クロノスリ 2 Common Black Hawk 2


結構神経質な鳥のようです。遠くに車を停めても、車から出るとすぐに飛び去っていってしまいます。 It seems to be quite a nervous bird. They fly away as soon as we come out from the car even if it’s a distance away.

無事に卵が孵化できるよう、しばらく観察しに行かないことにしました。 We decided not to go observe for a while so that the eggs could hatch safely.

黄色い嘴と足、白い帯の入った尾が特徴です。飛び立つところをビデオに収めたのでご覧ください。 It has a yellow bill and legs, and a tail with a white band. Please take a look at the short video of the flight of this bird.

標高1,800M Altitude 6,000ft


5kmのランレースまであと12日となりました。コースは標高1,800mにあります。1,500m以上は「高高度」と呼ばれ、大気中の酸素量がグッと低下するようです。つまり、肺に入る酸素の量が低くなるということです。 The 5K race is only 12 days away now. The course is at an altitude of 6,000ft. Above 4,900 ft it is considered to be “high altitude,” and the amount of oxygen in the atmosphere seems to drop dramatically. This means that the amount of oxygen entering the lungs is lower.

私たちが住んでいる街の高さは890m。コースまで車で1時間ほど走れば着いてしまう距離にあるのに、2倍以上も高い場所です。Our house is at 2,900 feet. Although the race is only an hour’s drive away, it is more than twice as high as our house.

去年走った時は標高差のことは全く意識していなかったので、なぜいつものように走れないのか理由がわかりませんでした。 When I ran last year, I wasn’t aware of the elevation gain at all, so I didn’t know why I couldn’t run as well as usual.

今年は万全を尽くすため、昨日、まだコースが発表されてないのですが、予想できるコースを走ってみました。 To be on top of everything this year, I ran the predicted course yesterday, although the course has not yet been announced.

結果、「去年の自分のタイムを超える」という目標は、多分、できます。 As a result, I think the goal of “surpassing my time from last year” can probably be done.

バンちゃんが一緒に行ってくれたので、走った後、近くのシーダーブレイクス国定公園に行きました。 Banchan went with me, and after the run we went to the nearby Cedar Breaks National Monument.

正確には行こうとしましたが、行けませんでした。 To be precise, we tried to go, but we couldn’t.

ここは標高3,000mを超える場所なので、まだ雪が溶けていなんですね。 Since the altitude here is over 9,900 feet, the snow has not yet melted.

そこで、ナバホ湖に車を走らせました。すると、パッとひらけた視界に息を呑みました。 So we drove to Navajo Lake. The view that opened up took my breath away.

氷がまだらに浮かむ水面と雪が眩しい。 The water surface and snow with ice floating on it is dazzling.

頑張って走った後のご褒美は、思いがけなく素晴らしいもとなりました。 The reward after a hard run was an unexpected and wonderful one.

黒いワシ Common Black Hawk


巣作りをしている黒いワシ (Common Black Hawk 日本語名はわかりません。)を目撃しました。 We found a nesting Common Black Hawk.

中南米に行くと見られるそうですが、アメリカ合衆国内ではほとんど見られないレアな鳥です。 It is a rare bird that is rarely seen in the United States, although it is said to be seen in Central and South America.

川沿いのコットンウッドの林の中に巣が作られていました。 The nest was built in a cottonwood grove along a river.

明日、もう一度見に行く予定です。もっといい写真が撮れることを期待します。詳しい記述はこちらを参照してください。 Common Black Hawk We plan to go back tomorrow to see it again. Hopefully I will be able to get better pictures. For a detailed description, please click here. Common Black Hawk

また来てくれた! They Are Back Again!


忙しくて、あまり家にいませんでした。だからいつの間にかこんなに花が咲いていました。 We were so busy and weren’t home much for the last few weeks. So before I knew it, there were so many flowers in the backyard.

それだけではありません。 That’s not all.

いつの間にかズアカカンムリウズラのヒナたちも生まれていました。 Before we knew it, the Gambel Quail’s offspring had been born.

