カテゴリー別アーカイブ: General

本当に、できるの?


未来のことは誰にもわからない。だから、「本当」なんて、ない。

バンちゃん56歳で引退。まだ引退には早いので、不安が募ります。ただ、いろいろなシナリオを考えて予想を立てることはできますよね。

月ごと、年ごとの出費、投資、収入、寿命、病気、これらの数字の上昇、減少を過去のデータに基づいてはじき出すわけです。やはり、ファイナンシャルプランナーとCPAの助言が必要です。

それでも不安が消えない時、それは明日を信じられない自分がある時です。IMA_5570.jpg

どうせ見えない未来なら、信じるしかないでしょう。

「本当」は自分で作り出すものだと信じます。

このカラクリ箱、バンちゃんにプレゼントしました。彼は開けられたものの、閉める事が出来なくて、2年以上放置していました。物理学者に不可能はないって言ってたじゃん? IMG_3124.JPG

引っ越しを前にもう捨ててもいいと言い出したので、この私が。。。10分もかからず閉める事が出来ました。なんと、信じることの強さよ〜!

なぜ、この地?


今、先週の撮影会を見直しているところなんですが、可愛いですね〜。これで最後だと思うとますます可愛さが増します。

無事終了できたのでホッとしていたんですが、、、去年のギフト券の方が駆け込みで今日、いらっしゃいました。

こちらのお客様も、皆さん可愛らしくて、ただただ嬉しくなりました。生きているだけで素晴らしい、みんな素敵だなぁ〜。

これで、本当に本当。この地での撮影会は終了し、ぜーんぶ機材バッグに収めました。

こうして、この地を去ることがますます現実味を増してくると、やはり名残惜しいです。

今はどんどん小さくなっている世界。車で行くとしたら、ここから約9.5時間。飛行機なら1時間ちょっと。大したことないんですけどね〜。

さて、なぜユタ州の Saint George なの? いい質問ですね。

一言で言えば「好きだから」。私が死んだら「キャニオンランド国立公園内のホワイトリムから灰をまいて欲しい」というのが遺言です。(キャニオンランドのブログ)ブライス、ザイオンも近くにあるし。何千万年もの時の流れが地層となって見えるそんな場所で、ふわふわ〜っとドクター・フーみたいに時空を超えて旅してみたい。Saint George はそんなに素晴らしい所に近いんです。

もちろん、他にも候補地がありました。サンタフェは結構期待したんですが、イマイチ。

ユタ州の北部のミッドウェーという小さな街もすごく気に入りましたが、寒いんです。冬は平均気温 -10度以下になったりするんですよ。

Saint George には、Utah Friends of Paleontology (UFOP) 古生物学の同好会支部があります。毎月会合があるし、活動がとても盛んそうです。昔、恐竜の骨を発掘するために大金を払って参加したいと本気で考えてました。でも、ここでは無料だ〜〜〜!

かと思えば、ボールルームダンスのスタジオもあったりするんですよ。私たちの興味のあるものが全部ある。しかも家の値段はカリフォルニアの4分の1以下かも。ね、引退するためにはこういう物価の安い所に引っ越すに限ります。

夏の終わりに


まだ暑いんですが、もう夏じゃないと感じます。レイバーデーウィークエンドの真っ只中の今日、明日の撮影会の準備です。

IMA_5289  久しぶりに持つカメラ。

4台のフラッシュ設定を時間をかけてしていくと、なんだかすごく懐かしい。そっか、これが多分カリフォルニアでの最後の撮影会になるからかもしれないんだ。

ユタ州の南端、Saint George という町に引っ越します。目下、準備中。この写真は Snow Canyon State Park で撮ったたった一枚の写真。買おうとしている家から10分ぐらいで行けてしまう。

untitled-12.jpg

これから、引越しに関するドタバタ騒動劇を少しずつ書いていきます。来年2月、3月ごろには引越し完了しているはずです。

ダンサーズ


もう、1.5ヶ月以上も前のことになるんですね。私の初ダンスコンペの経験から。自分の結果にかなり落ち込んでいたので、会場で撮った写真もほったらかしにしていました。

名称未設定-6.jpg時間は、どんな記憶もソフトなカーテンで覆うようにうっすらと細部を白く消していってくれるよう。名称未設定-5.jpg

ダンサー達の華麗な姿。私のダンスとは全く種類も次元も違うダンス。撮った写真の中に見つけて、少し元気が出てきました。名称未設定-10.jpg

先日ダンススタジオに行ったら、こんなポスターを見つけてしまいました。ヒェ〜!私達の写真がスタジオの次のイベントの宣伝に使われていたとは・・・・!Showcase.jpg

さあ、次はソロショーケース。私たちはワルツを踊ります。

 

Dance-O-Rama ついに来た!


私たちにとって初参加となるダンスイベントがついにやって来ます。
2日後に控え、今日はネイルをして、スプレーで作る小麦色の肌にしてもらってきました。これで準備完了のはず。

ドレス、靴、メイクとヘアの予約・・・全部完了。
それから、ジュエリー・・・ っと。

え?

もしかして、リズムダンス用のイアリングが、無い〜?

もう間に合わないので、自分で作ってしまいました。

ついでにダンスクラブのバッグにも私の名前の一部「美」を描いてみました。

こちらはスムーズダンスのジュエリー。

義理チョコを作ってみた


昨日の日本はどんなだったのでしょう。ものすごい勢いでチョコレートが消耗された日だったのでしょうね。ここカリフォルニアでは、そこまでチョコレートにこだわりませんが、小洒落たレストランは満員御礼、男性方が花束を抱えていても全く不思議ではない日。

日本語のクラスの生徒に文化の違いを色々と話しているうちに、今年は義理チョコ作っちゃおうと思い立ちました。それで、こんな感じとなりました。ダンスの先生達に差し上げたり、クラスのゲーム優勝者にご褒美としてあげたり、結構楽しませていただきました。ふむ、贈り物って、作る段階から楽しくさせてくれるのかもしれません。作ったと言ってもパッケージを作っただけで、中身は日本のお菓子を入れただけですけど。喜んでもらえたらいいなぁと思いながら作ることは、自分を幸せにしてくれることだったんですね。

特別ダンスコーチのレッスンをプレゼントしてくれたバンちゃんには、本命チョコを作って上げました。白いチョコの扱いが上手くいかなくて、しょぼくなっちゃいましたが、美味しかったよ〜!

今日のレッスンはバンちゃんなし。FoxtrotのTwincleという動き、スロー、クィック、クィックの2歩目の動き方だけで45分が終わりました。これ、すごくないですか?カナダから来た特別コーチのマリオとスタジオの先生ザックと、2人がかりのレッスンで私の2歩目の動きだけを徹底的に観察し、矯正してくれたんです。まさに感動ものです。2歩目の威力。上体のポジション、顔と目の位置と動き、腕と耳の引き締め・・・それだけで汗だくの45分となりました。あ〜、楽しかった。バンちゃん、ありがとう!