Category Archives: Run

10K: 膝の痛み Knee Pain


この後に及んで、一昨日から左足膝の下の方が痛くなりました。 From two days ago, the lower part of my left knee started hurting this late in the game.

マッサージをしてもらったり、塗り薬をつけたりしています。 I went to get a massage for it, and applied ointments.

もちろん、走ってません。普通に歩くだけなら痛く無いんです。でも、じっとしていても弱い痛み(1から10の痛みの中の2ぐらい)がジンジンしています。 Of course, I haven’t run. It doesn’t hurt if I walk at a normal speed. But I feel tingling pain (pain level 2 out of 10) even when I am resting.

レースまで、あと3日。絶対に回復すると決めてます。だからストレッチをしたり、庭の虫の観察をしたりして休養します。 It’s only three days to the race. I determined to recover from this by then. So I will continuously stretch, observe bugs in my garden, and rest my legs.

10K: 水をつかむ Grip Water


レースの日まであと5日。 It’s five more days to race day.

レース当日は、水は持たずに走ろうと思いましたが、最後の2kmが気になったので持って走ることにしました。 I don’t need to carry water when I run the race, but I decided to carry a little because I always want to drink water during the last 2 km.

赤い崖が光っていて、気持ちのいい朝でした。まさにその麓の方向がレースのゴール地点です。見ていたら嬉しくなって、走る意欲が湧いてきました。 The red cliff were shining this morning. And that’s the direction where the finish line for my race will be. For some reason, I felt so light while I was watching watching this scene, and my motivation went up high.

そこで、新しく購入した手持ちボトルを着けて走るテスト、スタート。(写真の手はバンちゃんです。)So I made a test run with the new handheld water bottle. (The hand in the pictures is Banchan’s hand.)

いい感じ。飲んでいくたびにボトルが縮まっていくし軽くなっていくので重さも気になりませんでした。 It’s not bad. As I drink water, the bottle shrinks, and becomes lighter. I had a concern that the weight on my hand might impact my arm fatigue, but I didn’t feel it much when I tried it.

今日は無理せず走りました。水を掴んで走るテスト、成功! I didn’t push myself hard today. The grip water test was a success.

10K: 鼻のないサングラス Noseless Sunglass


再び、私が走る時にいつも使う製品紹介です。 Again, I am introducing another product that I use when I run.

タイトルを正確に言い換えると、「鼻が低くても快適に使えるサングラス」です。 The title can be re-phrased to be “Sunglasses for the people who don’t have a tall nose bridge.”

日本人の鼻は低く、従来のサングラスは、汗ばんだり、時間が経てばずるずる落ちてきてしまいます。特にスポーツをする人たちには、クリティカルな問題です。そこで、そんな問題を解決する為にジゴスペックという会社エアフライを開発してくれました。 Japanese people’s noses are small and don’t have tall nose bridges in general. So the conventional sunglasses slide easily especially during vigorous activity. It’s a critical issue for people who love to do active sports. So, a company called Zygospec developed AirFly sunglasses to solve this problem.

あくまでも私の想像ですが、「そもそもの問題が鼻パッドにあるんなら、そんなもの取ってしまえ。その代わり、頬ボネで支えればいい。」みたいな斬新な考えからスタートしたんじゃないでしょうか。This is only my guess, but I think someone had a radically new idea, “If the problem is the nose pad, why don’t we remove it. We can add cheek bone support instead.” Since then they improved the product to this point.

私のタイプは一枚のカーブしたレンズがついているAF-301 BKシリーズです。 My version, AF-301 Bike series, has only one curved lens.

ずれ落ちることがないので、着用しているのを忘れてしまうほどいつまででもつけていられます。また、紫外線を99%カットしてくれるのに、室内でも使えるほどよく見えます。外に出ると勿論、レンズに色がつきます。 It is very light and doesn’t move at all, so I often forget that I am wearing it. It eliminates 99% of UV light, yet, I can still see things very well, even in the house. Needless to say, the lens adds a tint when I go out.

不都合さは、やっぱり技術革新をもたらしてくれるんですね。 A problem will indeed bring innovation.

10K: ラストラン Last Run


「レース中にアメリカドクトカゲを見つけたらどうする?」と、バンちゃん。 “What do you do if you see a Gila Monster during the 10K race?” said Banchan.

