かくれんぼ – Hide and Seek


おや? – Oh?

これは・・・ – This could be…

そんなに隠れてもシッポが出てるよ。お顔見せて! – I understand that you think you are hiding, but your tail is sticking out.  Can I see your face?

あ、出てきた。私たち、会ったことあるよね?  – Thank you for showing your face.  Have we met before?

やっぱり、そうだ。あなた、ここで生まれたミソサザイのレンちゃんでしょ? – Yes, it is you, isn’t it?  Aren’t you the Bewick’s wren who was born here?

元気してた?もう寒くなったけど、大丈夫? – How have you been?  Are you all right?  It’s getting cold these days.

また来てね。他の兄弟達にもよろしくね! – Come again.  Say hi to your siblings!

続きがあります。上の写真は8月末のものです。 – The story doesn’t end yet.  The pictures above are from the end of August.

たぶん同じミソサザイが10月末にもう一度来てくれました。そのときの写真は以下です。 – The same wren, I guess, visited our backyard again at the end of October.  Here are images from then.

ところで、ラップトップと写真エディタの互換性がなくなってしまい、新しい写真の編集ができなくなってしまいました。新しいラップトップか、新しい編集ツール、どっちにしようか考えています。 – By the way, I have encountered a laptop and photo editor compatibility issue recently.  It means that I can’t edit new pictures!!!  My laptop is old, but it’s still working fine.  I’ve been thinking whether I should get a new laptop, or a new editor.

レンちゃんどう思う? – Wren, do you have any suggestions for me?

ビッグホーンシープ – Bighorn Sheep


長いトンネルを抜けると、メサの世界が広がっていた。(本当の名前がわからないので勝手につけた名前ですけど)- After a long tunnel, the Mesa world appeared before our eyes. (I am calling it as “Mesa” but don’t know the real location name.)

そこで出会った。- And then, we met her.

モグモグ、何か用? – Munch munch, what’s up?

つぶらな瞳で見つめられると、「失礼しました」と言いたくなってしまう。 – I have to say “Sorry for disturbing you!” when she looks at me with such big cute eyes.

ザイオン国立公園内、西口から入り東口に抜けるためにはトンネルを通過する。通過した直後ぐらいでビッグホーンシープに遭遇した。たぶんメスです。同じ場所、これで3回目。お気に入りの場所なんでしょうか。 – From the west entrance of Zion National Park, you go through a long tunnel in order to get to the east entrance.  I met Bighorn Sheep on three separate visits right after the tunnel.  It must be the place they like.  This particular sheep is female by looking at the horns.

メサの世界は穏やかに美しい。荒い流れでザイオン渓谷を作り上げたバージンリバーが流れていないせいだろう。 – The world of Mesa is gentle and beautiful.  I wonder if it’s because the Virgin river does not run through this part of the park.

成長したコンドル – Condor Has Grown Up


カリフォルニアから友人が訪ねてきてくれたので、ザイオン国立公園に行ってきました。 – We went to Zion National Park again because our friends visited us from California.

勿論、1K (コンドルの名前) がハイライトでした。(コンドルの赤ちゃんのブログ参照)遠くから見るだけなのでわからないはずなのに、仕草でしょうか。成長したなと感じました。前回見たときの岩には停まっていないし、もう大きな子供という感じ。 – Of course, we went to see 1K the Condor.  (see my blog about Condor baby) as a highlight.   We can see it only from far away, so we can’t see great detail, but we still could recognize that it has grown up to be a juvenile by the way it acts.  It (we still don’t know the sex yet) wasn’t perched on the rock where we saw it last time anymore.

こんな風に飛べたりするし。- It can fly like this already.

コンドルは食べ物を求めて1日に200km以上も飛んで行けるそうです。青年になって自分で餌を探すようになったら、もう、ここでは見られなくなるのかと思うと寂しいです。- A Condor can fly more than 100 miles a day in search of carrion.  When it becomes a young adult and is able to search for food by itself, we most likely won’t see it here anymore.  I’ll miss you, 1K.

1K、もう一度会えるかな?  – Can I see you again…?

ところで、何か言っていますが遠すぎて聞こえません。 – By the way, it is saying something, but can’t hear it as we are so far away.

そうか、自己主張の強い時期になってきたんですね。- I see.  It has reached the age where self-assertiveness appears.

フードゥーが起きる時 – When Hoodoos wake up


早朝のブライスキャニオン国立公園。さあ、太陽が見えてきた。 – Early morning at Bryce Canyon National Park.  Sun is coming up now.

そして、フードゥー達も起きてきた。- And Hoodoos are getting ready to wake up.

わー、真っ赤に燃えてるみたい。 – Wow, it’s like they are on fire.

おや?エッサホイサ誰かが掛け声と共に登ってくる。- Oh? Heave-ho hop hop, someone is coming up from the hoodoo canyon.  

