Category Archives: geology

宝探し Gem Tour


4月半ば、デルタという小さな町に宝石探しに出かけました。 We went to a Gem Tour in mid April near a small town called Delta.

ここに来るまでは聞いたこともなかった町ですが、二つの歴史的出来事で知られているのかもしれません。 I never heard of the town until I went there but it seems it’s known to people for two historical events.

ひとつ目は、1770年にエスカランテ神父が遠征の途中にキャンプした場所であることです。「エスカランテ」の名前は彼の書き残した遠征日記により有名になり、いくもの場所にその名が残されています。例えば、エスカランテ ステアケース 国定公園があります。 The first event was that Father Escalante camped here in 1770 during his expedition. The name, “Escalante” became famous because he wrote a journal during his explorations. So people named places after him. For example, we have Grand Staircase-Escalante National Monument.

もう一つは、デルタの町の近くにあるトパーズという何もない砂漠地帯にかつてあった、トパーズ戦争移住センターです。「移住センター」とは言え、基本は有刺鉄線が張られ、監視タワーがある強制収容所でした。 Another event was the Topaz War Relocation Center in a desert area near Delta. Although it is called “Relocation Center”, it was actually a “Concentration Camp.” It was surrounded by barbed wires, and watch towers with armed guards.

第二次世界大戦中、120,000以上もの日本人が3年間もの間、異議申し立ても出来ずに、家財を全て放棄して強制移動させられたことは信じられないことです。トパーズ移住センターは10カ所に造られた収容所の中の一つで、約10,000人が収容されていたそうです。 During World War II, more than 120,000 Japanese people (including 2/3 of American born people of Japanese decent) were forcefully relocated and lived in concentration camps for three years. It’s unbelievable that they were allowed to carry one suitcase only, and had to give up their houses and everything they couldn’t carry in the one suitcase. The Topaz relocation center was one of 10 camps built during the war, and about 10,000 people lived there.

私たちの訪れた4月はすでに心地よい季節になっていましたが、砂漠地帯に吹き荒れる風には閉口しました。79年前のこの地の簡素なバラック小屋での生活を思うと、今ある平和に感謝せざるを得ません。 It was a nice season, though cold at night, when we visited there, but I didn’t like the sttong wind constantly blowing in this desert area. I imagined life here 79 years ago in simple barracks. I am simply thankful for the peace that we have now.

2度と起こらないことを祈ります。 I pray that nothing like this ever happens again! Never Again!

さて、そんな場所の近くに、鉱山がありました。わずかながらですが発掘して持ち帰ってきたお宝を、明日からご紹介します。Let me get back to the topic, the mines were there, not so far from places like Delta and Topaz. Tomorrow, I will introduce you to my gems that I brought back home from there.

Hike 11: Toe trail


Toe Trail は往復 5.8km 無理しないで歩ける、平らなトレイルです。 The Toe Trail is a flat and easy 3.6 mile trail.

毎日バスルームの窓から見えるレッドロックの麓を歩きます。 As you can see in the picture below, it’s very flat. Part of the trail runs right next to the bottom of the Red Rock which we see from our bathroom window everyday.

こちらが窓からの眺め。 This is the window view.

このレッドロックは二つの地層からできています。上層部がナバホ砂岩地層で、下層部がケヤンタ地層です。すごく分かりやすいですよね。 The Red Rock consists of two parts. The upper part is Navajo sandstone and the bottom is the Kayenta formation. Isn’t it easy to see the differences?

暖かくなってきたので、トカゲとかヘビとかに出会えるかなと期待しましたが、見られませんでした。でも、小鳥のさえずりが至る所から聞こえていました。それだけでも清々しかったです。 As it’s a little warmer these days, we hoped to see some lizards or snakes, but we didn’t see them. Instead, we heard little birds singing from the side of trail, and that made us feel so uplifted.

Hike 6: 化石の谷Fossil Canyon


再び、早朝のショートハイク。We went to another early morning short hike in fossil canyon. The distance was 5 km (3 miles.)

