Category Archives: Hike

Hike 5: フーバーウォッシュ Huber Wash


早朝、日の出前、ザイオン国立公園に行く途中にある町、ロックビルにあるフーバーウォシュというトレイルに向かい出発しました。マイナス6℃。寒い! We left home before sunrise and headed to the Huber Wash trailhead outside of Rockvile near Zion National Park. It was 21°F, and so cold!

氷点下で寒かったんですが、トレイルの砂が凍っていたので、その意味では歩きやすかったです。Because it was below freezing, the ground on the trail, made up of sand and mud, was frozen. So, from that sense, it was easy to walk on.

氷や雪の上は滑らないように注意して歩きます。 We walked carefully on the ice and snow.

私たちの目指したものは、三畳紀の頃の化石化した木です。写真の質が悪いので見えにくいんですが、以下の写真中央に見えます。 Our goal was to get to a place known as the petrified log jam in sediments from the Triassic period. The pictures below aren’t good quality and not so well captured but you can see them at the center of the pictures.

トレイルの終点では、予想外のものを発見。つららが岩の下から下がっていました。 At the end of the trail, we found unexpected things. Many icicles were hanging down from the over-hanging rock.

チンリ層独特の粘度質の薄緑色の地層を伝って下がっているので、なんとなくみど色っぽい。 They looked rather lime colored. My guess is that the water trickled down through the Chinle formation clay which is lime color.

そして、なんとポタリポタリと雫が落下している着地点を見ると、氷のビー玉ができていました。 And it was even more interesting that many ice marbles were formed on the ground below by drops coming from the icicles right above them.

わー、面白い。 How interesting nature’s creations are!

手袋をしても指がちぎれそうに寒かった日でしたが、往復9km のユニークなハイクでした。 It was so cold that my fingers were painful even with gloves, but it was quite a unique 5.5 mile round trip hike.

Hike 4: Top Of The World Arch


11.3km の行程、397m の高度差。ネバダ州にあるヴァレーオブファイヤー州立公園に行ってきました。 7 miles and 1,300 feet of climbing. We went to Valley of Fire State Park in Nevada.

トレイルはないので、ハイクリーダーの記憶に頼るのみです。 We didn’t walk on a trail. So we followed our hike leader who went entirely by memory.

公園の名前を直訳すると、燃える谷です。飛行機の上から見える眺めは、まさに燃えているように赤い。 The name of the park is Valley of Fire. You can see the red section, like a fire, even from an airplane.

そんな中の荒地や岩を登ったり降りたり繰り返しました。 We hiked up and down so many times in this wild place.

バンちゃん達は、違うルートを選びました。豆粒のように見えるのが彼らです。 Some members of the hiking group, including Banchan, took a different route. They can be seen as two dots in the picture below.

まだまだ目的地は遠い。 The destination is still far.

ついに見えました。バンちゃんが立っている、向こう側の岩の上が私たちの目的地です。 But finally we could see the destination rock. Banchan was already standing near the arch rock. Can you see the dot on it?

再び岩を降り、最後の登りです。 Again, we went down rocks, and went up the last rock.

そして、着いた! Whew, we made it!

ここがトップオブザワールドと名付けられたアーチです。 This is the our destination, Top Of the World Arch.

このアーチの奥には、ジオキャッシングの箱がありました。(注:詳しくはこのサイトを参照) We found a geocache in the back of the arch.

せっかくここまで来たので私もアーチの上を歩いてみました。いい眺め! I walked on top of the arch as well. It was a great view.

しばしの休憩の後、さあ、下山です。 After a short break, we descended from the top.

急な斜面をトラバースしながら少しづつ降ります。 We traversed ridiculously steep slopes slowly.

平地に降りて振り返ると、絶壁のような岩壁がありました。ハイクリーダーがいなかったら、絶対にできなかったハイキング。でも、できた! When I looked back after we came down, I saw an impossible cliff that we just traversed. I could never have done this hike, going up down so steeply, without our hike leader. But we did it!!!

