Category Archives: Nature

黄金の岩 Golden Rock


パウエル湖の北、グランドステアケース エスカランテを南下し、ビッグウォーターに向かうオフロードから見える岩壁は、夕日を浴びると神々しい姿に変身します。 The rocks along the road from Grand Staircase-Escalante to Lake Powell changed their look drastically when the sunset light hit them. They were divine.

まるで金でできているように輝いていました。 They were shining like they were made out of gold.

パウエル湖は人気スポットなのに、この日は誰もいない。私たちだけでこの黄金郷を独占です。 Lake Powell is a popular spot, but we didn’t find anyone yesterday. We had the El Dorado (Golden land) all to ourselves.

月が見えてきました。 The moon had come up already.

夕日をどこで見ようか迷っている間に、太陽はスピードを増して沈んでいきます。 We were looking for a place where we could wait for the sunset, but couldn’t find a place. In the meantime, the sun was going down so quickly.

サイドミラーを見ると、同じ岩壁がほんの少しだけ光っています。 When I looked in the side mirror, the same rock we passed by before was shining only on the top portion of it.

もう、ここしかない! This was it.

日が暮れてから1時間ぐらい、空の色が変わっていくのを観察しました。 For about an hour after the sunset, we observed how the sky was changing.

ピンクに染まった雲が高く登って行った月を追いかけて、ダンスをしている様でした。 The clouds, painted in pink, were dancing and chasing the moon as it went up higher.

Hike 32: カエルの腰掛け? Toad’s Stool?


“Toadstool” は主に有毒キノコのことです。直訳すれば Toad=カエル+Stool=腰掛け「カエルの腰掛け」となりますが、それがなぜキノコを指すのかわかりませんでした。 A toadstool is a mushroom. I didn’t know it until now. I didn’t know why Toad + Stool become a mushroom either.

語源はイギリスの中世のおとぎ話にある様です。キノコの上にカエルがよく座っていたということから、「カエルが座る腰掛け」という名前になったらしいです。 Based on my research, the origin of the name came from fairytales from 17th century England. Frogs often sit on top of mushrooms as their stool, so it was named as “toadstool”.

ユタ州にあるトッドスツールズと名付けられたこの場所は、駐車場から1.3km 歩けばつける場所です。でも、面白い場所が奥の方まで続いているので、ぐるりと回ると往復4kmぐらいになります。 The Toadstools in Utah is about a 0.8 mile hike away from the parking lot of the highway. But you can keep going to deeper sections of the park where there are even more interesting toadstools. So, it is about a 2.5 mile round trip hike.

ここは白亜紀に形成されたダコタ砂岩層でできています。それが、浸食と風化作用により、土柱となり、その上に帽子が乗っている様な姿、もしくはキノコに似ているので、”Toadstool”と名付けられたらしいです。 The geological formation of this area is the Dakota sandstone formation. It was formed during the Cretaceous period. Many years of rain and rivers carved the ground and wind eroded away the excess sands. It is like Hoodoos at Bryce Canyon national park, but the difference is these have a rock sitting on top of it like a hat. Or some people say it’s a mushroom.

“Toadstool”がキノコのことだとは知らなかったので、見るまで全く違う解釈をしていました。 Because I didn’t know that a toadstool is a mushroom, I imagined a completely different thing until I saw it.

でも、語源を知って「サルノコシカケ」と同じようだと思いました。木の幹に生えている半円形のキノコです。日本語の語源は猿が腰掛けるのに丁度いいサイズに見えるから、そう名付けられたそうです。 But now I know the origin of it, I thought it’s just like a shelf fungus that grows on the side of trees. In the Japanese language, the name “Sarunokoshikake” is “Saru = Monkey + Koshikake = Stool”, Monkey’s stool. The origin of the word was simply the shape of it and the size of it looks perfectly good for a monkey to sit. So it was named that way.

面白いですね。 Isn’t it interesting?

サソリとカエル The Scorpion and the Frog


多分、1ヶ月前にサソリのスコットがいなくなりました。これはいなくなる前に蜘蛛を食べているところです。 Probably about a month ago, Scott the scorpion disappeared. The picture below is him eating a spider before he went.

こちらはカエルのフランクです。彼は地上レベルの小さな池で暮らしていました。 This is Frank the frog. He lived in a small pond at ground level.

それが、少し前ごろから、地面レベルの池から 1m ぐらい上で日向ぼっこしているフランクを発見しました。 But then, a little before Scott disappeared, we found Frank at a terrace about three feet above the ground. He looked like he was enjoying the warm sun light.

