Category Archives: Photography

アカオノスリのポートレート – Red-tailed Hawk’s Portrait shot


アカオノスリさん、悪天候の中、お疲れ様です。 – Thank you for being patient with me today in such bad weather, Red-tailed Hawk!

早速、ポーズをお願いします。 – Let’s get down to business.  Make a pose for a shot.

ど真ん中から見つめる顔も、なかなかいいですね。 – Not bad with that squared face staring right at the camera.

それでは、もう一枚、定番の凛々しいポーズ、お願いします。- Let’s try another with your old standby pose.

決まった〜!ファンクラブの方々、きっと喜びます。- You nailed it!  You’re fan club members will love it!

こんな強風の日は、カメラを構えるのも大変なんですよ。そう、あなた方も飛べないんですよね。ということは、悪天候に感謝しなければいけませんね。そのおかげでこんなに近くまであなたに近づくことができたんですから。- On a strong windy day it is hard for me to hold a camera. At the same time, birds like you can’t fly well either.  So I must thank the bad weather for being able to get closer to you, Mr. Hawk.

若鶏を見分ける – Identifying Immature Birds


春の嵐、風の強い日にワシを求めて出かけました。たどり着いた所はセイントジョージより硬度が高いので、まだ寒い。そして強風と曇り空、天候はよくありません。- On a strong windy day like a spring storm, we went out to look for eagles.  The place we went to was much higher altitude than Saint George, so it’s still very cold.  With strong wind and cloudy weather, it wasn’t a good day at all.

それでも、白い頭に黒いボディーは遠くからでも見つけられました。というか、遠すぎます。- But still, we could see Bald Eagles with white heads and black bodies from far away.  And they were very far away.

ここにも。Here it is.

ここにも。There it is.

そして、ここにも。And there it is, too.

でも、みんな飛んでないんです。なぜか。- But for some reasons, none of them were flying.  Why?

彼らはエネルギー節約のために、グライドするのが好きなんです。だから、地面が温められた午後、上昇気流に乗って、あまり羽をパタパタさせることなくグライドするんですね。だから、こんな日は、頑張らない。カラスやタカたちは風に向かってパタパタしても、全然前に進んでいませんでした。成長した白頭鷲はそんなバカなことは最初からしないんですね。 – It’s because they like to glide in the air to save their energy.  To do that, they go out in the afternoon, because an ascending air current is created by the Sun heating the ground.  Ravens and some hawks were trying to fly but were mostly blown away by the wind or struggled just to stay in one place.  So adult eagles didn’t fly on such a day.

「残念だけど、もう帰ろう。今日は期待できないよ。」と私。ところが突然、ジャーン!遠くからでもちゃんと認識できる大きな鳥。こっちに向かってこようとしている。- “Let’s go home.  We can’t expect to see any eagles today,” said I.  But suddenly a large bird appeared in front of us. Although it was far away, we could recognize that it’s trying to come our way.  Here it is.

「これは、何?イヌワシ?それとも・・・」と、私。 - “What is this?  Is it a Golden eagle? or…” said I.

ばんちゃんが「白頭鷲の若鶏だよ。」- “It’s an immature Bald Eagle” said Banchan.

一気にテンションが上がります。 – Immediately, I felt invigorated with those words.

もう一羽見つけました。- We found another one.

これも白頭鷲の若鳥かな?と思っていたんですが、よくよく観察して見ると、違う。- We thought this was also an immature Bald Eagle. But after a careful observation, we concluded that, in fact, it wasn’t.

これは、イヌワシの若鳥です。やった〜!!!ついにイヌワシも撮れた!- This is an immature Golden Eagle.  Woohoo!!! Finally, I’ve gotten a Golden Eagle, too!

ところで、若鳥の見分けは難しいですよね。そこでウェブでお勉強して見るとわかりました。腕を広げた時の脇の下が白いのは白頭鷲で、そうじゃないのはイヌワシ。そして、尾の模様が違います。茶色の部分がイヌワシの方が広いです。- By the way, it’s very difficult to identify immature eagles.  So I studied up on Bald Eagles and Golden Eagles.  And these are my findings.  Immature Bald Eagles have white underwing sockets when they open their wings.  But immature Golden Eagles don’t.  The tail patterns are also different.  Golden Eagles have wider brown tips than bald eagles.

