Monthly Archives: April 2020

私は誰? – Who am I at Mojave Desert Joshua Tree Rd


はい、私は誰でしょうの時間です。 – Here we are.  It’s time for “Who am I?”

1番の方どうぞ。まつげが愛らしい。 –  Number 1:  Oh, you have lovely eye lashes.

2番の方。モハークのような髪型ですね。 – Number 2: Your hair style is like a mohawk.

3番の方。思いっきり正面からですね。 – Number 3:  Wow, from the front.

4番の方。横顔ですか。 – Number 4:  Side view.

5番の方。あら、シッポのようですね。Number 5:  Hmm, it looks like a tail.

回答は次回のブログにて! – Look forward to finding the answers in the next blog entry!

Mojave Desert Joshua Tree Rd、日本語名がないので英語で残します。モハビ砂漠のジョシュアという木がたくさんある道。南の入り口近くに Woodbery Desert Study Area がありますが、何かがあるわけではありません。ウェブサイトもないので詳しいことはわかりませんが、Woodbery という人がかつて砂漠の研究をした場所らしいです。数カ所、やはり4輪駆動車が欲しい場所がありました。景色はいいですが、他と比べて特別優れているものがあるわけではありません。人は見かけませんでしたが、ちょっと興奮する生き物に遭遇しました。 – Mojave Desert Joshua Tree Rd is a quiet road.  You will find Woodbury Desert Study Area near the south entrance, but you find nothing other than a sign.  I looked for the website, but it doesn’t exist.  It seems that Mr. Woodbury intensively studied the desert in this area, so it’s named this way.  It’s not a super rough road, but I recommend 4WD to go through it.  The view is nice but nothing special compared to other areas.  We didn’t find any people, but we did find interesting creatures there.

コットンウッドの木 – Cottonwood Tree


コットンウッドの木は2番目に好きな木です。(ちなみに、一番好きなのはアスペン、3番目は樫の木。) – Cottonwood trees are my second favorite trees.  (Aspen is by far my most favorite, and Oak is the third.)

秋、ザイオン国立公園にて。去年の10月撮影。 – Fall: An image from last October in Zion NP.

冬、これもザイオン国立公園にて。去年の12月撮影。 – Winter: An image from last December in Zion NP.

そして今は春、サンタクララ川沿いにて。先週撮影。- And Spring: I took these images last week at Santa Clara River Preserve.

珍しい木でもないんですが、好きです。こんな風に、川沿いに生育しています。- You can see them everywhere, but still I like it.  They grow in places like this by rivers.

名前の由来はなんだろうと思っていたんですが、理解できました。春になると綿毛のようなのが木の枝から垂れ下がっています。- I was wondering about the origin of the name.  It is because chunks of cotton-like white fluffy things hang down from trees in Spring.

今まで気づかなかったんですが、雄株と雌株があり、雌株にだけ実ができて、時期が来てパカンと割れてフワフワの綿毛が出てくるんですね。- I didn’t know this.  Cottonwoods have a male and a female tree, and female trees hold seeds.  When the time comes, seeds crack open, and cotton-like white fluffy things come out from them.

ポプラとも、ヤマナラシとも呼ばれています。ポプラと聞くとちょっと洒落てる印象ですが、ヤマナラシは昔話に出てくる妖怪みたい。風が吹くとザワザワと、まるで山がなってるみたいだから付いた名前でしょうか。- It’s called “Poplar” as well.  In Japanese, it’s also called “Yamanarashi (the literal translation is ringing mountain)”.  It probably came from the sound when winds blow trees.  It creates a sound like a mountain howling.

花粉症の私は、この綿毛を見ただけでクシャミが出てしまいます。夏の印象はあまりありません。春は花粉症なのでちょっと苦手です。でも、秋と冬が断然美しいコットンウッドの木。2番目に好きな木です!- I have bad hay fever, so I start sneezing even when I simply see the fluffy thing.  I don’t have a strong impression of them in Summer and in Spring I don’t like them because of hay fever, but I love them in Fall and Winter, my second favorite trees!