一昨年、少し鈍いウズラの赤ちゃんがロードランナーに食べられているところを目撃してしまったので、庭の奥の方にこんな箱を用意しました。何かあったら逃げ込めるように小さな穴を開けました。 The year before last, we saw a little slow baby quail being eaten by a roadrunner. So Banchan set up this box at the back of the yard. We made a small hole in it so that they could escape if something happened to them.

浅いボウルに水も用意しました。 We also prepared water in a shallow bowl.

厳しい自然界です。みんな生きるのに必死です。だからこそ、1日でも長く「生きる」をエンジョイして欲しい。また来てくれて、ありがとう! It is a harsh natural world. Everyone is struggling to survive. That is why I want you to enjoy “living” for as long as possible. Thank you again for coming!

帽子2号 The Second Cap


去年から「走る」ことを始めました。 I started “running” last year.

この帽子は走る時はいつもかぶっていました。だから汗まみれでです。一度洗いましたが、変色してしまっているので元通りになるわけではありません。 I always wore this cap when I ran. So it has gotten stained with my sweat. I washed it once, but it is discolored and cannot be restored to the original nice color.

こちらは先月買った帽子です。今年はこの帽子をかぶって走ります。 Here is a new cap I bought last month. I will wear it this year.

この帽子も今年の10月のレースが終わる頃には汗まみれになっているのでしょうか。予定しているレースは2回。6月の5kmと10月の10kmです。 Will the color of the new cap fade with my sweat like last year’s by the end of this October? I have two races scheduled: a 5k in June and a 10k in October.

去年の帽子が「ガンバレ!」と励ましてくれているようです。 Last year’s cap seems to be encouraging me to “go for it!”

未完成の家 Our Incomplete House


すでに春真っ盛りです。 Spring is already in full swing.

雪が降って一度死んでしまったけど、復活したバタフライブッシュと黄色いデイジー。 Butterfly bush and yellow daisies. The daisies died when it snowed, but they came back to life.
咲き始めたばかりのウチワサボテン The Prickly Pear cactus Just started blooming.
Desert Bird of Paradiseももうすぐ花が咲きそうです。その向こうのスパニッシュブルームはすでに真っ盛り。 Desert Bird of Paradise will soon be in bloom. Behind it, the Spanish broom is already in full bloom.
デルフィニウムも元気。 Very healthy Delphinium.

ということで、家のペンキ塗り替えをしました。この家は築20年だそうで、4年前に購入した時にはすでに塗り替えが必要な時でした。 So we painted the house. The house is 20 years old, and when we bought it 4 years ago, it was already in need of a fresh coat of paint.

同じ色を塗り替えただけなのに新品の家になったみたいです。気持ちいい! It’s like a brand new house even though we just painted it the same color as before. It feels good!

私たちの家はこの火山のような噴水を中心に、渦巻くように丸く立っています。 そんな曲線美が気に入って購入しました。この中心も綺麗になって、家が花と一緒に春を楽しんでいるみたい。 Our house stands in a swirling circle around this volcanic fountain. We bought it because we like such curving beauty. This center is now beautiful, too, and it looks like the house is enjoying spring with the flowers.

ただ、砂漠地帯ということもあり、修理が常に必要です。そして修理し始めると、またさらに別の問題が浮上して、ますます修理することになったりします。 However, being in a desert area, repairs are always needed. And when we start repairing one thing, other problems surface and we end up repairing more and more.

このパティオの大きくカーブしたヒサシが水害で剥がれてきました。作り替え必要となり、家の塗装工事も90%完成で、後の10%はもう少し待つ必要がありそうです。 The large curved eave over this patio is pealing off due to water damage. It needs to be rebuilt, so the house painting is 90% complete, with the remaining 10% needing to wait a little longer.

ところで、一昨年スタートしたバスルームのリモデルですが、99%完成。1%は未だにコントラクター待ちという「いつまで待てる?」ゲームみたいな世界です。 By the way, the bathroom remodel we started the year before last is 99% complete, with 1% still waiting for a contractor. It’s a waiting game.

焦らず気長に待ちますが、このヒサシもそんなことにならないようにポジティブに待ちます。 I will wait patiently, but I will wait positively so that this eave project will not be like the bathroom project.

