Category Archives: Health

Hike 32: カエルの腰掛け? Toad’s Stool?


“Toadstool” は主に有毒キノコのことです。直訳すれば Toad=カエル+Stool=腰掛け「カエルの腰掛け」となりますが、それがなぜキノコを指すのかわかりませんでした。 A toadstool is a mushroom. I didn’t know it until now. I didn’t know why Toad + Stool become a mushroom either.

語源はイギリスの中世のおとぎ話にある様です。キノコの上にカエルがよく座っていたということから、「カエルが座る腰掛け」という名前になったらしいです。 Based on my research, the origin of the name came from fairytales from 17th century England. Frogs often sit on top of mushrooms as their stool, so it was named as “toadstool”.

ユタ州にあるトッドスツールズと名付けられたこの場所は、駐車場から1.3km 歩けばつける場所です。でも、面白い場所が奥の方まで続いているので、ぐるりと回ると往復4kmぐらいになります。 The Toadstools in Utah is about a 0.8 mile hike away from the parking lot of the highway. But you can keep going to deeper sections of the park where there are even more interesting toadstools. So, it is about a 2.5 mile round trip hike.

ここは白亜紀に形成されたダコタ砂岩層でできています。それが、浸食と風化作用により、土柱となり、その上に帽子が乗っている様な姿、もしくはキノコに似ているので、”Toadstool”と名付けられたらしいです。 The geological formation of this area is the Dakota sandstone formation. It was formed during the Cretaceous period. Many years of rain and rivers carved the ground and wind eroded away the excess sands. It is like Hoodoos at Bryce Canyon national park, but the difference is these have a rock sitting on top of it like a hat. Or some people say it’s a mushroom.

“Toadstool”がキノコのことだとは知らなかったので、見るまで全く違う解釈をしていました。 Because I didn’t know that a toadstool is a mushroom, I imagined a completely different thing until I saw it.

でも、語源を知って「サルノコシカケ」と同じようだと思いました。木の幹に生えている半円形のキノコです。日本語の語源は猿が腰掛けるのに丁度いいサイズに見えるから、そう名付けられたそうです。 But now I know the origin of it, I thought it’s just like a shelf fungus that grows on the side of trees. In the Japanese language, the name “Sarunokoshikake” is “Saru = Monkey + Koshikake = Stool”, Monkey’s stool. The origin of the word was simply the shape of it and the size of it looks perfectly good for a monkey to sit. So it was named that way.

面白いですね。 Isn’t it interesting?

Hike 31: イエローノール Yellow Knolls


6.1 km 2時間弱のハイキング。 It’s a 3.8 mile, under two hour, hike.

10Kレースの後、あまり体を動かす機会がなかったので、久しぶりの山道は気持ちがいい。タランチュラも気持ちよさそうに歩いていました。 I didn’t have many opportunities to do outdoor activities after the 10K race, so I felt so good simply being there.

鳥の巣を発見しました。小さいので、鷹より小さい鳥が使っていたに違いありません。来年の春、ここで雛が孵化したら観察できるかもしれないと思うと、楽しみが一つ増えました。 We found a bird nest in a hole on the side of a sandstone wall. It’s rather small. So it must be smaller than a hawk for sure, but we have no idea what kind of bird used it. I am already excited to simply think about observing the tiny chicks that may hatch there next spring.

外で体を動かすこと、やっぱり好きです! Indeed! I love going out there and doing some exercise.

Hike 30: 天国への階段 Stairway To Heaven


10Kレースの後、何だかんだと忙しくしていました。そんな中久しぶりに山登りに出かけることができました。 I was busy with chores after the 10K race, butwe did go on a hike last week

スノーキャニオン州立公園内の道なき道、知る人ぞ知る天国への階段トレイルです。 The trail is called “Stairway to Heaven” inside Snow Canyon State Park, but it’s not on any map because it’s not an official trail.

登ったり、降ったりして奥地に向かいます。 We walked up and down, and went to a deeper section of the park.

ガイドがいたから来られた場所です。ちょっと話がそれますが、ガイドさんの二人もトレイルベストを着ていました。勿論私も。断然、楽! We couldn’t have found the way without our guides. This is off tangent, but both our guides were wearing trail vests which made me happy. Of course, I was wearing mine. It’s so much easier than a backpack in many ways. I love it.

