Category Archives: Nature

コロンビア氷河 Columbia Glacier


氷河に圧倒され、言葉になりませんでした。以下、16枚だけを選びに選び抜いて、それぞれにコメントしました。 I was overwhelmed by the Glacier, and can’t find words to express it. It was very difficult to choose only 16 pictures, but here they are. I added a comment to each pic.

ヘラジカの置き土産 Gifts From Moose


デナリの空気を吸いたくて、トリプルレイクスの山道を10kmほど歩きました。水色マーカーの部分です。 We hiked 6.1 miles on Triple Lakes trail because we wanted to feel the Denali air. See the light blue highlighted line in the map below.

ハインズクリークを超えて、ライリークリーク沿いに歩きました。 We crossed Hines Creek, and walked along Riley Creek.

この山道から私たちの乗ったアラスカ鉄道の列車も見えました。 We could see the Alaska railway train from this trail.

道端には馴染みの花や初めて見る花、とにかく緑が生い茂っていて楽しいひとときでした。 We enjoyed it so much seeing so many familiar flowers as well as unknown flowers among the green plants.

初めて見た珍しい植物は、ノーザングラウンドコーンです。地面から松ぼっくりがニョキっと生えているかの様です。 The unique plant that I had never seen before was the Northern Groundcone. It looks like pinecones coming out from ground.

そしてこちらは・・・卵? And this one… eggs?

ここにも。And they were here, too.

動物の置き土産、フンだという事はわかっていました。ヘラジカのものだと知り、興味深く観察しました。 We knew they were animal droppings. But we observed more carefully after we realized they were from Moose.

あ、ここにもあった! Wow, I found them here, too.

というのはウソで、アラスカ土産に最適、ピーナッツ入りのチョコボールでした。 Just kidding. They are chocolate covered peanuts, and a perfect souvenir from Alaska.

デナリ国立公園 Denali National Park


以下の写真は三つの地図を含んでいます。右下がアラスカ州の地図、右上がデナリ国立公園の地図、そして左の拡大してある地図が公園内を走る一本の道です。The picture below includes three maps. The lower right is Alaska, the upper right is Denali National Park, and the left is the park road.

私たちは右端のビジターセンターからトクラットまで53マイル、公園内を走るバスで行き、帰ってきました。水色の線が私たちの通った道で、その先は通行止めで行けませんでした。 The park bus drove 53 miles from the visitor center to Toklat and 53 miles back. See the light blue highlighted section. We couldn’t go farther because the road was closed.

バスから3回降りただけで、自由行動はありませんでした。 We got off the bus only three times during the entire drive, and didn’t have much time to do anything.

不満は募りましたが、それでも驚きや発見がありました。 We were a little frustrated, but we could still discover new things and had some moments of awe.

カラフトライチョウとハリモミライチョウを初めて見ました。We saw Willow Ptarmigan and Spruce Grouse for the first time.

カラフトライチョウはアラスカ州の鳥でもあります。冬には白い羽根をつけ、カメレオンの様に体の色を変化させることができます。 Willow Ptarmigan is Alaska’s state bird. Their feathers turn totally white in winter to hide in snow. They can camouflage themselves kind of like a Chameleon.

ハリモミライチョウのヒナです。まだ白い産毛が生えてます。冬が来る前に体力をつけておいてね! This is a Spruce Grouse’s chick. As you can see, it still has white baby feathers. I hope they will be strong enough before winter comes.

次に、ドールシープ。800mmレンズでもこんなに豆粒にしか見えない。 The next picture is of Dall Sheep. Can you see them on the hill? Even with my 800mm lens, this was best I could capture.

無理やり拡大すると、もう限界を超えてるクアリティーですが、角が生えてるのがわかります。 And this is the enlarged version of it. It’s less than acceptable quality, but you can see the horns at least.

こんなに遠くにしか見えなかったドールシープですが、道路脇にはこんなサインがありました。 Although we could only see Dall sheep from so far away, we found a sign like this on the side of the road.

ドールシープが見えても見えなくても、10分間停車していなければいけない標識です。 It means that you have to wait 10 minutes before proceeding even if you don’t see any Dall sheep. This gives sheep a chance to cross the road.

こちらはカリブー。トナカイと基本は同じですが、トナカイが家畜化されているのに対し、カリブーは野生でです。 This is a Caribou. They are basically the same as Reindeer, but are called differently because Reindeer are domesticated, while Caribou are not.

そして、最後にグリスリーベア。 And of course, here is a Grizzly bear.

テクラニカ川。そして次のトクラット川で引き返してきました。 This is Teklanika river. We needed to return back to the visitor center from the next river, Toklat river.