Hike 2: Fallen Rock Cave


5.6kmの距離、152mの高度差。 3.4 miles and 500 feet of climbing.

距離はそれほどなかったんですが、チャレンジングな岩登りがありました。 Although the distance wasn’t long, there were challenging rock climbs.

そんな場所を時間をかけて通り過ぎてきました。 We spent enough time for those places and moved on.

時折の小休憩。 It’s important to have occasional water breaks.

ついに辿り着いた最初の洞窟は、Birthing Cave (出産の洞窟) と言われています。 Finally we came to the first cave called the “Birthing Cave.”

この洞窟の中で、幾つの命が誕生したのでしょうか。 I wonder how many lives were born in this cave?

なぜこの洞窟が出産の洞窟だったと思われているかというと、以下のような生殖器を指すペトログリフが描かれているからです。 The reasons why we call it that were found in the cave. Many petroglyphs were carved on the cave floor and ceiling.

さて、次の難関の先にある洞窟 (Fallen Rock, 落下した石) がこのハイクの目的でした。 Now, the highlight of the hike was the next destination, Fallen Rock cave. And it was the most challenging place to get to.

ついに洞窟が見えました。この小さな洞窟の中に入り、振り返ると、驚きの光景が目に入りました。 Finally, I saw the cave. When I went inside the cave and looked back, a stunning sight was there in front of me.

岩壁から落ちた岩の平らな面の一面に刻まれたペトログリフ。 The flat side of the fallen rock was full of petroglyphs.

これは鳥のようです。 This looks like a bird.

遠くから見ると、ペトログリフが描かれた石は、本当にチビっこい。私たちはそれより更にチビっこい。 The fallen rock with petroglyphs looked so tiny from far away. We were even tinier than that.

Hike 1: MV Rock


今朝、去年から降り続いていた雨が止んで、MVロックに光が差していました。 A ray of light was illuminating MV rock this morning after the recent rains.

昼過ぎには雨雲も見えなくなったので、久しぶりにMVロックまで行くことにしました。 We hiked up to MV rock for the first time in a long time since the rain clouds went far away in the afternoon.

往復、7.25kmのハイクとなりました。 It was a 4.5 mile loop hike.

MVロックの裾野には、ドラゴンと、巨大なターバンを被ったカタツムリが生息しています。 A dragon and a gigantic snail wearing a turban live there at the bottom of MV rock.

雨上がりのすぐ後だったので、苔や地衣類が嬉しそうでした。 The moss and lichen looked so happy because it was right after the rain.

今年、初めてのハイクでした。今年は50回のハイクにチャレンジしたいです。 It was the first hike for the year. I want to challenge 50 hikes this year.

Hike 38: 白い岩礁 White Reef


5.5km と100m以下の登りの短いハイキングでした。It was a 3.4 mile loop, 300’ gain, short hike.

早朝、まだ朝日が差し込んでいなかった丘ですが、あっという間にオレンジ色に輝いてきました。 Although the red rock hadn’t yet gotten morning light when we arrived at the trailhead, it changed so quickly and brilliantly into orange color once the light hit the rocks.

白く連なった岩礁がわかるでしょうか。長く長く連なっていました。 Can you see the white reef rock? It was extending very far in both directions.

パインバレー山脈 Pine Valley Mountains


買い物の帰り道、パインバレー山脈が久しぶりに顔を見せてくれました。 On the way back home from grocery shopping, the Pine Valley Mountains came out of the clouds, and showed her face.

標高 3,000m 以上の山々が連ねているので、冬はたいてい雲の中です。200万年前にできた、世界一大きい一枚岩のラコリスでできています。 It’s covered by clouds most of the time during the winter because many peaks are over 10,000 feet. It was formed 20 million years ago and is the largest laccolith in the world.

