Category Archives: General

今日! TODAY!


いつからでしょう。氷点下になる日々が始まっていました。 Below freezing morning temperatures have started. When did the weather change?

ある日、外を見たらロードランナーのロジャーが冬を前にぷっくりしていました。 When I looked out into our backyard, I found Roger the roadrunner already puffed up before Winter.

すでに爬虫類の友達はみんな冬の住処へ引っ越して、フワフワと夢を見ながら眠っている事でしょう。 All reptile friends have moved into their winter homes. I bet they are comfortably in their cozy beds now.

ところが、なぜかタランチュラの Mr. T がまだ庭の奥の方にいるではないですか。 Only Mr. T, the tarantula was out in our backyard.

冬の家がどこだかわからなくて迷子になってるのかな? I wonder if he couldn’t find his winter home.

毎日様子を伺っていましたが、昨日から Mr. T の姿がありません。きっと冬の住処に避難したんでしょう。 We watched him everyday for a couple weeks to see how he was doing. But since yesterday, we couldn’t find him. I think he finally found his winter home.

感謝祭も嵐のように過ぎ去っていきました。 Thanksgiving had come and gone like a storm.

そして、今日、私たちのダンスを披露する日となりました。 And finally today. It’s the day for us to perform our dance in front of people.

諸々の行事でほとんど練習できず、ダンスルーティンもようやく数日前に決まった有様です。 We were so busy for various events so that we really didn’t have time for dance practice. In fact, it was only a few days ago that our dance routine was finalized.

ウェストコースト スウィングを2.5分間、舞台の上で踊ります。 It’s a west-coast swing routine for 2.5 minutes on stage.

ここまできたら、胸を張って楽しく踊るのみ。 Well, at this point, we simply keep chin up, and enjoy dancing with music.

西へ東へ Going West and East


西へ、そして東へと一人で1,368km を走りました。高齢の義母の最後のひと時を共に過ごすためでした。 Going to the west, then back to the east, I drove 850 miles total. The purpose was to be there for my mother-in-law’s last moments before her passing.

距離的には日本の本州の最北端から最南端まで走ったことになります。 The round trip distance is roughly equivalent to the distance from the northern tip to the southern tip of Honshu island in Japan.

アメリカで例えたら、ニューヨークからアトランタまで、ヨーロッパで例えれば、マルセイユから巡礼の最終地、サンチアゴ デ コンポステーラまでの距離。 The round trip distance is also equivalent to the distance from New York to Atlanta in the states, or from Marseille to Santiago de Compostela, the destination of the pilgrimage route, in Europe.

いつもと違う景色は刺激を与えてくれます。助手席に座っているんじゃなくて、自分で運転すればなおさらです。 The different views along the way were inspiring. You get those views especially when you drive rather than sitting in the passenger seat.

運転するのは好きではないので、家に帰り着いた時はホッとしました。そして、夕日に向かい改めて義母にお別れの言葉を送りました。 It was a huge relief when I came back home because I don’t like driving. And I sent my mother-in-low my farewell when I saw a gorgeous sunset.

“Bon Voyage!”

10K: 鼻のないサングラス Noseless Sunglass


再び、私が走る時にいつも使う製品紹介です。 Again, I am introducing another product that I use when I run.

タイトルを正確に言い換えると、「鼻が低くても快適に使えるサングラス」です。 The title can be re-phrased to be “Sunglasses for the people who don’t have a tall nose bridge.”

日本人の鼻は低く、従来のサングラスは、汗ばんだり、時間が経てばずるずる落ちてきてしまいます。特にスポーツをする人たちには、クリティカルな問題です。そこで、そんな問題を解決する為にジゴスペックという会社エアフライを開発してくれました。 Japanese people’s noses are small and don’t have tall nose bridges in general. So the conventional sunglasses slide easily especially during vigorous activity. It’s a critical issue for people who love to do active sports. So, a company called Zygospec developed AirFly sunglasses to solve this problem.

あくまでも私の想像ですが、「そもそもの問題が鼻パッドにあるんなら、そんなもの取ってしまえ。その代わり、頬ボネで支えればいい。」みたいな斬新な考えからスタートしたんじゃないでしょうか。This is only my guess, but I think someone had a radically new idea, “If the problem is the nose pad, why don’t we remove it. We can add cheek bone support instead.” Since then they improved the product to this point.

私のタイプは一枚のカーブしたレンズがついているAF-301 BKシリーズです。 My version, AF-301 Bike series, has only one curved lens.

ずれ落ちることがないので、着用しているのを忘れてしまうほどいつまででもつけていられます。また、紫外線を99%カットしてくれるのに、室内でも使えるほどよく見えます。外に出ると勿論、レンズに色がつきます。 It is very light and doesn’t move at all, so I often forget that I am wearing it. It eliminates 99% of UV light, yet, I can still see things very well, even in the house. Needless to say, the lens adds a tint when I go out.