即答できず、「今日走ってから考える。」と、私。 I really couldn’t reply immediately, “I will think about it while I am running today.” I said.

レースの日まであと9日となり、10kmレースのコースをもう一度走るためにスタート地点に向かう車の中での会話です。 It was a conversation from this morning when he drove me to the starting point for the 10K race. It’s 9 more days to the 10K race and it was my last run before the race.

スタート地点 Starting point

アメリカドクトカゲはこの公園内で時折目撃されています。この地に引っ越してきてから3年経ちますが、私たちには未だに幻の動物、出会ってみたい動物ナンバーワンなんです。だから、彼の質問は、言い換えると「10Kレースとアメリカドクトカゲとどっちが大切?」という質問とも言えます。 It’s not common, but Gila monster is seen in this park. We moved to this area three years ago, but we haven’t seen one yet. So it became the number one animal we want to see. So, his question could be rephrased to “which is more important to me, Gila monster or the Race?”

レースの為、公園内の通行閉鎖のサインがすでに出ていました。The sign for the road closure during the race was up at the park already.

今日は一人だったので、コース状況にがよく見えました。トカゲやコットンテールが慌てふためいて目の前を横切っていくのに注意を払い、時折草むらを見てアメリカドクトカゲを探していました。 I could see the course condition well because I was alone during today’s run. I saw lizards, a cottontail frantically crossing the trail right in front of me, and I saw myself looking at the to the side of the trail occasionally, looking for a Gila monster.

結論、アメリカドクトカゲが現れたら、躊躇なく立ち止まって写真を撮る。 So, this is the conclusion. I will stop running and take pictures if I see a Gila monster during the race.

ゴール地点。The goal point.

その為にには少なくとも携帯を持って走らないといけないし、30秒ぐらいのタイムロスになるけど、いいじゃん?両方大切なんだから。というか、そんなことがあったら、最高です。 I have to carry my cell phone for that. And I will lose about 30 seconds of time, but that’s ok. Both of them are important for me. In fact, if such thing happens, I will be very, very happy.

今日の結果は前回と比べて50秒遅いけど、十分OKです。 This is today’s result. It’s about 50 seconds slower than last time, but that’s all right. I am still happy with it.

今日の結果。Today’s result.

10K: たかがソックス Only Socks


もうレースまで1週間半となり、頭の中はレースのことでいっぱいです。そこで、今日もレースグッズについて書きます。ソックスです。 It’s only 1.5 weeks until race day, and I think about it pretty much all the time. So, today’s blog is about race related items again. In this case it is a pair of socks.

たかがソックスなんですが、かなり前、友人にこのピンクのソックスをいただいてから、とても気に入って、大切に特別な時だけ履いてきました。 It’s only a pair of socks, but I wear these pink socks only when on very special occasions ever since my friend gave them to me quite a while a go.

さすがに一足だけでは足りなくなって、少しづつ買い足していって5本指、2本指のソックスの勢揃いとなりました。TabioSignature Run Tabio socksSignature Run toe sockです。 Below is my current collection of Tabio‘s Signature Run Tabio socks and Signature Run toe socks. Since the first pair from my friend, I loved them and added more a little at a time.

こちらが最新バージョンUltra-Light Compression Toe Socksです。適度なアーチサポートがあり、足裏のシリコンゴムが靴底にしっかり固定されている感じがあります。走る為のソックスですが、ハイキング、また、特別に歩く量の多い時には必ずこのソックスを履いてます。履くたびにTabioのソックスに対するこだわりを感じます。 These are the latest version, Ultra-Light Compression Toe Socks. They have a good arch support and the silicone rubber on the bottom grips my shoes. They are running socks, but I use them for hiking, on days I need to stand a long time, etc. I can feel the Tabio’s commitment to produce quality socks when I wear them.

たかがソックス、されど無視できないソックスです。 It’s only a pair of socks, but the socks that I can’t ignore.

10K: ランニングベスト Running Vest


ランニングベストを購入しました。 I bought a running vest.

写真、右上に見えるのはウエストに着装する軽いハイキング用のベルトです。今まではそれを走る時に使っていましたが、しっかり固定することが出来ないので気になって仕方がありませんでした。 I’ve been using a light hiking belt for running all this time. See the black thing at the upper right on the picture above. But I don’t like it because it bounces a lot when I run.