一度登りましたが、美しい姿を見て、来年、再び登ろうと思いました。 We hiked up one of the peaks once before, but the beautiful view invited me again. I want to hike there again next year.

素敵なクリスマスを! Merry Christmas Everyone!

Hike 37: ヒーラ トレイル Gila Trail


ヒーラ トレイルはスノーキャニオン州立公園内で多分最も長いトレイルです。 Gila trail is one of the longest trails in Snow Canyon State Park.

私たちはすでに南半分を歩いているので、今回は北の入り口から入り、日没までの2時間、往復6.5kmを歩きました。 We have already hiked the south end and middle of the trail before. This time, we started hiking from the north. We had only two hours until sunset. It was a 4 mile roundtrip hike.

もう毎日氷点下の日が続きます。だから日陰の雪は溶けません。 The snow on the trail hasn’t melted in shady places because we have had below freezing nights and cold daytime temperatures recently.

チョイアが光を浴びて気持ちよさそう。 A Cholla cactus looks happy getting sunlight.

遠くには雪で覆われたパイバレーマウンテンが見えます。 We saw the snow covered Pine Valley Mountains from a far distance.

渓谷内はもう暗くなっていましたが、それでもいい眺めです。 The inside of the canyon was already dark, but the view was still great to me.

帰り道もルンルンと半分走っていました。でも景色に見惚れて、前のめりにドーンと転んでしまいました。 I was enjoying it very much simply being there. I was running on and off, but fell forward onto the ground hard while looking at the fascinating view.

カメラを持っていなくてよかった! I am glad I didn’t have my camera.

携帯が一番大きな打撃を受け、右のつま先と膝と手のひらを打撲しました。 My cell phone got the most damage, and I got a bruise on my right toe, knee, and palm.

そんな怪我をしてもなお、楽しい夕暮れのハイキングでした。 It was *still* a fun sunset hike although I hurt myself.

Hike 36: 砂岩山 Sandstone Mountain


白い帽子をかぶっているのがバビロン地区の中にあるサンドストーン山です。 The white capped mountain is Sandstone Mountain in the Babylon area.

トレイルがあるわけではありませんでしたが、山の周りをぐるりと回る計画でした。でも急用を思い出し、山の裾まで行って引き上げるという、合計2.7kmの短いハイクとなりました。 Our plan was to go around Sandstone Mountain by bushwhacking. But we suddenly remembered an errand, so we needed to give up at the bottom of the Mountain, making it a short 1.7 mile hike.

土柱予備軍のような岩壁です。 The rock looks like it is on the way to becoming hoodoos.

この光景は、山の神にひれ伏している信者のように見えます。 This sight reminded me of a follower who is kneeling before the mountain god.

この地区の地層は主にナバホ砂岩層が露出しています。 This area exposes mainly the Navajo Sandstone formation.

夕陽をこの辺で眺めようと決めていましたが、6時に閉店するパイ屋に行くことを思い出し、早々に引き上げました。食べ物の威力は偉大だ。 We wanted to view the sunset light around here. As I mentioned above, we needed to leave earlier than planned. This was because we needed to buy a pie before the shop closed at 6 pm. So, we reluctantly left there. The food power was greater than a beautiful sunset.

Hike 35: スパニッシュ ウォッシュ Spanish Wash


この日は Red Cliff Desert 保護区内で「ニシアメリカフクロウ」が見られと聞いたので行ってきました。ウロウロしたので正確な距離は分かりませんが、7.5kmを主にスパニッシュ ウォッシュに沿って歩きました。We went to Spanish wash in Red Cliff Desert Reserve because we heard that an owl had been seen there. We are not quite sure of the exact distance, but it was about 4.5 miles out and back along the Spanish wash.

まず、長いトンネルを通り抜けます。 We went through the long dark tunnel first.

そして、こんな所をズンズン歩いて行きます。 Then, we went through places like this to get to deeper sections.

フクロウが最初に発見された場所がここです。 This was the place where the owl had first been spotted.

