Category Archives: General

父のセーター Dad’s Sweater


何度も洗って縮んでしまった父のセーターですが、私にはちょうどいいサイズになりました。だからこの4年間、山歩きには欠かさず着て行ったり、予備の防寒具として持ち歩いていました。This was my dad’s sweater. It shrunk a lot during the numerous washes, so it became the perfect size for me. I wore it pretty much every time I went out hiking for the last 4 years. Even when I didn’t wear it, I carried it as an emergency sweater.

このセーターを着て凍える冬山を何度経験したことでしょう。経験豊富なセーターなんです。I wonder how many times I experienced the severe winter hikes with this sweater in rough environments. It’s a very well worn sweater.

だから損傷がひどく、数えてみたら大小、10箇所以上の穴や綻びを発見しました。やはりリタイアさせてあげたほうがいい時が来たようです。Because of that, I found a total of 10 damaged areas, holes and torn spots. So I decided to retire it.

父の他界から4年と3ヶ月が経ちました。その間、暖かく守ってくれたセーター、ありがとう! It’s been four years and three months since my dad was deceased. Since then, the sweater kept me warm and protected me from cold weather. Thank you Dad’s sweater for all these years!

これからは父の形見としてもらってきたもう一つの品、深いワインカラーのマフラーの出番です。これも山歩きには重宝しそうです。From now on, I will use his wine red scarf for hikes. I got it as well four years ago as his keepsake.

父と一緒にいろいろな場所に行った思い出が蘇ってきました。父の他界後は、セーターと共に更にいろいろな所に行きました。これからこのマフラーでどんな所に行く事になるのでしょう。The memory of my dad and places where we went together came back to me while writing this blog. I went to many places with his sweater. I wonder where I will go with this scarf from now on.

ダンスイベント Dance Event


無事、終了しました。 Thank god it’s over.

私のスムーズ(ワルツ、フォックストロット、クイックステップ)は、まあまあでした。でも、やっぱり私には向いてない気がします。次回は踊っていて楽しいラテンダンスに集中したい。My smooth dances (Walts, Foxtrot, Quickstep) were ok, but I felt that that’s not for me. I want to focus on latin dances more which I can enjoy much more for the next event.

アイアンマンを助けられる? Can I catch an Ironman?


Ironman70.3 World Championship が今週末、土曜日に行われます。そのため、セイントジョージの町中に活気がみなぎっているのがよくわかります。Ironman70.3 World Championship is being held in Saint George this Saturday, the 18th. Already the town of St. George is becoming more vibrant with preparations for the exciting event.

すでに選手たちは続々とやってきており、それらしき人達がコースを走ったり、バイクを走らせたりしてるのを見かけます。普段からバイクに乗っている人たちは多いんですが、とりわけ高価そうなロードバイクに乗っている人たちを見ると、選手かな?って思ってしまいます。Many athletes are already here, and I see them running or biking on the streets and hills of the town to practice the course and get in shape. Especially when I see someone biking on an expensive looking bike, I think he or she must be practicing for the Ironman competition!

ご存知だとは思いますが、トライアスロンはスイム(水泳)、バイク(自転車)、そしてラン(マラソン)の3種類を走破する過酷なレースです。この大会の70.3 はフルレースの半分の距離という意味です。それぞれ、スイムが 1.9km、バイクが 90.1km、そして最終のランが 21.1km となり、km の合計ではなく、マイルを合計すると70.3になるわけです。You may know this already, but let me explain the race a little. It is a tough sport involving Swimming, biking, and running. The race title includes “70.3” because it includes a 1.2 mile swim, 56 mile bike ride, and 13.1 mile run, totaling 70.3. Note that this is considered a half-triathlon because a full one is twice this distance.

私はアイアンマンとは無関係ですが、ボランティアとして参加することにしました。18日はレースのフィニッシュラインでキャッチャーという係りをします。水やタオルなどをレースを終えた選手に渡すこと、倒れそうな選手をキャッチして擁護テントに連れて行く事などが仕事内容です。初めての経験なので、楽しみでもあり、不安でもありです。さて、私は倒れかけた選手を抱き抱えることが出来るでしょうか? Although I have never been involved in Ironman activities before, I decided to volunteer as a Finish-line Catcher. It involves handing athletes water, as well as giving instructions and information to athletes after the race. I must be able to catch an athlete in the event that they start to collapse. I am excited to be involved with this event. Though one thing that I am not sure about is the “catch an athlete” duty. Will I be able to catch them?

