Tag Archives: Bighorn Sheep

最後の目 The Last Eye


さあ、最後の目です。この目には帰り道、ワイオミング州の道路沿いで出会いました。Right! This is the last eye. Eye #6. We met this eye at the side of the road in Wyoming on the way back home.

北アメリカの陸上動物の中で一番の俊足と言えば、プロングホーンだという事をご存知ですか?時速80キロで走ることができると言われています。ピューマやボブキャットなどから逃げ切るために必要なスピードなんですね。6番目の目はプロングホーンでした。 Do you know that the fastest land animal in North America is the Pronghorn? It’s known that they can run over 55 mph. It’s also said that it is necessary for them to outrun Puma, Bobcat, etc. with such great speed. The #6 eye was a pronghorn’s eye.

プロングホーンのメスにも角が生えてくるようですが、大きくならないし枝分かれもしないようです。このプロングホーンは多分オスなんじゃないかと思うんです。なぜならまだ小さいですが、抜け落ちたツノの一部がまだ残っているように見えるから。(自信無いけど)Both male and female pronghorns have horns, but female horns won’t grow big, and won’t branch out like male horns. I think the pronghorn in the picture below is male because I see a tiny bit of horn remaining from the previous horn that fell off. (I have zero confidence in this though. hahaha)

こちらはメスのプロングホーン。角が小さいこともそうですが、なんと言っても乳房が見えてますからね。This one, on the other hand, I know is a female pronghorn. It’s because the horns are so tiny and I can see the swelled udder.

こっちはお母さんの後をついて歩いてる子供。 This is a cub following its mom.

プロングホーンの角は毎年ぽろりと抜け落ちるそうです。その意味ではシカの仲間のようでもありますが、なんと、抜けた後もちゃんと小さい角が残るので違うんですね。(詳しい解説はこちら)でも、角が全く抜け落ちない牛やヤギとも違う。プロングホーンの角は面白いです。 Pronghorns shed their horns and regrow them annually. From that sense, they are like the deer family, but the amazing thing is that they keep small horns even after shedding their horns. So, they keep horns like the cow family, but they also shed horns like the deer family. Isn’t it interesting? (Read the detailed description on this page.)

そこで、今回の旅で出会った角のある動物について調べてみました。 It is so interesting that I reviewed the land animals with horns or antlers that we met during the trip.

基本:大きくウシ科とシカ科に分類される。ウシ科の角は生え変わらない。オスもメスも角がある。シカ科の角は1年ごとに生え変わる。オスのみ角があり、枝分かれして複雑な形になる。

Basic fact: The horned/antler animals are mainly grouped into the cow family, and the deer family. The horns of the cow family stays on their head, and both male and female have horns. On the other hand, the antlers of deer family species fall off and regrow annually, and only the male has antlers.

シロイワヤギ:ウシの仲間なので、オスもメスも生え変わらない。先の方が黒光りしてますね。年が経つにつれてもっと黒くなるのかな。今回、大接近できて幸せです。

Mountain Goat: This species is in the cow family, so the horns stay on their heads, and both male and female have horns. The tip of the horns are black and shiny. I wonder if they will become darker as they age. In any case, I am very happy seeing them during this trip.

ビッグホーンシープ:ウシの仲間なので、オスもメスも生え変わらない。ネバダ州のバレーオブファイヤー州立公園でのショット。角は年輪の役割を果たしているので、角の輪を見て年齢がわかるそうです。

Bighorn sheep: This species is also in the cow family, so the horns stay on their head, and both male and female have horns. The ram in the picture is from Valley of Fire State Park in Nevada. A growth ring is created annually on the horn, you can estimate the age of the bighorn ram.

ムース(ヘラジカ):シカの仲間なので、オスのみ毎年角を落として、新しい角が生えてくる。今回、メスを見ることが出来ましたが、オスはまだです。次回の目標です。

Moose: This species is in the deer family, so only the male grows antlers, and annually sheds and regrows them. It will be my next challenge to see a bull moose.