カンボジアの寺院、アンコールワット、を思い起こさせる岩が両側を囲みます。The rocks around there reminded me of temples in Cambodia, Angkor Wat.

ここはペルム紀から三畳紀の頃の地層であるらしい。そしてこのトレイルの名前通り、化石の山、Fossil Mountain という地層群なんですね。This area is the Fossil Mountain member of the Kaibab formation. The time period ranges from the Permian to the early Triassic.

だからこんな化石を発見することができました。We found tiny fossils like this.

貝殻かな、それとも植物の一部でしょうか。 Could it be a shell or a part of a plant?

距離はないのですが、谷間を進むので、結構難しい場所でした。The trail is not so long but it was challenging because we needed to go through a narrow canyon.

助け合いながら岩を登っていくハイクはとても楽しかったです。All in all, it was a fun hike with the hike members helping each other to go up and down rocks.

ラジオ塔のある山 – The Mountain with Radio Towers


私の部屋の窓からも見える山、ウェストマウンテン。ラジオタワーがたくさん建っている ので、遠くても見つけやすいです。思い立って行ってみることにしました。I can see the West Mountain peak from the window in my study. It is very far away, but I can recognize it because of the many radio towers on top.

窓から見えるウェストマウンテンの頂上。800mm レンズ使用。West Mountain Peak through my room window by 800mm lens.

前回チャレンジした時は、まだ雪がたくさん積もっていて危険だったので断念しました。今回は雪なし。バンちゃんの運転を信頼してはいるものの、急勾配と半端でない凸凹道で、私の体は硬直状態でした。We tried to go up there once in the past when it was still covered with snow, but gave up because it was way too dangerous to attempt on the snow. So we decided to go up there again. No snow was on the road this time. Although I trust Banchan’s driving, I was so nervous all the way to the top because the road was so steep and rough with big rocks and deep holes.

頂上に着くと視界はパッと開け、360度の絶景です。Once we got there, the 360 degree view opened up for us.

東の方向、遠くザイオンの山々が見えます。The east view. Mountains at Zion NP are visible at far far away.

この近辺の高い山と言えば、パインバレー山脈 (3,159m) で今でも雪が残っています。ちょっと遠くのザイオン国立公園の一番高い山は 2,660m 。それに比べ、このウェストマウンテンは 2,107m 。高くはないですが、景色を阻む山は近くにありません。だからラジオ塔が立ってるんですね。Tall mountains around this area are, #1 Pine Valley Mountains (10,365 ft), #2 Zion NP’s tallest mountain (8,726 ft), #3 West Mountain (6,912 ft). West Mountain is not that tall in comparison to Pine Valley Mountains, but there are no other mountains blocking the spectacular view near it. That is why many radio towers were placed here.

下の写真は西の方角です。明るい色の砂丘のように見えるビーバーダムウォッシュ(Wash とは、雨季以外は枯れている川のこと)、その向こうにはベイスン アンド レンジ (Basin 盆地 and と Range 山)と言う、地殻変動によって作られた地形が広がっています。空中写真じゃなくてもわかる。すごいな!ここ、セイントジョージ一帯は、コロラド高原からベイスン アンド レンジに変わるちょうど境目です。この山はベイスン アンド レンジの壮大な地殻変動物語を目撃していたかもしれません。以下、物語を少し書きます。The picture below shows the west view. The light colored area is Beaver Dam Wash. Beyond that, the Basin and Range region spreads out all the way to California. That’s amazing that I can actually recognize the ground formations from here without seeing it from Sky. It is said that this mountain and St George area is called “the transitional area” positioned between the Colorado Plateau and the Basin and Range. It means that this mountain could witness the grand story of the Basin and Range. Here is my very short version of the story.

西に広がるベイスン アンド レンジ。Basin and Range goes on to west.