その後、彼は大胆にもスコットが住んでいる頂上の大池までジャンプして、大海を満喫している様でした。手前にスッコット、その向こうの水の中にフランクがいます。 Soon after that, Frank jumped boldly to the top level, and was enjoying the larger pool even more.

涼しい顔をしているフランクです。 This is Frank with a cool face.

フランクがスコットに食べられちゃうんじゃないかと心配していましたが、どうやらスコットは冬眠のため、噴水から降りて行った様です。残ったフランクは俄然大きな池を行ったり来たり。スコットが暮らしていた所で夜を過ごし、ついに主となりました。 I was worrying about Frank being eaten by Scott, but luckly the time came for Scott to go find a place to hibernate for the winter. So then, the water feature became Frank’s playground entirely on his own. He spent time between rocks where Scott used to live at night.

その後、私たちは忙しくてフランクの観察ができないでいました。でも、ある日、フランクが私たちを観察しているような感じで家の中をうかがっていました。 Then, we forgot about him because we became busy. But one day, I noticed that Frank was sitting close to the edge of the water feature and looking inside the house.

そこで、何ですか?と尋ねると、 So, I asked him, “what’s up?”

どうやら、記念撮影をして欲しそう。 He didn’t say a word but I understood that he wanted me to take portrait pictures.

恐竜のデイノニクスと一緒にいるところや、おすまし顔を撮ってあげました。 I took several pictures like the one being with Deinonychus, and doing a big boy pose.

その後、私たちの留守中にフランクは噴水を降りてどこかに行ってしまいました。きっと、また来てね! We don’t know when he left the water feature, but I haven’t seen him since the last portrait. Come again next year!

獲物


裏庭の奥の方、滅多に行くことのない場所に、ローズマリーの低木が生えています。その枝の中に大きくて綺麗なクモの巣ができていました。 A very large rosemary bush grows at the very back corner of our backyard. I rarely go there. A large spider web was shining beautifully in between rosemary branches.

コガネグモの親戚グモがその中央に住んでいます。どうやら、せっせと何かしているようです。あら、口のあたりから何かが出ている。 A Banded Garden Spider is the owner of the web. When I saw her, she was busy at work doing something. Something was sticking out from around her mouth.

もっと近寄ってみると、どうやクモの糸を獲物に絡ませているようです。 I tried going closer to her, and found that she was wrapping her thread around her prey.

お腹側。いや、もしかして、獲物を食べてるのかな? This is a ventral view. It’s also possible that she was eating it.

翌日もう一度見てみると、もう獲物は無くなっていました。 I went there again the next day, but the thing around her mouth was gone then.

巣の近辺を観察してみると、巣の下の方に糸に絡められた何かを発見しました。 I searched for the thing she was working on the day before, and found a thing wrapped by spider web at the bottom of the web.

これから食べられる獲物が入っているのか、すでに食べられてしまった残骸なのか不明です。たった一本の細い糸で巣と結ばれていました。 I have no idea what’s in it. Either her prey is still in it or it’s simply a leftover. It was connected by a thin thread to the web.

自然界は本当に面白い。不思議な事、面白いことが満載です。 Nature is full of mysterious and interesting things that I never get tired of it.

長期滞在の客人 Long Term Guests


8月半ばから、サソリのスコットが噴水の上に滞在中です。気温が下がってきたのでもうさよならの時期かなと毎日観察してきました。 Since mid August, Scott the scorpion has been staying at our house fountain. Because the temperature is getting lower, everyday I’ve been thinking it’s time to say good-bye to them for the year.

でも、去る様子はなく、夜はこんなに勇ましい姿で噴水の上を活発に動いています。そして、ある日、2匹目のサソリがいることを発見しました。 But it seems it’s not the time yet. In fact, he is quite active at night like this. And one day recently, we found another scorpion on the fountain.

害虫駆除の人たちが、2mmぐらいの子供たちが生まれてくるかもしれないから要注意だと警告してくれました。 Our pest control people warned us that we may start seeing 2mm tiny babies crawling around.

日中はこんな感じ。 His daytime activity is like this.

石の下に潜り込もうとしています。 He goes under a rock.

こうして暗くなるまで動きません。どうりで25年も生きられるわけです。 And doesn’t move at all until dark. No wonder he can live 25 years.

夜になると再び活動し始めるという生活。 He comes out again at night. This is his night life.