最初の2枚は2-3年成長した白頭鷲の若鳥。次の2枚は1-2年成長したイヌワシの若鳥じゃないかなーと思います。- The first two pictures are 2 or 3 year immature Bald Eagles.  The following two pictures are 1 to 2 year immature Golden Eagles.  That’s my educated guess based on my study.

それにしても、こんな嵐の日に元気に飛んでいるのは若鳥だけなんて、人間も同じね。- By the way, it’s funny that only immature eagles (young) were flying even in the strong wind.  It’s kind of same with humans, isn’t it?

おまけ版。これがこの日のイヌワシのベストショットでした。力強く風に向かって飛ぶ姿、いいですよね。でも、これを最初から使うのには気が引けました。- This is an extra.  The shot below is an immature Golden Eagle flying against the wind, the best shot of the day.  But I wasn’t comfortable using it.

なぜなら、フォトショップで電線を取り除いたからです。これがオリジナル。言わなければわからない。フォトショップ、すごいね。- That’s because there were electrical lines crossing in front of it’s left wing which I removed using Photoshop.  This is the original.  I know you might never have noticed it if I didn’t say so, right?  Photoshop is indeed powerful.

かくれんぼ – Hide and Seek


おや? – Oh?

これは・・・ – This could be…

そんなに隠れてもシッポが出てるよ。お顔見せて! – I understand that you think you are hiding, but your tail is sticking out.  Can I see your face?

あ、出てきた。私たち、会ったことあるよね?  – Thank you for showing your face.  Have we met before?

やっぱり、そうだ。あなた、ここで生まれたミソサザイのレンちゃんでしょ? – Yes, it is you, isn’t it?  Aren’t you the Bewick’s wren who was born here?

元気してた?もう寒くなったけど、大丈夫? – How have you been?  Are you all right?  It’s getting cold these days.

また来てね。他の兄弟達にもよろしくね! – Come again.  Say hi to your siblings!

続きがあります。上の写真は8月末のものです。 – The story doesn’t end yet.  The pictures above are from the end of August.

たぶん同じミソサザイが10月末にもう一度来てくれました。そのときの写真は以下です。 – The same wren, I guess, visited our backyard again at the end of October.  Here are images from then.

ところで、ラップトップと写真エディタの互換性がなくなってしまい、新しい写真の編集ができなくなってしまいました。新しいラップトップか、新しい編集ツール、どっちにしようか考えています。 – By the way, I have encountered a laptop and photo editor compatibility issue recently.  It means that I can’t edit new pictures!!!  My laptop is old, but it’s still working fine.  I’ve been thinking whether I should get a new laptop, or a new editor.

レンちゃんどう思う? – Wren, do you have any suggestions for me?

フードゥーが起きる時 – When Hoodoos wake up


早朝のブライスキャニオン国立公園。さあ、太陽が見えてきた。 – Early morning at Bryce Canyon National Park.  Sun is coming up now.

そして、フードゥー達も起きてきた。- And Hoodoos are getting ready to wake up.

わー、真っ赤に燃えてるみたい。 – Wow, it’s like they are on fire.

おや?エッサホイサ誰かが掛け声と共に登ってくる。- Oh? Heave-ho hop hop, someone is coming up from the hoodoo canyon.  

あ、チップモンク君か。もう寒くなっちゃったけど、早朝は気持ちがいいね。- Ahh, it’s you, Chipmunk. It’s so cold, but doesn’t it feel good in the early morning?

写真家達も寒い中、夢中になってる。アシスタント(友人)は寒そうだな〜。- Photographers are also enjoying the morning.   But I am sorry for you, photographer’s assistant (our friend).  You look cold.

Toe Trail


雲が流れている日に Toe というトレイル を歩いた。  – We hiked the Toe trail in a day that clouds were moving in the sky.

