Author Archives: aomi3

About aomi3

I like taking pictures, painting, hiking, tchaikovsky, Ayaka Hirahara, Joseph Campbel, anything new, tears with joy.

コロンビア氷河 Columbia Glacier


氷河に圧倒され、言葉になりませんでした。以下、16枚だけを選びに選び抜いて、それぞれにコメントしました。 I was overwhelmed by the Glacier, and can’t find words to express it. It was very difficult to choose only 16 pictures, but here they are. I added a comment to each pic.

バルデス Valdez


私たちを乗せたバスはランゲル・セイントイレリアス国立公園を左手に南へと走りました。 Our bus continued south with Wrangel St. Elias National Park to the left of us.

氷河はバスの中からもいくつも見えました。 We could see many glaciers through the bus windows.

また、氷河が溶けて流れ出し、道路脇にはいくつもの滝を見かけました。 We also saw many water falls by the road as a result of glacier and snow melt.

そして、ついにバルデスという港町に辿り着きました。 And we finally arrived at the small fishing town of Valdez.

長旅の後の漁港ということもあり、嬉しくて1000枚以上、写真撮りまくり状態となりました。 I was so happy to be there after the long bus ride, I took more than 1000 pictures.

ここでも雨がぱらつく天候で、近くの山は雲や霧に隠れて見えませんでした。 The weather was still overcast and rainy, so we couldn’t see the nearby mountains.

でも、どの風景もいい。 But I loved them all.

どのショットがこの町を表すことができるのか、とても悩みましたがこの6枚を選びました。I had a hard time choosing pictures for this blog to represent the town, but these are 6 pictures out of 1000.

翌日、私たちは船に乗ってコロンビア氷河を見に行きました。 We went to see Columbia Glacier by boat the following day.

10K: 高度 Elevation


高度が違うと、こんなに差が出るものなのかと、驚きました。 I was so shocked to see that the elevation above sea level makes my 10K results so different.

これは今日の10K記録です。家のフィットネスクラブのトレッドミルです。標高は890m。11.53km走ったことになっていますが、ウソです。歩数を早めたので、トレッドミルではそれだけ長く走った様に記録されてしまうのだと思います。トレッドミル上では10.05kmでした。 This is the result from today’s 10K run. I ran at our fitness center, where the elevation is 2980 ft. FYI, I didn’t run 11.53 km, The treadmill recorded 10.05 km. Since my cadence rate has improved, my Apple watch records extra distance because it hasn’t updated the change.

こちらはアラスカアンカレッジのホテルのトレッドミルです。標高80m。時間切れで10K走れませんでしたが、雲の上を走っているように軽やかで楽しかったです。 This is the result from our Anchorage hotel’s treadmill. The elevation here was only 263 ft. I couldn’t run 10K because I didn’t have enough time, but I felt so light to run here, almost like running above the clouds. It was so fun to run.

マラソンランナーが強化合宿に高度の高い場所を選ぶ理由を身をもって理解しました。 Now I really understand why marathon runners choose high altitude places for their training.

10月3日のシニアワールドゲーム、10Kレースに応募しました。これからの2ヶ月、1日おきぐらいに走っていきます。怪我なく完走できたら、それだけで優勝です。 October 3rd is the 10K race day. It’s one of the races in the Senior World games. I will keep running every other day for the next two months. As long as I can run without any injury, I am a winner.

デナリ ハイウェイ Denali Highway


デナリ ハイウェイ(アラスカ8号線)は南北に走る東のアラスカ4号線と西の3号線の間を東西に走り連結する、全長217kmのハイウェイです。 Denali Highway (Alaska Route 8) is 135 miles in length, and runs between Alaska Route 4 on the east, and Alaska Route 3 on the west.

もともと、地図上中央にあるベルデスクリーク金鉱から物資を運ぶために作られた様ですが、現在はデナリ国立公園へのもう一つのルートとなりました。 It was made to carry things from and to Valdez Creek Gold Mine originally. But now it became another route to get to Denali National Park.