まとめ:角の観点から、プロングホーンは牛にもシカにも属さない特別な存在だということがわかりました。分類学上でも、プロングホーン科、プロングホーン属の中のプロングホーン種です。今でこそワイオミング州近辺ではよく見かけるプロングホーンですが、狩猟や人間の土地利用などの影響で絶滅寸前の時もありました。でも、さまざまな人の努力の結果、回復できました。よかったですね。

Summary: By observing the horns, we could understand that the pronghorn is quite a unique horned animal. The scientific classification is, Antilocapridae family, Antilocaprinae subfamily, Antilocaprini tribe, Antilocapra americana. We can see them in Wyoming these days, but they nearly went extinct at one time in the past because of overhunting and land use changes. But fortunately the population recovered due to the work of many people.

注:きりんやサイのツノも特別ですが、そちらはウェブサーチしてお楽しみください。

Note: The horns of giraffe and rhinoceros are also very unique, but I will leave it for you as a joy of research.

近すぎる遭遇 – Too Close Encounter


#3 の目にはグレイシャー国立公園ローガンパスから出発して、隠れた湖 (直訳)、Hidden Lake に通じる山道で出会いました。We met the #3 eye on the trail to Hidden Lake from Logan Pass in Glacier National Park.

ボウマン湖で出会ったカップルの貴重な情報、朝6時前ならチケットなしでも公園に入れること。また、ローガンパスは断然おすすめ場所であること。そしてそのためには公園内に5時前に入らないと駐車場が満杯になってしまう事などに従って、私たちは朝3時に起きて宿を出発しました。We woke up at 3:00am and left our motel on that day because the couple we met at Bowman Lake advised us to do so. Anyone could go inside the park as long as you went in before the park opened at 6:00am. But to get to Logan Pass Visitor Center parking, we should go inside the park before 5:00am. Otherwise you can’t find a parking spot.

駐車場に着くと、まずは驚きの歓迎に会いました。かなり角が大きく成長したビッグホーンシープ(オオツノヒツジ)のお出迎えです。When we arrived there, we had a surprise welcome by a few bighorn sheep.

怖くて車から出られなかった私たちは写真を撮ることができませんでしたが、携帯でようやくビデオを撮りました。旅慣れた人たちは平気で外を歩いているのに、臆病な私の慌てぶりがビデオにも出ています。We were so afraid of them, we didn’t go out and take any pictures. I realized that I could at least take a video with my cell phone, so I did. Some people were walking so casually as if nothing is happening. But you can almost see how scared I was of them when they were close to our car in the video below.

ローガンパスはアメリカ大陸分水嶺のライン上にあることでも有名です。つまり、全ての水はここから分かれ、大西洋か太平洋に流れていくんです。Logan Pass is well known as it’s on the line of the Continental Divide of the Americas. Water will drain into either the Atlantic or Pacific oceans, depending on which side of the divide it is on.

ここから出発するハイキングコースはいくつもありますが、Hidden Lake への山道は多分、もっとも人気があると言っていいでしょう。There are many hiking trails starting from here, but I think the trail to Hidden Lake is one of the most popular courses because the setting is simply so pretty.

展望台までなら1時間ぐらいと短いので、私たちは湖畔まで降りて行くことにしました。朝日を受けて浮かび出てきた湖畔の丘。遠くに氷河が霞んで見えます。It takes only one hour to get to the overlook of Hidden Lake, so we decided to go all the way down to the lake shore and back. Sunlight started shining on the mountain by the lake. A glacier is visible at the most distant peaks to the left of this mountain.

おや?ジリスが落ち着かない様子。そういえば、湖の展望台のあたりが騒がしい。 Oh? Something was wrong. The ground squirrel was restless. I noticed that there was a lot of movement and many people were around the overlook.

バンちゃんはすでに走って行きました。人の隙間から覗くと、いた!彼がいた!3番目の目の持ち主はシロイワヤギでした。Banchan was already running ahead. I peaked through between people there. Then wow, I found him. It was the owner of the #3 eye, Mountain goat.

またしても、望遠レンズをつけていたので、顔だけの写真。また会えるような気がしたので、これでヨシとしました。I had again my 800mm lens on the camera. So this is it. I could take only a head shot. But for some reason, I was all right because I sensed that I could see him again later.