さて次は? What Next?


2023年のハーフ アイアンマン レースが昨日終わりました。合計70.3マイルを水泳、自転車、そして乱と3種目で完走する過酷なレースです。ここ、セイントジョージでの毎年恒例の行事となっています。こちらがウェブサイトです。The 2023 Half Ironman Race ended yesterday. This is a grueling race that requires swimming, cycling, and running to complete a total of 70.3 miles. It is an annual event here in Saint George. Here is the website.

https://www.ironman.com/im703-st-george

私も毎年ボランティアとして参加しています。なぜなら、このアイアンマンレースで感動をもらい、人生の軌道修正を少しするきっかけとなったからです。 I also participate as a volunteer every year. Because this Ironman race has moved me and inspired me to change the course of my life a bit.

いつもはプロのアイアンマンが走る頃、早朝のシフトですが、今回は一番最後のシフトを選びました。一般の人たちの頑張っている姿が見たかったからです。 I usually work the early morning shift, around the time the professional Ironmen run, but this time I chose the last shift. I wanted to see the general public challenging hard.

そのせいか、シフトはとてもリラックスしていました。 Perhaps because of this, the shift was very relaxed.

最後の走者を見届けて、片付けをして、帰る時には残り物をどっさりいただいてきました。We watched the last runner cross the finish line, cleaned up, and then got lots of leftovers when we left.

私が走る時に補給するのはこのブランドではありませんが、せっかくいただいたので、試してみます。 This is not the brand I refuel with when I run, but since they gave it to me, I will give it a try.

私の次のイベントへのトレーニングは、一週間前から始まっています。 My training for the next event started a week ago.

去年から始めた5キロ、10キロランです。去年の秋のレースでもう十分と思っていましたが、暖かくなってくると、やっぱりもう一度試してみたいという気持ちがムクムクと起きてきました。もう少し頑張れたのにという無念の気持ちがあったからです。 I started doing 5K and 10K runs last year. I thought I had done enough after last fall’s race, but as the weather warmed up, I felt the urge to give it another try. I had the regretful feeling that I could have done a little more.

まずは6月10日のユタ州のサマーゲームです。去年は年齢グループで1位を取りました。ただ、二人しかいなかったんで、最後の100メートルでダッシュして優勝となっただけです。 First up is the Utah Summer Games on June 10. Last year I won first place in my age group. But there were only two of us, so I just had to dash for the last 100 meters to win.

個人的には、今年は標高1980mにどう対処するかが課題です。また、時間を6分縮めたい。 Personally, my challenge this year is how to deal with the 6500 feet elevation. Also, I would like to shorten my time by 6 minutes.

風が強い日に On a Very Windy Day


バードフェスティバルの二日目は、ライトル牧場に行きました。風がとても強い日で、花粉症の私は最初の30分ぐらいでギブアップです。 On the second day of the Bird Festival, we went to Lytle Ranch. It was a very windy day and I needed to give up after the first 30 minutes or so unfortunately due to my hay fever problem.

コットンウッドの綿のような花粉はもちろんのこと、息をするのも目を開けているのも苦しい日となってしまいました。It was a difficult day to breathe and keep my eyes open, not to mention the cottonwood pollen. It is as beautiful as snow in this way.

雪のように綺麗。でも、断然避けたい。 It was as beautiful as snow in this way, but I definitely want to avoid it.

この牧場の地理的な位置も歴史もとてもユニークで面白いです。 The ranch’s geographic location and history are both very unique and interesting.

英語ですが、詳しくはこちらのリンクをご覧ください。 See these links for more information.

牧場の地理環境 Geographic environment: https://lytle.byu.edu

牧場の歴史 History: https://wchsutah.org/homes/lytle-ranch.php

さて、鳥に話題を戻します。この日は途中で諦めてしまったので1000枚ぐらいしか撮っていません。 Now, back to the birds. I only took about 1,000 pictures that day because I gave up halfway through the birdwalk.