とはいえ、舗装されている部分とされていない部分とがあり、それほど整備されているわけではありません。 Having said that, the road is not very well maintained. It’s paved partially, and not paved partially.

その理由の一つには永久凍土があるからです。永久凍土とは一年中摂氏0度以下で、氷の様に固まっている土壌のことです。 One of the reasons why it’s rather wild is because of the Permafrost. Permafrost is frozen ground that doesn’t thaw even in the summer because the temperature is below freezing.

夏に0度以上になると部分的に融解し、その上に作られた舗装はぐにゃぐにゃになってしまうことになります。 During the summer, certain parts of the permafrost melts, breaking the pavement.

勿論、道路だけでなく、建物も被害を受けます。そのため、この地方の建物は永久凍土対策として杭を深く打ち込み、地面とは少し距離を置いて家を建てています。 Permafrost will destroy building foundations also. Therefore, people around this area build houses above the ground by anchoring poles deep in the ground.

タイガと時折見える永久凍土の融解によってできた水たまり。そして遠くに見える山々は、晴れていたら、さぞかし素晴らしい眺め立ったことでしょう。I am imagining that the view must be wonderful if it were a clear day with the spruce taiga forest, many ponds on the permafrost, and Alaska mountains in the background.

デルタジャンクションへの道が通行止めになってしまったために、急遽変更してローカルの小さなガコナというビール増醸所を訪れました。 We were told that the road to get to Delta Junction was closed. So we changed plans, and went to a beer brewing company, called Gakona.

種類は5種類あり、それぞれのウサギの絵がかわいい。 They have five different beer types, and a cute rabbit picture to represent each beer type.

特に2段目のビールは持ち帰りたかった。 I almost wanted to bring these beers home in the picture below.

客の一人が連れて来ていた犬までお店にピッタリな様相。バスの長旅を癒してくれました。 I found a dog in the shop leashed by one of the customers. He was perfect to be there in this shop. Beer and dog comforted me and removed the fatigue from the long bus ride.

ヘラジカの置き土産 Gifts From Moose


デナリの空気を吸いたくて、トリプルレイクスの山道を10kmほど歩きました。水色マーカーの部分です。 We hiked 6.1 miles on Triple Lakes trail because we wanted to feel the Denali air. See the light blue highlighted line in the map below.

ハインズクリークを超えて、ライリークリーク沿いに歩きました。 We crossed Hines Creek, and walked along Riley Creek.

この山道から私たちの乗ったアラスカ鉄道の列車も見えました。 We could see the Alaska railway train from this trail.

道端には馴染みの花や初めて見る花、とにかく緑が生い茂っていて楽しいひとときでした。 We enjoyed it so much seeing so many familiar flowers as well as unknown flowers among the green plants.

初めて見た珍しい植物は、ノーザングラウンドコーンです。地面から松ぼっくりがニョキっと生えているかの様です。 The unique plant that I had never seen before was the Northern Groundcone. It looks like pinecones coming out from ground.

そしてこちらは・・・卵? And this one… eggs?

ここにも。And they were here, too.

動物の置き土産、フンだという事はわかっていました。ヘラジカのものだと知り、興味深く観察しました。 We knew they were animal droppings. But we observed more carefully after we realized they were from Moose.

あ、ここにもあった! Wow, I found them here, too.

というのはウソで、アラスカ土産に最適、ピーナッツ入りのチョコボールでした。 Just kidding. They are chocolate covered peanuts, and a perfect souvenir from Alaska.

デナリ国立公園 Denali National Park


以下の写真は三つの地図を含んでいます。右下がアラスカ州の地図、右上がデナリ国立公園の地図、そして左の拡大してある地図が公園内を走る一本の道です。The picture below includes three maps. The lower right is Alaska, the upper right is Denali National Park, and the left is the park road.

私たちは右端のビジターセンターからトクラットまで53マイル、公園内を走るバスで行き、帰ってきました。水色の線が私たちの通った道で、その先は通行止めで行けませんでした。 The park bus drove 53 miles from the visitor center to Toklat and 53 miles back. See the light blue highlighted section. We couldn’t go farther because the road was closed.