昔々、北アメリカという大陸プレートは、西に移動していました(今でも年間 5-7cm 移動中)。その西側には、今は存在しないファラレンと言うプレートがありました。でも、ファラレンは西から太平洋プレートが押し寄せてきたので、仕方なく東に押されていきました。Once upon a time, a long, long time ago, the North American plate was moving westward. (it’s still moving towards the west about 2-3 inches per year.) Right next to the west side of the North American plate was the Farallon plate which doesn’t exist anymore. Because the Pacific plate started pushing the Farallon plate eastward, the Farallon plate had to move eastward.

その結果、必然的に北アメリカとファラレンの間に押し合いが始まります。その間、北アメリカの西への移動は止まらず、コロラド高原以西のベイスン アンド レンジとなる部分はギューっと西からも東からも圧迫されてシワシワ状態。それがある時、温度の低いファラレンが北アメリカの下に潜りだしたことによって緊張関係が解けました。As a result, naturally the North American and the Farallon plates were pushed into each other. During that time, many wrinkles were formed on the crust between the Colorado Plateau and the west edge of North American which became the Basin and Range region. Eventually, the Farallon plate went down under the North American plate, relieving the tension between them.

北アメリカの西側に溜まっていた圧力が弾け、シワシワが引き伸ばされ他ものの、一度できてしまった地表のシワは元には戻りません。山と盆地が波のうねりの様に続く場所として 1.7千万年間そのままの状態で今に至り、ベイスン アンド レンジと名付けられたのでした。おしまい。(注意:生成の理由、過程についてはまだ学者間で議論が続けられています。) Although the tension was gone and wrinkles were stretched, the crust couldn’t go back to the way it was. The wrinkled lines remain as basins and ranges for 17 million years to this date, and the area was named as Basin and Range. The End. (Important Note: The story was based on only my readings. How it was created is still controversial among scholars.)

北の景色。The north view.

高校の時にこんな景色を見ていたら、地学大好きを通り越して、地質学者にになっていたかもしれません。I wish I could see views like this when I was young. I could be a geologist if I did.

北東の景色。まだ雪を少しかぶっているパインバレー山脈。The view towards the North East. Snow is still visible on top of the Pine Valley Mountains.

南の景色。The view towards the South.

リトルフィンランド – Little Finland


ネバダ州にあるリトルフィンランドは私たちの住むセイントジョージからは2時間半ぐらいの距離にあります。バージンリバーを超えからは1時間半ぐらいオフロードを南下します。Little Finland is in Nevada about 2.5 hours away from our house in St. George, UT. Once you cross the Virgin river, you need to drive on an unpaved road for about 1.5 hours.

魚のヒレみたいに薄く突き出ているような奇岩があることから、ヒレ(フィン)の国(ランド)、フィンランドと名付けられたそうです。The name came from the shape of the rocks like fish’s fins, so it is called fin+land = Finland.

ここはジュラ紀初期とされるアズテック層でできています。ナバホ砂岩層と同じ頃。ということは、恐竜の骨も見つかるのかもしれません。This area is composed of Aztec Formation rocks. It was formed about the same time as the Navajo Sandstone Formation was formed in the early Jurassic period. Who knows if we may find dinosaurs bones there.

交通の便が悪くてよかった。観光客でごった返したら、薄いヒレはあっという間に破れて亡くなってしまうことでしょう。実際、この地域の野生動植物や地形や文化財が破壊されていたので、2016年にこのフィンランドも含めて広大なゴールドビュート国定公園が指定され、保護されるようになりました。とは言え、公園としての施設は何もなく、レンジャーもいないので、どこまで保護されているのか少々不安です。I am glad that it’s a little hard to get there. If not, many tourists may go there and the chances of destroying the rock formations will increase. In fact, great concern arose about the destruction of this area, which lead to establishing the Gold Butte National Monument including Little Finland in 2016. Having said that, I still have a concern about how we can protect this area because I didn’t see any facility or sign around there.

もともと自然の侵食によって作られた岩ですから、今後侵食が進めばエントロピーの法則でなくなってしまう物です。でも、だからこそ何百年、何千年先まで謙虚にこの自然の不思議を観察していきたいです。Of course, it’s created by natural erosion. Sooner or later, it will be gone as we know it is the law of entropy. But until then, hopefully hundreds or thousands of years, we want to humbly enjoy the view.