バスの中から見るデナリ国立公園。次回訪れることがあるなら、やはりキャンプをして生の自然に出会いたい。 So, we saw Denali National Park through the park bus window. If we have another chance to visit there, I want to camp out and meet the real Denali wildlife.

と、文章を結びましたが、もう一つ驚きの出会いがありました。 Oops, I can’t forget one more encounter.

ジャーン!なんかゴッホの絵みたい。 Here it is! It looks like a Vincent van Gogh painting.

なんと、突然厚い雲間から光が当たり、姿を隠していたデナリの雪を被った岩壁がチョットだけ見えたんです。バスドライバーがラッキーでしたねと言っていたので、そのまま受け取ります。全容は全く見えませんでしたが、貫禄ありますね。 It was, believe it or not, Denali. The heavy clouds covered the sky most of the time, but the sun shined through the tiny break in the clouds, and revealed the majestic snow covered rocky wall. The bus driver told us that we were lucky to see it. I took her word for it. How lucky we were, and how dignified it is.

日本の誇る登山家、世界初の5大陸最高峰登頂者として知られる植村直己は、1984年にデナリ(当時はマッキンレー山)に単独登頂に成功しています。残念ながら下山途中で行方不明となり、43歳で人生の幕を下ろしました。彼の遺体は今でもデナリ山中に眠っています。 The great Japanese adventurer, Naomi Uemura, who was the first person to concur the highest peaks in five continents in the world, succeeded in reaching the top of Denali alone in 1984. Unfortunately, contact from him was lost after that and he never came back to the base camp. He is presumed dead at the age of 43, but his body still remains somewhere on Denali.

おもいっきり生きる To Live Fully


フェアバンクスでは、何人かの逞しく生きる若者に出会いました。 We met several strong-willed young people in Fairbanks.

アラスカといえば金の採掘で有名です。ゴールド ドーターズ(直訳:金の娘たち)は旅行者にも金の採掘の一部を経験させてくれる所です。名前が示す通り、二人姉妹が始めたビジネスです。 Alaska is famous for “Gold digging”. The Gold Daughters is a place for tourists to experience panning for gold. It’s a business started by two sisters (daughters) as the name indicates.

彼女たちのおじいさんはオリンピック水泳選手でしたが、引退後、アラスカで広大な土地を購入し、金の発掘という新しい人生を歩み始めます。この姉妹はそんなお爺さんの元で育ち、大学卒業後、二人のビジネスベンチャーが始まりました。Their grandfather was an Olympic swimmer. He came to Alaska, bought a huge land, and started a new life as a gold miner after his retirement from competitive swimming. These girls grew up under him, and started the business after they both finished college.

勿論今でもゴールド採掘のビジネスは続いていますが、今後伸びていくかもしれない化石の発掘にも力を入れ始めました。 The gold panning is still their on-going main business, but they have been digging out fossils as well. This could be a good future business.

半端ではない発掘量に、古生物学者たちも注目しています。 The amount of fossils they have found are incredible. Paleontologists are now paying attention to their finds.

Tシャツとカップケーキ売るところからスタートしたベンチャーです。チャンスを逃さず、躊躇なくやってみようというバイタリティーはすごいですよね! They began their business just selling T-shirts and cupcakes. Now they have come this far. Their vitality is admirable. They grab the chance when they see it and take on new challenges.

次に出会ったのは、エミリーロビンソンという14歳の女の子です。 Next, we met a 14 year old girl. Her name is Emily Robinson.

エミリーと子犬。 Emily and a puppy.

まだ14歳の若さなのに人前で話をすることに躊躇しません。その後、彼女がジュニア犬ぞりレースのチャンピオンだと知って納得しました。 She didn’t hesitate at all speaking in front of people even though she was only 14. I understood why later because we learned that she is the champion of the Junior Dog Sled race.

エミリーからもらった絵葉書。 A post card Emily gave me.

大人のレースは1000マイルの荒地を10日から20日間で走り切りますが、ジュニアなので150マイル(約240km) を1日で走ります。だから1日分の自分の食糧と犬たちの食糧を積んでスタートさせます。 The adult dog sled race is 1,000 miles through wilderness. It takes 10 – 20 days. On the other hand the Junior race is only 150 miles completing in a day. So they carry 1 day’s worth of food for themselves as well as their dogs.

エミリーのお姉さんからハスキー犬と犬ぞりの説明を受けました。 Emily’s sister gave us a quick lecture about Husky dogs and the dog sled races.

犬ぞりの過酷なところは、勿論、極寒の自然の厳しさ、自分の体調管理、そして最も大切な犬たちの調教と管理でしょう。 I imagine that the harshest aspect of the dog sled race is the severe weather. It is quite a challenge to their own mental and physical capabilities. Managing dogs could be a challenge, too.

7週間目の赤ちゃん犬。 7 week old puppy.