今日のおご馳走 – Today’s Treat


花粉症に悩まされてしばらく外に出られませんでした。でも、窓の外は大忙し。 – I couldn’t go out for a while due to bad hay fever.  In the meantime, I noticed commotions in my backyard from time to time.

今までは巣作りの材料運びだったのが、食べ物に変化しています。前回の木の種に比べると、今日はおご馳走です。 – The stuff that Wren carries has changed from materials for their nest, to food.  It looks quite a treat compared to the tree seed he brought back last time.

落とさないように、ジャンプ。- Without dropping it, jump!

速い!巣に着いた瞬間撮れてません。 – Wow, it was fast.  I missed the moment it landed on the treehouse.

そして、さっさと顔を出して、 – The wren has already come out, and is ready to take the next action.

飛び立って行きました。 – Off he went.

もう産卵されたんでしょうか。巣に近寄ってはいけないと思うので家の中からの観察です。 – I wonder if it has already laid eggs in there.  I am observing only through a window since I don’t want to disturb them.

おかえりスパイニィ – Welcome Back Spiny


「一年間のご無沙汰でしたね、サバクハリトカゲさん。」 – “Oh, it’s you, Desert Spiny Lizard.  It’s been a year since I last saw you!”

「冬眠はいかがでしたか?」 – “How did your hibernation go?

「早速お出かけですね。どちらへ?」 – “You are going out already.  Where to?”

「ところで、気がつかなかったんですが、口の横についている大きな溝は耳ですか?」 – “By the way, I didn’t notice it before, but what is the oval dent on the side of your mouth?  Your ear?”

「あのさ〜」と、トカゲさん。- “Look!” said the lizard.

「そっとしておいてくれる?」 – “Can’t you leave me alone?”

「失礼しました。ともあれ、お帰りなさい!」 – “Oh, sorry!  Anyway, welcome back!”

巣箱をどうしよう? – What Should I do With the Birdhouse


あ目上がりの夕暮れ、気持ちがいい。MVロックから出る雲は、まるで空をかき回しているよう。 – Below is a sunset view after rain.  It simply gave me a pleasant feeling.  A thick cloud coming out from MV Rock is like an arm swirling things around in the sky.

チトルパの木と枝にかけてある鳥の巣箱。4月11日の夕暮れでした。- This is our birdhouse hanging on a branch of the Chitalpa tree.  I took this photo on April 11th.

その翌日、木の調整をしてもらい、すっきりしたチトルパ。こちらは4月20日の撮影。たった10日の間に若葉がたくさん出てきてくれました。気持ちがいい。 – This is the same tree after being trimmed by a tree service the next day.  I took this photo on April 20th.  It’s only 10 days after the picture above was taken, but you can see so many new leaves have come out.  I can feel the energy from young leaves.

ただ、低い枝がなくなったので、高い枝から巣箱を吊るすことになりました。木を切ったり、場所替えしたりしただけでも鳥たちの反応が心配だったのに、さらに最悪の事態が起こりました。前日の強風で巣箱が落ちてしまったんです!- Because we lost the lower branches, we hung our birdhouse from higher branches.  We worried about the noise from cutting branches and the relocation of the birdhouse, but something even worse happened.  The birdhouse fell from the branch because of wind!  We had a very strong windy night, and the wind was simply way too powerful.

落ちてしまった巣箱をどうしよう。中を開けないまま、ベンチに置いてあります。もうシロハラミソサザイたちは戻ってきてくれないかもしれない。しばらくこのまま様子を見ましょうか。ごめんなさい、ミソサザイさん。- What should we do with the fallen birdhouse?  We placed it on top of a bench without opening it.  Bewick’s wrens may never come back to this birdhouse anymore.  Well, we will monitor it for a while.  I am sorry, wrens!

