カテゴリー別アーカイブ: Nature

地殻変動 Cedar Breaks National Monument


最初に、 National Monument の日本語訳について。いつも悩みます。いろなところから収集した資料をまず、まとめておきます。

その定義に当てはまる言葉が日本語にはないことがそもそもの問題なんですね。

  • National Park:  こちらは国立公園で問題ないでしょう。国の管理のもと、傑出した自然公園として指定されている。
  • National Monument:  国の指定というより、大統領が一人で指定することができるところが一番の違いで、国の予算で管理されているところは同じです。保護されるものの数の多さと予算も違うらしい。天然自然物国定記念物みたいな訳語になるんでしょうか。
  • State Park:  都道府県が管理している見地から国定公園に近いのかな?

ということで、Cedar Breaks 国定記念物

地質学についてほとんど知識のない私にも、とても面白かったレンジャーの説明に、「そうだったのね〜!」と感心したことが3 点ありました。

  1. Cedar Breaks という名前の由来。
  2. 近くにあるHoo Doo の奇岩がたくさんある Brice Canyon 国立公園との違い。
  3. Brice Canyon 国立公園の名前は間違っている!

今日は話が長くなるので、一番目について書きます。

地球の歴史60億年に比べると、かなり若いですが、ようやく火山や地殻変動がひと段落した頃、9千万年ちょい前からスタートです。ということは、恐竜たちの繁栄の終わりの頃。

この地帯はコロラド高原の最西端に位置します。Zion, Canyonland, Grand Canyon などがある同じ高原です。そして、この辺は海岸沿いの一等地だったんですね。波が寄せては引いて繰り返し、あらゆる所から運ばれてきた堆積物が化石をたくさん含みながら茶色い地層になっていったとパンフレットには書かれています。

そして、ここには Hurriane Fault (ハリケーン断層)が走っていて、1千万年ぐらいかけて地震を繰り返し、高原の西側、今の Cidar City 、は低くなり(5,800 フィート、1,767m) 、その反対側、Cidar Breaks 近辺はぐんぐん盛り上がり、10,350 フィート (3,155m)まで上昇しました。

Amphitheatre から見下ろす景色。遠くに見えるのがCedar City.

ようやく春が来たよとロビン君。

つまり、断層によってCedar 地帯が2分割されてしまったから、Break (割れるという意味)という言葉が名前の一部になったんですね。そ〜か〜。納得!

補足です。荒地のことを昔はよくBreaks と言っていたからとも言われています。でも、断層による分割があったからという説明の方がグッと理解できちゃいますよね。

ここは山ではなく高原ですが、高さのイメージを掴むために日本の山と比べると、日本の二番目の山、北岳よりちょっと高いところにある高原ということになります。どおりで寒いわけです。つい先週まで雪が降っていたので入れませんでした。また、ハイキングコースはまだ通行止めとなっています。多分、7月ごろから解禁されるとのことです。富士山の山開きと同じですね。

道端のアスペン。まだ雪が積もってます。

Chipping Sparrow が捕まえた獲物を見せてくれました。

ちなみに、私の住んでいる所、St George は海抜 2,860 フィート、872m です。支笏、洞爺地方の天狗岳と同じなんだ。こちらの日本の山一覧(高さじゅん)サイトを見ながら、ふむふむ、そっかー。

高い山トップ10のうち、3つしか登ってなかったのね。もう登る機会もないかなと思うとちょっと残念です。

近くの名もない公園


鳥を探しに出かけました。でも、もう10時過ぎ。いないな〜。

Globe Mallow 、可愛い花。

もちろん、トカゲ君。

大した収穫もなく帰ろうとしていた時です。

わー・・あなた、誰?

ヒゲが長い〜!ネズミの一種なんでしょうね。夜行性なんじゃなかったっけ?可愛いんだけど・・・うちには来ないでね!

落し物の話


落し物というか、落とされた物と言えばいいのかな。人間以外の排泄物の話。すみません!

犬、猫、馬、鳥、この辺の落し物は有名どころなので話す必要はないと思います。コヨーテ、ウサギなども、まあ、わかる。そしてネズミも。。。と、思っていたんですが、どうやらそうでもないらしいんです。

念のため、この Desert Cottontail は走っているだけです。夕日を浴びて綺麗ですよね。

閑話休題、こちらの落し物・・・

てっきりネズミだと思ったので、近くのアイビーも全部刈り取って、その道の専門家に来てもらって囮の餌が入っている箱まで設置したんですが、餌は全く手付かず。相変わらず毎晩の訪問と落し物がありました。そこで専門家の大親分のお出ましです。

彼曰く、「ふむ、コウモリかもしれませんねぇ。」

「え〜っ?!!!」

中庭には格子が付いているし、コウモリがぶら下がる格好の場所が他にもあるし。

ということで、ネズミ用の餌箱も念のためしばらく設置しておきますが、今度は上からの落下を観察することとなりました。

ちなみに、中庭にはこんなのも結構見かけます。専門家曰く、こっちはヒキガエルなんだそうです。山猫だったらどうしようなんて思ってたのに、温泉に浸かりにくるヒキガエルだったとは・・・それにしても、大きい〜!