メテオクレーター Meteor Crater


メテオクレーター (*注記参照) は巨大なので、ワイドレンズでも当然全容を収める事が出来ず、ポスターの写真を撮りました。どれほど巨大かというと、フットボール競技場が250個も入るぐらい。The Meteor Crater was so huge that I couldn’t capture it with my wide lens. So I took a picture of the poster at the front of the visiter center. You may ask how huge? It can hold 250 football stadiums easily.

ビジターセンターの前のポスター。A poster in front of the visiter center.

約5万年前、直径50mほどの大きさの隕石が激突し、直径1.5kmのクレーターを作りました。こんなデータを聞いた時は「ふーん」と耳から耳へと通り抜けてしました。でも、その当時のインパクトを聞いて恐ろしくなりました。Fifty million years ago, an approximately 160 feet diameter meteorite hit the earth and created the 3,900 foot diameter crater. This data didn’t strike me so much when I heard it because they were just numbers. But when I heard the actual impact to this area, it shocked me.

隕石のほとんどは大気圏を通り衝突すると融解したり気化したりして元の形を保っていませんが、この隕石は形を残したまま激突した。この衝撃の大きさを示す一例として、あまりの高圧高温であったため、炭素から六方晶ダイアモンド、別名ロンズデーライトが生成されたとの事です。ダイアモンドより固いらしい。うひゃ〜!Most of meteorites will melt or vaporize in the atmosphere. Plus they don’t keep the original shape. But this meteorite survived. The damage of the impact was so large that it created hexagonal diamonds (aka Lonsdaleite) from carbon which is harder than diamonds. No kidding!

展示されている隕石の破片 A fragment of the meteorite displayed at Visiter Center.

5万年前のこの地帯はコロラド高原の草原地帯でした。すでに哺乳類が棲息していました。それがこの隕石の激突によって半径10km以内の動植物は一瞬にして死滅、衝撃熱風は半径20kmまで焼き尽くしたとのことです。The area was a grassland on the Colorado Plateau about 50,000 years ago, and mammals were comfortably inhabiting the area already. However, when this meteorite struck with immense speed and power, it destroyed all the living things instantly within 6 miles radius, and burned everything within 12.5 miles radius.

単純には比較できませんが、広島に投下された原爆の被害範囲が半径2kmと比べると、その100倍の破壊力があった事がわかります。その時、この地で生きてなくてよかった。(まだ人類は誕生してませんでしたが。)The nuclear bomb dropped on Hiroshima destroyed 1.2 miles radius. I know that we cannot simply compare the two with numbers, but to get a rough image, the meteorite had 100 times the destructive power of the bomb. Phew, I am glad that I wasn’t there at the time. (Needless to say, human history here hadn’t started yet.)

地球からも見えるほど大きい月のクレーターは、激突事にどれほどの衝撃を受けたのでしょう。I wonder how big the impact on Moon when it was hit by a meteorite and created the crater we even can see it from earth.

つい先週、バーモント州上空の隕石のニュースがありました。隕石の衝突は大昔の出来事ではありません。どこにでも降ってくる可能性はあるんですね。Only a week ago, a meteorite exploded over Vermont. A meteorite strike is not just an ancient matter, but it can happen at anytime, anywhere.

*注記:日本語名は統一されたものがなく、こちらのウィキペディアではバリンジャークレーターとされています。ここでは、英語の発音をそのままカタカナ書きにしています。

石化する – Petrified


化石の森国立公園はアリゾナ州北東に位置し、バッドランドと呼ばれる荒地にあります。Petrified Forest National Park mostly consists of badlands. It is located in northeastern Arizona.

