Category Archives: geology

化石の丘 – Fossil Butte


ワイオミング、コロラド、ユタ州をまたいで流れるグリーンリバー川は、力強く流れる水流で岩を削り、太古の様子を教えてくれる地層を露出してくれました。そして、露出された地層はグリーンリバー層と名付けられています。- The Green River runs through Wyoming, Colorado, and Utah, and exposed antient strata by sculpting surrounding rocks. The strata is named the Green River Formation.

グリーンリバー層が後ろに見えます。その上層部が Fossil Butte メンバー – The background is Green River formation, and the top portion is the Fossil Butte member.

中でも、私たちの訪れたFossil Butte (化石の丘)国定公園は Fossil Butte メンバーという特別な層です。ここでは特に魚の化石が採集され、その保存状態が良いことで有名です。 – Fossil Butte National Monument, which we visited, is known for many well preserved fish fossils.

レンジャーが化石採掘の丘をバックグラウンドに、魚の化石を見せながら歴史を説明してくれています。 – The park ranger explained the history of Fossil Butte with a fish fossils in his hand and the quarry on the background.

なぜ魚か?その答えを自分なりに理解するために時間がかかりました。なぜなら、私の理解の出来事と年代が重なっていたからです。- Why Fish? I wanted to digest the facts, and understand the reasons based on the facts. Therefore it took me longer than usual to write this post. I gathered the following facts.

  • 北アメリカ大陸プレートがほぼ現在の形になったのが約 4 – 2 千万年。- 40 – 20 million years ago, the North American plate took on its current shape.
  • 白亜紀海路(西武内陸海路)が存在したのは 6.6 – 2.3 千万年前。- 66 – 23 million years ago, Cretaceous seaway (Western Interior Seaway) existed.
  • 約 5.2 千万年前、 Fossil Butte のある一帯には巨大な湖が存在していた。そこは白亜紀海路の海路でもあった。- 52 million years ago, there is an ancient large lake existed around there. But, at the same time, Cretaceous seaway was running here as well.

これはどういうことでしょうか? – Does it make sense?

説明は簡単です。「全ては魔法のように一瞬に起こったわけではなく、徐々に変化していった。」- The answer is rather simple. “Nothing happens all at once like magic. Instead it changed gradually over a long span of time.”

北米プレートがほぼ現在の形になった頃、なんと日本海ができています。 – The Sea of Japan formed around the time of North American plate became about the current shape.

私流の理解:プレートの移動とロッキー山脈の隆起により、徐々に白亜紀海路の水が引いていき、そこに湖を作り出していった。始新世に存在した巨大な湖は、変遷過程にあったものである。アルカリ性濃度が高かったため、後に石灰岩となり、その薄い膜と他のシルト層が古生物を保存しつつ交互に堆積していった。その後、始新世の終わりには湖はなくなっていったが、グリーンリバーが岩を削り取り、その時代を蘇らせてくれた。- My understandings: The water of the Cretaceous Seaway gradually ebbed while the Rocky Mountains rose gradually, and it resulted in forming large lakes here and there. The large lakes during the Eocene were more alkaline, contains more minerals, allowing the formation of limestone layers. The limestone and silt layers contain ancient fish accumulated at the bottom of the lake. After the Eocene, the lake disappeared. Later, the Green River sculpted the rocks and revealed the bottom of the lake.

これで頭の中がようやくスッキリしました。- Phew. It’s much clearer now.

発掘された化石は、その後、研究室に送り込まれます。そこで顕微鏡を通して丁寧に時間をかけて化石の周りの石灰岩を取り除きます。この緻密な作業は、神経が磨り減りそうですが、結構面白そうです。化石に触らず、エアブラシを吹き付けて取り除きますが、勿論、空気噴射だけでは取り除けないので、ある物質の微粒が含まれています。その物質が、化石の周りの石灰岩を削り取ってくれるわけですね。そして、その注目の物質とは、化石より強度が弱く、しかも石灰岩より強度が強い物質、苦灰岩、別名ドロマイトです!6月17日のブログに書いた、例の鉱物です。デスバレー国立公園近くにある、ドロマイト採掘場のあの白い光景が浮かんできます。- Fossils from the quarry go to the lab. Specialists then remove limestone from the fossil carefully through a microscope. It’s hard work that requires full attention to detail, but quite interesting. By spraying a jet of air, limestone is ablated a little at a time. The jet of air alone doesn’t do so much. So micro beads of a substance is included in the jet of air. The bead material has to be harder than limestone yet less hard than the fossil. The substance that fits the qualification is Dolomite. I wrote about the Dolomite quarry on June 17th blog.

