Category Archives: Animals

10K: ラストラン Last Run


「レース中にアメリカドクトカゲを見つけたらどうする?」と、バンちゃん。 “What do you do if you see a Gila Monster during the 10K race?” said Banchan.

即答できず、「今日走ってから考える。」と、私。 I really couldn’t reply immediately, “I will think about it while I am running today.” I said.

レースの日まであと9日となり、10kmレースのコースをもう一度走るためにスタート地点に向かう車の中での会話です。 It was a conversation from this morning when he drove me to the starting point for the 10K race. It’s 9 more days to the 10K race and it was my last run before the race.

スタート地点 Starting point

アメリカドクトカゲはこの公園内で時折目撃されています。この地に引っ越してきてから3年経ちますが、私たちには未だに幻の動物、出会ってみたい動物ナンバーワンなんです。だから、彼の質問は、言い換えると「10Kレースとアメリカドクトカゲとどっちが大切?」という質問とも言えます。 It’s not common, but Gila monster is seen in this park. We moved to this area three years ago, but we haven’t seen one yet. So it became the number one animal we want to see. So, his question could be rephrased to “which is more important to me, Gila monster or the Race?”

レースの為、公園内の通行閉鎖のサインがすでに出ていました。The sign for the road closure during the race was up at the park already.

今日は一人だったので、コース状況にがよく見えました。トカゲやコットンテールが慌てふためいて目の前を横切っていくのに注意を払い、時折草むらを見てアメリカドクトカゲを探していました。 I could see the course condition well because I was alone during today’s run. I saw lizards, a cottontail frantically crossing the trail right in front of me, and I saw myself looking at the to the side of the trail occasionally, looking for a Gila monster.

結論、アメリカドクトカゲが現れたら、躊躇なく立ち止まって写真を撮る。 So, this is the conclusion. I will stop running and take pictures if I see a Gila monster during the race.

ゴール地点。The goal point.

その為にには少なくとも携帯を持って走らないといけないし、30秒ぐらいのタイムロスになるけど、いいじゃん?両方大切なんだから。というか、そんなことがあったら、最高です。 I have to carry my cell phone for that. And I will lose about 30 seconds of time, but that’s ok. Both of them are important for me. In fact, if such thing happens, I will be very, very happy.

今日の結果は前回と比べて50秒遅いけど、十分OKです。 This is today’s result. It’s about 50 seconds slower than last time, but that’s all right. I am still happy with it.

今日の結果。Today’s result.

2分割しない Not Half and Half


日本では9月23日、アメリカでは9月22日、今日が秋分の日です。 It’s Autumn Equinox today, September 22, in the US, and September 23 in Japan.

今日のスコット Today’s Scot

昼と夜の長さが同じになる日とされています。 This is the day where the length of daytime and nighttime are the same.

でもね、日の出と日の入りの時刻を見ると、この町では7:22am と 7:31pm なんです。これ、騙されているような気がしませんか? But it is not exactly true. Today’s sunrise was 7:22am, and the sunset will be 7:31pm in my town. The day is 9 minutes longer!!!

そこで調べてみると、納得する理由が見つかりました。 So I looked for an answer why it’s not half and half, and found it.

いくつかある理由の中で、一番わかりやすい理由は太陽の直径と関係があることです。 There are several reasons for it, but the easiest reason for me is related to the diameter of sun.

日の出は、太陽が地平線から見え始めた時を指しますが、太陽のほとんどはまだ登りきっていません。また、日の入りは、太陽が地平線に完全に隠れた時を指します。つまり、太陽の直径分のずれがあるんです。 We call “Sunrise” based on the time it first appears on the horizon although the majority of the sun itself is still not visible. On the other hand, we call “Sunset” based on the time it is completely hidden on the horizon. If we use the center of the sun for sunrise and sunset, then it would be equal. And that is why we have daytime longer by about “the diameter of the sun” time.