ここはかつてパンゲア大陸の一部でした。その頃(ペルム紀から三畳紀の頃)は赤道直下にあり、熱帯雨林帯だったそうです。つまり、熱帯植物が繁殖していたということです。その後、火山活動で木々は火山灰に覆われて 2 億年もの間眠り続け、地殻変動を経て、今、化石化した木として 再び蘇りました。This area used to be a part of the continent of Pangaea (from the late Permian to the Triassic). The location at the time was around the equator. The climate was tropical rainforest. It means that many tropical plants grew around here. Then volcanic activity covered trees and plants with ash. The trees had slept for 200 million years since then. Many tectonic movements pushed the area upwards, and now the buried trees were exposed as petrified trees.

この公園の木は石化したことにより、二酸化ケイ素という物質になっているらしいです。それはどういう事なのでしょうか。The trees in this park are petrified. They became silicon dioxide aka silica. Why and how?

長い時の流れの中で火山灰が溶解して二酸化ケイ素になり、それが木の中に浸透して、名前が示す通り石英などになっていったという事です。During the long period of time, the ash covered trees dissolved and became silica. In other words, silica penetrated into the trees, and the trees became rocks such as quartz.

それにしてもこのケイ素、別名、シリコンは地球の元と言っても過言ではない元素ですよね。ケイ素なしには岩石はあり得ないわけですから。そしてシリコンは今でも重要な元素であらゆる分野で活躍していますよね。By the way, silicon is one of the key elements of earth, and no rock exists without silicon. On top of that, silicon is used in a variety of industries in the present time.

その日の夜、ホテルのベッドの中で、付き合いの長いシリコンのことを考えつつ、ペルム紀末には絶滅してしまった三葉虫の化石のことを考えていました。店で見た三葉虫も木と同じように二酸化ケイ素詰めになっているんだろうか?化石化するとはどういうことなのか。そして三葉虫を買わなかった事を深く後悔したのでした。I couldn’t sleep the night well. Maybe because I was thinking about silicon and Trilobites which went extinct at the end of the Permian period. I wondered whether the trilobite fossil I saw at the store, was also filled with silica or not. What’s the difference between “fossilized” and “petrified” anyway? Then, a feeling of regret attacked me so strongly. “Why didn’t I buy it?”

追記:英語における Fossilized の訳語は「化石化」Petrified の訳語は「石化」。混同して使われている場合が多いようです。化石がこの公園の木のように鉱物によって置き換えられた場合には石化と言います。石化は化石化した物の種類の一つです。だから、石化した木は化石化した木ですが、化石化した木は必ずしも石化した木とは言えません。

FYI: The words, “Fossilized” and “Petrified” are sometimes mixed up and misused. A fossil can be called “petrified” when a mineral replacement occurred like trees in the Petrified Forest National Park. So, we can say all petrified trees are fossilized trees, but we can not say all fossilized trees are “petrified trees” because petrification is only one of the processes to make fossils.

20億年の旅 – Travel Through 2 Billion Years


グランドキャニオン国立公園で20億年の旅をして来ました。I traveled through 2 billion years at Grand Canyon National Park.

とは言え、大きな一歩が凡そ100万年のマーカーのついている地質学の道を20億年前のマーカーから現在まで歩いただけなんですけどね。Having said that we only walked through the Trail of Time, a geology timeline. The trail has markers representing one million years for every large step.

でも、とても面白かった。最も大きな理由は、ブライトエンジェルシェールに触る事ができたし、渓谷を見たら即どれかわかるようになったから。It was very interesting and exceeded my expectations. The main reason was because I could touch Bright Angel shale rock, and now I could identify which layer is the Bright Angel shale.

下の写真、裾広がりのスカート状に広がっている部分が全部ブライトエンジェルシェールです。つまり、ブライトエンジェル登山道のインディアンガーデンからプラトーポイントの道は全部ブライトエンジェルシェールで覆われているんです。まさに名前が示す通りだったんですね。See the picture below. Bright Angel shale is in the areas shaped like flared skirts. In other words, it’s everywhere. The Bright Angel trail from Indian Garden to Plateau Point travels across the Bright Angel shale.