不都合さは、やっぱり技術革新をもたらしてくれるんですね。 A problem will indeed bring innovation.

宝石探し: レッドベリル Gem Tour: Red Beryl


「宝石を採掘する」と言う非常にユニークな経験ができる場所があると聞いて、行って来ました。 We heard that there is a very unique place where you can find your own gems. So we went.

3ー4種類の石を持ち帰ってきましたが、まずはレッドベリルという六角形をした石をご紹介します。エメラルドの仲間です。 We brought back home three to four different stones. The first stone I want to introduce you is Red Beryl that has a hexagonal crystalline structure. It’s in the beryl family. Emerald is also in this family.

非常に貴重な石で、その貴重さゆえ、ダイヤモンドより価値があるそうです。 The red beryl is extreamly rare. And because of that, it’s more valuable than diamonds.

私がザクザクと探し出した石は直径約5mmぐらいの小さなものです。これを綺麗にして宝石として売られるまでの手間を考えると、どこまで価値が残るのか、疑問です。でも、ほんの少し見えている赤い部分を見ると、綺麗になる可能性を示しています。 The stones I found and brought back home are so small, about 5mm diameter. I am not sure how much value they would have if I wanted to clean it, cut it, and sell it as jewelry. However, it still shows a possibility to be pretty from the red sections of the stone.

この石にまつわる効果や石言葉は、「聡明」「洞察力」などいろいろあります。中でも、「活力と勇気を与えてくれる」という説明に目が止まりました。ビタミン剤より効果があるんでしょうか?残り少ない人生、活力と勇気、100%フル稼働で生き抜きたいんで、大切にしておきましょう。(笑) It seems the Red Beryl has certain powers according to websites like “wise” “insight”, etc. But the description of “Vitality and Courage” caught my eyes most. I wonder if it has more power than the vitamin pills I take everyday? I want to live fully with vitality and courage for the rest of my short life. So, maybe I will keep them with me and see how it works for a while. (Ha, ha, ha!)

カメラの救助 Rescuing My Camera


朝起きたらビーバーダム山脈方面に雪が積もっていました。I found the snow covered Beaver dam mountains when I woke up.

右のパネルに雪山が写ってます。The snow covered mountains are on the right side panel.

さっそく私のカメラ、キャノン EOS R5 で雪山を撮るぞ!とカメラを構えたら、なんか変。設定操作ができない!シャッターは押せてもLCDスクリーンで見ることも出来なければ他の設定が全て不能になっていました。Of course, I had to take pictures of it. So I grabbed my camera, Canon EOS R5, and tried to capture them, but felt something wrong. I couldn’t change the camera settings at all. All I could do was to push the shutter release button. That was it.

携帯ショット A cellphone shot

先週のザイオンの東での脱出不能事故から無事救助された事、本当にありがたく思ってます。私たちの命さえ無事なら、それだけでいいと思いました。でも、今私のカメラが壊れてしまった事に気づいて、かなりショックです。命さえ無事ならいいと思ったのにね。We were rescued from our four-wheel drive adventure east of Zion last week. I know the reason the camera didn’t work was because of this. I am so grateful that we came out ok and I did not ask anything more than our lives being safe. But now I found my camera is not working at all. I am so depressed from it although I still remember I did not ask for anything more at the time.

さっそく修理してもらう事にしました。無事に帰って来られるかな。キャノンさん、どうぞ私のカメラを救助してください! Of course, we shipped it to the Canon repair facility immediately. I really hope they can fix it. Please Mr. Canon, rescue my camera!

父のセーター Dad’s Sweater


何度も洗って縮んでしまった父のセーターですが、私にはちょうどいいサイズになりました。だからこの4年間、山歩きには欠かさず着て行ったり、予備の防寒具として持ち歩いていました。This was my dad’s sweater. It shrunk a lot during the numerous washes, so it became the perfect size for me. I wore it pretty much every time I went out hiking for the last 4 years. Even when I didn’t wear it, I carried it as an emergency sweater.

このセーターを着て凍える冬山を何度経験したことでしょう。経験豊富なセーターなんです。I wonder how many times I experienced the severe winter hikes with this sweater in rough environments. It’s a very well worn sweater.

だから損傷がひどく、数えてみたら大小、10箇所以上の穴や綻びを発見しました。やはりリタイアさせてあげたほうがいい時が来たようです。Because of that, I found a total of 10 damaged areas, holes and torn spots. So I decided to retire it.

