Category Archives: General

Piano Guys Concert


一昨日、12月4日の夜は雨でしたが、1時間以上かけて Cedar City の南ユタ州立大学まで行って来ました。なぜなら、大ファンの The Piano Guys のコンサートがあったからです。- I am a huge fan if The Piano Guys.  So we went to see their concert at Southern Utah University in Cedar City about an hour away from our house, even though it was raining heavily, on December 4th. 

知らなかったんですが、彼らはここセイントジョージの出身なんです。ピアノショップに来ていた仲間といつの間にかグループ活動を始めていたら、こんなに有名になってしまった。- I didn’t know this, but Saint George is their home town.  Everything started from a piano shop in St George, and through YouTube, they became so famous.

CDとiTuneでしか聞いていなかった私にとって、コンサートはびっくり仰天、想像をはるかに越えて楽しんで来ました。- For someone like me, who knew them only through CD’s and iTunes, their concert was a huge surprise, beyond my expectation.  I enjoyed the concert immensely.  

コンサートに行かなければ、わからないんですねー。だから詳しいことは秘密です。- I don’t want to tell you exactly how it went because you need to see it for yourself.  I think I rediscovered their charm through the concert.  

彼らのメッセージは、笑いの中で優しい。しかも私たちを勇気付けてくれる、そんな感じです。- Their message is always gentle through funny jokes, yet gives you courage to go through all the ups and downs of our lives.

この夜の記事が St George News 新聞に出ていました。 An article about their concert was in the Saint George Newspaper.

セイントジョージセイントジョージの素敵な野外コンサート会場 Tuacahnで収録された Million Dreams の YouTube ビデオ。 – This is a YouTube Video, Million Dreams, recorded at Tuacahn Amphitheater in St. George.

こちらは私たちの家から40分ぐらいのところで収録された素敵なビデオ Twinkle Lullaby。私のベッドルームの窓から見える景色みたい。 – This video, Twinkle Lullaby, was recorded at Kolob Canyon, about 40 minutes away from our home.  It’s just like the view from my bedroom window.

HWY 58 から 15号線 – From HWY 58 to 15


感謝祭のあった先週、カリフォルニアからの帰り道。- This post is about the way back from California in the Thanksgiving week.

シェラネバダ山脈の南端、西側から東側に行くには避けて通れない峠、テハチャピ峠があります。58号線はそこを走っています。行く時は雪の中のドライブで怖かったんですが、帰りは快晴、気持ちがいい。- We have to cross Tehachapi Pass in order for us to go to the eastern side from the western side. Highway 58 runs through there. We needed to drive through it when it was snowing on the way to the west side, but it was a clear sky on the way back.  I felt so good!

峠を越えると、そこはモハビ砂漠。そして、ジョシュアツリーの生息地。- After the pass, the Mojave desert, the home of Joshua Trees, spreads out.

こんなに雪を被っているジョシュアツリーを見たのは初めてです。砂漠地帯で暑いというイメージからは程遠い。- It was my first time seeing them with snow on them.  It’s far from the image I had had till then of living in a hot desert area.

15号線に乗り換えてもモハビ砂漠は続きますが、遠くに見える山も越えてひたすら走り続ければ、私たちの家が近いと感じられます。- The Mojave desert continues on even after we switch to Highway 15.  From that switch, it’s still a long way to go but it gives me a feeling of closeness to home.  Simply go beyond the mountain range and keep going until we reach St. George.

 

夜空の神話 – Tale of Gods in the Night Sky


ギリシャ神話の神様達は本当に自由奔放ですよね。生の人間そのまま。ゼウスポセイドンも今なら刑務所行きです。- I think that Gods in Greek mythology were free-spirited.  They were like raw humans. Both Zeus and Poseidon would need to go to jail if they lived now.

さて本題。北の空に見えるカシオペア座は、”W”の形でとてもわかりやすい星座です。このブログの為に調査してみると、椅子に座っている姿だということがわかりました。その理由は、ポセイドに処罰されたからなんです。なぜ?それがお話です。- Back to the main subject,  Cassiopeia constellation is easy to identify in the northern sky with the shape of “W”.  I didn’t know this, but the shape of “W” is the figure of Cassiopeia sitting on a chair according to Wikipedia and other sites.  It’s because she was punished by Poseidon.  But why?  That is the tale I want to write about.