T シャツプロジェクト、貼りつける – T-Shirt Project – Glue


全ての T シャツパネルを繋ぎ合わせると、予想外に大きなキルトになってしまいました。クイーンサイズベッドの横幅と同じぐらい。ここから表布と裏布、その中に綿のバッティングを入れて固定するサンドイッチ作業に入ります。ピンで止めることはもちろんできます。でも、大きなサイズだから、結局ぐちゃぐちゃになりそうだし・・・と思案していました。It became quite large when I sewed all the T-shirt panels together, like a queen size bed. From here, I will move to the next step, make a sandwich with the back fabric, cotton batting, and front fabric together. Of course, I will use pins to hold it together, but I really wonder if it won’t hold and stay positioned together because the size of the quilt is so large. I wave been wondering what I can do for it for a long time.

が、「貼り付け」をすればいいんじゃん?と、ヒラメキがありました。But then, a brilliant idea popped up one day. “Why don’t I glue them together?”

まず、裏布を大きなテーブルに貼り付けてスタート。もちろん、横幅全部をカバーできないんですが、いいことにしました。少しずつ、バッティングを裏布にスプレー糊で貼り付けて、貼り付け終わった部分からクルクルと巻いていって、少しずつ、布を移動させる。この繰り返しです。I securely taped the back fabric on a large table first. The table wasn’t large enough, but that’s ok. I sprayed the glue on the back fabric, then carefully laid the batting on it. Once it dried, I rolled the glued section and moved to the next section a little at a time.

表布も同じようにして少しずつ貼り付けました。Then I did the same for the front fabric. Again, carefully, and little at a time.

糊がサンドイッチを固定してくれているという安心感が次のステップに進む勇気を与えてくれました。I don’t know if this glue method is a good way to do it or not, but it gave me a sense of courage to move on to the next step, because my sandwich quilt is now together and solid.

T シャツプロジェクト、その後 – T-Shirt Project Since Then


もう着なくなったTシャツ、でも捨てがたいTシャツ。それを集めてキルトプロジェクトを始めたのは1ヶ月前の事です。ようやく全てのピースを縫い合わせました。What do you do with old T-shirts that you don’t wear anymore, yet are hard to let go of? I started the T-shirt project a month ago, because it’s a wonderful idea to solve the question. And now, I have put all the odd pieces together.

端が不揃いだったので、余り布でかこいました。そして下の写真のように、裏布用に準備した古いシーツを下に敷いてみました。なんとなく雰囲気が出てきた感じ。まあ、自分の為だけに作ってるんだから、こんなもんでいいとしますかね。I added a border with leftover fabric to even out the edges. See below picture. I laid out the backing fabric made from an old sheet on the floor, then the front T-shirt layer on top. I guess it shows well enough what I wanted to achieve. After all, no one wants it other than myself as memorabilia. This is good enough.

この後、綿を入れてキルトサンドイッチを作ります。表、中、そして裏をシワを作らず留める作業は、全行程の要かもしれません。それが終わったら初めてチクチク縫い始める作業にとりかかれます。先は長い。So the next step is to insert a cotton batting in between the front and back fabrics, and make a sandwich. The more I learned about quilting, I realize it’s possibly the most critical step in the entire process. Now I can start quilting with a needle and a thread. It’s still a long way to go to completion.

初めてのマラソン – My First Marathon


驚かせました?笑 Did you think I am a runner?

マラソンの応援に行ったのが初めてだったんです。友人が参加していたので。 It was my first time to see a marathon. My friend was running in it.

ちょい、出遅れて、すでにスタートしてしまった後なので、1時間ほど、ブラブラしてました。今日は特別な日でもなかったと思いますが、熱気球が三つほどゆっくりと空を流れていました。When I got there, the race had started already. So I spent about an hour wondering around while waiting. I believe it wasn’t any special day, but three hot air balloons were already in the sky moving slowly towards landing places.

上の私の写真を見ると、気球のバックグラウンドはパインバレー山脈ですが、その手前はなんと私がボランティアで陸亀のために低木を植えてあげた所です。うわ、懐かしい。The picture above shows a balloon with the Pine-valley mountains in the background. In front of the mountains is where I volunteered to plant local plants for tortoises. A nice memory came back to me.

こちらは近くの学校に無事着陸した気球です。左に二人の男性が一生懸命ロープを引っ張っているのが見えます。One of the balloons had landed nearby on a school yard already. Can you see the two men pulling a rope on the lower left-side in the picture above?