父の他界から4年と3ヶ月が経ちました。その間、暖かく守ってくれたセーター、ありがとう! It’s been four years and three months since my dad was deceased. Since then, the sweater kept me warm and protected me from cold weather. Thank you Dad’s sweater for all these years!

これからは父の形見としてもらってきたもう一つの品、深いワインカラーのマフラーの出番です。これも山歩きには重宝しそうです。From now on, I will use his wine red scarf for hikes. I got it as well four years ago as his keepsake.

父と一緒にいろいろな場所に行った思い出が蘇ってきました。父の他界後は、セーターと共に更にいろいろな所に行きました。これからこのマフラーでどんな所に行く事になるのでしょう。The memory of my dad and places where we went together came back to me while writing this blog. I went to many places with his sweater. I wonder where I will go with this scarf from now on.

ダンスイベント Dance Event


無事、終了しました。 Thank god it’s over.

私のスムーズ(ワルツ、フォックストロット、クイックステップ)は、まあまあでした。でも、やっぱり私には向いてない気がします。次回は踊っていて楽しいラテンダンスに集中したい。My smooth dances (Walts, Foxtrot, Quickstep) were ok, but I felt that that’s not for me. I want to focus on latin dances more which I can enjoy much more for the next event.

アイアンマンを助けられる? Can I catch an Ironman?


Ironman70.3 World Championship が今週末、土曜日に行われます。そのため、セイントジョージの町中に活気がみなぎっているのがよくわかります。Ironman70.3 World Championship is being held in Saint George this Saturday, the 18th. Already the town of St. George is becoming more vibrant with preparations for the exciting event.

すでに選手たちは続々とやってきており、それらしき人達がコースを走ったり、バイクを走らせたりしてるのを見かけます。普段からバイクに乗っている人たちは多いんですが、とりわけ高価そうなロードバイクに乗っている人たちを見ると、選手かな?って思ってしまいます。Many athletes are already here, and I see them running or biking on the streets and hills of the town to practice the course and get in shape. Especially when I see someone biking on an expensive looking bike, I think he or she must be practicing for the Ironman competition!

ご存知だとは思いますが、トライアスロンはスイム(水泳)、バイク(自転車)、そしてラン(マラソン)の3種類を走破する過酷なレースです。この大会の70.3 はフルレースの半分の距離という意味です。それぞれ、スイムが 1.9km、バイクが 90.1km、そして最終のランが 21.1km となり、km の合計ではなく、マイルを合計すると70.3になるわけです。You may know this already, but let me explain the race a little. It is a tough sport involving Swimming, biking, and running. The race title includes “70.3” because it includes a 1.2 mile swim, 56 mile bike ride, and 13.1 mile run, totaling 70.3. Note that this is considered a half-triathlon because a full one is twice this distance.

私はアイアンマンとは無関係ですが、ボランティアとして参加することにしました。18日はレースのフィニッシュラインでキャッチャーという係りをします。水やタオルなどをレースを終えた選手に渡すこと、倒れそうな選手をキャッチして擁護テントに連れて行く事などが仕事内容です。初めての経験なので、楽しみでもあり、不安でもありです。さて、私は倒れかけた選手を抱き抱えることが出来るでしょうか? Although I have never been involved in Ironman activities before, I decided to volunteer as a Finish-line Catcher. It involves handing athletes water, as well as giving instructions and information to athletes after the race. I must be able to catch an athlete in the event that they start to collapse. I am excited to be involved with this event. Though one thing that I am not sure about is the “catch an athlete” duty. Will I be able to catch them?

T シャツプロジェクト、貼りつける – T-Shirt Project – Glue


全ての T シャツパネルを繋ぎ合わせると、予想外に大きなキルトになってしまいました。クイーンサイズベッドの横幅と同じぐらい。ここから表布と裏布、その中に綿のバッティングを入れて固定するサンドイッチ作業に入ります。ピンで止めることはもちろんできます。でも、大きなサイズだから、結局ぐちゃぐちゃになりそうだし・・・と思案していました。It became quite large when I sewed all the T-shirt panels together, like a queen size bed. From here, I will move to the next step, make a sandwich with the back fabric, cotton batting, and front fabric together. Of course, I will use pins to hold it together, but I really wonder if it won’t hold and stay positioned together because the size of the quilt is so large. I wave been wondering what I can do for it for a long time.

が、「貼り付け」をすればいいんじゃん?と、ヒラメキがありました。But then, a brilliant idea popped up one day. “Why don’t I glue them together?”

