Tag Archives: birds

シジュウカラ科 Juniper Titmouse


とんがり帽子をかぶっているのが特徴の小さな鳥で、ピニョンやジュニパーなど、低木に住みます。日本には住んでいないので、日本語名がありません。一応ジュニパーティットマウスとしておきます。The Juniper Titmouse is a tiny bird with a crested head living in pinyon or juniper trees。

オークティットマウスにとてもよく似ています。でも、ジュニパーティットマウスは灰色で すが、オークティットマウスは若干茶色がかっています。また、住む場所も違い、ジュニパーティットマウスは700mから2,500mぐらいの高地に住みますが、オークティットマウスはカリフォルニアのオークの木に住みます。They look very much like the Oak Titmouse but its color is more pale gray compared to the Oak Titmouse which are more brownish. They also live in different places. The Juniper Titmouse lives in the region of 2,250-8,000 feet elevation in juniper woodlands. On the other hand, the Oak Titmouse lives in Oak trees in California.

ホシワキアカトウヒ Spotted Towhee


日本語名はホシワキアカトウチョウです。北アメリカに住むスズメの仲間です。 珍しい鳥ではなく、北カリフォルニアに住んでいた時は裏庭でよく見かけました。The Spotted Towhee belongs to the sparrow group and it lives in North America. It’s not a rare bird. I have spotted it even in our backyard when we lived in Northern California.

赤い目が印象的ですよね。The red eyes, aren’t they impressive?

名前が全てをあらわしてくれます。ホシは星のように白い斑点。ワキアカは脇が赤いから。セイントジョージの町付近には住んでいませんが、標高2,000メートルまで来ると見かける事ができるんですね。 We don’t see them around St. George, but they are in the surrounding higher elevations at about 6,000 feet and above.

孵化した! Hatched!


オオアオサギの卵が孵化しました。 The eggs of Great blue heron hatched.

今日はとりあえず数枚の写真をあげておきます。ビデオの編集もできたらアップします。 These are only a few of nearly 1000 pictures. I want to share a video also when I finish editing it later.

野生動物の世界です。アカオノスリが近くの木の上でじっと見つめています。 This is the world of wildlife. A red-tailed hawk was watching them from a nearby tree.

子供たちが巣立てるようになるまで 2-3ヶ月間、お父さん、お母さん、お疲れ様です。それまでこうして天敵から守っているんですね。 It takes 2-3 months for the chicks to fledge. Until then, parents need to protect their chicks like this from predators.

Hike 13: Snow Canyon Overlook


久しぶりにスノーキャニオンを見渡せる場所に行きました。往復8.5kmのハイキングです。It is 5.3 miles round trip to Snow Canyon Overlook.

長い石がゴロゴロしている山道を登ってきて、突然、目の前に広がるこの景色はいつみても息をのみます。After a long rocky uphill, the view that suddenly spreads out in front of you makes everyone speechless.

今日は800mmの超ロングレンズを持ってきました。鳥の巣を撮りたかったからです。でも、一生懸命岩肌を舐めるように見回しても一つも見つかりませんでした。We brought 800mm long lenses today because we wanted to capture any bird’s nest. I carefully went through all walls in the canyon, but found nothing.

諦めて後ろの岩を見上げると、I gave up and looked up at the rock behind me, and noticed the top of the rock was white.

てっぺんが白い。これは鳥のフンです。鳥の種類は分かりませんが、ここが一番高い場所ですから鳥が好んで止まる見張り場所になっているようです。 It must be bird’s poop! It’s the highest place around here. I don’t know what kind of bird it could be, but surely it liked to use that spot as a look-out place.

しばらく待っていましたが、誰も飛んで来てくれませんでした。We waited there for a while, but no birds flew over, so we gave up.

ここから見えるパインバレー山脈。北側にはまだ雪が積もっていて、冬の名残を感じさせてくれます。 We could see the Pine Valley Mountains from there. The snow on the north side of the hill made me feel cold.

でも、この高度の高い場所にも確実に春はやってきています。But, I know Spring is coming even here at such a high altitude. See?

ここにも、And here,

ここにも。 And here!

わー、もう少しでブーケになりそう。 This one is spreading a bunch of flower stems. It’s almost there to be a beautiful bouquet.

オオアオサギ Great Blue Herons


サンタクララ川の川向こう、オオアオサギの巣のコロニーを発見しました。 Beyond Santa Clara river, we found a colony of Great Blue Herons.

強風と、曇り日とでコンディションは良くありませんでしたが、オオアオサギの観察をしながら楽しいひとときを過ごしました。 We enjoyed observing them so much although it was a windy and cloudy day.

再び溜まった大量の写真、まだ全部リビューしていません。ですので、今日はその中から、美しいアイススケートのポーズ、ビールマンスピン を思い起こさせてくれるショットをご紹介します。以下、10秒ビデオにしました。 I have accumulated many pictures again. So I want to introduce you shots reminded me of an ice skating pose, “Biellman Spin” today. I made a 10 seconds video.

