Category Archives: Animals

冬が来た! Winter Has Arrived!


ザイオン国立公園に雪が降るとの天気予報を聞き、初雪の写真を撮りに出かけました。 We went to Zion National Park to take pictures because the weather report said it was going to snow.

近くなるにつれて雪がドンドン降ってきました。 As the park got closer, the snow got heavier.

期待した通りでした。公園に着いたら雪の世界が広がっていました。 And just like we wanted, the park changed to a snow wonderland.

とりあえずザイオンロッジに向かいました。 We went to the Zion lodge first.

深い雪雲で大きな岩壁は見えないものの、時折の雲間から見える渓谷の景色に大満足です。 We enjoyed the grand views from the lodge very much even though we couldn’t see the peaks as the thick clouds covered them.

ロッジからバージンリバーを渡り、トレイルを歩きました。 We crossed the Virgin river from the lodge, and walked on a trail.

雪に覆われるとどうしてこんなに風景が美しくなるんでしょうね。 Why is that scenery becomes so beautiful once snow covers the land?

魔法の杖が一振りされたんですね、きっと。 I guess someone had waved a magic wand.

トレイルはツルツルで、アイゼンを持ってくるのを忘れてしまったことに後悔しました。While we walked the slippery trail, we regretted that we didn’t bring our crampons.

早々に引き上げ、車に戻ってきた時には私たちにも雪が積もっていました。 So we soon gave up walking and came back to our car. When we got to the parking lot, we realized that the snow was on us as well.

牡鹿の立派な角にも雪が積もっていました。 The snow was on the buck’s gorgeous antlers as well.

もう冬が来ていました。 Winter had come already.

今日! TODAY!


いつからでしょう。氷点下になる日々が始まっていました。 Below freezing morning temperatures have started. When did the weather change?

ある日、外を見たらロードランナーのロジャーが冬を前にぷっくりしていました。 When I looked out into our backyard, I found Roger the roadrunner already puffed up before Winter.

すでに爬虫類の友達はみんな冬の住処へ引っ越して、フワフワと夢を見ながら眠っている事でしょう。 All reptile friends have moved into their winter homes. I bet they are comfortably in their cozy beds now.

ところが、なぜかタランチュラの Mr. T がまだ庭の奥の方にいるではないですか。 Only Mr. T, the tarantula was out in our backyard.

冬の家がどこだかわからなくて迷子になってるのかな? I wonder if he couldn’t find his winter home.

毎日様子を伺っていましたが、昨日から Mr. T の姿がありません。きっと冬の住処に避難したんでしょう。 We watched him everyday for a couple weeks to see how he was doing. But since yesterday, we couldn’t find him. I think he finally found his winter home.

感謝祭も嵐のように過ぎ去っていきました。 Thanksgiving had come and gone like a storm.

そして、今日、私たちのダンスを披露する日となりました。 And finally today. It’s the day for us to perform our dance in front of people.

諸々の行事でほとんど練習できず、ダンスルーティンもようやく数日前に決まった有様です。 We were so busy for various events so that we really didn’t have time for dance practice. In fact, it was only a few days ago that our dance routine was finalized.

ウェストコースト スウィングを2.5分間、舞台の上で踊ります。 It’s a west-coast swing routine for 2.5 minutes on stage.

ここまできたら、胸を張って楽しく踊るのみ。 Well, at this point, we simply keep chin up, and enjoy dancing with music.

サソリとカエル The Scorpion and the Frog


多分、1ヶ月前にサソリのスコットがいなくなりました。これはいなくなる前に蜘蛛を食べているところです。 Probably about a month ago, Scott the scorpion disappeared. The picture below is him eating a spider before he went.

こちらはカエルのフランクです。彼は地上レベルの小さな池で暮らしていました。 This is Frank the frog. He lived in a small pond at ground level.

それが、少し前ごろから、地面レベルの池から 1m ぐらい上で日向ぼっこしているフランクを発見しました。 But then, a little before Scott disappeared, we found Frank at a terrace about three feet above the ground. He looked like he was enjoying the warm sun light.

その後、彼は大胆にもスコットが住んでいる頂上の大池までジャンプして、大海を満喫している様でした。手前にスッコット、その向こうの水の中にフランクがいます。 Soon after that, Frank jumped boldly to the top level, and was enjoying the larger pool even more.

涼しい顔をしているフランクです。 This is Frank with a cool face.