なるほど、こうして畳むのねなどと、感心しながらそんな光景を見ていると、1 時間はすぐすぎてしまい、フロントランナーがやって来ました。Admiring the way balloon people worked, I learned how to handle the balloon. Time passed by quickly, and soon the first runners were here.

この大会では、フルマラソン(42.2Km)、ハーフマラソン(21.2Km)、5K、子供マラソンとかあるらしいです。警備の人に彼らも友人が参加しているハーフマラソンのグループだと教えてもらいました。This race offers full, half, 5K, and kids marathon. My friend signed up for the half marathon and these guys were also on the half marathon race according to the guards.

私の友人は彼らから30分後ぐらいにやって来ました。20Km ぐらいの地点。疲れてるようには見えません。毎朝走っているからですね。I found my friend a half hour behind the leaders at about the 12.5 miles point. She didn’t look tired at all. I thought it’s the power of her running every morning.

少し刺激されて帰って来ましたが、多分、マラソンには参加しないでしょう。I was excit from the race but I don’t think I will join the marathon.

賀正 – Happy New Year


Daruma doll is a wishing doll. When you wish, paint one eye in black, and work hard on the goal. Once you achieve the goal, paint the other eye.

何はともあれ、新しい年を迎えられた事に感謝しましょう。
At any rate, I am grateful that we could have a new year.

朝が来て、夜が来る。
Morning and night come and go.

何はともあれ、再出発。
At any rate, let’s start the new year now!

冬がくる前に – Right Before Winter


もう夜は零下ですが、日中はまだ暖かい。
It’s below freezing temperature at night already but we could still feel the warmth of the sun during the day.

鳥たちは、既に寒い冬に備えてフワフワの羽を、更にフワフワにしています。
Birds are fluffed up like fuzz balls right before cold cold winter.

今年の初め、春を迎える時に出会ったアメリカツリスガラはどこにいるんでしょうか。
I wonder where the Verdin I met last Spring is now.

こちらは、冬を迎える前のアメリカツリスガラ。
This is a verdin just before Winter.

夕暮れ、丘に登ったら、マウンテンバイクの若者が半袖、ショートパンツで楽しんでいました。
I went up a hill near sunset. A young man with short pants and shirts was enjoying mountain bike ride.

遠くの山には微かに雪が積もっているっていうのに、若者は元気だな〜!
Wow, we have snow already on the mountains in the background. It’s nice to see young energy.

金太郎飴みたい – Like a Kintaro Candy


雪だるまのクッキーを作ってみました。I baked Snowman cookies .

袋に入れてみたら、金太郎飴を連想させてくれました。I put them in a bag, and it reminded me of Kintaro candies ( It’s a stick of hard candy that has a picture of the face of Kintaro, ‘Golden Boy,’ a legendary figure in Japanese folklore, in the middle of it. The candy is made in such a way that the face will appear at any point where it is cut.)

物理学によると、自分とは金太郎飴という時間の流れを途中で切断した時に見える顔みたいなものらしい。According to Physics, oneself is not static, but flows through time. Oneself at any point in time is like a Kintaro candy’s face when cut.

ハリー バルトイア - Harry Bertoia


彼のサインがエンボスされた絵葉書二枚。和紙にインクで描かれた絵とブロンズの箱。 – Two postcards with embosed signature. One is a picture with Ink on rice paper. The other is bronze cube.

ハリー ベルトイアは彫刻、版画、宝石デザイン、また、家具のデザインなどで有名な方です。先日、その財団法人のオフィス兼画廊を訪れました。
Harry Bertoia was an artist with many roles such as sculptor, print maker, jewelry designer, furniture designer, etc. I visited his gallery/foundation office the other day.

訪れた理由は、ハリーの作品の写真が載っている絵葉書を「Thank you」カードと共に封筒に入れるという仕事をする為です。上の写真はいただいて来た2枚のカードです。法人の設立者であり、ハリーのお嬢様であるセリアさんの説明によると、寄付していただいた方々に毎月1枚づつ、12ヶ月かけて感謝の気持ちを込めて贈るんだそうです。
The reason for the visit was to do volunteer work there. The task was simple; inserting a card with a reproduction of one of Harry’s art pieces together with a thank you card into an envelope. The picture above is of two cards that I brought back home. Celia, who is the founder of the foundation, told me that she will send a different card every month for twelve months to donors and contributors.

セリアさん、そして彼女の音楽家の友人と3人で作業をしながらいろいろなお話をしたわけですが、時折、宝石のような言葉やアイディアがポロリ、ポロリと光ります。全く別の世界を垣間見たようでした。
Celia, her musician friend, and I exchanged our life experiences and thoughts while we did the task. It was one of the most memorable day that I want to treasure for a long time. Their world was so different from mine, and I was mesmerized with their words and ideas as if they were shining jewels.