白頭鷲の家族 その2 Bald Eagle Family 2


「お父さん、昨夜はお疲れ様でした。」”You worked hard last night by the lake.”

「いやいや、いつもの事だから平気だよ。子供が2羽もいるからね。」”Oh, no, that’s nothing. I have two kids. So, I have to get fish for them all the time.”

「こちらの2羽ですね。逞しそう。」”I see these are your children. They look quite healthy and tough.”

「まだ心配で目がはなせませんよ。」”I still can’t leave them alone.”

「下の子はまだ飛ぶのが下手で、お兄ちゃんにいつも揶揄われてますよ。」”Especially the younger one needs more attention. He is not so good at flying. So his brother always teases him.”

「何してるの?」と、お兄ちゃん。”What are you doing?” said the older brother.

「これ、ラクーンの残り。どうしよう?」と、弟。”Um, what should I do with the leftovers of this Raccoon?” said the younger brother.

「もう食べ終わったんなら、こうやって飛ぶ練習した方がいいよ。」”If you are done with it, you should practice flying more like this.”

「飛べるんだけど、木の上に止まるのがちょっと怖いよー」”I know. I can fly, but I am a bit afraid of landing on a tree.”

「私たちは見守るだけで、あまり口出ししない様にしてます。」と、お父さん。”We, as parents, simply observe them, and try not to interfere with their communications,” said father.

「なるほど。ところでお父さん、太陽を背に受けて飛んでる姿、格好よかったですよ!」”I see. By the way, you looked so cool flying with the light shining on your back.”  

白頭鷲の家族 Bald Eagle Family


ある白頭鷲家のお話、その1です。 This is a story of one Bald Eagle family.

「早く帰って来なさい〜!もう、日が暮れかけているのよ〜!」と、お母さん。 “Hurry! Come back home now. It’s almost sunset.” said mother.

「まだ獲物探ししてたいんだけどなー。」と、子供。”Aww~, I want to keep hunting food a little longer…” mumbled her child.

「聞こえてるでしょ?早く帰ってらっしゃ〜い!」”I know you can hear me. Hurry, come back home!”

「母さん、私が呼んでこようか?」と、お父さん。”I could go and bring him back home, my dear.” proposed father.

「そうね、お願いします。」「よっしゃ!」”Thank you, please do.” “Got it!”

「でも、やっぱり私が行きます。お父さんは魚を釣って来てください。」”Oh, I will take him back home. Would you go and get a fish for us?”

その後日が沈んだ後も、お父さんが一人、湖畔の氷の上で獲物が来るのをじっと待っていました。Later on that day, the father was sitting by an icy lake even after sunset. He was waiting patiently for a fish to catch.

零下11度の夜はこうしてふけていくのでした。寒い! The night went on like this down to 11 degrees Fahrenheit temperature. Soo cold!!!

大きな鳥たち Big Birds


マウントカーメルジャンクションの近く、空は雲に覆われ暗い。そこで4種類の大きな鳥に出会った。以下、地図なんですが、わかるかな?HWY9と89がぶつかる所がお勧めのカーメルジャンクションです。 The sky was dark with thick clouds on that day around Mt. Carmel Junction. I made a map of the area east of Zion. I hope you can read it. The junction of Hwy 9 and 89, is called Mt. Carmel Junction. It is my recommendation to visit there if you like birds.

2000枚の中から10枚程度を選ぶのって、本当に大変です。だから今日はこの鳥だけご紹介します。I’ve been reviewing my bird pictures, but it’s quite time consuming to choose 10 to 20 pictures out of 2000 pictures. So today, I will only introduce one bird below.

89号線を北上して行った途中、道端で出会いました。特別な鳥ではないんですが、声をかけてみました。Going up north of Hwy 89, we found them on the side of road. They are not so special, but I decided talk to them.

「すみません、ワイルドターキーさん。質問です。その胸から出てるものはなんですか?」”Hello, Mr. Turkey! Can I ask you something? What is that thing coming out from your chest?”

「あ、これ?ヒゲ。邪魔しないでくれる?今日は他の鳥の警護係りなんだから。」” What, this? This is my “beard”. Don’t bother me now. I need to guard my family today.”

コンドル Condor


去年、ザイオン国立公園でコンドルの卵が孵化しました。巣立ちしたとのことで、昨日、観察しに行ってきました。A condor egg hatched at Zion National Park last year. We went to see it yesterday because we heard that it fledged.

見えました。でも、やっぱり遠くて 800mm のレンズでも詳細はキャッチできませんでした。We could see it. But it’s way too far that I couldn’t capture much detail even with my 800mm lens.

詳細は撮れなかったけれど、羽が太陽の光を受けて鮮やかに光っているのがみられてやはりラッキーでした。Although I couldn’t get a good shot with detail of it, I still think I was lucky because I could see the wings shining with the light of the sun.