ところで、我が家を毎年訪れてくれる、サソリのスコット君は、まだ噴水の上で暮らしています。正式に秋になったことだし、もうそろそろさよならの時かなと毎日観察しています。 By the way, our house guest, Scott, the scorpion is still living on the fountain. It’s officially Fall now. So he could leave here any time now. Because I don’t want to miss him leaving, I am observing him everyday.

「サソリがいなくなることを寂しがってるの?」とバンちゃんに言われました。人は変わるものですね。 “Are you going to miss Scott the scorpion when he leaves?” said Banchan. It is funny how much I have changed since I’ve moved here.

ボビー独立? Independent Bobby?


今朝、ボブキャットのボビーが裏庭でくつろいでいました。でも、お母さんはいませんでした。 Bobby the bobcat was relaxing in our backyard this morning. But we didn’t see his mom.

ボビーはもう赤ちゃんじゃないけれど、一人でハンティングができるほど成長しているのか少々不安です。 Bobby is not a baby anymore, but I am not sure if he can hunt already by himself.

その理由の一つは、日中に歩き回っていることです。主に日暮と夜明けに行動するとされるので、朝9時とか10時は遅すぎないかな?ヤバくない? One of my concerns is that he is wandering around during the daytime. Their active times are sunset to midnight, and before and after sunrise time. Isn’t it too late for him to wander around at 9 or 10am? Isn’t it risky for him?

また、まだ大人の半分ぐらいのサイズと思われます。もう少し大きくなるまでお母さんと共に行動するんじゃないの? Another reason is his size. He is still about half of adult size. The various websites say they normally stay with mom a little longer.

最近、モグラが裏庭の芝を食べてます。モグラ退治してくれたら大歓迎なんですけど。彼にできるかな? In any case, we have been having gopher problems recently in the backyard. If he can catch them, we welcome him to stay as long as he wants. The question is can he catch them?

さて、ボブキャットの特徴を二つ紹介します。一つはとんがった耳です。耳の先端に黒い毛がピンと立っています。 Changing the subject, I want to describe to you two characteristics of bobcats. The first one is pointy ears. The tips of the ears have black pointy fur which makes distinct bobcat faces.

もう一つは、尻尾です。太い尻尾の先端にも黒い毛がついている事です。 Another one is their tails. The tip of the short fat tail also has black fur.

中庭のボビー Bobby In Our Courtyard


「ボビー、こんな日中に何してるの?」 “Bobby! What are you doing here in the middle of the day?”

「お母さんは近くにいるの?」”Is your mom somewhere near by?”

ボビーはボブキャットの子供です。突然の来訪に私たちも、噴水の水たまりでくつろいでいたヒキガエルのミスタートッドも驚いています。 Bobby is a bobcat cub. We had an unexpected visit by him. We were surprised, and Mr. Toad who was soaking comfortably in the pool hid himself under the water.

RING防犯カメラがとらえたビデオを編集しました。 I made a video based on two videos captured by our RING security system. Sorry for the bad image quality.

アラスカ野生動物保護センター Alaska Wildlife Conservation Center


アラスカの旅も終盤。 It was nearing the end of our Alaska trip.

この日も雨でしたが、アラスカ野生動物保護センター (AWCC) を訪れました。ここは野生動物の避難所です。It was raining when we visited the Alaska Wildlife Conservation Center (AWCC). It’s a refuge for orphaned and injured wild animals.

オスのムースが枝の皮を剥いているところ見たり、 We watched a bull moose chewing off a branch balk, and…

ゴールデンベアたちが水浴びするところを見たりしました。 watched golden bears’ bathing.

その他、あらゆる動物が保護されていました。 And we saw many other animals that were protected.

ふと、写真家が立ち止まりました。はたして、この動物はなんだろう? 笑 And suddenly, a photographer stopped walking. He must be thinking what kind of animal it could be. hahaha

私の一番見たかった動物はヤマアラシです。 The animal I wanted to see most was the Porcupine.