一等賞の虫取りサービス – Bug Catching Service Winner


裏庭のバラは鳥たちのおかげで健康そのものです。とりわけ、アメリカツリスガラの虫取りサービスは丁寧です。 – Thanks to birds, my rose bushes in the backyard are so healthy.  Verdin’s bug catching service is especially thorough.

もう葉が生い茂ってきたのでよく見えないんですが、毎日たくさんとってくれているようです。 – They come every day and catch many bugs, though I can’t see them well anymore due to densely grown leaves.

感謝です。中でも、このアクロバットアクションは、断然、一等賞をあげたい。薔薇の棘の先に、ほんのわずか右足の足指の一本をかけてバランスを取っている。 – I greatly appreciate them for their efforts.  Look at this acrobatic action.  I want to give this Verdin the first prize.  It balanced well by hooking the tip of one of its claws on its right foot onto a rose thorn.

ホワイトロック野外劇場 – Whiterocks Amphitheater


ホワイトロックスノーキャニオン州立公園の北の方にあり、他の赤い岩とは対照的な存在です。 – Whiterocks is located at northern part of Snow Canyon State Park.  As the name indicates, its white color creates a contrast to the red rocks in the park.

私たちはその中心部にできた野外劇場と呼ばれる所にに行ってみることにしました。 – We decided to go to the Amphitheater naturally created in the Whiterocks.

駐車場から最短コースなら約 1.5 km ですが、私たちは溶岩流でできた洞窟側からの8 km ほどのコースを歩きました。 – It’s only 0.9 miles from the closest parking lot, but we took a longer way, about 5 miles through Lava Tubes Trail.  雨が降りそうで降らない、雲の変化が激しい日でした。途中で振り返ると、渓谷の景色が広がります。 – The cloud formations in the sky changed a lot from sunny to almost rain but it made our hike more interesting.  A gorgeous view spread out in front of us when I looked back.

ついつい見とれてしまいますが、いよいよホワイトロックに向かいます。- What a sight it was, but we should move on.

遠くの方で雨が降っているようです。でも、こんな風に風化された岩を見ると先に進まずに入られません。 – We could see that rain had started far away, but seeing a rock like this motivated us more to go forward.

だんだん傾斜も急になってきました。左側がナバホ砂岩層で右のボコボコしている方がカーメル層。私たちは違う2層の間を登って行きました。- The slope got steeper.  Navajo Sandstone is on the left and the Carmel Formation is on the right.  We walked through between the two formations.

ついに野外劇場に着きました。もちろん、十分にソーシャルディスタンスを取っています。音響効果がどんなものか知りたくて、つい歌ってしまいました。気持ちいい! – Here is the Amphitheater.  We kept more than enough social distance while there.  I couldn’t resist the urge to test out the sound effects, so I started singing.  What a great feeling!

歩いてきた方を見上げると、まだ雪が残るパインバレー山脈が見えます。 – When I looked back, I could see the Pine Valley Mountains with snow on top.

下を見ると、ナバホ砂岩層。クロスベッドが水の流れによってゆっくりと形成されていった過程が想像できます。 – When I looked down, there is the Navajo Sandstone Formation.  I could imagine that the layers of cross-bedding by currents formed slowly.

遠い太古の出来事。 – It all happened at time immemorial.

今から1,000万年後にはどんなになっているのでしょうね。 – I wondered what would be happening 10 million years from now.

当然、私たちは生きていないんですが、ふぅ〜っと時空を超えた世界を想像すると世の中の雑念が消えていくようです。- Of course, we won’t be alive then, but imagining like that, going beyond the time and space, clears my worldly thoughts.

こんな表面も風化作用で砂になり、砂丘になり、もしかしたら新しいクロスベッドが形成されるかもしれない。 – The surface of the rocks like this could become a sand hill or new cross-bedding in the future.

しばらく意味のない思いに浸っていたかったんですが、遠くに見える雨雲に追い立てられて帰途につきました。 – Although I was enjoying my meaningless thoughts, the rain clouds told us to go home as they were approaching closer to us.  So we went home.