あ、チップモンク君か。もう寒くなっちゃったけど、早朝は気持ちがいいね。- Ahh, it’s you, Chipmunk. It’s so cold, but doesn’t it feel good in the early morning?

写真家達も寒い中、夢中になってる。アシスタント(友人)は寒そうだな〜。- Photographers are also enjoying the morning.   But I am sorry for you, photographer’s assistant (our friend).  You look cold.

The Fab Four コンサート


昨夜、The Fab Four ファブフォーのコンサートに行って来ました。きゃ〜! – I went to The Fab Four‘s concert last night.  Yeah!

グループの名前の通り、(Fab はFabricate の略で”模倣”)ビートルズの模倣4人組、ビートルズを記念、賞賛しての4人組というところでしょうか。トリビュートバンドです。 – They are as the name represents, a tribute band of The Beatles.

私は知りませんでしたが、彼らはすでにかなり有名で、テレビ出演も海外公演もバンバンしています。 – I didn’t know this, but they are already quite famous.  They have appeared on TV and performed all over the world.

そんなバンドのコンサートに突然招待されて、行ってきたというわけです。コンサート最後に撮ったグループ写真。私も完璧にど真ん中に写っています。- I was luckily invited to go to a live concert of this rock band.  The picture below is a group shot at the end of the concert.  I am there in the center of the crowd.

Group Photo.

ご覧の通り、観客の平均年齢は高いです。ビートルズの活動は1960年代ですよね。その頃にファンだった人たちが圧倒的に多いわけです。でも、みなさんノリノリで久しぶりに楽しいひと時を過ごさせていただきました。コンサートの醍醐味は、観客と共に作られるダイナミクスにあるんですよね。- As you can see, the average age of the audience is quite high.  It’s because it was in 1960’s when the Beatles were active, and a majority of the audience last night were fans from that era. But still they were groovy and singing along.  I think the best part of the concert is the dynamics that is created by the performers and audience together.  This was present for sure last night.

コンサート会場は Tuacahn Center of Arts。ここには野外コンサート会場があり、レッドキャニオンをバックに会場自体がとても魅力的な所です。我が家からは車で10分の所。バンちゃんがいなかったので、友人ご夫妻がピックアップしてくれて、夜の道を運転することもありませんでした。まさにラッキーな夜でした。 – The concert was held at the Tuacahn Center of Arts.  It’s such a magestic location itself having red cliffs around the amphitheatre.  On top of that, it’s only 10 minutes away from our house.  My friend picked me up at my house because Banchan was out of town, so I didn’t need to drive in the dark.  I was indeed lucky to have such a night last night.

以下、携帯で撮った写真とビデオなので質は良くないですが、雰囲気が少しわかると思います。- Below, pictures and video were taken by my cell phone.  The quality is not good, but I hope you can get the atmospher.

Video:  Yesterday 面白いイントロで観客がわく。Funny intro made audiences excited more.

Video:  Srg. Pepper’s Lonely Hearts Club Band

コンドルの赤ちゃん – Condor Baby


カリフォルニア コンドルの赤ちゃんが5月に生まれました。(英語版ですが、そのニュース)California Condor’s baby hatched in May this year.

そんな大ニュースを知らずに訪れたザイオン国立公園だったので、準備不足でした。でも、十分感動して帰ってきました。- We visited Zion National Park without knowing such big news.  Although we didn’t prepare well for the condor viewing, I must say we were so lucky to see them for the first time, and we enjoyed it fully.

昨日書きましたが、ザイオン公園内はバス移動です。最初は風景を撮るために24 – 70 mmのレンズを持ってバスに乗りました。でも、コンドルを見てしまったら、どう考えてもレンズ交換せずに入られません。そこで、1時間半かけて車に戻り、再びコンドルの場所、エンジェルスランディングのまで戻りました。ビッグベンドの停留所がビューポイントになります。(下の地図参照)そこから約 0.5 KM ぐらいの場所に赤ちゃんがいます。- As I wrote about it yesterday, you need to use a shuttle bus to go places inside the park.  I hopped on the shuttle carrying only 24-70-mm lens originally.  But we needed to go back to our car, spending 1.5 hours round trip, using other shuttles to get the 400mm lens once we saw the condor baby.  (See the map below.)  The baby is standing on a rock against the wall below Angel’s Landing trail.  From Big Bend viewpoint to the baby is about 1500 feet.

これがビューポイントからの眺め。巣は高い所に作られたんですが、あまりにも早く巣立ちしすぎて、巣に戻れなくなってしまい、今の場所、巣から多分 0.25km ぐらい下の岩の上に住むようになったとレンジャーが話してくれました。- This is a view from the viewpoint.  The nest was made at much higher place, but the chick couldn’t get back to the nest after it fledged.  A ranger told us that it was too soon for the baby to take off.  So, baby is standing about 500 feet below on a rock since then.