はじめまして。どうぞよろしく。 Hello. It’s nice to meet you.

こんなシッポなんだ。 Oh my! Its tail is like this.

どうやらアメリカヤマアラシは日本やアジアのヤマアラシとは少々違う様です。 It looks like the North American Porcupine is different from the Old World Porcupine.

さあ、先を急ぎます。さようなら、ヤマアラシ。さようなら美しい自然。 We better move on now. Good-by Porcupine and majestic mountains.

再びバスに乗り、アンカレッジから車で1時間弱のリゾート地、そして最後の場所、アリエスカに辿り着きました。 早く家に帰りたいなぁという気持ちと、もう帰っちゃうという気持ちが交錯していました。 We hopped on a bus, and finally came to the final destination of Alyeska. It is a resort town. This place is less than one hour from Anchorage. I had mixed feelings, both “want to go home soon” and “want to stay longer.”

ヘラジカ Moose


朝4時ごろに目が覚めていました。アラスカの夏は午前3時にはすでに明るくなっています。まだ誰も起きていないシンとした朝、カメラを持って朝食前の散歩に出かけました。 I was already awake at 4 o’clock in the morning. Alaska’s summer days start early. It was already bright enough at 3 o’clock to see things outside. So we went out into the very quiet morning air for a walk with our cameras.

バンちゃんが道路脇にまだ新鮮な足跡を見つけました。これは、もしかして例のあの動物かもしれない。 Banchan found a few sets of fresh animal tracks. We thought it could belong to the animal we want to see.

足跡を辿っていくと、やっぱり、いました。ヘラジカのお母さんと子供。 We followed them, and indeed, we found a mother moose and her cub.

明るいとはいえ、カメラの感度を上げるほど明るくはなく、ISOを3200に上げても1/6秒のスピードです。カメラ調整している時間はありません。またしても絶好のチャンスなのに準備ができてなくてもどかしさを感じてました。 It was already bright enough to see outside but not enough for the camera’s sensitivity. I quickly raised ISO to 3200 but the shutter speed was still 1/6 of a second. I didn’t have time to adjust my camera. I regretted so much why I didn’t prepare for such a great opportunity.

ビデオならなんとかなるかと、祈る思いで撮ったのが以下です。画面がすごくブレてます。そんな質の悪いビデオをシェアするのは心苦しいのですが、雰囲気はやはりビデオじゃないとわからないので載せておきます。 So, I gave up pictures, and switched to video mode hoping that it was somewhat better. I made the video below by combining 4 videos out of 6 I had taken. Unfortunately, the quality is so bad because I couldn’t hold my camera still while walking backwards. But I still think you can see the feeling of the scene.

野生動物との距離の取り方のポスターを見つけました。 By the way, this is a poster talking about “social distance”.

これによると、ヘラジカとは100mぐらい距離を置かなければいけないそうです。私たちの場合は、気がついた時にはすでに30mぐらいの距離でした。 It says that we need 300 ft with a moose to be safe. For us, it was probably 100 ft when we found them.

しかも、子供が私たちに興味を持ち、どんどん近づいてきました。お母さんが横の方でしっかり状況を見つめています。 On top of that, the cub thought we were interesting objects, so he kept coming towards us. We knew his mom was looking at the situation carefully.

すっごくヤバイ。 It was, indeed, a very very dangerous situation.

それでも、静かに、静かに後退りを繰り返しながら撮影しました。途中、お母さんにやめなさいと言われたのかもしれません。諦めて林の中に入っていきました。ホッとしました。野生動物を見たいけど、こんな至近距離での出会いはしたくない。 We tried to keep ourselves calm, and walked backwards slowly and quietly while I video taped occasionally. At one point, the cub stopped coming towards us. Maybe his mom told him “that’s enough.” Then he went into bushes. What a relief I felt then. I want to have wildlife encounters, but not this close.