全ては彼女の「自惚れ」から始まります。- Everything started from Cassiopeia’s conceit.

カシオペアはペルシャの王様の妻でした。彼らにはアンドロメダという娘がいました。カシオペアは自分と娘の美貌を自慢し、海の女神や精霊より美しいと豪語してしまいました。それを聞いた女神は激怒して海の神、ポセイドンに何とかして欲しいと訴えます。(私からしてみればカシオペアも海の女神もまるで女子高生です。)- Cassiopeia was the wife of Ethiopia’s king.  And Andromeda was their daughter.  Cassiopeia boasted about her daughter and herself being more beautiful than sea nymphs.  Sea nymphs raged when they heard it, and pleaded Poseidon to do something to Cassiopeia.  (My comment: Grow up ladies!  You act like high school girls.)

そしてポセイドンは女神の訴えを聞き入れます。ペルシャにケートスという怪獣を遣わして、災害を引き起こします。困ったペルシャの王様は神託に頼ります。災害をなくすためには、娘のアンドロメダを生贄に捧げるしかないというお告げです。アンドロメダを崖に縛り付けて生贄にしました。その姿が空に見えるアンドロメダ座なんですね。(たかが女の自惚れに、ポセイドン、やり過ぎ。可哀想なのはアンドロメダです。美しいというだけで何も悪いことしてない。あー、美貌の持ち主じゃなくてよかった!)- Poseidon accepted the plea, and sent a sea monster, Cetus, to Ethiopia to cause disasters. The king of Ethiopia didn’t know what to do with it, and spoke with the Oracle.  The Oracle said that he needed to bind Andromeda to a rock as prey for the monster, Cetus, as a sacrifice.  The shape of the Andromeda constellation we see right next to Cassiopeia is from this scene, Andromeda tied on a rock.  (My comment: It’s only women’s vanity.  Poseidon, you did, too much!  Poor Andromeda, on the other hand.  She did nothing but her mom expressed vanity.    What a relief that I am not vain.)

そこへ我らがヒーロー、ペルセウスの登場です。彼は神々の父ゼウスの息子です。お母さんは人間なので、半分偉大な神の力がありました。夜空に描かれている彼の姿は、メデューサ退治の帰り道のものです。だから、左手にはメデューサの頭を持っています。さて、アンドロメダが崖に縛られているところを見て、ペルセウスは彼女を助けます。どうしたかというと、手に持っていたメデューサの頭を怪獣ケートスに見せたんです。メデューサのパワーはすごいですね。頭だけになっても怪獣ケートスを石にしてしまうことができた。寸前のところで助かったアンドロメダは、その後めでたくペルセウスと結婚しました、とさ。(ケートスは日本神話のヤマタノオロチ、ペルセウスはスサノオノミコトににてますね。最後はハッピーエンドでよかったね。)- Then, here comes our hero, Perseus!  His dad was Zeus, the god of gods, and his mom was a human.  So, he had one half of mighty god’s power.  His figure on the sky we see is returning back from having slain Medusa.  That’s why he holds Medusa’s head on his left hand.  When he saw Andromeda on a rock in chains waiting to be killed, he decided to help her.  How did he do it?  He held Medusa’s head against the monster, Cetus.  Medusa’s power was so strong that even just her disembodied head turned Cetus to stone.  He set Andromeda free, married her, and lived happily ever after. (My comment:  Cetus’s story sounds like Yamatanoorochi, from Japanese mythology, and Perseus is like Susanoo-no-Mikoto also from Japanese mythology.)

そしてカシオペアに戻ります。その後誰からも救われることなく、玉座に座ったまま永遠に北極星の周りを回り続けることになったということです。(結局、彼女が撒いた種ですからねー。玉座の彼女の絵はそんなに可哀想でもないし。)- Now back to Cassiopea.  After Poseidon hung her on the sky, no one rescued her from there.  So she is still sitting on her throne, but needs to go around and around the north star forever. (My comment:  Seems fitting. After all, she caused all the mess.  She doesn’t look so unhappy by looking at some drawings of her anyway.)