遠くにグリズリーベア(ハイイログマ)の親子を見ながら湖畔へと降りて行きました。We went down the hill, carefully observing a mother grizzly bear and her two cubs at a distance on the same hill.

湖畔でひと時を過ごしたのち、再び丘を登って帰り道に向かう途中の山道です。白い物が前の方からやってきました。After a short break by the lake shore, we came back up the same hill we came from. And it happened. I saw a white thing coming down towards me on the trail.

ウソ、シロイワヤギじゃないですか。どうしよう。一本道ですよ!Oh, No! It’s a mountain goat. What should I do? The trail wasn’t wide enough for a goat and a woman to pass by each other.

彼と私の目が合って立ち止まり、しばらく考え込んでいましたが、こんな風に足のチェック?それとも日本人の私にお辞儀でご挨拶?戦闘準備かな?ツノって、何に使うんだっけ?ハテナマーク続出です。The mountain goat paused and we were eye to eye with each other. I don’t know how long he was stopped and thinking, but I felt it was a long time. Then he started doing things like in the picture below. Is he checking on his leg? Or is he bowing to me because I am Japanese? Or, is he preparing for a fight? I wondered what their horns were for. So many questions ran through my mind like a storm but no answers for them.

ともあれ、道の端によけて息を凝らして待ちました。その甲斐あってか、彼は私の横を通り抜けて行ったのでした。I tried to stand at the edge of the trail as much as I could, and simply waited for his next action. Then he decided to walk by me. My effort, not do anything, might have worked.

その後、彼は斜面を登って、高い高い場所へと移動して行ったのでした。After that, he went up to a much higher place beyond the grassy area.

汗ダラダラ、ドキドキの出来事でした。勿論、シロイワヤギに会いたと思っていましたが、これ、近すぎです。きっと1分足らずの短い出来事だったと思います。でも、きっとこれから先も「近すぎる遭遇」として忘れないでしょう。What an experience! I was sweating to death. Of course, I wanted to see Mountain goats, but it was way too close. It was only less than a minute but I won’t ever forget it as “a close encounter a bit too close”

ちなみに、以下、バンちゃんが撮った写真です。赤いバックパックが私です。By the way, the picture below is Banchan’s shot. The red backpack is me.

コロラド国定公園 – Colorado National Monument


グランドジャンクションの町のすぐ近くに、コロラド国定公園があります。この公園の見所はモニュメント渓谷でしょう。
Colorado National Monument is right outside of Grand Junction. The highlight of the park is Monument Valley.

ここは、世界4大自転車レースのコースになったことで、一躍有名になったそうです。確かに世界級のプロじゃないとリムロックドライブの坂は登れそうにないですね。
The park became well known especially after being selected as a stage of one of the major bicycle races in the world. Indeed, the slope of Rim Rock Drive is so steep that only world class cyclers can survive through it.

冬の公園は雪化粧して、とても綺麗です。反面、ハイキングコースが閉鎖されていることが多く、あまり散策ができません。この公園でも歩くことができなかったので、ビッグホーンに期待しました。「絶対に会える」と、友人が確約してくれたからです。
In general, any park in winter with snow is so pretty. On the other hand, most often you can’t hike much due to trail closures. Unfortunately we couldn’t hike in this park either. So we hoped to see Bighorn Sheep even more. My friend said, “I guarantee that you will see Bighorn Sheep today.”

「確約」とは大袈裟な。でも、夕暮れ、あきらめかけていた時に、見つけた!
Who could “guarantee” such thing? Around sunset, I was so close to giving up, but then we found them!

お父さん。Father

お母さん。Mother

子供達。And children.

零下の気温の中、次の春までガンバレ!Even under below freezing temperatures, you guys are so tough. Live well until the next Spring!

ビッグホーンシープ – Bighorn Sheep


長いトンネルを抜けると、メサの世界が広がっていた。(本当の名前がわからないので勝手につけた名前ですけど)- After a long tunnel, the Mesa world appeared before our eyes. (I am calling it as “Mesa” but don’t know the real location name.)

