Tag Archives: bird

アメリカツリスガラ – Verdin


10月半ばごろのショットです。- These shots are taken around mid-October.

アメリカツリスガラは、北米大陸の南の方にのみ生息する最も小さい鳥の仲間です。体長約10cm、黄色い頭に赤い肩が特徴です。小さくてじっとしていない鳥、私にとって撮影するのに難しい鳥の部類です。将来は黄色か赤い花、もしくはカクタスの中にいるところをバシリと撮りたいです。  – Verdin lives only in the southern part of North America.  The body length is only about 4 inches, one of the smallest birds in North America.  The yellow head and red shoulder patches are its characteristics.  In my opinion, it is one of the most difficult and challenging birds to take pictures of. It is in my Want To-Do list to take pictures of Verdin in a scene with yellow or red flowers, or cactus.

渡り鳥ではないので、冬用の巣を小さいけれど夏の巣よりがっしりと作るそうです。もう見かけないのですが、もう一度家の周りを観察して見ましょう。 – It’s not a migratory bird, so it builds a roosting nest for winter.  It’s smaller, thicker and more robust compared to the summer nest.  I have not located the nest so far. I should look around the house for their nest one more time.

かくれんぼ – Hide and Seek


おや? – Oh?

これは・・・ – This could be…

そんなに隠れてもシッポが出てるよ。お顔見せて! – I understand that you think you are hiding, but your tail is sticking out.  Can I see your face?

あ、出てきた。私たち、会ったことあるよね?  – Thank you for showing your face.  Have we met before?

やっぱり、そうだ。あなた、ここで生まれたミソサザイのレンちゃんでしょ? – Yes, it is you, isn’t it?  Aren’t you the Bewick’s wren who was born here?

元気してた?もう寒くなったけど、大丈夫? – How have you been?  Are you all right?  It’s getting cold these days.

また来てね。他の兄弟達にもよろしくね! – Come again.  Say hi to your siblings!

続きがあります。上の写真は8月末のものです。 – The story doesn’t end yet.  The pictures above are from the end of August.

たぶん同じミソサザイが10月末にもう一度来てくれました。そのときの写真は以下です。 – The same wren, I guess, visited our backyard again at the end of October.  Here are images from then.

ところで、ラップトップと写真エディタの互換性がなくなってしまい、新しい写真の編集ができなくなってしまいました。新しいラップトップか、新しい編集ツール、どっちにしようか考えています。 – By the way, I have encountered a laptop and photo editor compatibility issue recently.  It means that I can’t edit new pictures!!!  My laptop is old, but it’s still working fine.  I’ve been thinking whether I should get a new laptop, or a new editor.

レンちゃんどう思う? – Wren, do you have any suggestions for me?

成長したコンドル – Condor Has Grown Up


カリフォルニアから友人が訪ねてきてくれたので、ザイオン国立公園に行ってきました。 – We went to Zion National Park again because our friends visited us from California.

勿論、1K (コンドルの名前) がハイライトでした。(コンドルの赤ちゃんのブログ参照)遠くから見るだけなのでわからないはずなのに、仕草でしょうか。成長したなと感じました。前回見たときの岩には停まっていないし、もう大きな子供という感じ。 – Of course, we went to see 1K the Condor.  (see my blog about Condor baby) as a highlight.   We can see it only from far away, so we can’t see great detail, but we still could recognize that it has grown up to be a juvenile by the way it acts.  It (we still don’t know the sex yet) wasn’t perched on the rock where we saw it last time anymore.

こんな風に飛べたりするし。- It can fly like this already.

コンドルは食べ物を求めて1日に200km以上も飛んで行けるそうです。青年になって自分で餌を探すようになったら、もう、ここでは見られなくなるのかと思うと寂しいです。- A Condor can fly more than 100 miles a day in search of carrion.  When it becomes a young adult and is able to search for food by itself, we most likely won’t see it here anymore.  I’ll miss you, 1K.

1K、もう一度会えるかな?  – Can I see you again…?

ところで、何か言っていますが遠すぎて聞こえません。 – By the way, it is saying something, but can’t hear it as we are so far away.

そうか、自己主張の強い時期になってきたんですね。- I see.  It has reached the age where self-assertiveness appears.

どこにでもいるメキシコマシコ – House Finches Everywhere.