バスから3回降りただけで、自由行動はありませんでした。 We got off the bus only three times during the entire drive, and didn’t have much time to do anything.

不満は募りましたが、それでも驚きや発見がありました。 We were a little frustrated, but we could still discover new things and had some moments of awe.

カラフトライチョウとハリモミライチョウを初めて見ました。We saw Willow Ptarmigan and Spruce Grouse for the first time.

カラフトライチョウはアラスカ州の鳥でもあります。冬には白い羽根をつけ、カメレオンの様に体の色を変化させることができます。 Willow Ptarmigan is Alaska’s state bird. Their feathers turn totally white in winter to hide in snow. They can camouflage themselves kind of like a Chameleon.

ハリモミライチョウのヒナです。まだ白い産毛が生えてます。冬が来る前に体力をつけておいてね! This is a Spruce Grouse’s chick. As you can see, it still has white baby feathers. I hope they will be strong enough before winter comes.

次に、ドールシープ。800mmレンズでもこんなに豆粒にしか見えない。 The next picture is of Dall Sheep. Can you see them on the hill? Even with my 800mm lens, this was best I could capture.

無理やり拡大すると、もう限界を超えてるクアリティーですが、角が生えてるのがわかります。 And this is the enlarged version of it. It’s less than acceptable quality, but you can see the horns at least.

こんなに遠くにしか見えなかったドールシープですが、道路脇にはこんなサインがありました。 Although we could only see Dall sheep from so far away, we found a sign like this on the side of the road.

ドールシープが見えても見えなくても、10分間停車していなければいけない標識です。 It means that you have to wait 10 minutes before proceeding even if you don’t see any Dall sheep. This gives sheep a chance to cross the road.

こちらはカリブー。トナカイと基本は同じですが、トナカイが家畜化されているのに対し、カリブーは野生でです。 This is a Caribou. They are basically the same as Reindeer, but are called differently because Reindeer are domesticated, while Caribou are not.

そして、最後にグリスリーベア。 And of course, here is a Grizzly bear.

テクラニカ川。そして次のトクラット川で引き返してきました。 This is Teklanika river. We needed to return back to the visitor center from the next river, Toklat river.

バスの中から見るデナリ国立公園。次回訪れることがあるなら、やはりキャンプをして生の自然に出会いたい。 So, we saw Denali National Park through the park bus window. If we have another chance to visit there, I want to camp out and meet the real Denali wildlife.

と、文章を結びましたが、もう一つ驚きの出会いがありました。 Oops, I can’t forget one more encounter.

ジャーン!なんかゴッホの絵みたい。 Here it is! It looks like a Vincent van Gogh painting.

なんと、突然厚い雲間から光が当たり、姿を隠していたデナリの雪を被った岩壁がチョットだけ見えたんです。バスドライバーがラッキーでしたねと言っていたので、そのまま受け取ります。全容は全く見えませんでしたが、貫禄ありますね。 It was, believe it or not, Denali. The heavy clouds covered the sky most of the time, but the sun shined through the tiny break in the clouds, and revealed the majestic snow covered rocky wall. The bus driver told us that we were lucky to see it. I took her word for it. How lucky we were, and how dignified it is.

日本の誇る登山家、世界初の5大陸最高峰登頂者として知られる植村直己は、1984年にデナリ(当時はマッキンレー山)に単独登頂に成功しています。残念ながら下山途中で行方不明となり、43歳で人生の幕を下ろしました。彼の遺体は今でもデナリ山中に眠っています。 The great Japanese adventurer, Naomi Uemura, who was the first person to concur the highest peaks in five continents in the world, succeeded in reaching the top of Denali alone in 1984. Unfortunately, contact from him was lost after that and he never came back to the base camp. He is presumed dead at the age of 43, but his body still remains somewhere on Denali.

デナリ Denali


デナリは、標高6,190m、北アメリカ大陸最高峰の山です。 Denali is the highest mountain in North America with elevation of 20,310 feet (6,190 m).

