Tag Archives: Bewick’s Wren

今日のおご馳走 – Today’s Treat


花粉症に悩まされてしばらく外に出られませんでした。でも、窓の外は大忙し。 – I couldn’t go out for a while due to bad hay fever.  In the meantime, I noticed commotions in my backyard from time to time.

今までは巣作りの材料運びだったのが、食べ物に変化しています。前回の木の種に比べると、今日はおご馳走です。 – The stuff that Wren carries has changed from materials for their nest, to food.  It looks quite a treat compared to the tree seed he brought back last time.

落とさないように、ジャンプ。- Without dropping it, jump!

速い!巣に着いた瞬間撮れてません。 – Wow, it was fast.  I missed the moment it landed on the treehouse.

そして、さっさと顔を出して、 – The wren has already come out, and is ready to take the next action.

飛び立って行きました。 – Off he went.

もう産卵されたんでしょうか。巣に近寄ってはいけないと思うので家の中からの観察です。 – I wonder if it has already laid eggs in there.  I am observing only through a window since I don’t want to disturb them.

巣箱をどうしよう? – What Should I do With the Birdhouse


あ目上がりの夕暮れ、気持ちがいい。MVロックから出る雲は、まるで空をかき回しているよう。 – Below is a sunset view after rain.  It simply gave me a pleasant feeling.  A thick cloud coming out from MV Rock is like an arm swirling things around in the sky.

チトルパの木と枝にかけてある鳥の巣箱。4月11日の夕暮れでした。- This is our birdhouse hanging on a branch of the Chitalpa tree.  I took this photo on April 11th.

その翌日、木の調整をしてもらい、すっきりしたチトルパ。こちらは4月20日の撮影。たった10日の間に若葉がたくさん出てきてくれました。気持ちがいい。 – This is the same tree after being trimmed by a tree service the next day.  I took this photo on April 20th.  It’s only 10 days after the picture above was taken, but you can see so many new leaves have come out.  I can feel the energy from young leaves.

ただ、低い枝がなくなったので、高い枝から巣箱を吊るすことになりました。木を切ったり、場所替えしたりしただけでも鳥たちの反応が心配だったのに、さらに最悪の事態が起こりました。前日の強風で巣箱が落ちてしまったんです!- Because we lost the lower branches, we hung our birdhouse from higher branches.  We worried about the noise from cutting branches and the relocation of the birdhouse, but something even worse happened.  The birdhouse fell from the branch because of wind!  We had a very strong windy night, and the wind was simply way too powerful.

落ちてしまった巣箱をどうしよう。中を開けないまま、ベンチに置いてあります。もうシロハラミソサザイたちは戻ってきてくれないかもしれない。しばらくこのまま様子を見ましょうか。ごめんなさい、ミソサザイさん。- What should we do with the fallen birdhouse?  We placed it on top of a bench without opening it.  Bewick’s wrens may never come back to this birdhouse anymore.  Well, we will monitor it for a while.  I am sorry, wrens!

巣作りは真っ盛り – Nest Making is Everywhere


「シロハラミソサザイさん、その後いかがですか?」- “How are you doing since last time, Mr. Bewick’s Wren?”

「落ち着いてきたけど、まだまだ先が長いよ。」- “It’s getting there but still a long way to go.”

「まあ、メキシコマシコさん、ポーズ決まってますね。」 – “What a Kodak moment Mr. House Finch!”

「ところで、巣作りの方進んでますか?」 – “By the Way, is your nest making going well?”

「彼、あまり手伝ってくれないのよ。」 – “He doesn’t help me so much.”

「そんなことないよ。ほら、こうして枝を集めるんだよ。」 – “That’s not true.  See?  I am gathering twigs like this.”

アメリカツリスガラさん、もう完成しましたか?」- “Have you completed your nest already, Mr. Verdin?”

「完成と言いたいところだけど、まだ材料が少し足りないんだ。」- “I wish I could say it’s complete, but I need a little more material.”

「こちら、別のシロハラミソサザイさんですね。新居はいかがですか?」- “Oh, this is another Bewick’s Wren.  How do you like the new home?”

「まあまあね。」 – “It’s all right.”

「それは良かった。ところで、この家ですが、ほんの少し移動すること、お話ししましたっけ?」 – “That’s good to hear.  By the way, have I told you that we will move this house a little bit?”

「えっ?そんなの聞いてないよ。」- “Are you serious?  I haven’t heard anything like that.”

「後ほどおしらせします!」- “I will tell you for sure later.”

カモフラージュテント – Camouflage Tent


裏庭の鳥たちは、大抵、家の中から2重ガラス窓越しに撮っています。必然、質は落ちます。 – I normally take backyard bird pictures from inside the house through double paned glass windows.  So the quality of the pictures naturally degrades.

「プロでもないし、そんなんいいジャン〜?」とも言えるのですが、ついに買ってしまいました。 – Some people may say, “You are not a professional photographer.  Don’t you care about your photo quality?”  So, we bought a camouflage tent.