もうレースまで2週間もない今、ランニングのプロが使いそうなベストを買うってどうなの?と、躊躇していました。でも、その道を極めた人がデザインした製品は、予想を超えた着装感です。調整可能なバンジーコードがベストを体にピタッと固定してくれて、ジャンプしても全然動かない。 I hesitated to buy this vest because I won’t be using it much until race day, only two weeks away. Yet, this vest looked so good for a running pro, though not for a beginner like me. But when I tried it on, it fit perfectly for me because of the controllable bungee cords. It didn’t move around even when I jumped up and down. It exceeded my expectations, and I thought this is done by people who wanted to create the best.

水はソフトボトルを2本、ベストの前のポケットに入れることが出来ます。また、水バッグを背中に入れることも可能で、トータル5リットルも運ぶことが可能です。 I can put one soft bottle in each front pocket. I can also put a water bag in the back and a tube. It’s possible to carry 5 liters total.

私はせいぜい200mLあれば十分なので、ソフトボトルを片方に入れ、もう片方には携帯を入れてみました。また、エネルギージェルも即飲めるよう、2番目のポケットに入れました。さらに小さなポケットにはハンカチと飴を入れてみました。10-15km走るなら、これで十分です。 For me, I need only 200mL for a run. So I put one soft bottle in one side of the pocket, and my cell phone in the other side. I added an energy gel in the outer pocket, and put a handkerchief and candy in the smallest pockets. This is it for a 10 – 15 km run.

背中には水バッグを入れてもいいし、その他諸々何でも構わないんです。私は水バッグからチューブを通して水を飲むオプションは好きではなかったので、ベストの前のポケットからソフトボトルを出さずに飲めるオプションも気に入って購入しました。 The back pocket can hold anything you like besides a water bag. I don’t like the option of drinking water through a tube. But I do like the idea of drinking from a soft bottle without taking it out from the pocket. This is another point that I like about this vest.

すでに2回使いました。一回目はランニング、そして2回目はハイキング。なんとハイキングにも十分使えるんですね。日帰りのハイキングならこのベストがあればバックパックは必要ありません。私の中のパラダイムシフトとなりました。レース当日は使いませんが、それまでのトレーニング、そしてこれからのハイキングに大いに活躍してくれそうです。 I have used this vest for one run and one hike. It worked for both. If it’s a day hike, I can easily go with only this vest without a backpak. It was my paradigm shift. I won’t use it for the race, but I will use it for the remaining training. I already know that the vest will be very useful for my future hikes.

このベストは Bronco Race Vest という製品で、UltrAspireから発売されています。 The company name is UltrAspire, and the product name is Bronco Race Vest.

10K: できる! It’s Possible!


今日の結果、66分3秒。友人ご夫妻と一緒にコースを走りました。このタイムは私の目標でした。今日、達成できちゃったんだ。すごい!Today’s run result was 66:03. I ran the race course with two of my friends who are married to each other. I was working hard to achieve this “time”, and I made it. Yay!

1km毎のペースを見ると、一目瞭然で、ペース配分ができてないことがわかります。最初、ご夫妻に追いつこうと早く走ってしまって、中間以降、グッとスピードが衰えました。 Look at my pace for each 1km split. Gosh, I can’t maintain a consistent pace well at all. I ran too fast at the beginning trying to follow my friends. Because of that, my pace slowed down a lot after the mid point.

ちょうど6-7kmは一番キツイ上り坂なので、仕方がないとも言えますが、9km、10kmあたりはもう力が尽きそう。でも、最後200-300mぐらいからとっくに走り終えていた友人が一緒に走ってくれました。最後のダッシュのためです。 The most difficult section of the race is around 6-7 km, going up hill constantly. So I slowed down, but the area around 9-10 km is flat. I could have run faster. My friends, who finished running much earlier, waited for me at the last 200-300 m point before the finish, and ran with me to sprint all the way to the finish.

今日のタイムは彼らの声援の賜物です。でも、何はともあれこのペースをキープできたらレースは大丈夫。コーチにも早速知らせました。ベスト3、きっとできるよ! I must say that I owe them for today’s result. In any case, I should be all right if I can keep this pace. I texted my trainer about it. I am very much in the running to finish in the top three!

レースの日まで、あと16日。 16 more days to the race day.