彼女の大切なプロジェクトの一つは、ハリーの作品を鑑定することです。無数の作品を残して逝かれたハリーですが、彼の作品には一切サインが入っていません。何故なら「作品は偉大なる力からの授かり物」という信念を持っていたので、頑固にサインする事を拒否したんですね。本物を掘り起こすこと、偽物を排除してカタログを作る事は、困難に近いけれど大切な作業なんですね。
As a curator, one of Celia’s important projects is to appraise an art work as being a true creation by Harry, because he didn’t imprint his signature on any pieces. Many years have passed since his death, and as the value of pieces go up, it’s even more important to identify the true works and compile the Catalogue raisonné.

ご縁あって過ごした数時間、私の時間をボランティアとして差し上げた代わりに、数倍もの価値ある時間をいただきました。
I was so lucky to meet her as a volunteer. I offered a few hours of my time for her foundation, and I received something many times more valuable than what I put in.

直産チーズ – Local Cheese


正に敷地内で生産されているヨーグルトやチーズ。Hildale のフェニーファーム のお店に立ち寄りました。
We stopped by at the Finney Farm shop in Hildale, Utah. They produce yogurt and cheese right on their property.

人が5人ぐらい入ったら満員で動けないくらいの小さなお店がポツンと建っています。
A tiny building was right along the road. It’s so tiny that only five people max can go inside the shop.

一生懸命生産してくれるうちたちの写真が壁に貼ってあって、感謝の気持ちが膨らみます。
You find photos of their cows with name tags on the wall. It made me so thankful to them for the fresh products and personal service.

私たちはチェリーヨーグルトとチーズ数種類を購入して帰って来ました。ここ特有のクリッカーチーズはアシアゴチーズのようで美味しい!
We bought a container of cherry yogurt, and several packages of cheese. Kricker cheese is their own type of cheese which tastes like Asiago cheese. Umm, so good.

トゥールーリー、サリー、エイミー(牛たちの名前)、ありがとう!!!
Thank you… Truly, Sally, and Amy (cow’s names)!!!

しし座流星群 – Leonid Meteor Shower


曇り空、何故か南東方向。月もボヤッと見えただけで、しし座流星群、何も見えませんでした。
I couldn’t see the Leonid Meteor Shower. For some reason, I was looking towards the South East sky full of clouds. I only could see the hazy moon.

夜空を見ながらジッとしていたら、自分が動いているんだと気づいてしまいました。いえ、私が発見したわけではなく、もちろん、アインシュタインが「相対性理論」ですでにお話しされてます。ただ、地球上でジッとしていても、秒速 1280 km もの超スピードで宇宙を動いているっていう事実、すごくないですか?
While I was looking at the night sky, I realized that I was moving even though my body was completely still. Of course, I didn’t come up with such a great notion myself. Einstein already wrote about it in his papers on “Relativity.” It’s an awe inspiring feeling that we move 800 miles per second while doing nothing.

やりたい事をすればいい – Do What You Want To Do!


レッドクリフの崖っぷちのポケットに建てられた Tuacahn 野外コンサートホールに、ビーチボーイズがやって来た。
The Beach Boys came to Tuacahn outdoor amphitheater located in at a pocket of red cliffs.

当然、演奏自体はベストの時とは違う。でも人が作り出す「みんな元気だ〜!」という奏者と聴衆が作り出す会場の雰囲気は、やっぱりライブが一番ねと再確認させてくれる。
Of course, the performance level wasn’t as good as it used to be. But still the live music is best because the players and audience make the very special “high” moment together. The entire theater was dancing together.

ボーカルのマイク ラブはすでに79歳。将来、車椅子に乗ってでもコンサートを続けるかもしれないと思わせるほど、意欲とパワーがあった。
Mike Love, the vocal, is already 79 years old. But his will power was so great that it made me think that he might be singing on the stage even with a wheelchair in the future.

元気がなくなった時には思い出そう。「好きならすればいい。」「やりたい事をすればいい!」
“If you like it, do it.” “Do what you want to do!” I will remember that when I don’t feel energetic.

焼け跡で - Fire Ravaged Area


今年も各地で山火事があったようですが、ここレッドクリフス国立保護区でもあり、保護しているリクガメも多数焼けしんでしまいました。また、生き残っても彼らの食べ物の草木が焼けてしまったため、その意味でも苦しい状況だと聞きました。
We had many wild fires this year, including some in Red Cliffs National Conservation Area. This post is specific to one of them. Although we protect Desert Tortoises there, many of them couldn’t survive through the fire. Even for the survivors, the plants they feed on were burned as well.