中には、カメラだけではなく、椅子、テーブル、お菓子、飲み物、iPad などを入れて、長期戦に備えます。 – Preparing for a long wait, I brought in, of course, a camera, and other necessities like a chair, table, junk food, drink, ipad, etc.

1時間、2時間、期待とは裏腹に、何も起こらない。。。 – One hour, then two hours passed by but nothing had happened.  I expected to see a lot of action.  What’s wrong???

曇り空で寒い。だからかな。 – Is it because it was a cold, cloudy day?

3時間ほど粘った後、諦め掛けていたら、来た! – I had almost given up after three hours when it came!

さすが、画質がグッとアップしてます。 – Indeed, the quality is much better.

曇りの日でもディテールまで綺麗に撮れる。ウレシい〜! – I can see good detail in the images even on a cloudy day.  Isn’t that great?

しばらく忙しそうなミソサザイ達、そして彼らを追いかける私も忙しい。 – Bewick’s wren will be busy for a while, and I will be too, following them.

春の別荘 – Second House for Spring


これが春の別荘です。- This is the second house for Spring.

ここで産卵予定のシロハラミソサザイのご夫婦です。 – This is the Bewick’s wren pair who decided to lay their eggs here.

「そう、それそれ、早く持って来て!」と奥さん。”Yes, that’s it.  Bring it up here quick!” said the wife.

「フカフカ綿毛を見つけるのは、結構大変なのわかってくれてるのかなぁ。」と、ご主人。- “I am not sure if she knows how hard it is to find fluffy fuzz-balls like this.” said the husband.

「はい、これでいい?」 – “Does this work?”

「産卵準備は本当に大変。もう時間あまりないの。」と、奥さん。”Nest making is a huge project for us.  We don’t have much time left.” said the wife to me.

「それは大変。ストレス溜まっていそうですね。顔の周りや、口の中まで綿毛が付いてますよ。少し休む時間があるといいですね。」と、私。- “That sounds tough.  You look quite stressed.  A few strings of fuzz are around your face and inside your mouth.  I hope you have time to rest a little.”

 

 

鳥の抜け殻? – Bird Husk?


去年のセミの抜け殻が木の下に、一つ、二つ、それから、? 鳥の抜け殻??? - Under a tree branch, one, two, two cicada husks.  And what is this?  Is it a bird husk?

「冗談も酷すぎ!」と、シロハラミソサザイ。 – “That’s not funny!” said Bewick’s wren.

「ゴメン、ゴメン!」と、私。「でも、何してるの?」 – “Sorry, but what are you doing?” said me.

「ガールフレンドと家探し。今、忙しいんだ。オホン。」 – “I am so busy now because I need to find a house and a girl for me.  Ahem.”

「ら、ら、ら〜」 – ” La la la ~”

そっか、奥さん探しと家探し、そりゃ忙しい。こちらが検討されていた物件です。10 年ものですがモダンなスタイルで安全です。引っ越して来られることを期待しましょう。 – Looking for a spring home and your future wife?  Now I know why you are so busy.  By the way, this is the house the wren was considering to move in.  It’s 10 years old, but the style is modern and most of all, safe.  I hope he will take it.

それにしても、和名の「シロハラミソサザイ」は、どういう理由でそう名付けられたんでしょうね。勿論、お腹は白いんだけど、そもそも鳥研究家で有名なオーデュボンさんの友達のビーウィック(Mr. Bewick) という方の名字をとって命名されたんだから、そのまま使った方がいいんじゃないの?と、つぶやいて見ました。 – But I wonder why Japanese name is “Shirohara misosazai (white belly wren)”.  It has white belly indeed, but the name came from Mr. Bewick who is a friend of John James Audubon (the famous ornithologist).  I want to keep Mr. Bewick’s name in there.  I just wanted to say it although no one care my opinion…

かくれんぼ – Hide and Seek


おや? – Oh?

これは・・・ – This could be…

そんなに隠れてもシッポが出てるよ。お顔見せて! – I understand that you think you are hiding, but your tail is sticking out.  Can I see your face?

あ、出てきた。私たち、会ったことあるよね?  – Thank you for showing your face.  Have we met before?

やっぱり、そうだ。あなた、ここで生まれたミソサザイのレンちゃんでしょ? – Yes, it is you, isn’t it?  Aren’t you the Bewick’s wren who was born here?

元気してた?もう寒くなったけど、大丈夫? – How have you been?  Are you all right?  It’s getting cold these days.

また来てね。他の兄弟達にもよろしくね! – Come again.  Say hi to your siblings!

続きがあります。上の写真は8月末のものです。 – The story doesn’t end yet.  The pictures above are from the end of August.

たぶん同じミソサザイが10月末にもう一度来てくれました。そのときの写真は以下です。 – The same wren, I guess, visited our backyard again at the end of October.  Here are images from then.

