Tag Archives: Snow canyon State Park

ビー玉ゴロゴロ -Marbles Everywhere


早朝、スノーキャニオン州立公園に行きました。このビー玉を撮るためです。ぎっしりと歩く場所もないほども積もった小さなビー玉より少し大きめの丸い石。- I went to Snow Canyon State park early morning because I wanted to take pictures of marbles.  They were everywhere leaving so little space for me to step.

こちらはまだ岩から分離されてない状態。- These are still attached to the rock.

これはコンクリーションと言います。一度、この事を書きました。私の中ではまだ未消化だったので、もう少し調べてみました。Moqui Marblesとも言うそうです。そして、思いがけない記事を発見しました。- It’s called concretions. I wrote about it once before, but I felt I needed to research more, so I did.  It’s also called Moqui Marbles.  And I found an interesting article.

発見した記事は、火星探査機、ローバーが送ってきた数枚の写真についてです。NASAは画像の物体を不思議がり、ブルーベリーというニックネームをつけました。そこにはスノーキャニオンのビー玉のようなものが写っていたんですね。確かにこんな光景だったらブルーベリーと名付けてもおかしくない。- The article is about a few pictures from NASA’s Mars Exploration Rover Opportunity.  The researchers at NASA were so puzzled with the objects in the images, which they called “Blueberries”.  They have found small rocks like Snow Canyon’s Moqui Marbles in them.   Indeed, in the picture below, they do look like blueberries.  

スノーキャニオンのコンクリーションは、火星のものとは違い赤鉄鉱でできていますが、出来方は同じなのではないかという仮説があります。ここの Moqui Marble、火星のブルーベリー。遠く離れていても、自然の仕組みは同じなのでしょうか。そうだとしたら、とても面白い!- The concretions in Snow Canyon are made of hematite, unlike the ones at Mars. Some researchers think, however, that the process of creating them is the same.   We call them as Moqui Marbles on Earth and Blueberries on Mars.  It is very exciting to think that the mechanism of nature is the same even though Earth and Mars are worlds away.

ホワイトロック野外劇場 – Whiterocks Amphitheater


ホワイトロックスノーキャニオン州立公園の北の方にあり、他の赤い岩とは対照的な存在です。 – Whiterocks is located at northern part of Snow Canyon State Park.  As the name indicates, its white color creates a contrast to the red rocks in the park.

私たちはその中心部にできた野外劇場と呼ばれる所にに行ってみることにしました。 – We decided to go to the Amphitheater naturally created in the Whiterocks.

駐車場から最短コースなら約 1.5 km ですが、私たちは溶岩流でできた洞窟側からの8 km ほどのコースを歩きました。 – It’s only 0.9 miles from the closest parking lot, but we took a longer way, about 5 miles through Lava Tubes Trail.  雨が降りそうで降らない、雲の変化が激しい日でした。途中で振り返ると、渓谷の景色が広がります。 – The cloud formations in the sky changed a lot from sunny to almost rain but it made our hike more interesting.  A gorgeous view spread out in front of us when I looked back.

ついつい見とれてしまいますが、いよいよホワイトロックに向かいます。- What a sight it was, but we should move on.

遠くの方で雨が降っているようです。でも、こんな風に風化された岩を見ると先に進まずに入られません。 – We could see that rain had started far away, but seeing a rock like this motivated us more to go forward.

だんだん傾斜も急になってきました。左側がナバホ砂岩層で右のボコボコしている方がカーメル層。私たちは違う2層の間を登って行きました。- The slope got steeper.  Navajo Sandstone is on the left and the Carmel Formation is on the right.  We walked through between the two formations.

ついに野外劇場に着きました。もちろん、十分にソーシャルディスタンスを取っています。音響効果がどんなものか知りたくて、つい歌ってしまいました。気持ちいい! – Here is the Amphitheater.  We kept more than enough social distance while there.  I couldn’t resist the urge to test out the sound effects, so I started singing.  What a great feeling!

歩いてきた方を見上げると、まだ雪が残るパインバレー山脈が見えます。 – When I looked back, I could see the Pine Valley Mountains with snow on top.

下を見ると、ナバホ砂岩層。クロスベッドが水の流れによってゆっくりと形成されていった過程が想像できます。 – When I looked down, there is the Navajo Sandstone Formation.  I could imagine that the layers of cross-bedding by currents formed slowly.

遠い太古の出来事。 – It all happened at time immemorial.

今から1,000万年後にはどんなになっているのでしょうね。 – I wondered what would be happening 10 million years from now.

当然、私たちは生きていないんですが、ふぅ〜っと時空を超えた世界を想像すると世の中の雑念が消えていくようです。- Of course, we won’t be alive then, but imagining like that, going beyond the time and space, clears my worldly thoughts.

こんな表面も風化作用で砂になり、砂丘になり、もしかしたら新しいクロスベッドが形成されるかもしれない。 – The surface of the rocks like this could become a sand hill or new cross-bedding in the future.

しばらく意味のない思いに浸っていたかったんですが、遠くに見える雨雲に追い立てられて帰途につきました。 – Although I was enjoying my meaningless thoughts, the rain clouds told us to go home as they were approaching closer to us.  So we went home.

Toe Trail


雲が流れている日に Toe というトレイル を歩いた。  – We hiked the Toe trail in a day that clouds were moving in the sky.

Ivinsという隣町からTuacahnという野外劇場への道に抜ける Toe という短いトレイル。バンちゃんの背中の手術後の経過を待ちながら少しづつ体力作りができたらいいと願う。  – The trail is a short trail that starts from Ivins and leads to the road to get to the Tuacahn Theatre.  After Banchan’s back surgery,  we are patiently waiting for the recovery.  The recovery is slow but his physical strength is better day by day.

このトレイルで陸ガメがよく見られるというウワサを聞いて、今回で2回目。でも、シンとしてカメどころか鳥もあまり見かけなかった。冬眠に入る前に見たかったけど、もう時間切れでしょうか。  – It’s been said that tortoises have seen on this trail.  So it was the second attempt for us, but unfortuanatly we had no luck seeing any tortoises.  Actually there weren’t very many animals at all. It was simply very quiet.   I am afraid we will run out of time before the tortoises go down deep in the ground for hybernation this year.  

雲の隙間から流れ出る太陽の光、それを受けた稜線は輝き、空高く導かれていた。 – Beams of sunshine breaking through the clouds shined down on the ridge.  It was as if those beams of sunshine were coaxing the ridge higher and higher into the sky.

久しぶりのランドスケープ写真と散歩、のどかに過ぎました。It was simply peaceful.  We casually walked and stopped from time to time to take landscape pictures.  The time passed by very quietly.

夏の終わりに


まだ暑いんですが、もう夏じゃないと感じます。レイバーデーウィークエンドの真っ只中の今日、明日の撮影会の準備です。

IMA_5289  久しぶりに持つカメラ。

4台のフラッシュ設定を時間をかけてしていくと、なんだかすごく懐かしい。そっか、これが多分カリフォルニアでの最後の撮影会になるからかもしれないんだ。

ユタ州の南端、Saint George という町に引っ越します。目下、準備中。この写真は Snow Canyon State Park で撮ったたった一枚の写真。買おうとしている家から10分ぐらいで行けてしまう。

untitled-12.jpg

これから、引越しに関するドタバタ騒動劇を少しずつ書いていきます。来年2月、3月ごろには引越し完了しているはずです。