フランクがスコットに食べられちゃうんじゃないかと心配していましたが、どうやらスコットは冬眠のため、噴水から降りて行った様です。残ったフランクは俄然大きな池を行ったり来たり。スコットが暮らしていた所で夜を過ごし、ついに主となりました。 I was worrying about Frank being eaten by Scott, but luckly the time came for Scott to go find a place to hibernate for the winter. So then, the water feature became Frank’s playground entirely on his own. He spent time between rocks where Scott used to live at night.

その後、私たちは忙しくてフランクの観察ができないでいました。でも、ある日、フランクが私たちを観察しているような感じで家の中をうかがっていました。 Then, we forgot about him because we became busy. But one day, I noticed that Frank was sitting close to the edge of the water feature and looking inside the house.

そこで、何ですか?と尋ねると、 So, I asked him, “what’s up?”

どうやら、記念撮影をして欲しそう。 He didn’t say a word but I understood that he wanted me to take portrait pictures.

恐竜のデイノニクスと一緒にいるところや、おすまし顔を撮ってあげました。 I took several pictures like the one being with Deinonychus, and doing a big boy pose.

その後、私たちの留守中にフランクは噴水を降りてどこかに行ってしまいました。きっと、また来てね! We don’t know when he left the water feature, but I haven’t seen him since the last portrait. Come again next year!

獲物


裏庭の奥の方、滅多に行くことのない場所に、ローズマリーの低木が生えています。その枝の中に大きくて綺麗なクモの巣ができていました。 A very large rosemary bush grows at the very back corner of our backyard. I rarely go there. A large spider web was shining beautifully in between rosemary branches.

コガネグモの親戚グモがその中央に住んでいます。どうやら、せっせと何かしているようです。あら、口のあたりから何かが出ている。 A Banded Garden Spider is the owner of the web. When I saw her, she was busy at work doing something. Something was sticking out from around her mouth.

もっと近寄ってみると、どうやクモの糸を獲物に絡ませているようです。 I tried going closer to her, and found that she was wrapping her thread around her prey.

お腹側。いや、もしかして、獲物を食べてるのかな? This is a ventral view. It’s also possible that she was eating it.

翌日もう一度見てみると、もう獲物は無くなっていました。 I went there again the next day, but the thing around her mouth was gone then.

巣の近辺を観察してみると、巣の下の方に糸に絡められた何かを発見しました。 I searched for the thing she was working on the day before, and found a thing wrapped by spider web at the bottom of the web.

これから食べられる獲物が入っているのか、すでに食べられてしまった残骸なのか不明です。たった一本の細い糸で巣と結ばれていました。 I have no idea what’s in it. Either her prey is still in it or it’s simply a leftover. It was connected by a thin thread to the web.

自然界は本当に面白い。不思議な事、面白いことが満載です。 Nature is full of mysterious and interesting things that I never get tired of it.

長期滞在の客人 Long Term Guests


8月半ばから、サソリのスコットが噴水の上に滞在中です。気温が下がってきたのでもうさよならの時期かなと毎日観察してきました。 Since mid August, Scott the scorpion has been staying at our house fountain. Because the temperature is getting lower, everyday I’ve been thinking it’s time to say good-bye to them for the year.

でも、去る様子はなく、夜はこんなに勇ましい姿で噴水の上を活発に動いています。そして、ある日、2匹目のサソリがいることを発見しました。 But it seems it’s not the time yet. In fact, he is quite active at night like this. And one day recently, we found another scorpion on the fountain.

害虫駆除の人たちが、2mmぐらいの子供たちが生まれてくるかもしれないから要注意だと警告してくれました。 Our pest control people warned us that we may start seeing 2mm tiny babies crawling around.

日中はこんな感じ。 His daytime activity is like this.

石の下に潜り込もうとしています。 He goes under a rock.

こうして暗くなるまで動きません。どうりで25年も生きられるわけです。 And doesn’t move at all until dark. No wonder he can live 25 years.

夜になると再び活動し始めるという生活。 He comes out again at night. This is his night life.

スコットも友達も、こんな風にして越冬できるできるのでしょうか。冬眠するとしたらもっと暖かい場所、つまり、家の中を選ぶらしいです。「外にいる限り」何年もいてもらって構わないんですが、家の中まで入ってこられると「困った客人」になってしまいます。害虫駆除の人達が家をガードするためにスプレイしてくれましたが、どこまで効果があるのでしょうか。観察を続けなければ! I have been wondering a lot if Scott and his friend can live like this throughout the winter. So this is my finding. If they hibernate, they choose warmer places like inside somebodies house!!! For me, that’s absolutely not acceptable. They can be our guests for as many years as they want as long as they are outside. If they want to come in, they will be “Go away now!” guests. The pest control people spray well to guard the inside of our house. Let’s see how well it works. I should continue to monitor them carefully.