そんな風にして蘇った化石は、古生物学者に多くのことを語りかけてくれています。- After such a long process, many fossils have been revealed which tell the ancient stories to paleontologists.

ところで、バンちゃんはここで魚の化石を買ってきました。彼の化石コレクションに加わりました。この魚は彼に何を語りかけてくれるのでしょうか。- By the way, Banchan bought a fish fossil from here. It’s added to his fossil collection. I wonder what kind of stories this fossil fish is telling him now.

Priscacara serrata という魚の化石 – Fish fossil “Priscacara serrata“.

恐竜を求めて – Meeting Dinosaurs


久しぶりに旅に出ました。旅は約一週間ほどでしたが、盛りだくさん。- We went out for a short trip for the first time after a long time. It was only about a week, but quite intense and fun.

まずは北東、ユタ州とコロラド州の境にある、恐竜国定公園に向かいました。- We went to Dinosaur National Monument located at the border of Colorado and Utah.

公園が近づいてくると恐竜がここかしこにいて、私たちを迎えてくれました。期待度がどますます上がって行きます。- When we got closer, we found welcoming dinosaurs here and there. This raised my expectation higher and higher.

下の写真、この建物がメインアトラクションと言っていいでしょう。恐竜の化石満載の壁を囲むようにして建てられ、多くの化石を保護しているからです。- The picture below shows the building which is one of the main attractions of the park because it is built around a large intact wall of fossil bones.

1909 年に最初の恐竜の化石がこの地で発見されてから、何百という骨がアメリカ中の博物館に展示物として送られました。この公園があるジェンセンという町は、まさに恐竜発掘のメッカです。- Hundreds of dinosaur fossil bones were found from here and sent to museums all over America as exhibits. The town of Jensen next to the park is literally the place of Dinosaurs.

勿論、まだまだ多くの化石が地面の中に眠っていて、発掘作業は続いています。- Of course, the excavation of fossils are still ongoing as many more bones are in the ground.

ちなみに、バンちゃんは古生物学が大好きで、アルゼンチンまでボランティアとして発掘作業に出かけていった経験があります。- By the way, Banchan loves paleontology and has experienced digging fossils as a volunteer in Argentina.

残念ながら、時間がなくて公園内の探索はできませんでしたが、またぜひ訪れたいリストに入りました。- Unfortunately we ran out of time and couldn’t explore the park more. So it is now in the list of “Want to go back to places.”

その日に泊まった宿の外、絶対に欲しい車椅子に出会いました。車輪はキャタピラで、上り降り、多少のでこぼこ道も自由自在に動ける電動式。- On a side note, I found an amazing gadget. It is a wheel chair that was in front of our cabin for the night. The wheels are basically caterpillars and it can travel on many types of terrain freely. It is electrically powered by a battery. I want this!

あー、これだから旅は面白い。オフロード車椅子みたいな格好いいものまで発見できるんだから!- Isn’t it great to be on the road again and to be able to see things like this, “Off-road Wheel Chair!”

ビー玉ゴロゴロ -Marbles Everywhere


早朝、スノーキャニオン州立公園に行きました。このビー玉を撮るためです。ぎっしりと歩く場所もないほども積もった小さなビー玉より少し大きめの丸い石。- I went to Snow Canyon State park early morning because I wanted to take pictures of marbles.  They were everywhere leaving so little space for me to step.

こちらはまだ岩から分離されてない状態。- These are still attached to the rock.

これはコンクリーションと言います。一度、この事を書きました。私の中ではまだ未消化だったので、もう少し調べてみました。Moqui Marblesとも言うそうです。そして、思いがけない記事を発見しました。- It’s called concretions. I wrote about it once before, but I felt I needed to research more, so I did.  It’s also called Moqui Marbles.  And I found an interesting article.

発見した記事は、火星探査機、ローバーが送ってきた数枚の写真についてです。NASAは画像の物体を不思議がり、ブルーベリーというニックネームをつけました。そこにはスノーキャニオンのビー玉のようなものが写っていたんですね。確かにこんな光景だったらブルーベリーと名付けてもおかしくない。- The article is about a few pictures from NASA’s Mars Exploration Rover Opportunity.  The researchers at NASA were so puzzled with the objects in the images, which they called “Blueberries”.  They have found small rocks like Snow Canyon’s Moqui Marbles in them.   Indeed, in the picture below, they do look like blueberries.  