そこで出会った。- And then, we met her.

モグモグ、何か用? – Munch munch, what’s up?

つぶらな瞳で見つめられると、「失礼しました」と言いたくなってしまう。 – I have to say “Sorry for disturbing you!” when she looks at me with such big cute eyes.

ザイオン国立公園内、西口から入り東口に抜けるためにはトンネルを通過する。通過した直後ぐらいでビッグホーンシープに遭遇した。たぶんメスです。同じ場所、これで3回目。お気に入りの場所なんでしょうか。 – From the west entrance of Zion National Park, you go through a long tunnel in order to get to the east entrance.  I met Bighorn Sheep on three separate visits right after the tunnel.  It must be the place they like.  This particular sheep is female by looking at the horns.

メサの世界は穏やかに美しい。荒い流れでザイオン渓谷を作り上げたバージンリバーが流れていないせいだろう。 – The world of Mesa is gentle and beautiful.  I wonder if it’s because the Virgin river does not run through this part of the park.

Zion, Bryce 国立公園


Zion 国立公園の特徴は?

ちょっと答えに戸惑ってしまうんですが、

「ヨセミテ国立公園に似ているところがある」

が、私の答えです。それにもう少し付け加えると、ヨセミテの巨大な岩は花崗岩ですが、ザイオンはナバホサンドストーンと言われる赤い砂岩です。両者とも、浸食作用によって渓谷が形成されましたが、ヨセミテは雪渓により、ザイオンはNorthfork Vergin 川によって侵食されました。

フムフム、だんだんイメージが湧いてきましたね。で、これが西側の入り口入ってすぐにある、ビジターセンターの近くからの景色。IMG_6256

公園内にはザイオンロッジしか宿泊できる場所がないので、キャンプ生活をしない人は大抵、西口近くの公園外に宿をとります。また、園内はシャトルバスのみの移動になるのでビジターセンターに止めて、始発と終発の時刻チェックは必須です。また、Flash Flood (突然の激流)などを警戒するために、ビジターセンターのレンジャーと話をすることお勧めします。IMG_6268

加えて言うなら、「夜写真を撮りたい時はどうしたらいいの?」と思ったら、レンジャーに聞いてみることです。最終バスが7時ごろですから、当然園内に入れないわけです。また、当然宣伝もしていないので聞くしかないんです。で、10分ぐらいの雑談の後、特別許可証がもらえるんですねー。一晩限りです。チョビッと秘密にしておきましょうね。

さて、私たちは東口の外、30分ぐらい走ったところに宿をとったので、というか、夏休みを過ぎても宿が取れなかったので渋々とった宿に向かって公園内をスルッと通過します。いつものように、私の写真は80%が車の中からのショット。IMG_6270

だから、ISOをグッとあげて手ブレを防ぐしかないんですね。半分以上はロクでもない結果となるので半分は即捨てます。このショットはサイドビューミラーショットの中でもいい方です。IMG_6283

ユタ州は気持ちがいい。IMG_6287

トンネルを抜けて西側の出口が近くなってきた頃、おやおや?車を止めて景色を撮っていたら路上に車が止まってるぞ。。。_MG_9902

うはっ、zionのシンボル的な存在のビッグホーンシープが路肩の上から見守っているではありませんか。初っ端からお出迎え?ウレシや。_MG_9908

このショット、実は遥か彼方から撮ってます。そろりそろりと歩いて行ったら、ぴょんぴょん〜っと崖の陰に消えていってしまいました。

ささ、私たちは先を急がなければいけません。まずは宿にチェックインしなければ。_MG_9949

夕食をとり、夜間入園許可証を持って再び戻ってこなければ。夜空の写真を撮るためです。20150928-IMG_6434

あたりは谷間で真っ暗。あいにく月が出てきて崖の斜面を照らし出す。何はともあれ闇の中で1、2、3、4、と数え始める。露出時間を計るためだ。

22秒数え終わりそうな頃、流れ星がすっーっと流れた。天の川は見えなかったけど、ビッグホーンに流れ星、初日から嬉しいお出迎え。20150928-IMG_6438