10K: ラストラン Last Run


「レース中にアメリカドクトカゲを見つけたらどうする?」と、バンちゃん。 “What do you do if you see a Gila Monster during the 10K race?” said Banchan.

即答できず、「今日走ってから考える。」と、私。 I really couldn’t reply immediately, “I will think about it while I am running today.” I said.

レースの日まであと9日となり、10kmレースのコースをもう一度走るためにスタート地点に向かう車の中での会話です。 It was a conversation from this morning when he drove me to the starting point for the 10K race. It’s 9 more days to the 10K race and it was my last run before the race.

スタート地点 Starting point

アメリカドクトカゲはこの公園内で時折目撃されています。この地に引っ越してきてから3年経ちますが、私たちには未だに幻の動物、出会ってみたい動物ナンバーワンなんです。だから、彼の質問は、言い換えると「10Kレースとアメリカドクトカゲとどっちが大切?」という質問とも言えます。 It’s not common, but Gila monster is seen in this park. We moved to this area three years ago, but we haven’t seen one yet. So it became the number one animal we want to see. So, his question could be rephrased to “which is more important to me, Gila monster or the Race?”

レースの為、公園内の通行閉鎖のサインがすでに出ていました。The sign for the road closure during the race was up at the park already.

今日は一人だったので、コース状況にがよく見えました。トカゲやコットンテールが慌てふためいて目の前を横切っていくのに注意を払い、時折草むらを見てアメリカドクトカゲを探していました。 I could see the course condition well because I was alone during today’s run. I saw lizards, a cottontail frantically crossing the trail right in front of me, and I saw myself looking at the to the side of the trail occasionally, looking for a Gila monster.

結論、アメリカドクトカゲが現れたら、躊躇なく立ち止まって写真を撮る。 So, this is the conclusion. I will stop running and take pictures if I see a Gila monster during the race.

ゴール地点。The goal point.

その為にには少なくとも携帯を持って走らないといけないし、30秒ぐらいのタイムロスになるけど、いいじゃん?両方大切なんだから。というか、そんなことがあったら、最高です。 I have to carry my cell phone for that. And I will lose about 30 seconds of time, but that’s ok. Both of them are important for me. In fact, if such thing happens, I will be very, very happy.

今日の結果は前回と比べて50秒遅いけど、十分OKです。 This is today’s result. It’s about 50 seconds slower than last time, but that’s all right. I am still happy with it.

今日の結果。Today’s result.

2分割しない Not Half and Half


日本では9月23日、アメリカでは9月22日、今日が秋分の日です。 It’s Autumn Equinox today, September 22, in the US, and September 23 in Japan.

今日のスコット Today’s Scot

昼と夜の長さが同じになる日とされています。 This is the day where the length of daytime and nighttime are the same.

でもね、日の出と日の入りの時刻を見ると、この町では7:22am と 7:31pm なんです。これ、騙されているような気がしませんか? But it is not exactly true. Today’s sunrise was 7:22am, and the sunset will be 7:31pm in my town. The day is 9 minutes longer!!!

そこで調べてみると、納得する理由が見つかりました。 So I looked for an answer why it’s not half and half, and found it.

いくつかある理由の中で、一番わかりやすい理由は太陽の直径と関係があることです。 There are several reasons for it, but the easiest reason for me is related to the diameter of sun.

日の出は、太陽が地平線から見え始めた時を指しますが、太陽のほとんどはまだ登りきっていません。また、日の入りは、太陽が地平線に完全に隠れた時を指します。つまり、太陽の直径分のずれがあるんです。 We call “Sunrise” based on the time it first appears on the horizon although the majority of the sun itself is still not visible. On the other hand, we call “Sunset” based on the time it is completely hidden on the horizon. If we use the center of the sun for sunrise and sunset, then it would be equal. And that is why we have daytime longer by about “the diameter of the sun” time.

ところで、我が家を毎年訪れてくれる、サソリのスコット君は、まだ噴水の上で暮らしています。正式に秋になったことだし、もうそろそろさよならの時かなと毎日観察しています。 By the way, our house guest, Scott, the scorpion is still living on the fountain. It’s officially Fall now. So he could leave here any time now. Because I don’t want to miss him leaving, I am observing him everyday.