スノーキャニオンのコンクリーションは、火星のものとは違い赤鉄鉱でできていますが、出来方は同じなのではないかという仮説があります。ここの Moqui Marble、火星のブルーベリー。遠く離れていても、自然の仕組みは同じなのでしょうか。そうだとしたら、とても面白い!- The concretions in Snow Canyon are made of hematite, unlike the ones at Mars. Some researchers think, however, that the process of creating them is the same.   We call them as Moqui Marbles on Earth and Blueberries on Mars.  It is very exciting to think that the mechanism of nature is the same even though Earth and Mars are worlds away.

苦灰岩 – Dolomite


サンプルロックガーデンの#30にあるのは、苦灰岩です。偶然見つけた苦灰岩採掘場から拾って来ました。- These rocks at #30 in my sample rock garden are Dolomite. I picked them up from a Dolomite mine that we found accidentally.

ローンパインからデスバレーに向かうカリフォルニア州道136 から左に伸びるドロマイトループを行くと採掘場があります。1869年に発見されてからの歴史が綴られている立派な碑が建っています。– It’s located at Dolomite loop off of California State Road 136 between Lone Pine and Death Valley. A great looking plaque is standing there explaining the history of the mine.

早速立ち寄って見ることにしましたが、あいにくオフィスには人がいなくて、話を聞くことはできませんでした。- We visited the mine, but no one was in the office so we couldn’t talk to anyone about the mine.

その代わり、クビワトカゲがご挨拶してくれました。「その石も苦灰岩ですか?」- Instead, a Collared lizard greeted us on a rock. “Is that also a dolomite rock?”

苦灰岩とは、私の理解をそのまま簡単に書くと、石灰岩の中のカルシウムがマグネシウムに置き換えられた石のこと。ここがまだ海底だった頃の出来事です。地球の46億年の歴史の中で、海抜1,600mもあるこの地が地表に現れ始めたのは、白亜紀海路の後、たかだか 6千万年前なんですね。ちなみに、ヒトは諸説あるようですが、約200-700万年前にアウストラロピテクスが誕生していたとされています。– Based on my understanding (not 100% sure), Dolomite is a rock originally a limestone, but one of the elements, Calcium, has been replaced by Magnesium over many years. It happened when this area was still under the sea. Can you imagine that? The mine is currently about 5,000 feet above sea level, yet it was under the sea. FYI, it was only about 60 million years ago, after Western Interior Seaway, that it startEd to rise above the sea in the 4.6 billion years of Earth history. And if you ask, human history is only 2 – 7 million years, Australopithecus was born.

採掘場全体が真っ白でした。遠い地球の歴史と遥か彼方の宇宙にめまいを覚え、私の頭の中も真っ白になりました。- The Dolomite mine was white everywhere. My brain became white* as well, trying to think about something that is way beyond my capacity to imagine involving huge amounts of time and space. (*Note: “My brain became white” is a Japanese language expression for “My mind went blank” in English.)

 

ホイットニー山とアラバマ ヒルズ – Mt. Whitney and Alabama Hills


395号線沿いのローンパインという町は、アラスカを除くとアメリカで一番高い山、ホイットニー山 (4,421m) の登山道入り口があることで有名です。- Lone Pine is a small town famous for the entrance to the Mount Whitney Portal. Mount Whitney (14,505 feet) is the tallest mountain in the US, not including Alaska.

ホイットニー山へ続くWhitney Portal Rd。
ホイットニー山へ続くWhitney Portal Rd。

もう一つ、この町はアラバマヒルズがあることでも有名です。私たちはカリフォルニア州から帰る途中で立ち寄りました。- This town is famous for one more thing, the Alabama Hills. We stopped by this town on the way back from California.

なぜ、アラバマヒルズは有名かというと、かつて、多くのハリウッド映画がここを使い、多くの映画スターたちが訪れていたんですね。- You may ask “Why are the Alabama Hills famous?” It was used for many Hollywood films because of the unique landscape, and brought many Hollywood movie stars here.

私たちの泊まった部屋はかつてジョンウェインが泊まっていた部屋だと言われました。窓からホイットニー山が見えます。- We were told that our hotel room used to used by John Wayne. I simply took the word for fun without questioning it. We could view gorgeous Mt. Whitney from the room window.

翌朝のアラバマヒルズは静かでした。コロナ騒ぎのおかげで、キャンプをしている人たちをちらほら見かけましたが、見渡す限りほんの数人しか歩いていませんでした。- It was quiet at Alabama Hills the next morning. Due to Corona chaos, only a handful of people were camping, and a few people were walking there.

前回来た時には、人だらけで撮れなかった有名なアーチ。- This is the famous arch rock. It was impossible to take pictures of it last time we visited because people were everywhere.