チャイロツキヒメハエトリ Say’s Phoebe
チャバライカル Black-headed Grosbeak

遠すぎて質が悪いですが、こちらはレンジャクモドキです。ぜひ、もう一度ここに来て撮り直したい鳥です。 It’s too far away and the quality is poor, but this is a Phainopepla. I would definitely like to come back here again to take more pictures of this bird.

そして、こちらも質が悪いですが、初めて見る鳥、ムネアカルリノジコです。なんと美しい! And here is another poor quality photo of a bird that I have never seen before, a Lazuli Bunting. How beautiful!

この鳥は渡り鳥です。いつまでここにいてくれるのでしょうか。ぜひぜひ、いい写真を撮らなければ! This bird is a migratory bird. I wonder how long they will stay here. By all means, I must take much better pictures of this bird!

パインバレー山脈の鳥 Birds of Pine Valley Mountains


レッドクリフス オーデュボンのバードフェスティバルの初日、パインバレー山脈でたくさんの鳥たちに出会い、3,000枚もの写真を撮りました。ここでは、15枚の写真をご紹介します。 On the first day of the Red Cliffs Audubon Bird Festival, we saw many birds in the Pine Valley Mountains and took 3,000 photos. Here, I want to share with you 15 photos.

バンドテイルバトとハシボソキツツキ Band-tailed Pigeon and Northern Flicker
キビタイシメのオス Evening Grosbeak, male
キビタイシメのメス Evening Grosbeak, female
マミジロコガラ Mountain Chickadee
チャガタルリツグミ (ブルーバード)のオス Western Bluebird, male
チャガタルリツグミ(ブルーバード)のメス Western Bluebird, female
ムシクイの一種 
Grace’s Warbler
キイロアメリカムシクイ Yellow Warbler

そして、この日のハイライト、とりわけドキドキしながらシャッターを押し続けたのは、以下の2種の鳥たちがいたからです。 And the highlight of the day was the presence of the following two species of birds. They made my heart pound and made me press the shutter like crazy.

ミドリトウヒチョウです。この鳥は過去にも見かけましたが、いいショットがなかなか撮れませんでした。 This is a Green-tailed Towhee. I have seen this bird in the past, but have not been able to get good shots of it.

でも、この日は結構近くまで来てくれたので興奮して撮りまくりました。 But on this day, it came quite close to me..

オレンジ色の頭とオリーブ色の羽とシッポが特徴です。 It has an orange head and olive-colored wings and tail.

すばしっこく茂みの中に隠れてしまうので、焦点を合わせるのに苦労しました。でも、今回の撮影でかなり満足です。 I had a hard time focusing on it because it was quick to hide in the bushes. But with these shots, I can check off this bird from my photo list.

そして、もう一羽。 And one more bird.

ブルーバード(ツグミ)のメスが木に作られた巣穴から顔を出しているところです。キツツキが作った穴に間借りしているんでしょうか。 A female bluebird is peeking out of a hole in a tree. Is she borrowing from a hole made by a woodpecker?

最近は、以下の写真のように人間が作った巣箱を使っているようで、このような自然環境でのツグミの巣は初めてです。 Recently, they have been using nest boxes made by humans, as shown in the following photos, and this is the first time we have seen a bluebird nest in such a natural environment.

もう卵を産んでるのか、これからなのか、気になるところです。三脚持参で、少なくとももう一回、ここに来て観察する価値ありです。これから先、1ヶ月ぐらいの楽しみが増えました。 I am wondering if they have already laid eggs or if they are just getting started. It is worth bringing a tripod and coming here at least one more time to observe. I have more to look forward to in the next month or so.

Hike 18: ワシの岩山 Eagle Crags


グラフトンから見た岩山 Eagle Crags view from Grafton

ザイオン国立公園に向かう途中に必ず目撃するゴツゴツとした岩山は、ワシが住む岩山として知られています。 The craggy rocky mountains that you are sure to see on your way to Zion National Park are known as Eagle Crags.

距離は9.5km、標高差は368m。ゴツゴツとした岩場を登っていきました。 The hiking distance was 5.85 km and the elevation gain was 1,200 feet. We climbed up rugged, rocky terrain.