あまり触れたくない話なんですが、まだ謎の問題なので書いておきました。

気分直しに、もう一枚、可愛い Desert Cottontail の写真で締めます。

 

三つ目だ〜!?


どうやら模様なんかではなく、トカゲには本当に第3の目があるらしいんです。頭の上の黒い部分は目ではありません。でも、真ん中の白っぽい所は、3番目の目として機能していらしいんです。すごいですねー。

The parietal eye、頭蓋の頂点にあって、光をを察知する目らしいです。いわゆる本当の目は、下の写真、左の黒い帯の左にちょっとだけ見えます。

便利そうですね。私も欲しい。

ところで、我が家には、カエルの王子様がいて、玄関脇、噴水の横で家を見守ってくれています。

もしかしたら、カエルの王子様が招待しているのかもしれません。今日も我が家の温泉でくつろいでいらっしゃいます。気持ち良さそうですね〜。

夜はカエル


今朝、裏庭にカエルがひょっこり座っていました。日中に見かけるのは珍しい。何か言いたげにこちらを見ています。

何事もなく日が過ぎて、夕暮れ時、久しぶりにバンちゃんと夕食をパティオで撮っていた時の景色。

トカゲが白く光っている虫を見ているような光景です。やっぱりトカゲの国。

夕食後、お散歩に出かけて帰ってくると、玄関前の噴水の中にカエル君。

よく見ると、他にもカエルたちがいっぱい。そうだったんですね。夜はカエルたちの世界があったんだ。今朝のカエルはそれを言いたかったの?なんてねー。

それにしても、このカエルの種類は何でしょうね。カエルのことはよくわからないので、調査が必要です。背中に白い線が入っている。

充実の水曜日


充実の日。今日は一人でバシバシ仕事を片付けて、日が暮れて行きました。

充実その1:カシータ(ゲストハウス)の家具を完成させた!

椅子もテーブルも組み立てて、壁に自作の絵も掛けました。

こちらはベッド。これも不可能かと思ったけど、全部一人でできた!

この部屋は私たちの仕事場なんですが、こんな風に家具を入れても十分スペースがあります。やっぱり田舎はいいな〜。これでいつでもお客様大歓迎となりました。

充実その2:早朝から庭仕事。Ocotillo オコティオをローズマリーの攻撃から脱出させてあげた!

壁に無理やり押し付けられて、もう一つのオコティオは死んでいました。庭師は「死んだように見えても冬眠から帰ってくるみたいに復活するよ。」と言っていましたが、すでに根元からポロリと取れてました。だから枯れた枝を取り除き、ローズマリーを剪定しました。元気になってね!

ついでに他のローズマリーも下の方を切り取りました。通路がなくなって、壺も見えなくなっていたんです。凄い生命力ね。

ついでに花とカクタスを買って来ました。カマキリのMr. Goo の横に花を添えて、

ハミングバードに来てもらうためにフィーダーの横にも花を添えました。

そして、樽の形をしている Barrel cactusT-Rex という名のアロエベラ。金曜日に庭師が来たら前提に植えてもらいます。

このアロエの名前ですが、牙の生えた口を大きく開けてるように見えるからなのね。

Barrel cactus は断然可愛いと思う。それに、こうしてみると綺麗だ〜!

It との共同生活になるのか


トカゲの国にトカゲがいるのは当たり前。でも、家の中にはいてほしくないです。

寒かったので見かけないと思ったら、今朝、発見しました。しかも、IMA_7822.jpg

家の中。私のベッドルームの窓脇。ゲ〜〜〜〜!!!

IMA_7833.jpg

多分、昨日。窓ガラス交換の時に侵入して来たんじゃないかな。ゲ〜〜〜〜!!!

ということは・・・昨夜、一緒に寝たことになる。

バンちゃんいないし、さわれないし、どうしたらいいの???

IMA_7838.jpg

近くに置いてあった大きめの絵を恐る恐る、少しずつ近づけて見ても、そんなに動じない。だから箒で動かそうとしたら、高速でベッドの下に逃げて行ってしまいました。そんなー!

シェードを下ろし、部屋の温度を下げ、窓際に水を置きました。ドアを閉めて放置後1時間。姿を現していましたが、私の気配を察してかまた逃げて行ってしまいました。まいった。

明日からカリフォルニアに5日間ほど出かける予定です。どうしよう、この IT(イット)!  名前なんかつけません。ペットにしたくないもん。でも、このままだと、It を家の中に残して出かけることになってしまいます。

奇しくも今日は私の誕生日。とんだプレゼントをもらってしまいました。

解体したアマゾンの箱をもう一度組み立てて、一気に被せて捕獲するというのが私の唯一の対策案ですが、現れない・・・もう時間切れかな。ペストコントロールに電話しましたが、やはり帰って来てからでないと何もできそうもないです。

今日はこの部屋で寝ない。IMA_7839.jpg