カリフォルニアに住んでいた時も裏庭でよく見かけたメキシコマシコです。様々な環境に適応できるたくましい鳥なんですね。 – These are House Finches which I often found in our backyard when we lived in California as well.  They are quite sturdy and can adapt themselves into variety of environments.

トカゲの国 St George で、しかもオコティヨの枝に見つけると、見慣れていたはずなのに、違う鳥を見ているみたいで少し嬉しくなります。 – They are quite common birds, but it gives me new excitement as if they are different birds when I see them on Ocotillo branches in Saint George, which I like to call lizard country. 

クレオソートの中にいたメス。くちばしのあたり、綺麗にしておいた方がいいですよ。 – I found a male House Finch on a branch of Creosote bush.  You better clean up around your beak.

あー、そうか。お食事中でしたか。 – Oh, excuse me, it’s your lunch time.

なるほど。クレオソートのあたりでよく見かけると思ったら、棉ボールの中には種が入ってるんですね。綿毛の中から種を取り出して、それを食べてたんだ。だからお口の周りに綿毛がくっついてるのね。 – Now I understand why I find them in Creosote bushes often.  There are seeds inside the fluffy puff balls.  House Finches carefully extract the seeds and eat them.  That’s why the fluffy things are around his beak.

 

Verdin を求めて


Verdin という鳥は黄色い頭にオレンジ色の肩パッチを持つ 10 cm ぐらいの小さい鳥です。日本語ではアメリカツリスガラという名前を持つようです。

まだいいショットが撮れていません。これが目下のベストです。

日本語のツリスガラという面白い名前は、巣を木の枝などに吊るようにして作ることが由来らしいですが、アメリカツリスガラはちょっと違うようです。

こちらが前庭にあるChollaカクタスに作られた巣。入り口は上じゃなくて斜め下。

チュンチュンという鳴き声は聞こえるものの、すごく小さくてジッとしていないので見つけても撮れない。

きっとチャンスは訪れる。期待して探し続けます。

真昼のマーチ


昼下がり、静かだと思っていたのに騒がしい。
わー、窓の外、ウズラの巨大家族の大行進!!!

慌ててカメラを持ち出したので、ボケてます。40から50羽ぐらいいたと思います。気が付いた時にはすでに半分ぐらい隣の庭に飛び降りていたと思います。

はて・・・そんなに卵を産むとは思わないんだけど、2-3家族一緒に行動するのかな?調査が必要ですねー。

すごく若いのからちょっと成長しているのまで、いろいろ混ざっている感じです。

しばらく見なかったので、どうしたのかなぁと思っていたんですよね。

こんなに大群で訪問を受けるとは思いまよりませんでした。

こんな騒動にミソサザイは起こされてしまいました。

もうちょっと静かにしてくれない?こっちだって頑張ってるんだよ。

こちらは後どのぐらいでしょうか。楽しみですねー。

おっと、まだ小さすぎてついていけないウズラがいます。

塀が高すぎて飛べない・・・!

どうしよう〜?パティオをウロウロしています。

ようやくベンチの背に飛び乗って、なんとか塀の上まで登れました。

よかったね〜。

遠くで見ていたトカゲも喜んでいたに違いない。それにしても、このトカゲ、結構格好いい。お腹のあたりが緑色で黒い縞々模様。Zebra-tailed lizard だと思います。

まだ毛が生えきっていないウズラの子供達、全員無事に成長しきることができるのか。毛は生えきってないかもしれないけど、しっかりしてるよ!と言いたげにキリッとポーズをとってくれた若いウズラ君でした。

今日のご褒美


この地に来て初めて撮れました。Bullock’s Oriole。ウレシいです! 日本語で何というのでしょうかねぇ。

朝から野良仕事、頑張りましたから。

セージを半円形に刈り込みました。芝生にせり出し過ぎて、スプリンクラーが作動してませんでした。

それから、

なんと、

大好きな Choila の選定に挑戦しました!

何しろ、ちょっと触っただけでジャンプして飛んでくるというカクタスですから、ちょっと怖いです。熊手を使ってバシバシ枝を落としました。

これで来年も可愛い花を咲かせてくれるだろうと期待します。

最後におまけ、ハミングバードも撮れた。とてもシンプルだけど、今日もいい日だったなぁ。