Ivinsという隣町からTuacahnという野外劇場への道に抜ける Toe という短いトレイル。バンちゃんの背中の手術後の経過を待ちながら少しづつ体力作りができたらいいと願う。  – The trail is a short trail that starts from Ivins and leads to the road to get to the Tuacahn Theatre.  After Banchan’s back surgery,  we are patiently waiting for the recovery.  The recovery is slow but his physical strength is better day by day.

このトレイルで陸ガメがよく見られるというウワサを聞いて、今回で2回目。でも、シンとしてカメどころか鳥もあまり見かけなかった。冬眠に入る前に見たかったけど、もう時間切れでしょうか。  – It’s been said that tortoises have seen on this trail.  So it was the second attempt for us, but unfortuanatly we had no luck seeing any tortoises.  Actually there weren’t very many animals at all. It was simply very quiet.   I am afraid we will run out of time before the tortoises go down deep in the ground for hybernation this year.  

雲の隙間から流れ出る太陽の光、それを受けた稜線は輝き、空高く導かれていた。 – Beams of sunshine breaking through the clouds shined down on the ridge.  It was as if those beams of sunshine were coaxing the ridge higher and higher into the sky.

久しぶりのランドスケープ写真と散歩、のどかに過ぎました。It was simply peaceful.  We casually walked and stopped from time to time to take landscape pictures.  The time passed by very quietly.

なぜ、この地?


今、先週の撮影会を見直しているところなんですが、可愛いですね〜。これで最後だと思うとますます可愛さが増します。

無事終了できたのでホッとしていたんですが、、、去年のギフト券の方が駆け込みで今日、いらっしゃいました。

こちらのお客様も、皆さん可愛らしくて、ただただ嬉しくなりました。生きているだけで素晴らしい、みんな素敵だなぁ〜。

これで、本当に本当。この地での撮影会は終了し、ぜーんぶ機材バッグに収めました。

こうして、この地を去ることがますます現実味を増してくると、やはり名残惜しいです。

今はどんどん小さくなっている世界。車で行くとしたら、ここから約9.5時間。飛行機なら1時間ちょっと。大したことないんですけどね〜。

さて、なぜユタ州の Saint George なの? いい質問ですね。

一言で言えば「好きだから」。私が死んだら「キャニオンランド国立公園内のホワイトリムから灰をまいて欲しい」というのが遺言です。(キャニオンランドのブログ)ブライス、ザイオンも近くにあるし。何千万年もの時の流れが地層となって見えるそんな場所で、ふわふわ〜っとドクター・フーみたいに時空を超えて旅してみたい。Saint George はそんなに素晴らしい所に近いんです。

もちろん、他にも候補地がありました。サンタフェは結構期待したんですが、イマイチ。

ユタ州の北部のミッドウェーという小さな街もすごく気に入りましたが、寒いんです。冬は平均気温 -10度以下になったりするんですよ。

Saint George には、Utah Friends of Paleontology (UFOP) 古生物学の同好会支部があります。毎月会合があるし、活動がとても盛んそうです。昔、恐竜の骨を発掘するために大金を払って参加したいと本気で考えてました。でも、ここでは無料だ〜〜〜!

かと思えば、ボールルームダンスのスタジオもあったりするんですよ。私たちの興味のあるものが全部ある。しかも家の値段はカリフォルニアの4分の1以下かも。ね、引退するためにはこういう物価の安い所に引っ越すに限ります。

夏の終わりに


まだ暑いんですが、もう夏じゃないと感じます。レイバーデーウィークエンドの真っ只中の今日、明日の撮影会の準備です。

IMA_5289  久しぶりに持つカメラ。

4台のフラッシュ設定を時間をかけてしていくと、なんだかすごく懐かしい。そっか、これが多分カリフォルニアでの最後の撮影会になるからかもしれないんだ。

ユタ州の南端、Saint George という町に引っ越します。目下、準備中。この写真は Snow Canyon State Park で撮ったたった一枚の写真。買おうとしている家から10分ぐらいで行けてしまう。

untitled-12.jpg

これから、引越しに関するドタバタ騒動劇を少しずつ書いていきます。来年2月、3月ごろには引越し完了しているはずです。