まず、裏布を大きなテーブルに貼り付けてスタート。もちろん、横幅全部をカバーできないんですが、いいことにしました。少しずつ、バッティングを裏布にスプレー糊で貼り付けて、貼り付け終わった部分からクルクルと巻いていって、少しずつ、布を移動させる。この繰り返しです。I securely taped the back fabric on a large table first. The table wasn’t large enough, but that’s ok. I sprayed the glue on the back fabric, then carefully laid the batting on it. Once it dried, I rolled the glued section and moved to the next section a little at a time.

表布も同じようにして少しずつ貼り付けました。Then I did the same for the front fabric. Again, carefully, and little at a time.

糊がサンドイッチを固定してくれているという安心感が次のステップに進む勇気を与えてくれました。I don’t know if this glue method is a good way to do it or not, but it gave me a sense of courage to move on to the next step, because my sandwich quilt is now together and solid.

T シャツプロジェクト、その後 – T-Shirt Project Since Then


もう着なくなったTシャツ、でも捨てがたいTシャツ。それを集めてキルトプロジェクトを始めたのは1ヶ月前の事です。ようやく全てのピースを縫い合わせました。What do you do with old T-shirts that you don’t wear anymore, yet are hard to let go of? I started the T-shirt project a month ago, because it’s a wonderful idea to solve the question. And now, I have put all the odd pieces together.

端が不揃いだったので、余り布でかこいました。そして下の写真のように、裏布用に準備した古いシーツを下に敷いてみました。なんとなく雰囲気が出てきた感じ。まあ、自分の為だけに作ってるんだから、こんなもんでいいとしますかね。I added a border with leftover fabric to even out the edges. See below picture. I laid out the backing fabric made from an old sheet on the floor, then the front T-shirt layer on top. I guess it shows well enough what I wanted to achieve. After all, no one wants it other than myself as memorabilia. This is good enough.

この後、綿を入れてキルトサンドイッチを作ります。表、中、そして裏をシワを作らず留める作業は、全行程の要かもしれません。それが終わったら初めてチクチク縫い始める作業にとりかかれます。先は長い。So the next step is to insert a cotton batting in between the front and back fabrics, and make a sandwich. The more I learned about quilting, I realize it’s possibly the most critical step in the entire process. Now I can start quilting with a needle and a thread. It’s still a long way to go to completion.

初めてのマラソン – My First Marathon


驚かせました?笑 Did you think I am a runner?

マラソンの応援に行ったのが初めてだったんです。友人が参加していたので。 It was my first time to see a marathon. My friend was running in it.

ちょい、出遅れて、すでにスタートしてしまった後なので、1時間ほど、ブラブラしてました。今日は特別な日でもなかったと思いますが、熱気球が三つほどゆっくりと空を流れていました。When I got there, the race had started already. So I spent about an hour wondering around while waiting. I believe it wasn’t any special day, but three hot air balloons were already in the sky moving slowly towards landing places.

上の私の写真を見ると、気球のバックグラウンドはパインバレー山脈ですが、その手前はなんと私がボランティアで陸亀のために低木を植えてあげた所です。うわ、懐かしい。The picture above shows a balloon with the Pine-valley mountains in the background. In front of the mountains is where I volunteered to plant local plants for tortoises. A nice memory came back to me.

こちらは近くの学校に無事着陸した気球です。左に二人の男性が一生懸命ロープを引っ張っているのが見えます。One of the balloons had landed nearby on a school yard already. Can you see the two men pulling a rope on the lower left-side in the picture above?

なるほど、こうして畳むのねなどと、感心しながらそんな光景を見ていると、1 時間はすぐすぎてしまい、フロントランナーがやって来ました。Admiring the way balloon people worked, I learned how to handle the balloon. Time passed by quickly, and soon the first runners were here.

この大会では、フルマラソン(42.2Km)、ハーフマラソン(21.2Km)、5K、子供マラソンとかあるらしいです。警備の人に彼らも友人が参加しているハーフマラソンのグループだと教えてもらいました。This race offers full, half, 5K, and kids marathon. My friend signed up for the half marathon and these guys were also on the half marathon race according to the guards.

私の友人は彼らから30分後ぐらいにやって来ました。20Km ぐらいの地点。疲れてるようには見えません。毎朝走っているからですね。I found my friend a half hour behind the leaders at about the 12.5 miles point. She didn’t look tired at all. I thought it’s the power of her running every morning.

少し刺激されて帰って来ましたが、多分、マラソンには参加しないでしょう。I was excit from the race but I don’t think I will join the marathon.

賀正 – Happy New Year


Daruma doll is a wishing doll. When you wish, paint one eye in black, and work hard on the goal. Once you achieve the goal, paint the other eye.

何はともあれ、新しい年を迎えられた事に感謝しましょう。
At any rate, I am grateful that we could have a new year.

朝が来て、夜が来る。
Morning and night come and go.

何はともあれ、再出発。
At any rate, let’s start the new year now!