そして、ここが「天国への階段」と呼ばれるようになった所以の階段のような場所です。 And finally this is the “Stairway to Heaven”. Can you see it looks like a staircase?

馴染みのある風景。そこでみんなでバンザイ。影の記念写真です。 After we got to a familiar place on a ridge, we took a shadow group picture all doing a Banzai pose.

砂丘の様なうねりを見せるナバホ砂岩。こんな景色を後何回見られるのかなと考えると、涙が出てきそう。 Navajo Sandstone shows many different faces. The fine lines like this reminded me of a sand dune and it made me feel a little sentimental. How many more times can I see such beauty?

ところで、ここは有名な映画「明日に向かって撃て!」のシーンにもなった場所です。まさにここにロバートレッドフォードとポールニューマンが立っていたそうです。 By the way, this particular place was used for the movie “Butch Cassidy and the Sundance Kid”. Paul Newman and Robert Redford were right here during filming.

映画の中にはザイオン国立公園も遠くに見えるシーンがあります。ロバートレッドフォードの家が公園の近くにありますが、きっと映画の撮影の時、好きになったんですね。I could recognize Zion National Park in the move as well. I can easily imagine that Robert Redford fell in love with this area so much during the making of this movie, and that’s why he built his house near the park.

5kmの登り降りのたくさんある中級者向けコースです。 The hike was only 3.1 miles but it’s an intermediate hike because you need to go up and down a lot over steep slopes of sandstone rock.

10K: レース終了 Race Ended


順位は4位でした。でも、タイムは信じられないほど早い、自己最高記録で61分33秒でした。 I was 4th. But the time was unbelievably fast for me, 61:33. It’s my personal best.

10Kを走り始めた時は90分もかかっていたんです。そこからここまで来られたのは、周りの人たちのおかげです。トレーナーに鍛えてもらい、友人に一緒に走ってもらい、そして今日はバンちゃんや友人たちに応援してもらえました。Come to think of it, it took 90 minutes to complete when I started running several months back. I could come this far because all the people around me supported me. My trainer built my muscles, my friend ran with me and showed me how the race goes, and Banchan and my friends came today to cheer me on.

みんなの力で走れたような気がします。声援のパワーって凄いんだ。 I recognized the power of cheering. I could run well because of my precious friends’ support.

悔いなし! No regrets!

さあ、次はダンスだ! So, my next focus is Dance!

10K: 膝の痛み Knee Pain


この後に及んで、一昨日から左足膝の下の方が痛くなりました。 From two days ago, the lower part of my left knee started hurting this late in the game.

マッサージをしてもらったり、塗り薬をつけたりしています。 I went to get a massage for it, and applied ointments.

もちろん、走ってません。普通に歩くだけなら痛く無いんです。でも、じっとしていても弱い痛み(1から10の痛みの中の2ぐらい)がジンジンしています。 Of course, I haven’t run. It doesn’t hurt if I walk at a normal speed. But I feel tingling pain (pain level 2 out of 10) even when I am resting.

レースまで、あと3日。絶対に回復すると決めてます。だからストレッチをしたり、庭の虫の観察をしたりして休養します。 It’s only three days to the race. I determined to recover from this by then. So I will continuously stretch, observe bugs in my garden, and rest my legs.

10K: 水をつかむ Grip Water


レースの日まであと5日。 It’s five more days to race day.

レース当日は、水は持たずに走ろうと思いましたが、最後の2kmが気になったので持って走ることにしました。 I don’t need to carry water when I run the race, but I decided to carry a little because I always want to drink water during the last 2 km.

赤い崖が光っていて、気持ちのいい朝でした。まさにその麓の方向がレースのゴール地点です。見ていたら嬉しくなって、走る意欲が湧いてきました。 The red cliff were shining this morning. And that’s the direction where the finish line for my race will be. For some reason, I felt so light while I was watching watching this scene, and my motivation went up high.

そこで、新しく購入した手持ちボトルを着けて走るテスト、スタート。(写真の手はバンちゃんです。)So I made a test run with the new handheld water bottle. (The hand in the pictures is Banchan’s hand.)

いい感じ。飲んでいくたびにボトルが縮まっていくし軽くなっていくので重さも気になりませんでした。 It’s not bad. As I drink water, the bottle shrinks, and becomes lighter. I had a concern that the weight on my hand might impact my arm fatigue, but I didn’t feel it much when I tried it.