10K: 腕の痛み Arm Pain


69分6秒、ギリギリ70分を切れるところまできました。 The last 10K run took 69:06, so I broke 70 minutes.

結果はいいんですが、腕が痛くて思うように走れませんでした。 The result was not so bad, but I couldn’t run well because my arms hurt so bad.

何、それ?って思われそうですが、走る時には腕もリズムをつけて振りますよね。それが出来ないんです。 “Arms for running?” you may ask, but we swing arms when we run. And I can’t do it well because of the pain.

過去30年のつもり積もったコンピュータの使いすぎで、腕が痛くて夜も寝られないくて痛み止め薬を飲んでます。医者からしばらくコンピュータ、iPad、iPhone使用禁止令も出ています。 My doctor told me not to use my computer, iPad, and iPhone for a while. It’s because the pain is coming from heavy use on them. I’ve ignored the pain over the past 30 years, but my arms are screaming instead. I am taking Advil to sleep because of the pain.

5日間休んでいたので、少しはいいような気がします。さあ、走る事に集中しましょう。I feel somewhat better because of the five days of rest. So I should focus on running now.

明日は、この界隈のレースではご夫婦揃って何度も優勝している人たちと走ります。お誘い受けてとっても光栄なんですが、レベル違いすぎでドキドキしてます。 I am going to run tomorrow with a couple who have won races around this area many times. It’s an honor to receive such an invitation, but at the same time, I am very nervous about it because they are at an advanced winning level. On the other hand, I am only at the beginner level.

でも、これがチャンスの時。きっと何か学べることがあるはずです。だから、楽しんじゃえばいいよね。きっと腕の痛みも和らいでる!But, wait a minute. This is actually a chance for me to learn something from them. And all I need to do is simply enjoy running. I know my arms will be much less painful by then.

動く大地 – Earth Is Moving


私の住む街を見下ろします。 This is the view looking down towards my town.

この景色はいつも「大陸プレートは動いている。地球は生きている。」と思い起こさせてくれます。 It always make me realize, “The continental plate is moving. The earth is living.”

地球40億年の歴史が作り上げた景色。私たちには見えないけれど、これから先もどんどん動いて変わっていくんですね。 The 4 billion years of Earth’s history created this view. And it changes as time goes by.

ところで、ペースを設定すればベルトが動いてくれるトレッドミルを卒業して、外を走ろうと思ってます。外を走ると自分のペースがわからないので、その練習です。どうやって訓練したらいいのでしょう。大地が私のペースに合わせて動いてくれたら簡単なんですけどね。By the way, I am thinking about graduating from running on the treadmill which moves the belt constantly based on my pace setting, to start running on roads instead. At this point, I have no idea how fast I am running when I run outside. So, it is a training to get my desired pace, but I don’t know how to train myself yet. It will be so nice if the ground can move for me at my pace…

大地が動くといえば、地球は自転してますよね。地球は時速1669キロメートルで動いているらしいです。それなら、赤道直下だと1秒間ジャンプしたら470m弱移動できそうなものですよね。(注参照)そんなことが出来たら 21秒、21回のジャンプで10km走れちゃう計算になります。(100,000m/470m=21) Speaking of which, the earth spins on its axis. The speed at Earth’s surface on the equator is 1037 mph. If so, at the equator, couldn’t we move 470m (0.29 miles) if we jumped into the air for 1 second? (Note below) If such a thing was really possible, we could run 10K in 21 seconds, or 21 jumps.

今日も43℃の暑さなので、バカなことを考えて涼んでみました。 It’s so hot today again. The temperature went above 110°F, so my mind wanders around silly thoughts to cool off.

  • 注:地球と一緒に私たちも動いているので、そんなことは起こりません。車に乗っている時に私達も一緒に動くのと同じことです。
    • Note: It doesn’t happen because we are moving together with the earth, just like we move together with a car when we ride in the car.

10K: コースを走る Run The Course


初めてレースのコースを走ってみました。 I ran the 10K race course for the first time today.

距離が9.66kmと足りないのは、折り返し地点を間違えたからです。 We made a mistake at the turning point, so the distance was only 9.66 km.

それにしてもですね、5kmを過ぎたあたりから、もう疲れ切って歩くことしばしば。 In any case, I was so tired after 5 km and I needed to walk every so often after that.