今回は私たちだけで、こんなに綺麗にホイットニー山を中に収めてパチリ!- For yesterday, there was only us, so without any effort, I could capture Mt. Whitney in the arch.

ところで、この石は閃長閃緑岩(せんちょうせんりょくがん)という石です。驚くことに、ホイットニー山も同じこの石でできているんですね。地質学者によると、尖った山と丸い石は、長い年月をかけて、4,000m 以上の高い場所と1,600m の低地での風化の過程がこんなに違った形にしたのだろうとのことです。拾ったサンプルの石は、石ガーデンの29番目に治りました。- By the way, this rock is called Monzogranite. Believe it or not, the round rocks in Alabama Hills and sharp pointy rocks at Mt. Whitney are made with the same rock, Monzogranite. According to Geologists, many years of weathering at higher than 14,000 feet compared to 5,000 feet caused the difference. The rock I picked up from there (Alabama Hills, not Mt. Whitney) is now at my sample garden #29.

高校生の頃からの憧れ、ホイットニー山。その山をこんなに平和な気持ちで眺めることができたのは、本当にラッキーでした。- I have admired Mount Whitney ever since I was in high school in Japan. We were really lucky to have a moment to view it in such a peaceful setting.

コンクリーション – Concretions


この石、ずっと不思議に思ってました。- I’ve been wondering about this rock.

断面 – cross section

大きさは約 2 x 3 x 2 cm。卵のように中にピンク色の部分があり、しかも、綺麗な楕円形。- The size is about 2 x 3 x 2 cm.  It is like an egg containing an oblong shaped pinkish section.

表面 – surface

三畳紀(約2億年前)のチンル層、でもサンタクララ川に近い場所から持ち帰りました。 – I picked it up near the Santa Clara River in the Chinle formation, Triassic period (about 200 Million years ago).

かたや、こちら。左側の石にはニキビのようなボツボツが見えますよね。この石はペンシルベニア紀からペルム紀(約3億年前)の地層が混じり合う山道(Mojave Desert Joshua Tree rd) からのものです。On the other hand, the sample rock on the left side of the picture below, has spots on the surface.  It came from Mojave Desert Joshua Tree Rd where several formations are mixed, from Pennsylvanian to Triassic period (about 300 million years ago).

クローズアップすると、やはりボコボコと突起しているのがわかります。直径 2 mm ぐらいです。Here is a close-up image.  You can see that they protruding.  The size is about 2 mm.

この岩も同じ道で見かけました。- I found this rock on the same road as well.

近づいてみると、丸くはないけどボコボコ突起してます。念のため、動物の糞ではありません。- You can see that they are protrusions from the rock, not animal droppings.

最後にこちら、ジュラ紀(約1.7億年)のスノーキャニオン州立公園内のナバホ砂岩層。 – Lastly, this is a wall of the Navajo Sandstone Formation, Jurassic period (about 170 million years ago) at Snow Canyon State Park.

どうやらこれはコンクリーションらしいんです。- It seems that they are concretions based on my research.

生成のされ方は、まだ研究途中のようですが、鉄分が主成分らしいです。風化されたことによって表面に出ていますが、岩の中にできるんですね。面白い。- We still don’t know exactly how they were formed yet, but they are mainly iron.  They form inside the rock but erosion of the surrounding rock exposes them on the surface of the rock.  Isn’t it interesting?

モンゾニ岩 – Monzonite


セイントジョージには興味深いものが盛りだくさん。パインバレー山脈もその一つです。- St George, UT has many interesting things and places, and Pine Valley Mountains is one of them.

この山脈は、おそらく世界一大きいとされるラコリスがある事で有名です。ラコリスとは、簡単に言えば、地表に出きれなかったマグマが地中横長に広がってできた巨大岩盤です。- It’s famous for being the largest laccolith in the world.  To explain laccolith in one sentence, it’s a large rock body that was created by magma that spread sideways because it couldn’t get to the surface. 

その多くは、モンゾニ岩となり地表に現れています。ライキン(地衣類)に覆われているモンゾニ岩。- Laccolith is now exposed on the surface as Monzonite rock.  Below is a Monzonite rock covered by lichen.

そして、これがサンプルとして持ち帰ってきたモンゾニ岩です。- And this is a sample rock I brought back home.

モンゾニ岩はラコリスによってできた石なので火成岩です。クラロン層の上に流れ込んだマグマは長い時間をかけてその近辺の石を巻き込んで固まっていきました。- Monzonite is an igneous rock.  Magma intruded into the Claron formation, melted the surrounding rocks, and hardened over a long, long time.