ところで、ラップトップと写真エディタの互換性がなくなってしまい、新しい写真の編集ができなくなってしまいました。新しいラップトップか、新しい編集ツール、どっちにしようか考えています。 – By the way, I have encountered a laptop and photo editor compatibility issue recently.  It means that I can’t edit new pictures!!!  My laptop is old, but it’s still working fine.  I’ve been thinking whether I should get a new laptop, or a new editor.

レンちゃんどう思う? – Wren, do you have any suggestions for me?

ミソサザイ、なんとか飛べた! – The last Wren finally fledged!


ドキドキハラハラの数日間でした。 – It was such a drama keeping me on my toes the past few days.

この子が裏庭で最後に目撃できた赤ちゃんです。 – This is the last chick I found in our backyard.

他の赤ちゃんたちはもう見えなくなっていました。でも、お母さんは餌を運んできては低木の中に入っていきます。 – The other chicks aren’t there anymore.  But the mother Wren repeats  carrying their food and flying into a bush near the bird house.

みんな無事ですか?と聞いてももちろん答えてくれません。 – “Are they all right?” I asked, but of course, she didn’t answer.

でも、この低木の中から鳴き声が聞こえているところを見ると、後の2羽はその辺にいるらしいです。– But I hear the two older chicks’ chirping noises from this bush, so they must be in there.

でも、この子はどうしたらいいんでしょう。鳴きながら一生懸命羽を広げて塀の壁をよじ登ろうとするんですが、うまくいきません。 – And this little one, what can we do?  It tried so hard to go up the fence by stretching its wings but couldn’t make it off the ground.  It simply keeps chirping.

お母さんの声が聞こえる方に向かって必死に何回も何回も挑戦してます。 – The challenge was going up on top of the fence where it’s mother’s voice kept calling from.  Every attempt was as if it was the last chance.

塀は高すぎます。このままでは死んでしまうかもしれないので、助けてあげようかバンちゃんと何回も相談しました。 – The fence was too high for it.  Banchan and I discussed many times if we should attempt to help it or not because it might die if the attempt didn’t work.

ただ、一つだけ希望があったのは、お母さんたちはまだ近くにいるということ。お父さんは木の上から信号を送り続けています。 – The only hope we had was that the parents were still there.  The mother was on top of the fence, and father was on a branch of a tree nearby and they both kept calling for their chick.

その後、本当に突然でした。赤ちゃんはベンチの上に飛び乗ることに成功して、そこからホップを繰り返して塀の上にたどり着けました。やった〜!奇跡の様。その後はもう木の中に隠れてしまったので2度と見つけることはできませんでした。 – After a while, suddenly, the chick succeeded to hop on a nearby bench, then hop onto the next level, and finally landed on the fence.  Hooray!  It was like a miracle.  We would never see the chick again after it went into that tree.

あー、良かった!と安堵すると共に、ちょっぴり淋しいです。6月の初めから7月半ばまでワクワクをありがとう! – It’s a big relief, but at the same time, we will miss it so much.  Thank you wren family for giving us excitement and hope from beginning of June till mid July!

 

ミソサザイ、無事生まれました! - Wrens are born safely!


裏庭の様子が、少しおかしいと思っていたんです。 – It was not a usual day in our backyard.

なぜか、ミソサザイが一箇所から離れない。こっちを向いては鳴いてみたり、 – Somehow, the Wren didn’t want to fly away from one particular spot.  It looked in my direction and chirped…

左を向いては鳴いてみたり。 – then turned left and chirped in that direction…

そーっと、そーっと、バラの根元を覗いてみると、わ〜っ! – Shhhh, looking into the lower part of a rose bush, ever so quietly, we found them!!!

1、2、3羽もいる!赤ちゃんたちを守っていたんですね。お疲れ様です。 – One, two, and three chicks!  The wren was protecting its babies.  Good job!

まだ眠ってばかりのミソサザイ赤ちゃん。ところで、巣箱の方はどうしちゃったんでしょうねぇ。使ってたとばかり思ってたのに。 – They don’t do much, they simply sleep a lot.  By the way, I wonder why they didn’t use the birdhouse?  I thought they were using it.

バラの低木の奥の方なので、安全そうですが、大丈夫かなぁ?翼の下から赤い肌が見えてるし、蛇とか来てもまだ逃げられないよ。 – It seems somewhat safe down there at the deeper part of the rose bush, but there is no protection for them, although they are well hidden.  Can you see its pink skin under the wings?  No way they can run away from a snake, for example.

明日に続きます。 – To be continued tomorrow.

君だったんだ、ミソサザイ


明日からしばらく楽しくなります。多分、Wren ミソサザイ

一瞬、ロードランナーの赤ちゃんバージョンかと思うほど地面の上を素早く走ったんです。当然、あまりの早さに何者かは確認できず、慌ててカメラを取りに行きました。

その後、観察していたら、なんと巣箱に入って行った!

嬉しいなー!!!

こんな風に巣作りの材料集めをしていたんですね。一生懸命巣作りをしていました。

こちらがビデオ。長い枝を頑張って持って来たのに入らない。挙げ句の果てに落としてしまうところ。ちょっと心が痛みます。