Tag Archives: birds

今日のご褒美 – Today’s Treat


裏庭の塀のすぐ外にスーッと飛来した後、隣家の屋根に舞い降りました。A Red-tailed Hawk swooped down right outside our backyard wall, then flew up again to perch on the roof of the neighbor’s house.

スクリーンドア越し、飛び立つ前の一瞬に撮れた貴重な一枚。This is a precious shot that I took through a screen door a few seconds before the hawk flew away.

バンちゃん曰く「ウサギのキーっていう呻き声と鷹のピューっていう鳴き声とガサガサで結構な騒動だったみたい。」私がカメラを取りに行っている間、塀越しに聞こえたウサギとアカオノスリの格闘劇を話してくれました。Banchan, who was outside while I ran to get my camera said, “It was quite noisy with squeals from the rabbit and shrieks by the hawk even though it was outside the fence.” What a drama created by the lucky Red-tailed Hawk and the poor rabbit.

今日のアカオノスリのご褒美。でも、私たちにとっても意外なご褒美でした。It was today’s treat. For the hawk that is, but of course, for us as well.

コンドル X6 – Condor X6


ウパトキ国定公園からの帰り道、コロラド川に架かるナバホ橋に立ち寄りました。ここにはすでに3度目の訪問です。前回も会えたから、今回もきっと会えると思っていました。We stopped by at the Navajo Bridge on the way back home from Wupatki National Monument. We’ve visited here three times already. During the last two times we were able to see them, so I was quite sure that we could see them again.

ISO400, 800mm, f/11, 1/50sec.

去年のコンドルとは別のコンドルですが、やっぱりいました。すでに「X6」と名前のタグと追跡ラジオアンテナがついています。早速ペルグリン財団データベースを調べてみました。なるほど、2018年の8月に生まれたメスです。Sure enough, we did. There was a new juvenile with a name tag, “X6”, and radio antenna. So I checked the Peregrine Fund website. Yes, I could find “X6” in the list, a female condor, born in August 2018.

まだ頭の色が赤くなっていないので、若鳥です。独り立ちできる大人になるまでに5年ぐらいかかるという事なので、あと1年ぐらい待つ必要がありそうですね。It is easy to say that the bird is a juvenile because the head color hasn’t turned red yet. It may take another year or so to be fully grown up.

ところで、一昨年ザイオン国立公園で生まれたコンドルもリストに入っています。コンドルリカバリープログラムが数え始めて1000番目に産まれたから1K という名前がつきました。私たちも幾度となく観察に行ったコンドルです。その時はまだ性別がわからなかったんですが、ようやくオスだという事がわかったようです。まだザイオンにいるのでしょうか。By the way, “1K” is also in the list. He was born in Zion National Park two years ago. He was named as “1K” because he was the 1,000th condor born since the Condor Recovery Program started. We went there several times last year as well. At the time, the sex was not known. Apparently the program has since identified it as a male condor.

崖の上にはもう一羽止っていました。まだタグはついていません。ということは、去年産まれたばかりなのかもしれません。There was another condor on the cliff. It doesn’t have a tag yet. It means that it was probably born not so long ago.

まだ子供です。もう飛べるのかもわからないんですが、顔をよく観察すると、まつ毛が見えた!フカフカの襟巻きの中から見える顔は、ちょっと可愛いと思わせてくれました。It’s still a child. I don’t know if it has fledged or not. By observing its face carefully, I found eyelashes! Wow!!! I normally don’t think condors are cute, but the face with the fluffy neck warmer and eyelashes made me think it’s cute.

白頭が帰ってきた – The White Heads Are Back Again


白頭ワシが今年ももう帰ってるって聞いたから、18号線を北上して行った。そしたら道路脇にいた。

We’ve heard that Bald Eagles are back here already. So we went on Hwy 18 up north. And there he was on the side of the road.

わー、やっぱり大きな鳥は存在感があって、見ているだけで興奮しちゃいますね。

Large birds like Bald Eagles have a strong presence and make me excited.

近づこうとするとすぐに飛び立っていってしまうので、なかなか近くで見られなけど、白い頭は遠くからでも見つけやすい。They fly away if we try to go closer than their comfortable distance. So we can not see them from close distance, but it’s easy to find them because of their white heads.

場所争いかな?やっぱりカラスが白頭ワシを追い出そうとしてる。どの動物の世界もみんな大変ね。Could it be a territorial fight? Crows always attack other birds. Well, I guess it’s all the same for birds, other animals, and even for humans, too. We all work hard to survive everyday.

ともあれ、今年もまた出会えてよかった。In any case, I am glad to see you again this year!

冬がくる前に – Right Before Winter


もう夜は零下ですが、日中はまだ暖かい。
It’s below freezing temperature at night already but we could still feel the warmth of the sun during the day.

鳥たちは、既に寒い冬に備えてフワフワの羽を、更にフワフワにしています。
Birds are fluffed up like fuzz balls right before cold cold winter.

今年の初め、春を迎える時に出会ったアメリカツリスガラはどこにいるんでしょうか。
I wonder where the Verdin I met last Spring is now.

こちらは、冬を迎える前のアメリカツリスガラ。
This is a verdin just before Winter.

夕暮れ、丘に登ったら、マウンテンバイクの若者が半袖、ショートパンツで楽しんでいました。
I went up a hill near sunset. A young man with short pants and shirts was enjoying mountain bike ride.

遠くの山には微かに雪が積もっているっていうのに、若者は元気だな〜!
Wow, we have snow already on the mountains in the background. It’s nice to see young energy.