スコットも友達も、こんな風にして越冬できるできるのでしょうか。冬眠するとしたらもっと暖かい場所、つまり、家の中を選ぶらしいです。「外にいる限り」何年もいてもらって構わないんですが、家の中まで入ってこられると「困った客人」になってしまいます。害虫駆除の人達が家をガードするためにスプレイしてくれましたが、どこまで効果があるのでしょうか。観察を続けなければ! I have been wondering a lot if Scott and his friend can live like this throughout the winter. So this is my finding. If they hibernate, they choose warmer places like inside somebodies house!!! For me, that’s absolutely not acceptable. They can be our guests for as many years as they want as long as they are outside. If they want to come in, they will be “Go away now!” guests. The pest control people spray well to guard the inside of our house. Let’s see how well it works. I should continue to monitor them carefully.

客人 Guests


最近、客の出入りが激しいです。中でも噴水の下の方。 We have quite a few guests these days, especially at the bottom of the water fountain.

この光景、どう見ますか?もしかしてヒキガエルの親子かな? What do you think of this scene? Is it a toad with its child?

よく見ると、ちょっと違う。こちら、ヒキガエル。 If you look at them carefully, they are slightly different. This is a Toad.

こちら小さいカエル。 And this is a frog.

仲良く共存できるんですね。 It’s nice that they care share the space together.

10K: ラストラン Last Run


「レース中にアメリカドクトカゲを見つけたらどうする?」と、バンちゃん。 “What do you do if you see a Gila Monster during the 10K race?” said Banchan.

即答できず、「今日走ってから考える。」と、私。 I really couldn’t reply immediately, “I will think about it while I am running today.” I said.

レースの日まであと9日となり、10kmレースのコースをもう一度走るためにスタート地点に向かう車の中での会話です。 It was a conversation from this morning when he drove me to the starting point for the 10K race. It’s 9 more days to the 10K race and it was my last run before the race.

スタート地点 Starting point

アメリカドクトカゲはこの公園内で時折目撃されています。この地に引っ越してきてから3年経ちますが、私たちには未だに幻の動物、出会ってみたい動物ナンバーワンなんです。だから、彼の質問は、言い換えると「10Kレースとアメリカドクトカゲとどっちが大切?」という質問とも言えます。 It’s not common, but Gila monster is seen in this park. We moved to this area three years ago, but we haven’t seen one yet. So it became the number one animal we want to see. So, his question could be rephrased to “which is more important to me, Gila monster or the Race?”

レースの為、公園内の通行閉鎖のサインがすでに出ていました。The sign for the road closure during the race was up at the park already.

今日は一人だったので、コース状況にがよく見えました。トカゲやコットンテールが慌てふためいて目の前を横切っていくのに注意を払い、時折草むらを見てアメリカドクトカゲを探していました。 I could see the course condition well because I was alone during today’s run. I saw lizards, a cottontail frantically crossing the trail right in front of me, and I saw myself looking at the to the side of the trail occasionally, looking for a Gila monster.

結論、アメリカドクトカゲが現れたら、躊躇なく立ち止まって写真を撮る。 So, this is the conclusion. I will stop running and take pictures if I see a Gila monster during the race.

ゴール地点。The goal point.

その為にには少なくとも携帯を持って走らないといけないし、30秒ぐらいのタイムロスになるけど、いいじゃん?両方大切なんだから。というか、そんなことがあったら、最高です。 I have to carry my cell phone for that. And I will lose about 30 seconds of time, but that’s ok. Both of them are important for me. In fact, if such thing happens, I will be very, very happy.

今日の結果は前回と比べて50秒遅いけど、十分OKです。 This is today’s result. It’s about 50 seconds slower than last time, but that’s all right. I am still happy with it.

今日の結果。Today’s result.

2分割しない Not Half and Half


日本では9月23日、アメリカでは9月22日、今日が秋分の日です。 It’s Autumn Equinox today, September 22, in the US, and September 23 in Japan.

今日のスコット Today’s Scot

昼と夜の長さが同じになる日とされています。 This is the day where the length of daytime and nighttime are the same.

でもね、日の出と日の入りの時刻を見ると、この町では7:22am と 7:31pm なんです。これ、騙されているような気がしませんか? But it is not exactly true. Today’s sunrise was 7:22am, and the sunset will be 7:31pm in my town. The day is 9 minutes longer!!!

そこで調べてみると、納得する理由が見つかりました。 So I looked for an answer why it’s not half and half, and found it.

いくつかある理由の中で、一番わかりやすい理由は太陽の直径と関係があることです。 There are several reasons for it, but the easiest reason for me is related to the diameter of sun.