今日は無理せず走りました。水を掴んで走るテスト、成功! I didn’t push myself hard today. The grip water test was a success.

10K: 鼻のないサングラス Noseless Sunglass


再び、私が走る時にいつも使う製品紹介です。 Again, I am introducing another product that I use when I run.

タイトルを正確に言い換えると、「鼻が低くても快適に使えるサングラス」です。 The title can be re-phrased to be “Sunglasses for the people who don’t have a tall nose bridge.”

日本人の鼻は低く、従来のサングラスは、汗ばんだり、時間が経てばずるずる落ちてきてしまいます。特にスポーツをする人たちには、クリティカルな問題です。そこで、そんな問題を解決する為にジゴスペックという会社エアフライを開発してくれました。 Japanese people’s noses are small and don’t have tall nose bridges in general. So the conventional sunglasses slide easily especially during vigorous activity. It’s a critical issue for people who love to do active sports. So, a company called Zygospec developed AirFly sunglasses to solve this problem.

あくまでも私の想像ですが、「そもそもの問題が鼻パッドにあるんなら、そんなもの取ってしまえ。その代わり、頬ボネで支えればいい。」みたいな斬新な考えからスタートしたんじゃないでしょうか。This is only my guess, but I think someone had a radically new idea, “If the problem is the nose pad, why don’t we remove it. We can add cheek bone support instead.” Since then they improved the product to this point.

私のタイプは一枚のカーブしたレンズがついているAF-301 BKシリーズです。 My version, AF-301 Bike series, has only one curved lens.

ずれ落ちることがないので、着用しているのを忘れてしまうほどいつまででもつけていられます。また、紫外線を99%カットしてくれるのに、室内でも使えるほどよく見えます。外に出ると勿論、レンズに色がつきます。 It is very light and doesn’t move at all, so I often forget that I am wearing it. It eliminates 99% of UV light, yet, I can still see things very well, even in the house. Needless to say, the lens adds a tint when I go out.

不都合さは、やっぱり技術革新をもたらしてくれるんですね。 A problem will indeed bring innovation.

10K: ラストラン Last Run


「レース中にアメリカドクトカゲを見つけたらどうする?」と、バンちゃん。 “What do you do if you see a Gila Monster during the 10K race?” said Banchan.

即答できず、「今日走ってから考える。」と、私。 I really couldn’t reply immediately, “I will think about it while I am running today.” I said.

レースの日まであと9日となり、10kmレースのコースをもう一度走るためにスタート地点に向かう車の中での会話です。 It was a conversation from this morning when he drove me to the starting point for the 10K race. It’s 9 more days to the 10K race and it was my last run before the race.

スタート地点 Starting point

アメリカドクトカゲはこの公園内で時折目撃されています。この地に引っ越してきてから3年経ちますが、私たちには未だに幻の動物、出会ってみたい動物ナンバーワンなんです。だから、彼の質問は、言い換えると「10Kレースとアメリカドクトカゲとどっちが大切?」という質問とも言えます。 It’s not common, but Gila monster is seen in this park. We moved to this area three years ago, but we haven’t seen one yet. So it became the number one animal we want to see. So, his question could be rephrased to “which is more important to me, Gila monster or the Race?”

レースの為、公園内の通行閉鎖のサインがすでに出ていました。The sign for the road closure during the race was up at the park already.

今日は一人だったので、コース状況にがよく見えました。トカゲやコットンテールが慌てふためいて目の前を横切っていくのに注意を払い、時折草むらを見てアメリカドクトカゲを探していました。 I could see the course condition well because I was alone during today’s run. I saw lizards, a cottontail frantically crossing the trail right in front of me, and I saw myself looking at the to the side of the trail occasionally, looking for a Gila monster.

結論、アメリカドクトカゲが現れたら、躊躇なく立ち止まって写真を撮る。 So, this is the conclusion. I will stop running and take pictures if I see a Gila monster during the race.

ゴール地点。The goal point.

その為にには少なくとも携帯を持って走らないといけないし、30秒ぐらいのタイムロスになるけど、いいじゃん?両方大切なんだから。というか、そんなことがあったら、最高です。 I have to carry my cell phone for that. And I will lose about 30 seconds of time, but that’s ok. Both of them are important for me. In fact, if such thing happens, I will be very, very happy.

今日の結果は前回と比べて50秒遅いけど、十分OKです。 This is today’s result. It’s about 50 seconds slower than last time, but that’s all right. I am still happy with it.