2015年から名称がマッキンレー山から、先住民族後のデナリに変更されました。面白いことに、このブログを書くにあたって調べていたら「デナリ山」と言わないで、ただ「デナリ」と呼んでいることに気付きました。私の勝手な想像ですが「デナリ」そのものが先住民族の言葉で「大きな山」を意味しているからでしょうか? The name has changed since 2015 from Mt. McKinley to Denali. It was very interesting that when I was searching on the name, I found that people call it “Denali” rather than “Mt. Denali” or “Denali mountain”. I am not sure why but this is my guess. It is because “Denali” itself means “Big Mountain” in native Athabaskan language.

デナリが美しい姿を見せるのはとても稀で、年間70%は姿を隠しているという事です。 It is very rare that Denali reveals its beautiful mountain face. People say that you can’t see it at all about 70% of the time.

イエローストーン国立公園の2倍以上の広さを持つデナリ国立公園ですが、ビジターセンターはその北東に位置します。また、アクセス道路もほんの一部に限られていて、公園内はバスでしか移動できません。 Denali National Park is more than two times larger than Yellowstone National Park. The visitor center is located at the north east corner of the park, and there is only one main road going through the park but it has very limited access. On top of that, you can go on the road, past a short distance, only with the park buses.

そのため、公園の外には飛行機やヘリコプターの観光会社が軒を連ねてデナリツアーや氷河ツアーなどをしています。でも、事前の予約は必須です。 Therefore, there are many small private airplane and helicopter businesses right outside of the park. They can go close to Denali and the glaciers. It’s important to reserve the ride ahead of time.

私たちのデナリ滞在中は雨という天気予報でした。つまり、デナリを地上から見る事はほぼできない。だからホテルに荷を下ろすと、即、近くの飛行機観光会社に駆け込み、山の近くまで飛ばしてもらう予約をしました。雲の上からデナリを見られるかもしれないという希望が湧いてきました。 The weather forecast during our stay at Denali called for rain making it unlikely that we would see the mountain. So we went to a Denali airplane tour agency as soon as we dropped off our luggage at the hotel to hopefully get above the clouds to see the peak.

でも、残念ながら天候はますます悪化し、私たちのデナリツアーフライトは最後の最後まで待ってキャンセルとなりました。Unfortunately, the weather turned worse completely hiding the mountain in clouds, so our tour was canceled at the last minute.

アラスカ鉄道 Alaska Railroad


アラスカ鉄道の本線はフェアバンクスからアンカレッジまで470マイルを走ります。 The main line of the Alaska railroad is from Fairbanks to Anchorage, and the length is 470 miles.

私達はフェアバンクスからタルキートナまで、4時間の旅をしました。 Our ride was the four hour trip from Fairbanks to Talkeetna.

早朝初だったので、乗車してから列車スペシャル、バーボン入りのコーヒーを飲みました。美味〜! It was still early in the morning, so I ordered the train’s special coffee, which includes bourbon. Mmm yum!

落ち着いてからデッキに出ました。走ってきた線路の景色は清々しい。でも、何かおかしくない? After a while, I went out to the deck. The view of the rail was quite refreshing. But wait. Isn’t there something wrong with this picture?

線路網が毛細管のように発達している日本から来た私にしか感じなかった不思議さだったのかもしれません。 I am not sure if it’s only me that feels that way. I came from Japan where the train rails are everywhere like capillary blood vessels.

単線だったんです。たった一枚だけ発見できた複線の写真がこれです。どこで撮ったのか、全く覚えていません。 My uneasiness was that it was single track. I found only one picture showing double tracks, but I don’t remember at where I took.

気になって調べてみて安心しました。列車は2本しかなく、フェアバンクスとアンカレッジ間を北からと南から1日に一回だけ走るんです。だから、どこか1箇所ですれ違うための複線があればいいわけです。 It bothered me so much that I checked the rail system. There are only two trains running once per day, one starts from Anchorage to Fairbanks, and one starts from Fairbanks to Anchorage. These two trains must pass by each other at some point, and they need the double track section there. Phew, I can sleep now.

話を戻し、2回目の朝食タイム。2階から一階に降りると、食堂車がありました。 Let’s get back to the subject. It was breakfast time. We went down to first floor, where the dining room is.