ところがその後、ホテルへの帰り道、道路で再び出会ってしまいました。お母さんが私たちを一喝するように見つめ、歩き去っていったのを見て再び安堵しました。 On the way back to our hotel, we met them again on the paved road. The mother moose looked at us as if she was scolding at us. “Leave us alone!” Then they went away. What a relief, yet again.

ドキドキ興奮する、アラスカの早朝でした。 It was a truly exciting morning in Alaska.

ジニー Ginny


コッパーセンターという町について何も知りません。移動の途中で一泊した場所でした。クルティナ川沿いのログキャビン風の宿で、しかもまだラングルイライアス国立公園が目の前の川向こうに見えていました。晴れていたら絶景が目の前にあった事でしょう。観光用ヘリコプターが時折発着してました。 I don’t know anything about the town, Copper Center. We stayed there one night on the way to the next destination.

雨がちらつく曇り空の中、何も見えませんでしたが、それでもこの地が記憶に残っている理由はジニーと出会ったからです。 We couldn’t see anything due to the rainy weather, but I remember this place very well because I met Ginny.

生後7週間のスタンダードプードルの子犬です。 Ginny is a seven week old red standard poodle puppy.

バスの運転手の奥さんが連れてきてくれました。抱いてあげるとまだ震えていました。信じられない可愛さ。夕食後10分程度の出来事でしたがズッシリと記憶に残りました。 Our bus driver’s wife brought her there for us. Ginny was shaking when I held her. She was so tiny and incredibly cute! Getting to hold her only lasted 10 minutes, but it became an important part of my Alaska trip and one of my best memories.

おもいっきり生きる To Live Fully


フェアバンクスでは、何人かの逞しく生きる若者に出会いました。 We met several strong-willed young people in Fairbanks.

アラスカといえば金の採掘で有名です。ゴールド ドーターズ(直訳:金の娘たち)は旅行者にも金の採掘の一部を経験させてくれる所です。名前が示す通り、二人姉妹が始めたビジネスです。 Alaska is famous for “Gold digging”. The Gold Daughters is a place for tourists to experience panning for gold. It’s a business started by two sisters (daughters) as the name indicates.

彼女たちのおじいさんはオリンピック水泳選手でしたが、引退後、アラスカで広大な土地を購入し、金の発掘という新しい人生を歩み始めます。この姉妹はそんなお爺さんの元で育ち、大学卒業後、二人のビジネスベンチャーが始まりました。Their grandfather was an Olympic swimmer. He came to Alaska, bought a huge land, and started a new life as a gold miner after his retirement from competitive swimming. These girls grew up under him, and started the business after they both finished college.

勿論今でもゴールド採掘のビジネスは続いていますが、今後伸びていくかもしれない化石の発掘にも力を入れ始めました。 The gold panning is still their on-going main business, but they have been digging out fossils as well. This could be a good future business.

半端ではない発掘量に、古生物学者たちも注目しています。 The amount of fossils they have found are incredible. Paleontologists are now paying attention to their finds.

Tシャツとカップケーキ売るところからスタートしたベンチャーです。チャンスを逃さず、躊躇なくやってみようというバイタリティーはすごいですよね! They began their business just selling T-shirts and cupcakes. Now they have come this far. Their vitality is admirable. They grab the chance when they see it and take on new challenges.

次に出会ったのは、エミリーロビンソンという14歳の女の子です。 Next, we met a 14 year old girl. Her name is Emily Robinson.

エミリーと子犬。 Emily and a puppy.

まだ14歳の若さなのに人前で話をすることに躊躇しません。その後、彼女がジュニア犬ぞりレースのチャンピオンだと知って納得しました。 She didn’t hesitate at all speaking in front of people even though she was only 14. I understood why later because we learned that she is the champion of the Junior Dog Sled race.

エミリーからもらった絵葉書。 A post card Emily gave me.