約2,200万年前のこと。想像できますか?この近辺一帯の地中も高温でグニャグニャで、地上でも火山噴火もあったりと、とにかく熱い場所だったんですね。- It happened about 22 milion years ago.  Can you imagine that this entire area was so hot underground, and so hot with volcanic eruptions above ground.

今では、一番高い山頂は3,000メートル以上もあり、夏でも涼しい場所となっています。- Now, 22 million years later, it’s one of the cool places around here even during the summer months because of the high altitude. The highest peak is over 10,000 feet.

モンゾニ岩は、私のサンプル石ガーデンの14番目に収まりました。 – The Monzonite rocks are now at spot number 14 in my sample rock garden.

サンプル石ガーデン – Sample Rock Garden


念願のサンプル石ガーデンが完成しました! – My sample rock garden is finally finished!

中庭を抜けて、裏庭とゴルフ練習の庭への通路の中間。私たちのMV Rockのある丘もも見える、丁度いい場所です。- I picked a pathway to between the backyard and a golf practice garden.  I can view our MV Rock on the hill as well.  What a perfect location it is!

植え込みを引き抜いて、地面も平らにし、石を並べてと、全部一人で頑張ったぞ!久しぶりにプロジェクトを完成させた充実感があります。もちろん、バンちゃんのモラルサポートもありました。- Removing plants, flattening the area, laying rocks, I worked all of them by myself.  It gave me a sense of accomplishment that I haven’t have for a while.  Of course, Banchan gave me a lot of moral support.

そして、亀の亀太郎に見張り番になってもらいました。- And for the last touch, I asked “Kametaro”  to be the watch tortoise.

カップヌードルの宇宙 – Space in a Cup O’Noodles


宇宙の誕生は、カップヌードルみたいだ。- The birth of Space was like a Cup O’Noodles.

ビッグバングが起き、空間と時間が生まれ、さらに最初の水素とヘリウムができた。その間、約3分。カップヌードルにお湯を入れて、食べられるまで3分待っている間に宇宙ができた! – With the Big Bang, space and time, then hydrogen and helium, the low-mass elements, were produced.  It took three minutes.  Space was born while we wait for a Cup O’Noodles to be ready to eat after pouring hot water in!

参照 – References:

石の物語:序章 – Stories of Rocks: Intro


セイントジョージに去年引っ越して来て以来、ありとあらゆる物から感動をもらいました。小さな生き物から、大きな生き物、大自然の美しさ、怖さ。毎日が驚きと感動でいっぱいでした。一年後の今でも自然は深く魅力的です。中でも最近特に心を奪われているものが石です。- I have lived in St George, Utah for about a year now.  Since then, nature gave me a variety of impressions, and I am awed by them.  I have found something new every day from tiny bugs, to large creatures, the beauty, and the power of nature.  They are still so mysterious and fascinating to me.  And now, I have discovered a new thing on top of these things. Rocks.

石、そんな物に興味を持つようになるとは想像もしていませんでした。- I never imagined that I would be interested in rocks this much.

ここで見られる石は主にナバホ砂岩層ケヤンタ層の堆積岩です。ジュラ紀の1.7 – 1.9 億年ごろに形成されました。- St Goerge and nearby areas expose mainly Navajo Sandstone and Kayenta formations.  They are from the Jurassic period, about 170 – 190 million years ago.

それが、少し場所を移動すると三畳紀からカンブリア紀、2 – 5 億年まで遡ってできた地層を見ることができます。- If you go farther out from St George, you could see many more strata from Triassic to Cambrian periods, 200 – 500 million years ago.

つい先日訪れた秘密の場所では(地質学者の間では有名ですが。)なんと、原生代の地層に出会うこともできました。10億年以上も前、単細胞がようやく生まれてきた頃。ここ、セイントジョージが所属するコロラド高原は、まだ海の中でした。- We were so lucky that we could find strata from Proterozoic period where we visited a secret place, although it’s not secret among geologists.  This period is from one billion years ago, the time single or multi cellular living things started appearing on earth.  The Colorado plateau where St George belongs, was still in a water.

こんなに長い歴史の中では、私の存在どころか人間の存在などぶっ飛んでしまいます。少し大げさに言えば、宇宙の誕生につながる、地球の始まりに近い痕跡のある石に出会った!そんな石を眺めると胸が弾けてしまうほど感動します。 – In such a long earth history, our human history is a flicker of imagination.  To stretch the expression a little, the rock allows us to trace the beginning of earth, and expand our imagination to the beginning of space.  Such a notion blows my mind, and when I gaze at rocks my heart starts pounding faster with joy.