最初に飛ばし過ぎたんですね。まだ自分のペースがわかってない。トレッドミルではペースの訓練ができない。 Because I ran too fast at the beginning, I couldn’t keep up with it. I still don’t know how to pace myself. The treadmill doesn’t train me for this.

体力がないのがすごくわかりました。でも、同時にもう少し頑張れば目標達成できる自信もできました。 I realized that I still need to build a lot of strength. At the same time, I felt that I might be able to achieve my goal if I try a little harder.

レースまで後29日。 29 days to the race day.

10K: トレーニング再開 Started Training Again


目標は10月3日の10Kレースを怪我をせず65分で完走する。私の年齢グループでベスト3に入る。 My goal is to complete the 10K race in 65 minutes without any injuries, and be in the top three in my age group.

7月の初めにレースに申し込んだのに、トレーニングが全くできませんでした。だから、あと1ヶ月ちょいしかない期間にこの目標達成は今の私にはかなり無理があります。 Although I entered the race at the begining of July, I could do almost nothing. So, it is a huge challenge to prepare for the race in a little over a month based on the current condition.

効率よく体力作りをしてレースに臨むため、個人トレーナーの指導を受けることにしました。 So, I decided to have a private trainer to help me build my muscles and my strength efficiently.

アセスメントの後、2回トレーニングを受けました。 After an initial assessment, I took two training sessions so far.

1回目と2回目はほぼ同じ内容で、筋肉作りとバランス作り。5種類の運動のクロストレーニングを3回繰り返し終了です。1回目のトレーニングを受けている時、筋肉痛を予想していました。思った通り、3日間、椅子に座るのも苦しかった。予想外なのは、痛みの場所が違うことでした。今まで使ったことのなかった筋肉が鍛えられたんですね。レッスンを受けた価値ありです。 To build my muscle and body balance, he gave me five different cross-training activities. I expected I would have muscle aches later while I was working on them. Sure enough, I couldn’t even sit on a chair well because of the pain for the next three days. What I didn’t expect was that the location of the pain was different. Muscles I haven’t used much before were thoroughly used. I thought just for that itself was worth taking his training.

この靴でレースに挑戦。I will run the race with these shoes.

2回目のトレーニングは、俄然楽になりました。筋肉痛なし。私の不足している部分の筋肉を付けるため、しばらく走らずクロストレーニングが続きそうです。体重が2キロも増えてます。脂肪じゃなく、筋肉がついたと思いたい。 The second training became so easy although I did almost the same activities. And I didn’t get any muscle aches this time. My training will be the cross-training for a while until I build necessary muscles for running. I gained more than 4 pounds of body weight in two weeks. I hope it’s caused by muscle gain and not fat!

10K: 高度 Elevation


高度が違うと、こんなに差が出るものなのかと、驚きました。 I was so shocked to see that the elevation above sea level makes my 10K results so different.

これは今日の10K記録です。家のフィットネスクラブのトレッドミルです。標高は890m。11.53km走ったことになっていますが、ウソです。歩数を早めたので、トレッドミルではそれだけ長く走った様に記録されてしまうのだと思います。トレッドミル上では10.05kmでした。 This is the result from today’s 10K run. I ran at our fitness center, where the elevation is 2980 ft. FYI, I didn’t run 11.53 km, The treadmill recorded 10.05 km. Since my cadence rate has improved, my Apple watch records extra distance because it hasn’t updated the change.

こちらはアラスカアンカレッジのホテルのトレッドミルです。標高80m。時間切れで10K走れませんでしたが、雲の上を走っているように軽やかで楽しかったです。 This is the result from our Anchorage hotel’s treadmill. The elevation here was only 263 ft. I couldn’t run 10K because I didn’t have enough time, but I felt so light to run here, almost like running above the clouds. It was so fun to run.

マラソンランナーが強化合宿に高度の高い場所を選ぶ理由を身をもって理解しました。 Now I really understand why marathon runners choose high altitude places for their training.

10月3日のシニアワールドゲーム、10Kレースに応募しました。これからの2ヶ月、1日おきぐらいに走っていきます。怪我なく完走できたら、それだけで優勝です。 October 3rd is the 10K race day. It’s one of the races in the Senior World games. I will keep running every other day for the next two months. As long as I can run without any injury, I am a winner.