まだ14歳の女の子ですから誘惑がたくさんありそうです。でもブレずに自分のやりたい事をやり通す強い意志、敬服しました。Thinking back when I was 14 years of age, I can easily imagine that so many temptations are around Emily. But she maintains her focus on what she wants to do. I admire her strong will.

Hello America!


今日は独立記念日、一緒に祝おう! Let’s celebrate Independence Day today!

トカゲの国から、おめでとう! Congratulations from the land of lizards!

ハロー、アメリカ! Let’s all sing “Hello America!”

クーパーハイタカ Cooper’s Hawk


私たちの目の前に舞い降りたクーパーハイタカです。鳥の会の人たちによると、まだ成長しきってない幼鳥だそうです。 This is a Cooper’s Hawk. It is still a juvenile according to the Red Cliffs Audubon club people. It landed right in front of us.

まだ頭から首の辺りがまだ白いからだと言っていました。まだ目が赤くなっていないかも。 They said that it’s still white around the head and neck, and the eyes aren’t red enough. So it is a juvenile.

こちらは別の週に見たお母さんのクーパーハイタカです。 This is a fully grown mother Cooper’s Hawk. We saw it on a different day in a different place.

こうして比べてみると、わかります。 I can see the difference now by comparing them like this.

さて、この日はなんと、ヒナも目撃できました。もしかしたらヒナというにはもうちょっと成長しているような、でも、空を自由に飛び回れる幼鳥でもなさそうです。だから、ヒナとしておきます。 And now, we saw a chick near its mom on that same day as the adult hawk. Some people say it has already grown more than a chick. But I am not sure if it can fly out to the sky freely like a juvenile bird. So I say it’s a chick.

ちょっと観察してみましょう。まず、まだシッポが短い。白い産毛がまだフワフワ残ってる。また、背中の羽も生えてきただけで落ち着いてません。 Let’s observe it closely. First of all, the tail is so short. The second point is that it still has white baby feathers around the face and other body parts. And lastly, the feathers on the back are grown but they aren’t stabilized yet.

いや、それにしても可愛いですね。 At any rate, it is so cute!

おやおや?もう片足立ちできるんですね。もう飛べるのかなぁ? Oh, my! It can stand on the branch by one leg already. Well, can it fly now then?

Hike 22: ねじれた森 Twisted Forest


英語名を直訳してみました。(Twisted = ねじれた、Forest = 森}

ツイステッドフォレストはアッシュダウンゴージ ウィルダネスの中にあります。 The Twisted Forest is in the Ashdown Gorge Wilderness in Utah.

トレイルは往復わずか2.3kmの短い距離ですが、標高が3,000mを超えるので、ゆっくり登ります。 The trail is only 1.5 miles round trip, but the altitude is above 9,800 feet. So we hiked uphill slowly.

頂上に着くと、視界がパッと広がります。The view suddenly spread out in front of us when we got to the top of the ridge.

頂上を見渡して、ねじれた森という名前の由来が理解できました。 I understood the origin of the name, “Twisted Forest” when I looked around there.

森がねじれているわけではなく、木々がねじれているんです。 The forest is not twisted, but the trees that make the forest are twisted.

ツイステッドフォレストはブリスタルコーンパインツリーの群生地だったんです。 The Twisted Forest is composed entirely of Bristlecone pine trees.

青紫色の松ぼっくり。こんにちは。また会えたね。Hello, bluish purple pine cone. We meet again.

もっと頂上の景色を見ていたかったんですが、黒い雷雲がゴロゴロと私たちを追い立てます。雷だけじゃなく、雨でぬかるんだ道も怖いので、早々に山を降りました。 We wanted to stay there longer but the sound of thunder was getting louder. I was scared not only of the thunder, but also of the wet muddy road the dirt road would turn into when the rain started. So we left quickly.

案の定、舗装道路を走り始めると、即、ミゾレまじりの雨となりました。 Once we started on the paved road, the sky became much darker, and heavy slushy rain started hitting the front windshield.

それにしてもまだ昼前。帰るには早すぎたので、ブライスキャニオン国立公園に行く道中にあるレッドキャニオンのビジターセンターに立ち寄りました。Although the sky was so dark, it was still before noon. It was too early to just go home, so we decided to stop by the Red Canyon Visitor Center that was along the way to Bryce Canyon National Park.

そこで2kmの山道を歩きました。 We hiked about 1.2 miles there.

ここは、ブライスキャニオンと同じクラロン地層で覆われています。だから多くのフードゥーが立ち並んでいました。 ブライスキャニオンほど豪華ではないけれど、ミニアチャバージョンを見ているようでした。The park exposes the same Claron formation found in nearby Bryce Canyon. So, many hoodoos were standing there. I must say, it’s not as grand, but it is a miniature version of Bryce Canyon.