コンドルを1000ショットも撮った後は少し山歩きをして家路につきました。アイコニックとして有名なワッチマンを見る景色は、いつみてもやっぱり美しい。After 1000 shots of the condor, we hiked a little and went back home. The view from a bridge looking out to see the iconic Watchman rock is always breathtakingly beautiful.

オスプレー Osprey


夕暮れ、不気味に明るく見える高原。太陽の光が間接反射して、あたりの風景が異次元の世界のように見えます。Around dusk, the meadow looked strange by getting indirect sunlight. It was as if it was a world of a different dimension.

9時過ぎ、山火事の煙で視界が悪くても、夕暮れはやはり美しい。 After 9:00pm, the sunset view was still pretty although the visibility was so bad with smoke from distant wildfires.

ノースフォーク フラットヘッド川沿い、太陽の最後の光が山の向こうに落ちたのでカメラをしまい始めたら、すごいことが起こってました。 By the North Fork of the Flathead river, the last bit of sunlight disappeared beyond the distant mountains. So I put my camera away, but an incredible action happened there unexpectedly.

なんと、 オスプレー(ミサゴ)がホバリング(空中で停止すること)して何かを見つめていたんです。初めて見る光景です。興奮つつ納得しました。「そーかー、そんなことが出来るからアメリカの航空機 V-22 はこの鳥の名前をニックネームにつけたのね。」 What a sight! I witnessed an Osprey hovering for the first time. While taking pictures of the action, I understood well why the American military aircraft, V-22, has a nickname as “Osprey”.

流石に航空機の方は平行移動から垂直移動に切り替えるのに時間がかかりますが、オスプレーはあっという間に獲物めがけて飛んで行ってしまいました。Unlike the aircraft Osprey that need a little time to change the mode from airplane to helicopter, the bird Osprey needed no time, suddenly zipping down out of the hover to get his dinner.

さて、そんなに格好いいオスプレーですが、それほど珍しい鳥ではありません。Aren’t they cool? But surprisingly, Ospreys aren’t a unique bird.

アイダホ、ワイオミング、モンタナなどの州ではミサゴが巣を作りやすくするため、電柱の上にプラットフォームを設けるなど、保護に力を入れているからでしょうか。Some states like Idaho, Wyoming, and Montana provide platforms on top of electric poles so that Ospreys can make their nests easily. Those efforts may help maintain a health population.

魚が主食なので、川や湖の近くで見かけます。ハクトウワシと同じように、シャープな爪と鋭い目で魚をキャッチするんですね。Their main source of food is fish, just like Bald eagles. So they live near rivers and lakes. Their sharp eyes and claws are designed to catch fish from high in the sky.

今回の旅では、巣の上で親子一緒のところをたくさん目撃しました。ビデオは撮りませんでしたが、写真が集まったので、1分ビデオを作りました。I took many pictures of Osprey parents and chicks together. So I decided to make a one minute video with those pictures.

注目するところは、今回初めて使った編集ツール、DaVinci Resolve の無料版の出来栄えです。かなり豊富な機能があり、複雑なので完成までにとても時間がかかってしまいました。まだ基本中の基本機能しか学習してませんが、すでに気に入ってます。何はともあれ、第1作目のテストビデオ、ご覧ください。 The highlight of the video is not the contents itself for me, but rather the video editing tool itself, DaVinci Resolve free version. It took so long for me to make a video with it because it simply has so many great features, and I needed to learn them. Although I still know the tool so little, I already like it very much. I may write about the tool in the future, but for now, please take a look at my first video with DaVinci Resolve.

巣立ち Fledged


葛藤がありました。I was torn between two ideas.

こんなに小さいんだから、まだだよね。It can’t be yet, because they are still so little.

でも、もう、飛べるのかな。But they could fly soon.

2-3日前まで、こんな風にみんなで朝の散歩をしてたのに。It was their daily routine to have a walk like this together till a few days ago.

別れは突然です。最後まで残っていたズアカカンムリウズラのヒナはお父さんと一緒に塀に飛び乗り、巣立っていってしまいました。But the departure came suddenly. The last Gambel’s quail chick went up the fence together with his dad and fledged.

裏庭が急に静かになりました。Our backyard suddenly became so quiet.

中学生? Junior High Student?


見知らぬ鳥たちが、塀に飛び乗りやって来た。Unknown birds jumped up onto the wall and came to the backyard.

塀に飛び乗れるだけあって、もうずいぶん大きい。産毛がまだチラホラと見えるけど、シッポも、カンムリもしっかりしてる。They are already large enough that they can jump on the wall. Although I can see baby hair here and there, they already have solid tails and crowns.

それに比べると、うちの子達はまだ彼らの半分ぐらいの大きさ。まるで中学生と幼稚園児みたいだ。Compared to them, our chicks in the backyard are still so tiny, about half of their size. It looks like they are Junior high students, and our chicks are kindergarten kids.