夜空のダンス – Night-sky Dance


数日前、近くで開かれた国際ダークスカイ協会(IDA)のミーティングに参加して来ました。夜の空は暗いに越したことはない。でも、東京で育った私にはここ、St George, UT の夜空は十分暗いと思っていました。ところが、年ごとに人口が増えるにつれて急激に暗さを失って来たとのことです。詳しいことは、後ほど書きます。- We attended The International Dark-Sky Association (IDA) meeting a few days ago.  Of course, in my opinion, it’s best to have a dark sky to.  I thought we have pretty dark skies in St George, UT based on my Tokyo night sky experiences.  However, we are drastically losing the darkness as more people have moved into the area.  I will write about the IDA some other time.

今朝、月がもう少しで新月になる夜、11月24日の朝3時半ごろ夜空を観察して見ました。 – I woke up around 3:30 am this morning, November 24, 2019 and began to observe the night sky. It was good viewing since the Moon is almost new and the sky is dark enough.

ベッドルームから見える北の空。北極星を中央にして、カシオペア座と北斗七星(切れてしまって全部は入っていませんが)です。遠くにMV Rock に続く丘が見えます。- This is a view to the North from our bedroom.  I can see Cassiopeia, Big Dipper, and Polaris every day.  The hill which leads us to MV Rock is also visible on the right.

でも、お隣さんの光・・・ But our neighbor’s lights..!

改築しているせいか、家中、家の外も全部点けっ放し状態です。朝3時、誰も住んでいないし、仕事をしているわけでもないのにこの光は困ります。この光がなかったら、天の川がカシオペア座の後ろを通って見えていたかもしれない。- The entire house lights are left on all the time.  We observe that they are under construction.  But still, it’s three o’clock in the morning, no one lives there, and no one works there.  If there weren’t those lights, I could see The Milky Way running behind Cassiopeia.

こちらは南南西のオリオン座。  – This is Orion on the SSW sky.

こちらもひどいですね。この方向には球技場があり、使用後、消灯されず夜中スタジアムライトが点いていることがよくあります。オリオン座の一等星ベテルギウス、プロキオン、そしてシリウスで作られる冬の大三角形はその向こうに天の川が流れているはずです。 – This doesn’t look good either.  There is a baseball stadium in this direction.  The extremely bright lights are quite often left on all night long even after the game.  The Winter Triangle, formed by a supergiant star, Betelgeuse, Sirius, and  Procyon is also visible.  And The Milky Way should be running through there, but it is not visible.

夏になったら綺麗に見えるはずの天の川です。それまでになんとかなるでしょうか。 – It’s known that The Milky Way is more visible during Summer.  I hope we can do something about both situations by then.

ところで、オリオン座のベテルギウスはとても人気があり、西の空の牡牛座の角にも使われています。拙い絵ですみません。牛というよりウサギみたい。 – By the way, one of the stars in the constellation of Orion, Betelgeuse, is quite popular.  It’s used for Taurus’s horn as well.  Sorry for the bad picture, but see below.

そして、次の写真が私の好きな北西の夜空です。カシオペア座とペルセウス座、そしてアンドロメダ座が見えます。ギリシャ神話を読んだことがある方はこの三者の関係をご存知かもしれない。詳しいことは明日、書きます。プレビューとして、夜空のショットを添付します。 – To me, the north-west sky is the most interesting.  It’s because I can see Cassiopeia, Perseus, and Andromeda.  If you have read Greek Mythology, you already know the relationship between them.  I will write about it in tomorrow’s blog post.  For today, I want to show this image as a preview.

最後に、もう一度北の空。北極星のある小熊座を中心にカシオペア座、北斗七星(大熊座)、見えますか?一年中北極星を中心にダンスしてくれているんです。 – Lastly, I want to show the north sky image again without notes.  Can you identify Cassiopeia and Big Dipper(Ursa Major)?  And also Polaris as a part of Ursa Minor in between them?  They are there all year round, dancing around Polaris.

季節が変わる – Changing of the Season


私たちの MV Rock が煙っていた。- Our MV Rock was misty.

レッドロックが雲に隠れてる。こんな景色はこの地に引っ越して来てから初めてだ。- Red Rock mountain is covered by clouds.  It’s my first time to see such a sight since I’ve moved to this place.

昨夜から雨が降り続いている。庭に植えたかったカクタス達は来年の春までポットの中にいたほうがいいらしい。雨が止んだら零下の温度になるからだ。夜になったらガレージの中に移動できるようにワゴンに移動した。すでに植えてあるカクタスはバーラップ布で覆って寒さをしのぐことになるらしい。- It’s been raining since last night.  It seems that my cactus plants need to stay in pots until next spring.  It is because the temperature will drop down to freezing temperature at night.  I put them in a wagon so that I can pull them inside the garage at night.  For those cactus already in the ground will be covered by burlap cloth.