「サソリがいなくなることを寂しがってるの?」とバンちゃんに言われました。人は変わるものですね。 “Are you going to miss Scott the scorpion when he leaves?” said Banchan. It is funny how much I have changed since I’ve moved here.

ボビー独立? Independent Bobby?


今朝、ボブキャットのボビーが裏庭でくつろいでいました。でも、お母さんはいませんでした。 Bobby the bobcat was relaxing in our backyard this morning. But we didn’t see his mom.

ボビーはもう赤ちゃんじゃないけれど、一人でハンティングができるほど成長しているのか少々不安です。 Bobby is not a baby anymore, but I am not sure if he can hunt already by himself.

その理由の一つは、日中に歩き回っていることです。主に日暮と夜明けに行動するとされるので、朝9時とか10時は遅すぎないかな?ヤバくない? One of my concerns is that he is wandering around during the daytime. Their active times are sunset to midnight, and before and after sunrise time. Isn’t it too late for him to wander around at 9 or 10am? Isn’t it risky for him?

また、まだ大人の半分ぐらいのサイズと思われます。もう少し大きくなるまでお母さんと共に行動するんじゃないの? Another reason is his size. He is still about half of adult size. The various websites say they normally stay with mom a little longer.

最近、モグラが裏庭の芝を食べてます。モグラ退治してくれたら大歓迎なんですけど。彼にできるかな? In any case, we have been having gopher problems recently in the backyard. If he can catch them, we welcome him to stay as long as he wants. The question is can he catch them?

さて、ボブキャットの特徴を二つ紹介します。一つはとんがった耳です。耳の先端に黒い毛がピンと立っています。 Changing the subject, I want to describe to you two characteristics of bobcats. The first one is pointy ears. The tips of the ears have black pointy fur which makes distinct bobcat faces.

もう一つは、尻尾です。太い尻尾の先端にも黒い毛がついている事です。 Another one is their tails. The tip of the short fat tail also has black fur.

中庭のボビー Bobby In Our Courtyard


「ボビー、こんな日中に何してるの?」 “Bobby! What are you doing here in the middle of the day?”

「お母さんは近くにいるの?」”Is your mom somewhere near by?”

ボビーはボブキャットの子供です。突然の来訪に私たちも、噴水の水たまりでくつろいでいたヒキガエルのミスタートッドも驚いています。 Bobby is a bobcat cub. We had an unexpected visit by him. We were surprised, and Mr. Toad who was soaking comfortably in the pool hid himself under the water.

RING防犯カメラがとらえたビデオを編集しました。 I made a video based on two videos captured by our RING security system. Sorry for the bad image quality.

アラスカ野生動物保護センター Alaska Wildlife Conservation Center


アラスカの旅も終盤。 It was nearing the end of our Alaska trip.

この日も雨でしたが、アラスカ野生動物保護センター (AWCC) を訪れました。ここは野生動物の避難所です。It was raining when we visited the Alaska Wildlife Conservation Center (AWCC). It’s a refuge for orphaned and injured wild animals.

オスのムースが枝の皮を剥いているところ見たり、 We watched a bull moose chewing off a branch balk, and…

ゴールデンベアたちが水浴びするところを見たりしました。 watched golden bears’ bathing.

その他、あらゆる動物が保護されていました。 And we saw many other animals that were protected.

ふと、写真家が立ち止まりました。はたして、この動物はなんだろう? 笑 And suddenly, a photographer stopped walking. He must be thinking what kind of animal it could be. hahaha

私の一番見たかった動物はヤマアラシです。 The animal I wanted to see most was the Porcupine.

はじめまして。どうぞよろしく。 Hello. It’s nice to meet you.

こんなシッポなんだ。 Oh my! Its tail is like this.

どうやらアメリカヤマアラシは日本やアジアのヤマアラシとは少々違う様です。 It looks like the North American Porcupine is different from the Old World Porcupine.

さあ、先を急ぎます。さようなら、ヤマアラシ。さようなら美しい自然。 We better move on now. Good-by Porcupine and majestic mountains.

再びバスに乗り、アンカレッジから車で1時間弱のリゾート地、そして最後の場所、アリエスカに辿り着きました。 早く家に帰りたいなぁという気持ちと、もう帰っちゃうという気持ちが交錯していました。 We hopped on a bus, and finally came to the final destination of Alyeska. It is a resort town. This place is less than one hour from Anchorage. I had mixed feelings, both “want to go home soon” and “want to stay longer.”