5億年前のブライトエンジェルシェールは丁度マイルストーンみたいです。なぜなら、ブライトエンジェルシェールの地層がわかると、あとはすんなりとわかってしまい、その下の層、タピーツ砂岩の下にはグランドキャニオン スーパーグループと、ビシュヌ片麻岩層があるだけなんです。I thought Bright Angel Shale is like a milestone in the strata because once you knows which one is Bright Angel Shale, the rest of the layers are rather simple. There are only two more groups exist right below Tapeats sandstone. They are Grand Canyon Super group and Vishnu schist.

ビシュヌ変成岩の中でも一番古いエルビスチャズムス、18億年前のもの。Elves Chasm gneiss is the oldest rock in the Vishnu schist group.

地球誕生が46億年前。それから28億年経った18 億年前と言えどもまだ北アメリカ大陸は存在していませんでした。空気中の酸素はまだ1%ぐらいしかなく、単細胞藻類が水中にようやく姿を現し始めた頃です。なんとまだ1日が19時間ぐらいだった頃。Earth was born 4.6 billion years ago. 1.8 billion years ago, North America didn’t exist yet. The atmosphere contained only 1% Oxygen, unicellular algae emerged in the water. A day was only 19 hours then.

こんなに太古代のことまでわかってしまう地質学者はすごいな。地球の歴史を掘り起こしてくれたコロラド川に感謝です。How great the geologists are who figured out such incredible details of the Archean eon! And I am grateful to the Colorado river that revealed this part of Earth’s history.

また一気にタイムトラベルして、上層部の地層、ココニオ砂岩トロウィープ砂岩、そしてそして、2.7億年前に出来た最上部のカイバブライムストーンで終了です。Let’s back up all the way to the top three layers. They are Coconino sandstone, Toroweap sandstone, and Kaibab limestone formed 270 million years ago.

2.7億年前のペルム紀は、三畳紀の直前、まだ恐竜の時代は始まってません。ブライトエンジェルシェールのカンブリア紀からさらに2.5億年今に近づきました。丁度パンゲア超大陸ができていた頃。1日は22時間ぐらいで両生類や爬虫類も生息していました。270 million years ago, it was called the Permian period, right before Triassic period, and the dinosaur age hadn’t started yet. Roughly another 250 million years past the Cambrian period is when the Bright Angel shale was formed. It was the time Pangaea, the super continent, existed. A day was about 22 hours, and amphibians and lizards were there already.

それのどこが面白いの?という人は多いでしょう。確かに以前の私にはどうでもいいことでした。でも今はこの確固とした地球史、石の存在は、何かに迷った時に立ち返る事ができる「拠り所」にも思えるのでした。Many people may ask me, “Why do you find it interesting?” I didn’t care much about it before, but now I find it fascinating. The history of earth, the existence of rocks became my solid ground to go back to when I am confused by things happening around me.

帰途 – Going Home


いよいよ家に帰る日がやって来た。朝、外を見たら新雪が宿の外を覆っていた。It was the last day of the trip. The parking lot of the motel had been covered with snow when I woke up.

こんな景色を見ると、もう少し居たくなってしまう。I wished we could stay longer, at least one more day.

それでも車を走らせると、見えてくるのは果てしなく続く断層の跡。一体どれほどの地殻変動があったのだろう。ただひたすら息をのむ。Soon after we started driving, we were awed by a long stretched out fault line. I wonder how big the earth movement was to create such a long cliff. I was speechless and thought how lucky I was to see such a landscape.

ユタ州に入り、凍りついている道を走っていたら、牛たちの大移動にあった。ゆっくりと歩く牛たちと一緒にノロノロと進む。After we entered into Utah, we encountered a large number of cows marching on the icy road. The cows moved very slowly, and we also moved slowly with them.

110km ぐらいで走っていたのに突然5kmのスピードになった。そして最近読んだ本を思い出した。「時間」についての本。Although we were running over 65 miles per hour, we suddenly slowed to 5 miles per hour. Somehow, it reminded me of a book I’ve read recently. It was about “Time”.