すでにホテルで朝食を取っていたし、バーボン入りコーヒーもいただいていたので、チョッピリだけ摘みました。 I wasn’t hungry then because I had a light breakfast at the hotel, and the bourbon coffee was quite filling. So I ate only a little bit, but it was a nice feeling to share the meal together with people.

車窓からの景色はますます雄大になっていきました。ここは、太古の昔、北アメリカ大陸プーレートと太平洋プレートがぶつかりあって隆起してできた山々がある所です。デボン紀から白亜紀の頃の古い地層もネナナ川沿いに見えていました。 The view from the train window was getting better and better. One of them was the old strata, sometime from Devonian to Cretaceous, that came out from the Nenana river. Once upon a time, the North America plate and the Pacific ocean plate crashed into each other, and created huge earth movements. That was the result of it right there.

車掌さんが登場し、旅の終わりを告げています。ちょっと名残惜しい。Mr. Conductor came to our train car telling us that our trip would end soon. It was sad to leave so soon.

タルキートナ駅で降り、ここからデナリ国立公園の入り口にあるホテルに向かいました。 This is Talkeetna station. We got off the train, and went to our hotel near the entrance of Denali National Park.

おもいっきり生きる To Live Fully


フェアバンクスでは、何人かの逞しく生きる若者に出会いました。 We met several strong-willed young people in Fairbanks.

アラスカといえば金の採掘で有名です。ゴールド ドーターズ(直訳:金の娘たち)は旅行者にも金の採掘の一部を経験させてくれる所です。名前が示す通り、二人姉妹が始めたビジネスです。 Alaska is famous for “Gold digging”. The Gold Daughters is a place for tourists to experience panning for gold. It’s a business started by two sisters (daughters) as the name indicates.

彼女たちのおじいさんはオリンピック水泳選手でしたが、引退後、アラスカで広大な土地を購入し、金の発掘という新しい人生を歩み始めます。この姉妹はそんなお爺さんの元で育ち、大学卒業後、二人のビジネスベンチャーが始まりました。Their grandfather was an Olympic swimmer. He came to Alaska, bought a huge land, and started a new life as a gold miner after his retirement from competitive swimming. These girls grew up under him, and started the business after they both finished college.

勿論今でもゴールド採掘のビジネスは続いていますが、今後伸びていくかもしれない化石の発掘にも力を入れ始めました。 The gold panning is still their on-going main business, but they have been digging out fossils as well. This could be a good future business.

半端ではない発掘量に、古生物学者たちも注目しています。 The amount of fossils they have found are incredible. Paleontologists are now paying attention to their finds.

Tシャツとカップケーキ売るところからスタートしたベンチャーです。チャンスを逃さず、躊躇なくやってみようというバイタリティーはすごいですよね! They began their business just selling T-shirts and cupcakes. Now they have come this far. Their vitality is admirable. They grab the chance when they see it and take on new challenges.

次に出会ったのは、エミリーロビンソンという14歳の女の子です。 Next, we met a 14 year old girl. Her name is Emily Robinson.

エミリーと子犬。 Emily and a puppy.

まだ14歳の若さなのに人前で話をすることに躊躇しません。その後、彼女がジュニア犬ぞりレースのチャンピオンだと知って納得しました。 She didn’t hesitate at all speaking in front of people even though she was only 14. I understood why later because we learned that she is the champion of the Junior Dog Sled race.

エミリーからもらった絵葉書。 A post card Emily gave me.

大人のレースは1000マイルの荒地を10日から20日間で走り切りますが、ジュニアなので150マイル(約240km) を1日で走ります。だから1日分の自分の食糧と犬たちの食糧を積んでスタートさせます。 The adult dog sled race is 1,000 miles through wilderness. It takes 10 – 20 days. On the other hand the Junior race is only 150 miles completing in a day. So they carry 1 day’s worth of food for themselves as well as their dogs.

エミリーのお姉さんからハスキー犬と犬ぞりの説明を受けました。 Emily’s sister gave us a quick lecture about Husky dogs and the dog sled races.