ヘラジカ Moose


朝4時ごろに目が覚めていました。アラスカの夏は午前3時にはすでに明るくなっています。まだ誰も起きていないシンとした朝、カメラを持って朝食前の散歩に出かけました。 I was already awake at 4 o’clock in the morning. Alaska’s summer days start early. It was already bright enough at 3 o’clock to see things outside. So we went out into the very quiet morning air for a walk with our cameras.

バンちゃんが道路脇にまだ新鮮な足跡を見つけました。これは、もしかして例のあの動物かもしれない。 Banchan found a few sets of fresh animal tracks. We thought it could belong to the animal we want to see.

足跡を辿っていくと、やっぱり、いました。ヘラジカのお母さんと子供。 We followed them, and indeed, we found a mother moose and her cub.

明るいとはいえ、カメラの感度を上げるほど明るくはなく、ISOを3200に上げても1/6秒のスピードです。カメラ調整している時間はありません。またしても絶好のチャンスなのに準備ができてなくてもどかしさを感じてました。 It was already bright enough to see outside but not enough for the camera’s sensitivity. I quickly raised ISO to 3200 but the shutter speed was still 1/6 of a second. I didn’t have time to adjust my camera. I regretted so much why I didn’t prepare for such a great opportunity.

ビデオならなんとかなるかと、祈る思いで撮ったのが以下です。画面がすごくブレてます。そんな質の悪いビデオをシェアするのは心苦しいのですが、雰囲気はやはりビデオじゃないとわからないので載せておきます。 So, I gave up pictures, and switched to video mode hoping that it was somewhat better. I made the video below by combining 4 videos out of 6 I had taken. Unfortunately, the quality is so bad because I couldn’t hold my camera still while walking backwards. But I still think you can see the feeling of the scene.

野生動物との距離の取り方のポスターを見つけました。 By the way, this is a poster talking about “social distance”.

これによると、ヘラジカとは100mぐらい距離を置かなければいけないそうです。私たちの場合は、気がついた時にはすでに30mぐらいの距離でした。 It says that we need 300 ft with a moose to be safe. For us, it was probably 100 ft when we found them.

しかも、子供が私たちに興味を持ち、どんどん近づいてきました。お母さんが横の方でしっかり状況を見つめています。 On top of that, the cub thought we were interesting objects, so he kept coming towards us. We knew his mom was looking at the situation carefully.

すっごくヤバイ。 It was, indeed, a very very dangerous situation.

それでも、静かに、静かに後退りを繰り返しながら撮影しました。途中、お母さんにやめなさいと言われたのかもしれません。諦めて林の中に入っていきました。ホッとしました。野生動物を見たいけど、こんな至近距離での出会いはしたくない。 We tried to keep ourselves calm, and walked backwards slowly and quietly while I video taped occasionally. At one point, the cub stopped coming towards us. Maybe his mom told him “that’s enough.” Then he went into bushes. What a relief I felt then. I want to have wildlife encounters, but not this close.

ところがその後、ホテルへの帰り道、道路で再び出会ってしまいました。お母さんが私たちを一喝するように見つめ、歩き去っていったのを見て再び安堵しました。 On the way back to our hotel, we met them again on the paved road. The mother moose looked at us as if she was scolding at us. “Leave us alone!” Then they went away. What a relief, yet again.

ドキドキ興奮する、アラスカの早朝でした。 It was a truly exciting morning in Alaska.

ジニー Ginny


コッパーセンターという町について何も知りません。移動の途中で一泊した場所でした。クルティナ川沿いのログキャビン風の宿で、しかもまだラングルイライアス国立公園が目の前の川向こうに見えていました。晴れていたら絶景が目の前にあった事でしょう。観光用ヘリコプターが時折発着してました。 I don’t know anything about the town, Copper Center. We stayed there one night on the way to the next destination.

雨がちらつく曇り空の中、何も見えませんでしたが、それでもこの地が記憶に残っている理由はジニーと出会ったからです。 We couldn’t see anything due to the rainy weather, but I remember this place very well because I met Ginny.

生後7週間のスタンダードプードルの子犬です。 Ginny is a seven week old red standard poodle puppy.

バスの運転手の奥さんが連れてきてくれました。抱いてあげるとまだ震えていました。信じられない可愛さ。夕食後10分程度の出来事でしたがズッシリと記憶に残りました。 Our bus driver’s wife brought her there for us. Ginny was shaking when I held her. She was so tiny and incredibly cute! Getting to hold her only lasted 10 minutes, but it became an important part of my Alaska trip and one of my best memories.