日の出は、太陽が地平線から見え始めた時を指しますが、太陽のほとんどはまだ登りきっていません。また、日の入りは、太陽が地平線に完全に隠れた時を指します。つまり、太陽の直径分のずれがあるんです。 We call “Sunrise” based on the time it first appears on the horizon although the majority of the sun itself is still not visible. On the other hand, we call “Sunset” based on the time it is completely hidden on the horizon. If we use the center of the sun for sunrise and sunset, then it would be equal. And that is why we have daytime longer by about “the diameter of the sun” time.

ところで、我が家を毎年訪れてくれる、サソリのスコット君は、まだ噴水の上で暮らしています。正式に秋になったことだし、もうそろそろさよならの時かなと毎日観察しています。 By the way, our house guest, Scott, the scorpion is still living on the fountain. It’s officially Fall now. So he could leave here any time now. Because I don’t want to miss him leaving, I am observing him everyday.

「サソリがいなくなることを寂しがってるの?」とバンちゃんに言われました。人は変わるものですね。 “Are you going to miss Scott the scorpion when he leaves?” said Banchan. It is funny how much I have changed since I’ve moved here.

Hike 28: パラダイスリム Paradise Rim


5.8 kmの山道を2時間弱で回るコース。 It’s 3.6 miles, and takes less than two hours to go around the course.

家のすぐ近くだし、いい眺め。だから軽くトレーニングするのにいいコースです。 It’s a perfect place for me to train my endurance because it’s nearby my house and the view is great.

そして、なんと今日のサプライズはサバクゴファーガメの赤ちゃんでした。 And the highlight from today’s hike was two baby Desert Tortoises.

今年生まれたばかりに違いありません。5cmもないほど小さい。 They must have hatched this year. Their body length is less than two inches.

私の靴の横に来て休憩していました。It came to side of my shoes, and rested there.

1匹どころか、2匹も。昨日雨が降ったばかりで、急に気温が下がったから巣から出てきたのかもしれません。 We saw two of them not so far away from each other. I wondered that they came out from their den because we had rain yesterday, and the temperature dropped a little.

元気に育って、あと100年生きてほしいです。 I pray for you to grow safely and live another 100 years.

動く大地 – Earth Is Moving


私の住む街を見下ろします。 This is the view looking down towards my town.

この景色はいつも「大陸プレートは動いている。地球は生きている。」と思い起こさせてくれます。 It always make me realize, “The continental plate is moving. The earth is living.”

地球40億年の歴史が作り上げた景色。私たちには見えないけれど、これから先もどんどん動いて変わっていくんですね。 The 4 billion years of Earth’s history created this view. And it changes as time goes by.

ところで、ペースを設定すればベルトが動いてくれるトレッドミルを卒業して、外を走ろうと思ってます。外を走ると自分のペースがわからないので、その練習です。どうやって訓練したらいいのでしょう。大地が私のペースに合わせて動いてくれたら簡単なんですけどね。By the way, I am thinking about graduating from running on the treadmill which moves the belt constantly based on my pace setting, to start running on roads instead. At this point, I have no idea how fast I am running when I run outside. So, it is a training to get my desired pace, but I don’t know how to train myself yet. It will be so nice if the ground can move for me at my pace…

大地が動くといえば、地球は自転してますよね。地球は時速1669キロメートルで動いているらしいです。それなら、赤道直下だと1秒間ジャンプしたら470m弱移動できそうなものですよね。(注参照)そんなことが出来たら 21秒、21回のジャンプで10km走れちゃう計算になります。(100,000m/470m=21) Speaking of which, the earth spins on its axis. The speed at Earth’s surface on the equator is 1037 mph. If so, at the equator, couldn’t we move 470m (0.29 miles) if we jumped into the air for 1 second? (Note below) If such a thing was really possible, we could run 10K in 21 seconds, or 21 jumps.

今日も43℃の暑さなので、バカなことを考えて涼んでみました。 It’s so hot today again. The temperature went above 110°F, so my mind wanders around silly thoughts to cool off.

  • 注:地球と一緒に私たちも動いているので、そんなことは起こりません。車に乗っている時に私達も一緒に動くのと同じことです。
    • Note: It doesn’t happen because we are moving together with the earth, just like we move together with a car when we ride in the car.

キャンプを試す Camping Trial


キャンプはしたいけれど、いくつかの障害があると思っている人は結構いるはずです。私もその一人です。 I think that there are many people who want to do camping, but several issues prevent them from doing so. I am one of those people.