レッドキャニオンに別れを告げ、そこから少し車を走らせると、あたりはもうすっかり雨雲に覆われていました。 Saying good-bye to Red Canyon, we drove closer to Bryce Canyon although it was raining and the sky was entirely covered by thunder clouds. Everything looked so dark.

「ちょっと待って。雨の向こうにかすかに光る白いものは何?」とバンちゃん。” But wait! What is it? I see a faint white thing beyond the rain?” said Banchan.

雨雲の隙間を通して太陽の光を受けた岩壁でした。不思議の国のお城みたい。 It was a mountain lit by a shaft of sunlight through a tiny crack in the rain clouds. I thought it was a castle in a wonderland.

突然、私たちのミッションは不思議の国のお城探しになりました。「もっともっと近くまで行こう!」と、車を走らせましたが、近くまで行くと、魔法の光は消えて、不思議の国は無くなっていました。 So then, our mission became the search for the castle in wonderland. “Let’s get closer!” We drove closer towards the rock, but the magic light had disappeared by the time we got closer, and so did the castle in wonderland.

近くで見られなくて残念でした。でも、自然は私たちにワクワクドキドキをくれました。だから、ありがとう、大自然! Yes, we were disappointed. But hey, we were quite excited with the search. So, I must say, “Great Nature, Thank you for the excitement!”

オリオール Hooded Oriole


水曜日の早朝は、レッドクリフ鳥の会の散策の日です。毎週違う場所の散策をします。面白いことに、2回連続で黄色い頭のオリオールが集合場所でお出迎えしてくれました。 Wednesday is Red Cliffs Audubon’s early morning bird watch day. We go to different places weekly. It’s funny that we were greeted by a Hooded Oriole on the last two Wednesdays consecutively at the meeting locations.

こちらは先々週のオリオール。 This is from two weeks ago.

こちらは先週のオリオール。 This is from last week.

ひょっとして同じ鳥かなと思ったんですが、流石に違いますね。 I wished that they, miraculously, were the same bird, but unfortunately not.

ルリイカル2 Blue Grosbeak 2


先週、貴重なルリイカルを目撃しましたが、今週水曜日に再び発見することができました。しかも、家の近くで。 This past Wednesday, we again found the uncommon bird, the Blue Grosbeak. It was only one week earlier when we saw it for the first time. Not only that, this time we found it near our house.

水曜日の鳥の会の人たちのおかげです。一緒に鳥を探しに行くと、今まで見えなかったものが見えてくるから不思議です。This is thanks to Red Cliffs Audubon club people. It is amazing that we are seeing more birds every-time we go out with them.

隠れているつもりなんですよね。でもねぇ。。 I know you are hiding, but…

それにしても嘴が大きい。それが特徴の一つでもあります。 In any case, the beak is so large. It is the one of characteristics of the Grosbeak.

ルリイカル Blue Grosbeak


先週の早朝、バージンリバー沿いの茂みの中で見つけました。ルリイカルです。見つけにくいとされているだけに、とてもラッキーでした。 We found this bird in shrubs by the Virgin river in the early morning last Wednesday. It’s a Blue Grosbeak. I feel very lucky because it is one of the uncommon birds that is hard to find.

オスです。メスは可愛いのですが、茶色で、こんなに鮮やかな青色とはかけ離れています。繁殖期には、特に青くなるということなので、今がそんな時なのでしょう。This is a male. The female blue grosbeak is not blue at all. It is brown, but cute. The male’s blue color becomes especially blue during the breeding season. So, it must be the time.

昨日紹介したニシフウキンチョウとルリイカルは同じショウジョウコウカンチョウに属します。つまり、親戚同士です。そして、どちらの鳥も息を呑む美しさですね。 The Western Tanager that I talked about yesterday and the Blue Grosbeak are relatives. Both of them are in the cardinal family.

ニシフウキンチョウ Western Tanager


ニシフウキンチョウのオスです。きっと、一度見たら誰でも好きになる鳥。ザイオン国立公園のすぐ近くで見つけました。 This is the male Western Tanager. We found it near Zion National Park. I am almost sure that everyone will like this bird once you see it right in front of you.

「おっとー、行かないで! 」 “Oh, no. Don’t go!”

「少しだけ、写真撮りに協力してください。」 ” Please cooperate with me only a little while to take pictures.”

「枝の向こうで隠れているつもりですか?バッチリ見えちゃってるんですけど。」 “Umm, do you think you are hiding from me behind the branch? I can see you totally.”

「そうそう、そんな風にポーズをとっていただけるとありがたいです。」”Yes, yes, that’s a nice pose. I like that.”

「わー、なんて美しい。これが今日のベストですね。ありがとう!」 “Yes, indeed, you are a photogenic. This is the best shot of the day. Thank you!”