物理学者に言わせると、「時間の流れ」は存在しない。私たちが心の中で作り出して流れるだけらしい。ビッグバンから遠ざかる方向性があるだけらしい。牛たちを見ていたら、そんな言葉を思い出した。By watching how cows walk, I remembered phrases in the book. According to physicists, there is no such thing as the “flow of time”. Our thoughts in our head makes us think it flows. Instead, time has a direction that goes away from the Big Bang.

昔訪れたバレー オブ ゴッズ、畏敬の念が湧き上がるような景色が眼科に見えて来た。ぜひまた行かなければ。Wow, it’s the Valley of the Gods! An awe-inspiring view suddenly showed up in front of us. We’ve been there once years ago. Seeing it this time, we think we must go back again.

そして、雪がちらつく中、霧の間から見えてきたモニュメントバレー。有名な場所ですから、流石にこんな時でも観光客の車が多い。家まではまだ遠い道のりだけど、馴染み深い場所を見ると安心する。時間の流れの錯覚のように、心の中で家が近いと思った。The famous Monument Valley appeared in front of us. With snow falling sometimes, the famous rocks poked their faces through the fog. Even under such foggy condition, many people were there. Yes, this is a very, very famous spot which attracts people from all over the world. Ahh, it’s already a familiar place to us. I thought our house is close, though it was still a long way to go. It’s just like the “flow of time”. My mind fabricated an illusion and made me think so. Hahaha.

砂丘の不思議 - Wonder Of Dunes


砂丘、大好きです。 I love sand dunes.

シンプルな曲線のある風景は、抽象画を見るようです。
Landscapes with simple lines are my favorite abstract pictures.

砂丘に登る人とジェット機。 – A jet plane and a man climbing a sand dune.

今回の旅のハイライトはここ、グレートサンドデューンズ国立公園でした。
Great Sand Dunes National Park was the highlight of our trip.

ここは北米一高い砂丘で、高山に囲まれ、川に隣接している事など、アメリカの砂丘の国立公園になる条件が揃っています。(去年2020年12月20日にホワイトサンズが国立公園となったので、もう唯一ではない。)
It has the tallest dunes in North America, surrounded by high mountains, and a river that flows right next to it. No wonder it is the only sand dune (just found out that White Sands NM became NP on December 20, 2020, so it’s no longer “the only dune) National Park in America.

ヘラルド山と凍りついていた小川。

でも、特に面白いのは、砂のリサイクル過程です。川に砂がなだれ込み、皮は砂を運び堆積していく。砂が堆積していくと川自体が自然消滅するので決まった川筋がない。そうこうしていると、強風が吹いて砂を運び、サングレ・デ・クリスト山脈の麓で強風が途絶えて砂は砂丘に戻るという、面白い循環が行われているらしいです。
But the most interesting thing of the park to me is the recycling process of sand. Grains of sand fall into the river flowing next to the dune. The river carries the sand away from there, and deposit it at a new location. As the sand deposits, the river gradually disappears under the sand. So the river never has a solid river line. In the meantime, very strong winds blow and carry the sand. The Sangre de Cristo mountain range is so high that winds die down right before it, and drop the sands back onto the dunes.

川に雪崩れ込む砂。Sand falling in to the river.

この砂丘は私のお気に入りのユーリカ砂丘に比べると黒いです。ユーリカは明るい砂のせいかもっと女性的ですが、こちらは男性的です。暗い色の理由は、所々に見られる磁鉄鉱の結晶の砂があるからです。
This dune has a rather darker color compared to my favorite Eureka Sand Dunes in Death Valley NP. I felt this dune field is masculine, whereas Eureka is much more feminine because of the color. After reading about the park, I found out that the reason for the darker color was that crystalized magnetite sands are included.