ザイオン国立公園の岩山を眺める場所で休憩です。 We took a break at a place with a view of the rocky looking mountains of Zion National Park.

ハイクリーダーが、その後、ますます険しくなる道のりを説明しているところです。 The hike leader explained to us about the increasingly rugged path from then on.

結局、この岩の麓まで登り、引き返してきました。ここから先はまさに岩登りになるからです。 In the end, we climbed up to the foot of this rock and turned around, because from this point onward, it would be a difficult rock climb needing ropes.

もう夏かと思わせる暑さで、野草は嬉しそうでした。It was so hot that one would think it was already summer. The wildflowers looked happy.

グラフトンの鳥 Birds At Grafton


グラフトンはもう誰も住んでいないゴーストタウンです。 Grafton is a ghost town where no one lives anymore.

今は史跡になっているので、綺麗に手入れされてました。 It is now an historic site and is maintained well.

私たちは鳥に会いたくてここを訪れました。小さい鳥が遠くの方で朝ごはん探しに忙しそうでした。 We came here to see birds. Many small bird were busy looking for breakfast in the distance.

ミヤマシトド White-crowned Sparrow
White crowned sparrow
ブルーバード Bluebird
ニシタイランチョウ Western Kingbird
シロハラミソサザイ Bewick’s Wren

でも、私の目的はただ一つ。ベニタイランチョウをカメラに収める事です。 But I had only one goal. To capture a Vermilion Flycatcher on my camera.

前回、一度撮れたんですが、有刺鉄線に止まっている姿だったので、なんとか自然の中の姿を撮りたいと思っていました。 I was able to capture it once last time, but it was perched on a barbed wire, so I wanted to capture it in its natural habitat somehow.

でも、遠すぎて、しかも三脚なしで重い400mmレンズを持って撮るのは、私にはかなり難しい作業でした。ようやく撮れた、成長しきってないベニタイランチョウ。くちばしに何か咥えています。 But it was too far away, and also taking pictures with a heavy 400mm lens without a tripod was quite a difficult task for me. Finally, I was able to take this photo of an first-year Vermilion Flycatcher. It is holding something in its beak.

ここから私のパパラッチの始まりです。牛が美味しそうに野草を食べている近くです。ということは、ハエがたくさんいるということです。場所の条件は整いました。 This was where my paparazzi began. It was near a cow eating delicious wild grass. That means there are a lot of flies. The conditions for the location were great.

この鳥の日本語名を聞くだけでは分かりませんが、この鳥の英語名は「ハエを取る鳥」という意味です。まさにハエを加えていたんですね。こちらはその後、ハエを食べちゃうところのショットです。小さいのでわかるかな。 It is hard to tell just by listening to the Japanese name of this bird, but the English name of this bird means “a bird that catches flies.” So that is exactly what it was doing. Here are a series of shots, eating the fly afterwards. It is small, so I hope you can understand.

そして、こちらがこの日のベストショットとなりました。 And here is the best shot of the day for me.

フクロウ Screech Owl


前回の書き込みから時間が経ってしまいました。色々な事がありすぎて、何から書こうか迷います。とりあえず、アメリカオオコノハズクをご紹介します。 It has been some time since my last post. There were so many things going on that I am not sure where to start. For now, let me introduce you to the Screech Owl.

3日間の野鳥の会の毎年恒例のフェスティバルが終わりました。この写真は、初日の夜撮りました。夜9時から真夜中まで3時間、忍耐強く暗闇を歩き回った価値がありました。 The Bird Fest by Red Cliffs Audubon club just ended, and I took these pictures on the first day out of three days. We walked around for three hours from 9 pm till midnight patiently. It was well worth it because I could see the Screech Owl.

ネズミのおご馳走、お食事の邪魔にならないよう、この写真が撮れた後、帰ってきました。 We left there soon after we took these pictures as we thought we should leave him alone for his dinner.

1時過ぎに家に帰ってきてとても疲れていましたが、同時に興奮していました。何しろ、この種のフクロウを見るのは初めてだったし、しかも獲物付きですから。We came back home after 1am, so I was very tired. But at the same time, I was very excited to see this kind of owl for the first time and the result of his hunt.