今日の結果。Today’s result.

10K: たかがソックス Only Socks


もうレースまで1週間半となり、頭の中はレースのことでいっぱいです。そこで、今日もレースグッズについて書きます。ソックスです。 It’s only 1.5 weeks until race day, and I think about it pretty much all the time. So, today’s blog is about race related items again. In this case it is a pair of socks.

たかがソックスなんですが、かなり前、友人にこのピンクのソックスをいただいてから、とても気に入って、大切に特別な時だけ履いてきました。 It’s only a pair of socks, but I wear these pink socks only when on very special occasions ever since my friend gave them to me quite a while a go.

さすがに一足だけでは足りなくなって、少しづつ買い足していって5本指、2本指のソックスの勢揃いとなりました。TabioSignature Run Tabio socksSignature Run toe sockです。 Below is my current collection of Tabio‘s Signature Run Tabio socks and Signature Run toe socks. Since the first pair from my friend, I loved them and added more a little at a time.

こちらが最新バージョンUltra-Light Compression Toe Socksです。適度なアーチサポートがあり、足裏のシリコンゴムが靴底にしっかり固定されている感じがあります。走る為のソックスですが、ハイキング、また、特別に歩く量の多い時には必ずこのソックスを履いてます。履くたびにTabioのソックスに対するこだわりを感じます。 These are the latest version, Ultra-Light Compression Toe Socks. They have a good arch support and the silicone rubber on the bottom grips my shoes. They are running socks, but I use them for hiking, on days I need to stand a long time, etc. I can feel the Tabio’s commitment to produce quality socks when I wear them.

たかがソックス、されど無視できないソックスです。 It’s only a pair of socks, but the socks that I can’t ignore.

10K: ランニングベスト Running Vest


ランニングベストを購入しました。 I bought a running vest.

写真、右上に見えるのはウエストに着装する軽いハイキング用のベルトです。今まではそれを走る時に使っていましたが、しっかり固定することが出来ないので気になって仕方がありませんでした。 I’ve been using a light hiking belt for running all this time. See the black thing at the upper right on the picture above. But I don’t like it because it bounces a lot when I run.

もうレースまで2週間もない今、ランニングのプロが使いそうなベストを買うってどうなの?と、躊躇していました。でも、その道を極めた人がデザインした製品は、予想を超えた着装感です。調整可能なバンジーコードがベストを体にピタッと固定してくれて、ジャンプしても全然動かない。 I hesitated to buy this vest because I won’t be using it much until race day, only two weeks away. Yet, this vest looked so good for a running pro, though not for a beginner like me. But when I tried it on, it fit perfectly for me because of the controllable bungee cords. It didn’t move around even when I jumped up and down. It exceeded my expectations, and I thought this is done by people who wanted to create the best.

水はソフトボトルを2本、ベストの前のポケットに入れることが出来ます。また、水バッグを背中に入れることも可能で、トータル5リットルも運ぶことが可能です。 I can put one soft bottle in each front pocket. I can also put a water bag in the back and a tube. It’s possible to carry 5 liters total.

私はせいぜい200mLあれば十分なので、ソフトボトルを片方に入れ、もう片方には携帯を入れてみました。また、エネルギージェルも即飲めるよう、2番目のポケットに入れました。さらに小さなポケットにはハンカチと飴を入れてみました。10-15km走るなら、これで十分です。 For me, I need only 200mL for a run. So I put one soft bottle in one side of the pocket, and my cell phone in the other side. I added an energy gel in the outer pocket, and put a handkerchief and candy in the smallest pockets. This is it for a 10 – 15 km run.

背中には水バッグを入れてもいいし、その他諸々何でも構わないんです。私は水バッグからチューブを通して水を飲むオプションは好きではなかったので、ベストの前のポケットからソフトボトルを出さずに飲めるオプションも気に入って購入しました。 The back pocket can hold anything you like besides a water bag. I don’t like the option of drinking water through a tube. But I do like the idea of drinking from a soft bottle without taking it out from the pocket. This is another point that I like about this vest.

