Twisted Forest is in the Ashdown Gorge Wilderness in Utah.

トレイルは往復わずか2.3kmの短い距離ですが、標高が3,000mを超えるので、ゆっくり登ります。 The trail is only 1.5 miles round trip, but the altitude is above 9,800 feet. So we hiked uphill slowly.

頂上に着くと、視界がパッと広がります。The view suddenly spread out in front of us when we got to the top of the ridge.

頂上を見渡して、ねじれた森という名前の由来が理解できました。 I understood the origin of the name, “Twisted Forest” when I looked around there.

森がねじれているわけではなく、木々がねじれているんです。 The forest is not twisted, but the trees that make the forest are twisted.

ツイステッドフォレストはブリスタルコーンパインツリーの群生地だったんです。 The Twisted Forest is composed entirely of Bristlecone pine trees.

青紫色の松ぼっくり。こんにちは。また会えたね。Hello, bluish purple pine cone. We meet again.

もっと頂上の景色を見ていたかったんですが、黒い雷雲がゴロゴロと私たちを追い立てます。雷だけじゃなく、雨でぬかるんだ道も怖いので、早々に山を降りました。 We wanted to stay there longer but the sound of thunder was getting louder. I was scared not only of the thunder, but also of the wet muddy road the dirt road would turn into when the rain started. So we left quickly.

案の定、舗装道路を走り始めると、即、ミゾレまじりの雨となりました。 Once we started on the paved road, the sky became much darker, and heavy slushy rain started hitting the front windshield.

それにしてもまだ昼前。帰るには早すぎたので、ブライスキャニオン国立公園に行く道中にあるレッドキャニオンのビジターセンターに立ち寄りました。Although the sky was so dark, it was still before noon. It was too early to just go home, so we decided to stop by the Red Canyon Visitor Center that was along the way to Bryce Canyon National Park.

そこで2kmの山道を歩きました。 We hiked about 1.2 miles there.

ここは、ブライスキャニオンと同じクラロン地層で覆われています。だから多くのフードゥーが立ち並んでいました。 ブライスキャニオンほど豪華ではないけれど、ミニアチャバージョンを見ているようでした。The park exposes the same Claron formation found in nearby Bryce Canyon. So, many hoodoos were standing there. I must say, it’s not as grand, but it is a miniature version of Bryce Canyon.

レッドキャニオンに別れを告げ、そこから少し車を走らせると、あたりはもうすっかり雨雲に覆われていました。 Saying good-bye to Red Canyon, we drove closer to Bryce Canyon although it was raining and the sky was entirely covered by thunder clouds. Everything looked so dark.

「ちょっと待って。雨の向こうにかすかに光る白いものは何?」とバンちゃん。” But wait! What is it? I see a faint white thing beyond the rain?” said Banchan.

雨雲の隙間を通して太陽の光を受けた岩壁でした。不思議の国のお城みたい。 It was a mountain lit by a shaft of sunlight through a tiny crack in the rain clouds. I thought it was a castle in a wonderland.

突然、私たちのミッションは不思議の国のお城探しになりました。「もっともっと近くまで行こう!」と、車を走らせましたが、近くまで行くと、魔法の光は消えて、不思議の国は無くなっていました。 So then, our mission became the search for the castle in wonderland. “Let’s get closer!” We drove closer towards the rock, but the magic light had disappeared by the time we got closer, and so did the castle in wonderland.

近くで見られなくて残念でした。でも、自然は私たちにワクワクドキドキをくれました。だから、ありがとう、大自然! Yes, we were disappointed. But hey, we were quite excited with the search. So, I must say, “Great Nature, Thank you for the excitement!”

オフロード Off-Road


ボコボコの山道を走るオフロードに久しぶりに出かけました。 We went out for an off-road drive. It has been a while since our last time doing this.