犬ぞりの過酷なところは、勿論、極寒の自然の厳しさ、自分の体調管理、そして最も大切な犬たちの調教と管理でしょう。 I imagine that the harshest aspect of the dog sled race is the severe weather. It is quite a challenge to their own mental and physical capabilities. Managing dogs could be a challenge, too.

7週間目の赤ちゃん犬。 7 week old puppy.

まだ14歳の女の子ですから誘惑がたくさんありそうです。でもブレずに自分のやりたい事をやり通す強い意志、敬服しました。Thinking back when I was 14 years of age, I can easily imagine that so many temptations are around Emily. But she maintains her focus on what she wants to do. I admire her strong will.

フェアバンクス Fairbanks


フェアバンクスは、冬ならきっとオーロラが見られる町です。7月は何が期待できるのでしょうか。 People come to Fairbanks to see the Aurora, a.k.a. the northern lights, in Winter. But in July, I am not sure what we should expect to see.

二日目、休憩所にて。何かが舞い降りてきました。もしや巨大な蚊?アラスカ州の鳥はカラフトライチョウですが、隠れ州鳥は蚊だとジョークを飛ばす人が多いほど蚊が多い所で有名です。 At one rest stop on the second day, we witnessed a flock of something coming down from the sky. Could they be mosquitos? Alaska’s state bird is the Willow Ptarmigan. But many people say it’s the Mosquito as a joke because there are so many of them and they are so large.

目を凝らして見ると、カナダヅルでした。渡り鳥ですから、カリフォルニアで見た鳥がここで見られてもおかしくありません。でも、こんな所まで飛行機に乗らずに飛んで来られるなんて、すごい生命力です。予期しなかったことでもあり、心を打たれました。 Looking at them closely, I realized that they were Sandhill cranes. I know that they are migratory birds, so they could be down south or north according to the season, but I was quite moved to see them there because my memory of them was when we were in California. Unlike us flying over here by airplane, they flew over here by themselves. What a life force!

実は、この日、心を打たれた事が他にもありました。でも、今日はここまで。 We had more activities on that day. But this is it for today. My time has run out.

アラスカへ To Alaska


12日間、アラスカの旅から帰ってきました。 We went to Alaska for a 12 day trip.

ワシントン州のレーニア山。Mt. Rainier

フェアバンクスからデナリ、ラングルセイントエリアス、アンカレッジと忙しく移動した旅でした。 It was quite a busy trip moving from Fairbanks to Denali to Wrangell St. Elias, and ending at Anchorage, with stops in between.

フェアバンクス初日、宿のレストランからチェナ川。 Chena River from the hotel restaurant.

これからハイライトを書いていきます。 I will write highlights of the trip a little at a time from tomorrow.

まだ眠いズアカカンムリウズラ Sleepy Gambel’s Quail


まだ5cmもないぐらいのズアカカンムリウズラのヒナです。裏庭で産まれたようです。 This is an itsy bitsy Gambel’s Quail chick. It’s less than two inches long. I think it was born in our backyard.

まだ上手く歩けないのに、食べ物探しの散歩に出かけました。 The quail family went out for a breakfast walk although chicks couldn’t walk well yet.

まだ朝早いので眠たそう。ちょっと歩いただけで眠り込んでしまいます。 The chicks look still sleepy as it’s still early morning. They walked a little but already fall a sleep.

そんなところで寝込んで大丈夫なのかなと心配していたら、お父さんも心配して近寄ってきました。 I was worrying about this one sleeping in such an open space. Even it’s father came over to wake him up.

こっちの子はお母さんに見守られています。 Mother was keeping an eye on this one.

パティオの上は流石にまずいよ。早く目を覚まして隠れた方がいいよ〜! Wait, that’s totally not a good place to sleep on the middle of the patio. Wake up~!

こっちの子たちも起きてね〜! You guys, too. Wake up now~!

と、早く安全な場所に避難するように急き立てられて芝生のジャングルを歩くヒナたちでした。 So the parents rushed the chicks to a safe place urging them through the jungle of grass.