すでに2回使いました。一回目はランニング、そして2回目はハイキング。なんとハイキングにも十分使えるんですね。日帰りのハイキングならこのベストがあればバックパックは必要ありません。私の中のパラダイムシフトとなりました。レース当日は使いませんが、それまでのトレーニング、そしてこれからのハイキングに大いに活躍してくれそうです。 I have used this vest for one run and one hike. It worked for both. If it’s a day hike, I can easily go with only this vest without a backpak. It was my paradigm shift. I won’t use it for the race, but I will use it for the remaining training. I already know that the vest will be very useful for my future hikes.

このベストは Bronco Race Vest という製品で、UltrAspireから発売されています。 The company name is UltrAspire, and the product name is Bronco Race Vest.

Hike 29: Broken Mesa Rim


Broken Mesa Rim はレッドクリフ国立自然保護区の中にあります。 Broken Mesa Rim trail runs inside Red Cliffs National Conservation Area.

このトレイル自体はどこまでも続いているようですが、私たちは5kmほど歩いて、ちょうど地図の一番左辺りまで行った所で引き返してきました。往復10kmのハイキングでした。 The trail itself is quite long, but we walked 3 miles out and came back.

約1500mの高台に一度登ってしまうと、あとはなだらかな道になります。イエローノールというとても美しい砂岩のうねりを左に見下ろしながら歩きます。 Once we were up on the mesa at about 5000 feet elevation, the trail is almost flat. While walking, we saw Yellow Knolls on the left.

遠くにはザイオン国立公園も見えます。 We could see Zion National Park as well.

ここは、360度なんでも見える気持ちいい場所です。ただ、一昨年の山火事で、ここ一帯も全て焼けてしまいました。 In fact, it was such a flat and open area that We could see everything all around for 360 degrees. Only sad thing was that a wildfire burned everything around here a few years ago.

木が残っていても、こんなに根の深くまで焼けてしまった死んでいる木だけです。 Trees were standing, but they were burnt all the way to the roots which look like this.

パインバレー山脈をバックに立っている木は、もちろん死んでいますが、これはなんと稲妻に打たれて真っ二つになってしまった木です。 Now, the tree in the picture below is different. It was hit by lightning and split in half.

きもちのいい風が吹いていましたが、動物たちは全く見かけませんでした。ただ一つの例外は、Horned Lark という鳥です。目撃しましたが、あいにく、写真を撮ることはできませんでした。(日本語名は不明。角のあるヒバリ。)まだ見たことがない鳥だったので調べてみたら、本当に角のようなものが頭の上についているんですね。多分、羽根がツノのように見えているだけだと思います。ご興味のある方は、こちらのサイトをどうぞ。 While walking, we enjoyed the comfortable winds, but didn’t see any animals, except for a flock of Horned Larks. We saw them but couldn’t take any pictures. I have never seen them before, so we looked them up on the web. Sure enough, they have horns on their head just like their name. I assume the horns are feathers, but it is very interesting. If you are interested in them, check out this site.

10K: できる! It’s Possible!


今日の結果、66分3秒。友人ご夫妻と一緒にコースを走りました。このタイムは私の目標でした。今日、達成できちゃったんだ。すごい!Today’s run result was 66:03. I ran the race course with two of my friends who are married to each other. I was working hard to achieve this “time”, and I made it. Yay!

1km毎のペースを見ると、一目瞭然で、ペース配分ができてないことがわかります。最初、ご夫妻に追いつこうと早く走ってしまって、中間以降、グッとスピードが衰えました。 Look at my pace for each 1km split. Gosh, I can’t maintain a consistent pace well at all. I ran too fast at the beginning trying to follow my friends. Because of that, my pace slowed down a lot after the mid point.

ちょうど6-7kmは一番キツイ上り坂なので、仕方がないとも言えますが、9km、10kmあたりはもう力が尽きそう。でも、最後200-300mぐらいからとっくに走り終えていた友人が一緒に走ってくれました。最後のダッシュのためです。 The most difficult section of the race is around 6-7 km, going up hill constantly. So I slowed down, but the area around 9-10 km is flat. I could have run faster. My friends, who finished running much earlier, waited for me at the last 200-300 m point before the finish, and ran with me to sprint all the way to the finish.

今日のタイムは彼らの声援の賜物です。でも、何はともあれこのペースをキープできたらレースは大丈夫。コーチにも早速知らせました。ベスト3、きっとできるよ! I must say that I owe them for today’s result. In any case, I should be all right if I can keep this pace. I texted my trainer about it. I am very much in the running to finish in the top three!

レースの日まで、あと16日。 16 more days to the race day.