地質学の知識ゼロの私が、高校の地学のクラスでは居眠りをしていた私が、今、石の物語が知りたくて、手探りで勉強し始めました。これから、不定期的にサンプルとして持ち帰って来た石の話を少しづつ書いていきたいと思っています。 –  I never cared about geology and slept through the geology classes during high school.  Therefore, I still have nearly zero knowledge of geology.  But I have started studying about it because I want to know the stories of rocks. So I will write about my findings based on my sample rocks that I have brought back home a little at a time.

Yellow Knolls Trail


Yellow Knolls Trailナバホ砂岩層の領域です。約 8 km のハイキングは、カメの甲羅のような岩壁をたくさん見せてくれました。 – Yellow Knolls Trail is in a Navajo Sandstone formation area.  The trail is about 5 miles long roundtrip. Along the way it reveals many turtle shell like rocks.
もちろん、トカゲもたくさんいましたが、中でもヒョウ柄のトカゲ、Long-nosed Leopard Lizard に出会えたことは、特記事項です。今までこの近辺をハイキングして来ましたが、今回初めて出会えたからです。しかも、3匹も! – On our hike, we saw many lizards. An especially notable one was the Long-nosed Leopard Lizard. It was notable to us because although we have hiked in many other areas around here, we have never seen this type of lizard until now. Further, we saw not only one, but three!

それは私です。 – It’s me.


再び「私は誰でしょう」の時間です。さあ、皆さん、前回のブログで予想されたでしょうか。今回は皆さんに登場していただきます。 – Here we are again.  It’s time for “Who am I?”.  Have you guessed who those 5 creatures are in the previous blog entry?  Whether you did or not, the answers are here today.

それでは1番の方、出て来てください。長いシッポですが、まだよくわかりません。- Welcome Number 1: You have such a long tail, but I am still not sure.

お顔を拝見させてください。 – Can I see your face?

あ、2本の線が首にあるところを見ると・・・ – Oh, you have two stripes around your neck.

やっぱり、首輪トカゲさんだったんですね。ありがとうございました。- Of course, you are a Collared lizard.

2番の方、ご登場ください。このシルエットは、キツツキさんですね。- Number 2: The silhouette looks like a woodpecker.

Ladder-Backed (背中の模様が梯子のようなところから来た名前で、日本語名がありません。)のキツツキの奥さんでしたか。ご主人と違って、赤い帽子はかぶってないんですね。- You are a lady Ladder-backed Woodpecker because you don’t have a red cap on top of your head.

3番目の方、お願いします。- Please come out number 3.

ヒバリヒメドリさんでしたか。歌がとてもお上手ですよね。- You are a Lark Sparrow.  You can sing very well.

4番目の方、ご登場ください。ノドグロヒメドリさんでしたか。まあ、愛らしいポーズ。- Number 4:  You are Black-throated sparrow.  It’s a lovely pose.

あ、ノドグロさんも歌が上手なんですよね。- Sure, I shouldn’t forget to mention that you can sing well also.

それでは最後の5番目の方、ご登場ください。ムチヘビさんでしたか。- Number 5:  You are Coachwhip, red racer.

お疲れ様です。- Thank you for coming out from the bushes for us.

長い体、1.5 メートルぐらいありそうですね。車にひかれないよう、気をつけてくださいね。- Your body is long, about five feet.  Please be careful not to be run over by a car.

 

Mojave Desert Joshua Tree Road は静かな道でした。私たちの住んでいるSt George はコロラド高原に位置しますが、ここはその西に広がるベイスン・アンド・レンジという地質学的に面白い地域でもあります。カンブリア紀からペンシルバニア紀(約5 – 3 億年前)の岩も露出しているようです。サンプルの石を拾って来ました。- Mojave Desert Joshua Tree Road is a quiet road.  It runs through a part of the Basin and Range region. The geological formation here is different from the Colorado Plateau where we live in Saint George.  According to what I’ve read, rocks from Cambrian to Pennsylvanian eras (about 500 – 300 million years ago) are exposed at this location.  Below is one small sample rock from there.

ホワイトロック野外劇場 – Whiterocks Amphitheater


ホワイトロックスノーキャニオン州立公園の北の方にあり、他の赤い岩とは対照的な存在です。 – Whiterocks is located at northern part of Snow Canyon State Park.  As the name indicates, its white color creates a contrast to the red rocks in the park.