早朝の涼しい時間はもう過ぎていたので、あまり野生動物には会えませんでした。でも、遠くジャシュアツリーの上に何か見える。 It was already past the cool morning hours, so we didn’t see much wildlife. But we saw something at a far distance on a Joshua tree.

あの鳥は何でしょう。もう少し近づかないとわかりません。 What could it be. We needed to go a little closer.

黄色いお腹のこの顔は、ニシタイランチョウでした。 Yes, yes, this face and yellow tummy, it’s a Western Kingbird.

さて、次の方はコットンウッドの林にいたアカオノスリです。崖に巣を作るのとばかり思っていたら、コットンウッドの木の中にも作るとバンちゃんが言っていました。 And the next bird was a Red-tailed Hawk in the cottonwood tree forest. I thought they only nest on the walls of tall cliffs, but Banchan told me that they also nest on cottonwood trees.

さて、先を急ぎましょう。と思っていたら、道路スクレーパーです。 Now, let’s move on. But then, a road scraper was working on the road.

横に避けることもできず、しばらく道路スクレーパーの跡をついてノロノロと走りました。 We couldn’t pass by it for a while, so we followed it with ever so slow speed. Eventually, he found a place to pull over to let us pass.

道路スクレーパーと別れると、再び大自然が広がりました。最後に出会ったのはロングホーンの親子です。 Once we say good-by to the road-scraper, a vast great natural landscape opened out in front of us. And the last animal we encountered were a parent and child pair of longhorns.

牛はオスもメスも角を持っていると言うのをご存じですか?オスのツノの方が少し大きいと言われています。さて、このロングホーンはオスでしょうか。メスでしょうか。 Do you know that both male as well as female cows have horns? The male horns are bigger than female horns normally. So then, I have a question for you. Is this longhorn parent a male or female?

私の予想はメスです。根拠はツノは長いけど細い事です。それに、この顔、お母さんらしいです。(笑) My guess is it’s a female longhorn. The reason is the thin horns although they are long. Besides, the face looks like a mother. (lol)

アイアンマン終了 Ironman Ended


アイアンマン ワールドチャンピオンシップが終了して、私の中に残った印象は選手もボランティアも一緒に頑張って終了させたということです。 My impression of the Ironman World Championship was that it was completed successfully because of both the athletes and the volunteers.

右端の白いドレスが女性優勝者のダニエラ。 The women’s champion, Daniela , on the very right in a white dress.
右端の紺色のシャツが優勝者のクリスチアン。The men’s champion, Kristian Blummenfelt, on the very right in a dark shirt.

コロナの影響で、去年、2021年の大会はキャンセルされました。そのため、特別に去年のリカバリーとしてセイントジョージで開催されたそうです。 I didn’t really know the whole story of why this event was moved to St. George until yesterday. It was held here in St. George as a replacement for last year’s 2021 race in Hawaii which was canceled due to the covid-19 shutdown.

そうか、だからですね。私たちボランティアのシャツにも、飾り付けにもハワイのデザインでした。 I was wondering about it, but now it makes sense. Our volunteer shirt design and the building decorations were Hawaian.

何はともあれ、みんな、おめでとう!!! In any case, Congratulations everyone!!!

救助された Rescued 


鳥の写真を撮りにザイオン国立公園の東側の地帯に一泊二日のステイケーションの予定でしたが、二泊三日になってしまったお話です。This is originally a story of our one night two days staycation east of Zion National Park for bird photography. But the trip ended up as a two nights three days trip instead.

ザイオンの東の景色。泥の坂に入る前、最後のショット。The East Zion view before we went down the muddy slope.

なぜならザイオンの東の山中、泥の中に車がはまり込み、出られなくなってしまったからです。登り道は景色も良く、道も乾いていていました。でも、そこから北側に移り、ちょっとまずいよと思った時には遅かった。そこから下り坂になり雪と泥、深い溝が走っていて、道とは言えない道になってしまいました。悪夢のようにスローモッションで泥の中をスキーしている感じ。 It is because our car was completely stuck in the mud on a dirt road in the hills east of Zion. We had gone up a nice, dry ridge with beautiful views. Then we went down a north facing slope. Uh oh! There was so much mud and snow, and the road, if you could still call it that, was full of deep ruts. Going down was more like slow motion skiing in mud.