ビーバーダム山脈もほどんどが雲に隠れてしまった。雨は明日まで降り続くらしい。 Beaver Dam mountains are also covered by clouds. The rain will last till tomorrow according to the weather report.  

そんな雨の中でも、いつもの裏庭警備隊長のミスターQはスクッと立っている。雨の中でも、寒くても、塀の上からみんなの安全を見守っている。- Even on such rainy days, our friend Mr. Q, the chief of backyard security, is proudly standing there.  Rain or shine, cold or hot, he watches over everyone’s safety from the top of the fence.

フードゥーが起きる時 – When Hoodoos wake up


早朝のブライスキャニオン国立公園。さあ、太陽が見えてきた。 – Early morning at Bryce Canyon National Park.  Sun is coming up now.

そして、フードゥー達も起きてきた。- And Hoodoos are getting ready to wake up.

わー、真っ赤に燃えてるみたい。 – Wow, it’s like they are on fire.

おや?エッサホイサ誰かが掛け声と共に登ってくる。- Oh? Heave-ho hop hop, someone is coming up from the hoodoo canyon.  

あ、チップモンク君か。もう寒くなっちゃったけど、早朝は気持ちがいいね。- Ahh, it’s you, Chipmunk. It’s so cold, but doesn’t it feel good in the early morning?

写真家達も寒い中、夢中になってる。アシスタント(友人)は寒そうだな〜。- Photographers are also enjoying the morning.   But I am sorry for you, photographer’s assistant (our friend).  You look cold.

The Fab Four コンサート


昨夜、The Fab Four ファブフォーのコンサートに行って来ました。きゃ〜! – I went to The Fab Four‘s concert last night.  Yeah!

グループの名前の通り、(Fab はFabricate の略で”模倣”)ビートルズの模倣4人組、ビートルズを記念、賞賛しての4人組というところでしょうか。トリビュートバンドです。 – They are as the name represents, a tribute band of The Beatles.

私は知りませんでしたが、彼らはすでにかなり有名で、テレビ出演も海外公演もバンバンしています。 – I didn’t know this, but they are already quite famous.  They have appeared on TV and performed all over the world.

そんなバンドのコンサートに突然招待されて、行ってきたというわけです。コンサート最後に撮ったグループ写真。私も完璧にど真ん中に写っています。- I was luckily invited to go to a live concert of this rock band.  The picture below is a group shot at the end of the concert.  I am there in the center of the crowd.

Group Photo.

ご覧の通り、観客の平均年齢は高いです。ビートルズの活動は1960年代ですよね。その頃にファンだった人たちが圧倒的に多いわけです。でも、みなさんノリノリで久しぶりに楽しいひと時を過ごさせていただきました。コンサートの醍醐味は、観客と共に作られるダイナミクスにあるんですよね。- As you can see, the average age of the audience is quite high.  It’s because it was in 1960’s when the Beatles were active, and a majority of the audience last night were fans from that era. But still they were groovy and singing along.  I think the best part of the concert is the dynamics that is created by the performers and audience together.  This was present for sure last night.

コンサート会場は Tuacahn Center of Arts。ここには野外コンサート会場があり、レッドキャニオンをバックに会場自体がとても魅力的な所です。我が家からは車で10分の所。バンちゃんがいなかったので、友人ご夫妻がピックアップしてくれて、夜の道を運転することもありませんでした。まさにラッキーな夜でした。 – The concert was held at the Tuacahn Center of Arts.  It’s such a magestic location itself having red cliffs around the amphitheatre.  On top of that, it’s only 10 minutes away from our house.  My friend picked me up at my house because Banchan was out of town, so I didn’t need to drive in the dark.  I was indeed lucky to have such a night last night.

以下、携帯で撮った写真とビデオなので質は良くないですが、雰囲気が少しわかると思います。- Below, pictures and video were taken by my cell phone.  The quality is not good, but I hope you can get the atmospher.

Video:  Yesterday 面白いイントロで観客がわく。Funny intro made audiences excited more.

Video:  Srg. Pepper’s Lonely Hearts Club Band