でも、残念ながら、全く姿が見えませんでした。 But we didn’t see any sign of owls there, unfortunately.

そこで、再びズンズン進んでいくと、周りの丘が夏に比べて緑色になっているのに気がつきました。苔が最近の雨で青々とし始めたんですね。 So we marched on. Then I realized that the hills were greener than before because the moss was greener.

フカフカしています。 It looks so cushiony.

これの写真にも苔が生えているんですが、よく見ると岩の中を突き抜けて伸びているのが見えます。すごい生命力です。きっとこんな根っこがあと100万年もしたら木の化石になっているのかもしれません。 The picture below also shows the moss, but if you look at it closer, you can see a root stretched through the rock. How awesome to see such vitality. I imagine that it will become petrified wood in a million years.

それから更にズンズン進みましたが、フクロウの姿はついに見つけられませんでした。きっと、年末休暇をとっているのでしょう。 We went on a little further in the wash, but couldn’t find any owls. They must have gone on vacation for the end of the year.

諦めた私たちは、帰途、矢じり探しに集中しました。 So we decided to go back along the same path we came in on, but this time, we focused on looking for arrowheads on the ground.

かつてアメリカ先住民が狩猟のためにたくさん作っていたのでしょう。いくつか発見できました。先端は破れてますが、左端の根元が矢じりであったことを証明してくれます。 I imagine that American indigenous people made many arrowheads for hunting. We found a few. The left side of the sample above indicates that it was an arrowhead, although the tip on the right side was broken off.

ところで、これはなんだと思いますか? By the way, what do you think these are?

美味しそうでしょ? Aren’t they delicious looking?

モキマーブルと名付けられているボール状の酸化鉄です。長い年月の後、ナバホ砂岩から鉄分が分離して、鉄が参加することによって赤みを帯び、ボール状になったものです。コンクリーションとも呼ばれています。 They are called “Moqui marbles” or “Moqui balls”. After millions of years, the iron separated from the Navajo sandstone, oxidized, and became a ball. It’s also called a “concretion.”

こちらの写真はモキマーブルがまだ完全に分離されていない段階です。雨が降って水にさらされることにより砂岩の侵食が進むと、ポロリと分離するんですね。面白いです。 The picture below shows a moqui ball that is still attached to the sandstone wall. I can see that rain water eroded some of the sand around it. I wonder how long it will take for this particular ball to come out from the wall as the erosion continues. Isn’t it interesting?

いやいや、こんなことありえないよね?岩壁に見つけたモキマーブルのアパート? At one point, we found a moqui ball apartment. I am sure this was not formed naturally.

Hike 34: アローヘッド メサ Arrowhead Mesa


フォートピアース歴史保存跡からスタートして、13km 歩いて帰ってくるという、私たちにとっては少々チャレンジなハイキングでした。 The group hike was quite a challenging 8 mile hike starting from Fort Pearce Heritage site.

そこで、折衷案を出して、出かけました。 So, we made a compromise plan where we would turn back partway through.

結局、10.5kmと366mの高度を歩いて帰ってきました。 We hiked 6.5 miles total with 1000 feet of elevation change.

ここは2.5億年前、三畳紀の面白い地層が露出している場所です。 The area exposes many interesting strata from Triassic period, about 250 million years ago.

大陸移動の畝りを見ながらの小休憩です。 We had a short break with a great view looking out over layers of uplifted rock made by earth movement and erosion.

そこから更に進みます。犬のチェスターは疲れを知りません。We moved on further. Chester the dog doesn’t know the word fatigue.

でも、やはり、みんなと別れて歩いてきた道を引き返す時が来ました。バンちゃんの足底筋膜炎を治療中だからです。But the time came for us to turn back. Because Banchan is under treatment for his plantar fasciitis, we reluctantly said good-bye to everyone.

遠くに離れていくみんなを見送るのは、ちょっと寂しかった。 It was a little sad when we saw our group continue on.