そして、安全な道まであと1kmもないぐらいのところまで来た時に、ついに深い溝にはまり、出られなくなってしまいました。泥の坂道は前にも後ろにも行く事を阻み、ついに諦めて 911 番(日本での110番)に助けを求めるしか手がないと判断しました。その後はRamsey’ Towing の救助部隊と連絡を取り合うことになりました。Finally we got to a flat area with only half a mile to go to a good dirt road. But then we got caught in a deep ravine. We could not go forward and going back up the muddy slope looked impossible. Unable to get ourselves out, we called 911 for help. They got us in touch with Ramsey’s Towing.

救助部隊は私たちがどこにいるのかわからないので、私たちが泥の山道を歩いて降りてから合流しました。そこから私たちの車まで泥道を登るはずでしたが、なんと小川が流れていていた!地図にない!それでも黄色いレッカー車は川を越えようとしましたが、川にはまってしまい、断念。この状況を考え、この日は断念して、翌日、逆ルートからアプローチすることになりました。Since they weren’t sure how to get to us, we walked the last half mile to the good dirt road to meet the rescuers. Then we all went back for our car. Unfortunately, despite the fact that their cars are so much more robust and can do anything, we needed to give up that day because a creek was running across the road. The yellow tow truck tried to cross, but it ended up stuck in the water because it was too deep.

翌日夜明け前、バンちゃんだけがレスキュー部隊と出かけ、私はホテルで待機することに しました。地面がまだ凍っている間に脱出するという計画です。Dawn on the next day, Banchan went out with the rescuers and I stayed at the hotel. Their plan was to get there and come back up the muddy slope while the ground was still frozen.

救助を求めるまで、必死になって道を作ろうとしていたので、私たちは泥だらけ。ホテルに入る前に綺麗にしても取れなかった泥。Until we gave up and called the rescue service, we tried to fill in the ditch enough to get by, but it didn’t work. That effort just made us completely muddy. We tried to make ourselves decent before going inside the hotel, but the mud on the boots didn’t come off very well.

ホテルで待機中、何もすることがなかったのでブーツの泥落としをしたら綺麗になったブーツ。While I was waiting for Banchan and his car to return, I cleaned my boots because I had nothing to do.

9時過ぎ、バンちゃんが救助された車を運転してホテルに帰ってきました。救助部隊に感謝です。After 9 o’clock, Banchan, driving our car, came back to the hotel. We are so grateful for the rescuer’s excellent work.

幸い、バンパーや車の下の一部が剥がれたりしただけで、車自体は問題なかったようです。 We were so lucky that our car was all right with just some minor damage.

車を山道に置いて山道を歩いてきた時に持ってきたものは、自分が持てるだけの本当に大切な物だけ。水、食べ物、財布、そして携帯のみ。カメラ2台、レンズ5本、スーツケースにその他諸々はやっぱり本当に大切な物じゃないということかな。 When we left our car in the mountain, we needed to choose what to bring with us. Of course, I brought down absolutely essential stuff that I could carry by myself; water, food, wallet, and cell phone. I reluctantly left my two cameras, five lenses, suitcase, toothbrush, etc. Yes, they are not my most essential stuff although they are my most precious.

帰り間際に見上げた空。カナブの町では熱気球フェスティバルが行われていました。もう2度としたくないアドベンチャーから解放された安堵のせいか、熱気球は平和のシンボルのように見えました。I looked up the sky before we left the hotel in Kanab. They had a hot-air balloon festival going on that day. The balloons looked a symbol of peace to me because I was so relieved from the extreme adventure we just had.