そこで、障害解決のため、近場のスノーキャニオン州立公園で一泊キャンプのテストをしてみました。 So we did a camping trial near our house to test solutions for those issues. We stayed in Snow Canyon State Park for a night.

バンちゃんは全然問題なくテントに寝られます。 Banchan can sleep in a tent.

でも、私はもうテントには寝たくない。過去の経験を思い返すと避けたい。RVを借りたら快適に過ごせるはずですが、バンちゃんはRVを運転したくない。ま、RVが走り込めない場所に行くとしたら、今の車を使ってテストするしかないわけです。 But I don’t want to sleep in a tent anymore. Remembering back to when I did it before, I want to avoid sleeping in a tent as much as possible. If we could rent an RV, I would love that. But Banchan doesn’t want to drive it. Come to think of it, it may be a good idea to test camping with our current SUV to prepare for a place where an RV cannot go.

そこで、xTerraの後ろに寝ることにしました。So, I had an opted to sleep in the back of the xTerra.

そして、空調の問題は4つの窓と後ろのハッチバックドア全部に網を貼り、解決しました。We solved the air circulation problem by attaching screens on all four window plus the back door.

もう一つの問題はトイレです。キャンプ場のトイレまで3分25秒。この距離は夜中に行きたい時は問題です。そこで、ポータブルトイレを購入しました。 Another issue is the restroom. It takes 3 minutes and 25 seconds in this campsite to walk to the restroom. This distance is a problem for me in the middle of the night. So we bought a portable toilet.

それにしても暑い。40Cを超えていました。 In any case, the afternoon temperature was so hot, above 104 F.

こんな暑い時にテントに寝ていた人たちは私たちだけでした。他の人たちはRVで来ていたので、クーラーのある車内で快適な夜を過ごしていたことでしょう。 We were the only ones with a tent at the tent sites. The rest of the people there were comfortably inside their RVs with the air conditioning on.

それでも、日が暮れると涼しい風が気持ちいい。 It became somewhat cooler with an occasional breeze after sunset.

いやいや、車の中はやっぱり暑かった。暑すぎて頭が痛くなり、夜中過ぎまで寝付けませんでした。 I’ll take my word back. It was still hot inside the car. I got a headache because of the heat and couldn’t sleep until after midnight.

翌朝、トイレ。24Cぐらいで快適でした。 It was about 75 F the next morning. We went to the park restroom comfortably.

太陽が昇る前の景色は素晴らしい。 The views before sunrise were gorgeous.

こんな景色に出会えるからキャンプするんですね。 We want to camp because we can see such majestic views.

でも、こんなに暑い時は、やはり避けましょう。ハイキングの計画もしていましたが、それもやめて、さっさと退去しました。 I say we should still avoid such a hot season. We planned to do an early morning hike, but we decided to go home right away instead.

第一回目のキャンプテスト、65%成功でした。 Our 1st camping trial was 65% successful.

ボビー独立? Independent Bobby?


今朝、ボブキャットのボビーが裏庭でくつろいでいました。でも、お母さんはいませんでした。 Bobby the bobcat was relaxing in our backyard this morning. But we didn’t see his mom.

ボビーはもう赤ちゃんじゃないけれど、一人でハンティングができるほど成長しているのか少々不安です。 Bobby is not a baby anymore, but I am not sure if he can hunt already by himself.

その理由の一つは、日中に歩き回っていることです。主に日暮と夜明けに行動するとされるので、朝9時とか10時は遅すぎないかな?ヤバくない? One of my concerns is that he is wandering around during the daytime. Their active times are sunset to midnight, and before and after sunrise time. Isn’t it too late for him to wander around at 9 or 10am? Isn’t it risky for him?

また、まだ大人の半分ぐらいのサイズと思われます。もう少し大きくなるまでお母さんと共に行動するんじゃないの? Another reason is his size. He is still about half of adult size. The various websites say they normally stay with mom a little longer.

最近、モグラが裏庭の芝を食べてます。モグラ退治してくれたら大歓迎なんですけど。彼にできるかな? In any case, we have been having gopher problems recently in the backyard. If he can catch them, we welcome him to stay as long as he wants. The question is can he catch them?

さて、ボブキャットの特徴を二つ紹介します。一つはとんがった耳です。耳の先端に黒い毛がピンと立っています。 Changing the subject, I want to describe to you two characteristics of bobcats. The first one is pointy ears. The tips of the ears have black pointy fur which makes distinct bobcat faces.

もう一つは、尻尾です。太い尻尾の先端にも黒い毛がついている事です。 Another one is their tails. The tip of the short fat tail also has black fur.