私たちはその中心部にできた野外劇場と呼ばれる所にに行ってみることにしました。 – We decided to go to the Amphitheater naturally created in the Whiterocks.

駐車場から最短コースなら約 1.5 km ですが、私たちは溶岩流でできた洞窟側からの8 km ほどのコースを歩きました。 – It’s only 0.9 miles from the closest parking lot, but we took a longer way, about 5 miles through Lava Tubes Trail.  雨が降りそうで降らない、雲の変化が激しい日でした。途中で振り返ると、渓谷の景色が広がります。 – The cloud formations in the sky changed a lot from sunny to almost rain but it made our hike more interesting.  A gorgeous view spread out in front of us when I looked back.

ついつい見とれてしまいますが、いよいよホワイトロックに向かいます。- What a sight it was, but we should move on.

遠くの方で雨が降っているようです。でも、こんな風に風化された岩を見ると先に進まずに入られません。 – We could see that rain had started far away, but seeing a rock like this motivated us more to go forward.

だんだん傾斜も急になってきました。左側がナバホ砂岩層で右のボコボコしている方がカーメル層。私たちは違う2層の間を登って行きました。- The slope got steeper.  Navajo Sandstone is on the left and the Carmel Formation is on the right.  We walked through between the two formations.

ついに野外劇場に着きました。もちろん、十分にソーシャルディスタンスを取っています。音響効果がどんなものか知りたくて、つい歌ってしまいました。気持ちいい! – Here is the Amphitheater.  We kept more than enough social distance while there.  I couldn’t resist the urge to test out the sound effects, so I started singing.  What a great feeling!

歩いてきた方を見上げると、まだ雪が残るパインバレー山脈が見えます。 – When I looked back, I could see the Pine Valley Mountains with snow on top.

下を見ると、ナバホ砂岩層。クロスベッドが水の流れによってゆっくりと形成されていった過程が想像できます。 – When I looked down, there is the Navajo Sandstone Formation.  I could imagine that the layers of cross-bedding by currents formed slowly.

遠い太古の出来事。 – It all happened at time immemorial.

今から1,000万年後にはどんなになっているのでしょうね。 – I wondered what would be happening 10 million years from now.

当然、私たちは生きていないんですが、ふぅ〜っと時空を超えた世界を想像すると世の中の雑念が消えていくようです。- Of course, we won’t be alive then, but imagining like that, going beyond the time and space, clears my worldly thoughts.

こんな表面も風化作用で砂になり、砂丘になり、もしかしたら新しいクロスベッドが形成されるかもしれない。 – The surface of the rocks like this could become a sand hill or new cross-bedding in the future.

しばらく意味のない思いに浸っていたかったんですが、遠くに見える雨雲に追い立てられて帰途につきました。 – Although I was enjoying my meaningless thoughts, the rain clouds told us to go home as they were approaching closer to us.  So we went home.

地球の歴史 – Earth History


地球の歴史とコロラド高原を勉強しています。本やウェブサイトを読んで、一人で地球史マップにノートを書き加えていくのは、意外に楽しい。- I started studying the history of the Earth and the Colorado Plateau.  By reading books and websites, I add post-it-notes with my interests to my history map.  The process of this kind of study is surprisingly interesting.

すでに知っている方は多いとは思いますが、その過程で、私にとっての”驚きの事実”が三つありました。- I have found three astonishing facts while doing this. Although it seems they are known to many people, they new and shocking to me.  Here are those three facts:

  1. アメリカ大陸は今でも動いています。過去の話ではなく、毎日、爪が伸びるのと同じスピードでユーラシア大陸から遠ざかっているんです。この事実を前にすると、いつ地震が起きても不思議じゃない。- North America is moving even now.  It’s not a story of the past, it is moving away from Eurasia with the same speed that our nails grow.  I must say that it’s natural to have earthquakes at anytime.
  2. 地球は今、氷河期にあります。え〜!ですよね。詳しくは、間氷期という、氷河期の中でも寒さが温暖な時期ではありますが。- We are in the middle of an Ice age.  Wow!  To be exact, we are in an “Interglacial” period within the ice age.
  3. 地球誕生から、5回も生物が絶滅しています。この事実を踏まえると、人間も含めて今現在のすべての生物はいつか絶滅する時が来ることが予想されます。– We had experienced five mass extinctions since the birth of Earth.  If so, we can easily imagine that we could have another extinction in the future involving many species including our own species of course.

ね、面白いでしょ?- Isn’t it interesting?