赤ちゃんの名前は 1K。なぜなら、 California Condor Recovery Program が1992年にスタートしてから 1000番目の赤ちゃんだからです。まだお母さんとお父さんに教えてもらわなければいけないことがたくさんあるそうです。飛び方も、餌の探し方も、巣の作り方も、みんな大切なことです。- Baby’s name is “1K”.  It’s because it’s the 1000th baby successfully hatched since California Condor Recovery Program started in 1992.  The chick still needs to learn so many things like how to fly, find food, make a nest, etc.

向こう、数ヶ月から一年ぐらいは確実に餌を運んで来てもらうので、この場所に行けばかなり高い確率でコンドルの赤ちゃんが見られます。- The parents will bring food back to 1K for the next few months or even up to one year.  Therefore, the chance to see the chick is very high in the next few month.

私たちは日が暮れて太陽の光が隠れるまで観察していました。- We stayed there observing the baby until the sun moved behind the cliff.

こんな所に一人、これからも寒い冬を過ごすのかなぁと思うと、とても心配になります。- The baby will be alone in such a place throughout upcoming winter.  I really hope he can survive all right.

ちょうどその時 Raven というカラスの大きいのが飛んで来ました。それを見たお母さんはカラスを追い出しにいきました。遠くから見ていても迫力のあるドラマでした。また、サイズの差がこんなにあるのねと、改めてコンドルの大きさを確認しました。- Then, suddenly a raven flew over.  Condor Mom immediately started chasing it at full speed.  It was like a National Geographic nature drama in front of us.  As you can see it on the picture, Condor is so big.

ちなみに、全てのコンドルの羽には番号タグがつけられていて、モニターできるようになっているとのことです。このお母さんの羽には”9”の数字が見えます。409番目のコンドルなんですね。- By the way, all condors have numbering tags.  The conservation program can monitor each bird in this way.  We can see number “9” on her wing.  It means she is 409th condor.

1億5000万年間に堆積した地層をバックグラウンドに、この追跡ドラマはあまりにも雄大すぎる!- What a sight, it is too magnificent!  We totally enjoyed the drama in front of 150 million years of strata on the cliff face. 

そして、面白いことにコンドルがこんなに近くにいるのに気がつかない人もいる。左、カメラを持った人間。右、人間を見つめるコンドル。- On the other hand, it’s funny that some people don’t know how close a condor is to them.  On the left, a human with a camera on Angel’s Landing trail.  On the right, a condor looking at the human.

このエンジェルスランディングの絶壁にはクライマーもいます。赤ちゃんの右の方の壁を登っていたクライマーたち。- The wall of Angel’s landing is one of the attractions at Zion for climbers.

この方は、どうやら女性のようですよ。まだ先が長いですが、頂上までたどり着けたでしょうか。- It looks like this is a woman climber.  I hope she made it to the top. It looks like it is still a long way to go..

コンドルの赤ちゃんは身長1.2m、翼を広げると 3m ぐらいだそうです。強く逞ましく成長していってね!- The baby’s height is about 4 feet and the wingspan is 9 feet.  Please be stronger and live long!

1000mmのレンズ、欲しいな!!!  – I want a 1000mm lens!!!

秋のザイオン国立公園 – Zion NP in Fall


先週の木曜日に秋のザイオン国立公園に行って来ました。 – We went to see the Fall colors at  Zion National Park last Thursday.

公園内はバス移動しか許されていないので少々不便ですが、忘れ物などをするととても不便です。渓谷内の端から端まで40分、確か10ぐらいのバス停を通過します。 – You must ride a bus to move from one end to the other end of the valley which takes about 40 minutes.  So, it’s quite inconvenient especially if you forget to bring things with you from your car.  

今回のザイオンは 100 – 400 mmのズームを持ってバスに乗り込みました。だから、ほとんどのショットが景色というより景色の切り取りショットになりました。途中、ついに我慢できなくて、5分だけバンちゃんに借りた 16 -35 mm レンズでワイドビューを数枚撮りました。- I brought the 100 – 400 mm lens only on the shuttle bus.  So all of my shots were super zoomed landscape images.  At one point, I couldn’t take it any longer not being able to capture gorgeous views. So I borrowed Banchan’s 16 – 35 mm lens for 5 minutes and took a few nice shots with it. 

ワイドレンズでの景色の切り取りは、難しいです。でも面白い発見があったと満足しています。- It was challenging with super zoom lens for the landsapes, but I am happy with the results because I discovered something new.

なぜ、400mmを持って行ったのか。そのことについては、明日、書きます。- You may ask me why I brought only the 100 – 400mm lens to take landscape pictures.  I will write about the reason tomorrow!