大人のレースは1000マイルの荒地を10日から20日間で走り切りますが、ジュニアなので150マイル(約240km) を1日で走ります。だから1日分の自分の食糧と犬たちの食糧を積んでスタートさせます。 The adult dog sled race is 1,000 miles through wilderness. It takes 10 – 20 days. On the other hand the Junior race is only 150 miles completing in a day. So they carry 1 day’s worth of food for themselves as well as their dogs.

エミリーのお姉さんからハスキー犬と犬ぞりの説明を受けました。 Emily’s sister gave us a quick lecture about Husky dogs and the dog sled races.

犬ぞりの過酷なところは、勿論、極寒の自然の厳しさ、自分の体調管理、そして最も大切な犬たちの調教と管理でしょう。 I imagine that the harshest aspect of the dog sled race is the severe weather. It is quite a challenge to their own mental and physical capabilities. Managing dogs could be a challenge, too.

7週間目の赤ちゃん犬。 7 week old puppy.

まだ14歳の女の子ですから誘惑がたくさんありそうです。でもブレずに自分のやりたい事をやり通す強い意志、敬服しました。Thinking back when I was 14 years of age, I can easily imagine that so many temptations are around Emily. But she maintains her focus on what she wants to do. I admire her strong will.

Hello America!


今日は独立記念日、一緒に祝おう! Let’s celebrate Independence Day today!

トカゲの国から、おめでとう! Congratulations from the land of lizards!

ハロー、アメリカ! Let’s all sing “Hello America!”

クーパーハイタカ Cooper’s Hawk


私たちの目の前に舞い降りたクーパーハイタカです。鳥の会の人たちによると、まだ成長しきってない幼鳥だそうです。 This is a Cooper’s Hawk. It is still a juvenile according to the Red Cliffs Audubon club people. It landed right in front of us.

まだ頭から首の辺りがまだ白いからだと言っていました。まだ目が赤くなっていないかも。 They said that it’s still white around the head and neck, and the eyes aren’t red enough. So it is a juvenile.

こちらは別の週に見たお母さんのクーパーハイタカです。 This is a fully grown mother Cooper’s Hawk. We saw it on a different day in a different place.

こうして比べてみると、わかります。 I can see the difference now by comparing them like this.

さて、この日はなんと、ヒナも目撃できました。もしかしたらヒナというにはもうちょっと成長しているような、でも、空を自由に飛び回れる幼鳥でもなさそうです。だから、ヒナとしておきます。 And now, we saw a chick near its mom on that same day as the adult hawk. Some people say it has already grown more than a chick. But I am not sure if it can fly out to the sky freely like a juvenile bird. So I say it’s a chick.

ちょっと観察してみましょう。まず、まだシッポが短い。白い産毛がまだフワフワ残ってる。また、背中の羽も生えてきただけで落ち着いてません。 Let’s observe it closely. First of all, the tail is so short. The second point is that it still has white baby feathers around the face and other body parts. And lastly, the feathers on the back are grown but they aren’t stabilized yet.

いや、それにしても可愛いですね。 At any rate, it is so cute!

おやおや?もう片足立ちできるんですね。もう飛べるのかなぁ? Oh, my! It can stand on the branch by one leg already. Well, can it fly now then?

オリオール Hooded Oriole


水曜日の早朝は、レッドクリフ鳥の会の散策の日です。毎週違う場所の散策をします。面白いことに、2回連続で黄色い頭のオリオールが集合場所でお出迎えしてくれました。 Wednesday is Red Cliffs Audubon’s early morning bird watch day. We go to different places weekly. It’s funny that we were greeted by a Hooded Oriole on the last two Wednesdays consecutively at the meeting locations.

こちらは先々週のオリオール。 This is from two weeks ago.

こちらは先週のオリオール。 This is from last week.

ひょっとして同じ鳥かなと思ったんですが、流石に違いますね。 I wished that they, miraculously, were the same bird, but unfortunately not.