今年の春、初めて間近で見る事ができた沙漠リクガメ達が苦しんでいると思うと、私の胸も苦しくなります。そこで、草植えとそれを保護するためのボランティア活動に参加してみました。
Last Spring was my first experience seeing wild Desert Tortoises. Therefore, my heart is still attached to them, and the unfortunate news gave me pain. So I participated in a volunteer project last Wednesday.

小さな苗をカメや小動物に食べられないようにする為、網で囲いを作る仕事です。
The work was simple. It involved planting small native plants and protecting them until they grow larger by adding wire cages around them. The cages are to protect them from being eaten by wild animals.

小動物の為に苗を植えるのに、小動物に食べられないようにするというのは辻褄が合わないと思われそうですが、苗が成長するまでの半年から2年間の辛抱です。小さな苗は保護してあげないと死んでしまうので、仕方がありません。苗の成長に合わせて徐々に網を取り除いていきます。
Plant plants to feed animals, but don’t let them eat? That sounds like a contradiction! It turns out we need to be patient until the plants grow larger after about six months to two years. The plants die if the Desert Tortoises eat them when they are young, but when large enough the plants can easily survive being nibbled on. We will carefully monitor them and remove the cages gradually.

レッドクリフ国立保護区はパインバレー山脈に隣接しています。パインバレー山脈で山火事があったようで、煙が立ち上っているところがよく見えました。
Red Cliffs NCA is right next to the Pine Valley mountains, and a fire started at Pine Valley the day before Wednesday. As we worked, we could see the smoke coming up from there.

ところで、ちょっと心温まるお話。この日、私は出来立ての処方箋のサングラスをかけていましたが、途中からズボンのポケットに入れて置きました。帰る時、ポケットを見ると、ない!植物博士でもあり、ディレクターでもある方に話したら、ボランティアの人たちから学生まで一斉に探し始めました。「半端じゃないこの広大な地域を探すの?」私はもう諦めていたんですが。「絶対見つかるから大丈夫だよ。」と言われて20分後、一人の若者が見つけてくれました。「ありがとう!みんなヒーローだね!!!」と言ってお別れをしました。
By the way, this is a heart-warming story. I was wearing a pair of sunglasses at the beginning of the work, but took them off and put them in my pants. When I was ready to go home, I realized that I don’t have them in the pocket or my backpack. So I asked the students, volunteers, and the professor who organized the activity if they have seen them. They started searching for them without any hesitation. It’s quite a vast area. I was actually ready to give up. But they said, “Don’t worry, we can find them.” and sure enough, they found them 20 minutes later. Wow! I said good-bye saying “You all are my heroes!!!”

思いもかけず新鮮な親切に出会え、幸せが2倍になって帰って来たような1日でした。
That unexpected kindness made me even happier that day.

自己最高 -Personal Best


先週の月曜日に膝の調子が思わしくなく、足専門の医者に診てもらいました。検査の結果、異常なし。「ガンガン歩きなさい」と言われました。友人たちには、ストレッチとリンパ腺マッサージを勧められました。そこで、翌日から両方とも挑戦してみました。 – I went to see a podiatrist on Monday of last week because my right knee had pain from time to time. The doctor didn’t find anything wrong with my knee, and said, “Don’t worry, walk more!” My friends also suggested a good stretch for me and suggested to do Lymph gland massages. So I tried both the next day.

結果、1日平均2万8千歩以上歩いてました。多分、この記録はしばらく破れないでしょう。何しろ一日中歩いていたようなものですから。普段は1日平均1万3千から1万5千歩ぐらい、ハイキングでたくさん歩いても、その日だけ2-3万歩程度です。この経験で一つ、大きな収穫がありました。- The result was fantastic. I walked more than 28,000 steps per day, everyday. I don’t think I can break this personal best record for a long time. To achieve this, I walked pretty much all day. I normally walk about 13,000 – 15,000 steps. It goes up 20 -30,000 steps when I go for a hike once or twice a week. I am glad that I did this because I found something important.

こんなに歩いても、膝が痛くならなかった!- I didn’t feel the pain in my knee despite the fact that I walked this much!

おかげで自信がつきました。ストレッチとリンパ腺マッサージの効果でしょうか。- I gained confidence from this. I should also thank the stretching, as well as the lymph massage.