でも、ゆっくりと化石化した木をチェックしたり、虫の観察をしたりしながら歩きました。But we walked slowly on the return, and rather enjoyed examining petrified wood and observing bugs.

虫といえば、こんなに近くで観察するつもりはなかったのに、口の中に飛び込んできたので、飲み込んでしまいました。ハエと同じぐらいの大きさの虫です。大丈夫だよね。死なないよね?Ugh, by the way, I didn’t mean to observe this close, but I swallowed a bug as it flew into my mouth accidentally. I hope it’s okay to eat a fly-sized bug. I won’t die from it, right?

Hike 33: ヤントフラット Yant Flat


砂利道を1時間弱、そこから2kmも歩くと、視界がパッと広がります。合計5.8kmのハイキングでした。 It is 3.6 mile round-trip hike. After driving on an unpaved road for less than one hour, and hiking about 1.5 miles, we found a gorgeous panoramic view in front of us suddenly.

雨がパラつく中、歩き始めてよかった。太陽が顔を出してくれました。 I am glad that we hiked, even though it was sprinkling. The sun came out from behind the thick clouds.

久しぶりに会う友との会話、寒いけれど新鮮な空気、風の音、みんな気持ちがいい。 The conversation with friends we haven’t met for a while, chilled fresh air, and the sound of the wind, were all very enjoyable.

この偉大な景色に感謝。 Thank you for the magnificent views!

Hike 32: カエルの腰掛け? Toad’s Stool?


“Toadstool” は主に有毒キノコのことです。直訳すれば Toad=カエル+Stool=腰掛け「カエルの腰掛け」となりますが、それがなぜキノコを指すのかわかりませんでした。 A toadstool is a mushroom. I didn’t know it until now. I didn’t know why Toad + Stool become a mushroom either.

語源はイギリスの中世のおとぎ話にある様です。キノコの上にカエルがよく座っていたということから、「カエルが座る腰掛け」という名前になったらしいです。 Based on my research, the origin of the name came from fairytales from 17th century England. Frogs often sit on top of mushrooms as their stool, so it was named as “toadstool”.

ユタ州にあるトッドスツールズと名付けられたこの場所は、駐車場から1.3km 歩けばつける場所です。でも、面白い場所が奥の方まで続いているので、ぐるりと回ると往復4kmぐらいになります。 The Toadstools in Utah is about a 0.8 mile hike away from the parking lot of the highway. But you can keep going to deeper sections of the park where there are even more interesting toadstools. So, it is about a 2.5 mile round trip hike.

ここは白亜紀に形成されたダコタ砂岩層でできています。それが、浸食と風化作用により、土柱となり、その上に帽子が乗っている様な姿、もしくはキノコに似ているので、”Toadstool”と名付けられたらしいです。 The geological formation of this area is the Dakota sandstone formation. It was formed during the Cretaceous period. Many years of rain and rivers carved the ground and wind eroded away the excess sands. It is like Hoodoos at Bryce Canyon national park, but the difference is these have a rock sitting on top of it like a hat. Or some people say it’s a mushroom.

“Toadstool”がキノコのことだとは知らなかったので、見るまで全く違う解釈をしていました。 Because I didn’t know that a toadstool is a mushroom, I imagined a completely different thing until I saw it.

でも、語源を知って「サルノコシカケ」と同じようだと思いました。木の幹に生えている半円形のキノコです。日本語の語源は猿が腰掛けるのに丁度いいサイズに見えるから、そう名付けられたそうです。 But now I know the origin of it, I thought it’s just like a shelf fungus that grows on the side of trees. In the Japanese language, the name “Sarunokoshikake” is “Saru = Monkey + Koshikake = Stool”, Monkey’s stool. The origin of the word was simply the shape of it and the size of it looks perfectly good for a monkey to sit. So it was named that way.

面白いですね。 Isn’t it interesting?