そういえば、ニューメキシコ州にあるホワイトサンズ国立公園 (去年2020年12月に国定公園から国立公園になったばかり)の砂丘は名前の通り、白いです。妖精のような砂丘は石膏の結晶でできているからなんですね。
Oh, this reminded me of White Sands National Park (became a NP from NM in December 2020) in New Mexico. My impression of White Sands was that it was like a fairy. In any case, the reason of the white sands there is the sand is made from Gypsum.

砂サーフィンを楽しむ若者たち。- Young people enjoying sand surfing on the dunes..

残念ながら生き物は目撃できませんでしたが、かろうじて足跡を発見しました。
I couldn’t spot any animals in the park unfortunately, but found foot prints on the sand. I wonder whose footprints they are.

山の顔 – Faces Of Mountains


ガニソンから次の場所へ向かう道中にも、美しい景色が広がっていました。そんな景色を見ながら再確認したことがあります。
Beautiful scenery awaited us even along the way to the next destination from Gunnison. Then I confirmed one thing while I was gazing at such sights.

マグマが固まった後の結晶の硬さと堆積岩の柔らかさで山の形が決まるんだ。
The shape of the mountain is defined by the crystallized minerals from magma and the softness of sedimentary rocks.

だから尖った岩肌ができたり、滑らかな岩壁ができたりするんだ。
That’s why we see pinnacles of rock in one place, but the smooth face of other rocks in other places.

45度の熱と マイナス20度の氷結も道具なしで巨岩を分断し、山間を流れる川と空を舞う風は、岩が硬くても柔らかくても岩を削り取っていく。こうして山の顔ができるんだ。
The temperature extremes of a baking110F on the high end and a frozen -10F on the low end can also crack through a gigantic rock without using any tools. And don’t forget about rivers running through mountains and blowing winds. They also erode even the hardest of rocks. This is how the faces of mountains are created.

Black Canyon of the Gunnison National Park


グランドジャンクションから 80 km ほど南東にブラックキャニオン国立公園があります。ここでは、ペグマタイトの岩脈を見ることができました。Black Canyon of The Gunnison National Park is approximately 50 miles southwest of Grand Junction. We could see pegmatite dikes there.

ペグマタイトは火成岩の一種です。岩石の分類はちょっと複雑でわかりにくいので、時間がある時に整理しますが、ここでは、この公園でみられる岩が地下深くで固まったことについて、私流に、短く説明します。Pegmatite is an igneous rock. Here is a simple description of pegmatite dikes. (I will write about the rock classification when I have time, because it’s a little complicated.)

地下からマグマが押し出されると、地表まで出てくる場合もあれば、地下深くで止まってしまう場合もあります。火山から出てくるのが一つのタイプで、ペグマタイトのように地下深くでストップしてしまったものがもう一つのタイプです。地下深くで止まったマグマは冷えにくく、固まる速度が非常に遅くなります。その結果、同じ鉱物が手を繋いで結晶を作る手助けをすることになり、より大きな結晶ができやすくなります。Igneous rocks are categorized into two types, depending on where magma stops during the activity. One type is formed when magma is expelled from a volcano. Another type, pegmatite, is formed when the magma stays deep in the ground. In this case, the cooling process is very slow. This allows larger crystals of each type of mineral within the magma to form.

岩脈は、このペグマタイトのように地層の間にマグマがジワジワと進入して固まったものです。ここでは、暗い片麻岩(変成岩の一種)に比べて、明るい色のペグマタイトが線状に走っているのが見えます。Dikes are one of the classifications that shows how magma intrudes into rocks. The picture above shows lines of light color pegmatite dikes against darker color metamorphic rocks.

黒く見えるガニソン川が渓谷の底を流れているのが見えます。The dark color Gunnison river is running at the bottom of the Black Canyon.

15億年以上前、地球の中、地殻のあたりで行われたマグマ活動の話です。そんな太古の出来事を垣間見ることができるのも、ガニソン川の威力のなせる技なんですね。川の力は偉大です。This is a story of what magma was doing more than 1.5 billion years ago deep in the Earth’s crust. Wow! And the powerful Gunnison river made it possible to show the great canyon wall to us by carving the rocks.