もう一つ、ヒトの歴史は138億年前に起こったビッグバンから見るとカゲロウの命より短いんですよ。想像を超えている世界ですよね。でも、そんなふうに思うと、私たちの人生は今しかないような気になってきます。 This is only my realization that our life is much shorter than a Mayfly‘s life based on the Earth’s history since the Big Bang around 13.8 billion years ago.  It’s way beyond my imagination but I start to think that we should enjoy this short moment on Earth.

ミード湖の隣 – What’s Next to Lake Mead


ザイオン国立公園内を流れ、渓谷を作ってきたバージン川は南下して、やがてコロラド川に合流しミード湖に流れ込みます。ミード湖と言えばフーバーダム、最大貯水量は322億トンと言われています。ちなみに日本最大のダム、徳山ダムの最大貯水量は6.6億トンです。日本トップ50のダムの合計でも11億トンしかないことを考えると、その巨大性が少し見えてきます。(データがないので明確には言えませんが、日本のダム、2700の総合計でも到底300億トンには及びません。)近くのラスベガスはもとより、カリフォルニア、ネバダ、アリゾナ州の人々の大切な電力となっています。 – The Virgin River flows downward through Zion NP and joins the Colorado River at Lake Mead.  Lake Mead is a reservoir created by the famous Hoover Dam.  The reservoir is the largest in the United States by volume, over 32 billion cubic meters (when full).  You can imagine the size of it by comparing to Japan’s dam. The volume capacity of Tokuyama Dam, the largest in Japan, is 0.6 billion cubic meters.  Even the total of the top 50 dams in Japan only goes up to only 1.1 billion cubic meters.  (I can’t say for sure since I don’t have data of all 2700 dams in Japan, but I can easily imagine that it won’t go up to 30 billion by adding all of them.)  The electricity created by Hoover Dam is an important energy resource for people not only in Las Vegas, but also for California, Nevada and Arizona.

さて、地図を見ると、その隣に火事のように赤い部分があります。名前の由来がわかりやすい、バレーオブファイヤー州立公園です。- Let’s look at the map below.  The red-colored area, looking like a fire, right next to Lake Meed is Valley of Fire State Park.  I wonder where the origin of the name came from.  ::grin::

遠くからの眺めでは、ポコポコと岩が特記しているところから、アーチーズ国立公園のような雰囲気がありました。でも、ふと足もとを見ると、紫や黄色の層が見えます。- From far away, it gave me the impression of being similar to Arches National Park because the roundish rocks were here and there on the vast plain.  But then, I discovered a purple, yellow, etc. colored stratum at right around my feet.

これは面白い。- Interesting.

おおおー!アンテロープキャニオンみたいだ。- Wow, it’s like Antelope Canyon.

わ〜〜〜!- Nice!

ラスベガスからの帰りにほんの 1 – 2 時間ほど立ち寄っただけなので、まだ全容がつかめてません。- I still don’t have an overall sense of this place since we stopped by here for only a couple hours on the way back from Las Vegas.

また来なければ!- We must come back here again!

ちなみに、この公園の石を形成する地層はアズテック砂岩層と言われています。今やセイントジョージの住人となった私にとって、家の周りに見られるナバホ砂岩層に非常に似ているアズテック砂岩層が気になります。- By the way, the rock formation in this park is called Aztec Sandstone.  The rock looks quite similar to Navajo Sandstone which I can see around our house in St George.  It’s curious, isn’t it?   

そこで調べて見ると、この方のウェブサイトに出会いました。- So I researched a little on the web, then found the site below.

Our Geological Wonderland: Navajo Sandstone

以下、引用です。- A quote from the page:

The Aztec Sandstone is exposed in Red Rock Canyon State Park in southern Nevada. These rocks are considered to have formed at the same time as Navajo Sandstone and in similar wind controlled depositional environments. These formation names have been undergoing revisions by the U.S. Geological Survey, but most online sources still use the traditional names.

要約すると、両者ともほぼ同時期に同じように生成された砂岩層で、目下アメリカ地質調査所(USGS)が名前の改変をしている最中ですが、まだほとんどのウェブサイトでは今まで通りの名前を使用しているとのことです。- To summarize the paragraph, both formations are from about same timeframe, and the way it was made was also quite similar.  So the U.S. Geological Survey (USGS) is on the way to revising them.

ちょっと感動です。- I am moved by it.

目に見えない昔を調査して、想像力を働かせてセオリーを立証する。地球の始まりを調査する旅は、結局、宇宙を調査する旅につながって、無限大みたいだね。- We can’t see ancient times, so we expand our imagination and establish a theory.  I feel that studying the formation of Earth can expand into space.  It’s like an endless journey to infinity.