キツツキ – Woodpecker


ジョンソン キャニオンのトレイルから川道に降りて、コットンウッドの林の中に入って行った。
We went down to a wash from the Johnson Canyon Trail, and went into Cottonwood trees.

コンコンコン… Knock, knock…

コンコンコン … Knock, knock…

耳を澄まして、目を凝らすと、いた! I listened carefully and looked through leaves. Then I found you!

「忙しそうですね。」 “It seems you are busy.”

「オガクズが顔にかかってますよ。」 “You have sawdust from the tree on your face.”

「もう冬がすぐそこまで来てるからね。」 “Winter is already so close.”

フクロウが帰って来た The Owl Is Back


日が暮れて暗がりの中、バンちゃんが裏庭で何かを撮っていた。私も外に出てみると、アメリカワシミミズクが隣の家の屋根に止まっていた。おかえり、ミスターゴー!
Banchan was taking pictures in the backyard in the dark after sunset. So I went out and found a Great horned owl sitting on the neighbor’s roof. “Welcome back, Mr. Gho!”

そしておご馳走もゲットできたんだね。
And you got a treat, too!

隣家の屋根の上で。On top of the neighbor’s roof.
ってしまったと思ったら、ウサギを捕まえた。We thought it flew away, but it actually got a rabbit.

ISO 5000, 800 mm, f/11, 0.4 sec. 獲物が重すぎてまだ飛んで行けない。ちょっと物陰に隠れたつもり。The captured dinner was too heavy, so he couldn’t fly away. He moved to a more secure place beside a rock.

私たちがいると安心しておご馳走を食べられない様子だったので、退散しました。It seems that he couldn’t eat his dinner while we watched, so we left.

風が変わった – The Wind Has Changed


風が変わった。The wind has changed.

夕食の準備をしていたら、裏庭の芝の上に大きな鳥が降り立った。これは、夢?
While I was preparing dinner, a large bird flew down onto the backyard lawn. Is this a dream?

アカオノスリ?でも、尾が違う。クーパーハイタカ?でも、顔が違う。
A Redtailed Hawk? but the tail is different. A Cooper’s Hawk? But the face is different.

レンズを取り替える間も無く、とりあえずワイドレンズで撮った。I didn’t have time to change the lens, so I took shot’s with a wide angle lens through the window.

ェブ検索の結果、未成年のクーパーハイタカだとわかりました。After a web search, I found that it was a juvenile Cooper’s Hawk.

ミスターゴー – Mr. GHO


すでに一週間以上前の早朝のこと。
玄関付近のセキュリティーカメラが捕えたビデオに騒然。
アメリカワシミミズクが中庭に舞い降りた!
It happened one early morning more than a week ago.
The security camera by the front door captured a fantastic action.
A Great Horned Owl landed on a beam in the courtyard.


飛び起きてこっそり観察できる私の部屋の小さな窓からのぞいてみた。背の低い私にはカメラを持ち上げるだけで精一杯。
We jumped out from bed and peaked out through a tiny window in my room. The window is positioned so high that I had to raise my camera over my head without looking.


そうこうしていうるうちに、ゲストハウスの屋根の上に飛び移った。私たちも廊下に移動してパチリ。
While I was struggling to see the owl, he jumped on to the guest house roof. So we moved also. Now we could see him from the hallway window. From this window, we took a few decent shots like below.


「太陽はまだ昇りかけたばかり。でも、もう巣に帰る時間ですよね。また、ぜひ来てくださいね!美味しそうなウサギがたくさんいますから。」
“The sun has just risen. I assume it is your bedtime and you must return to your nest. Please visit us again! We have many delicious looking rabbits around here.”

またの来訪を祈り、ミスターゴーと名付けました。
I named him “Mr. GHO” (pronounced “ɡō”) hoping to see him again.

以下、カメラが捕えたビデオです。よかったらご覧ください。4分近くいましたが、長いのでカットしました。面白いのは、窓から見える私たちの行動です。二人ともまだパジャマ姿で、バンちゃんは何もなかったように歩いているのに、私は慌てて走っている姿が写ってます。
The security camera’s video is attached below. He stayed there about 4 minutes, so I trimmed it to make it shorter. The funny thing is that you can see our activity through the window on the left. We were both in pajamas. Banchan was walking naturally, while I was running in a rush.

ハイイロチョウヒ – Northern Harrier


ハイイロチョウヒ、今回初めて目撃することができました。これはメスのハイイロチョウヒです。ネックレスが素敵ですね。- It was my first time witnessing this bird, the Northern Harrier. The photo below is of a female. The design around the neck looks pretty, like wearing a neckless.

ベアレイク国立野生動物保護区、葦が茂る草原の上を低空飛行していました。- It was flying low over the wetlands of Bear Lake National Wildlife Refuge.

オスはもっと白灰色らしいんですが、見かけませんでした。- The male is much more gray and white, but we didn’t see it that day.

おっと、夕食の獲物を見つけたんでしょうか。巣穴の様子伺いをしているようです。- Oh, did she find something for her dinner? It was staring at a ground dweller’s hole for a few seconds.

でも次の瞬間には、私と目を合わせて飛んで行ってしまいました。- But it flew away right after it made eye contact with me.

毎日を一生懸命生きている姿にまた感動し、宿に帰りました。自然はいつも私を謙虚にしてくれる。- I was quite moved again by their way of life, which is to simply live their best everyday. Nature always reminds me to be humble.

時を超えたトキ – Ibis Fly Over Time


カオジロブロンズトキ – White-faced ibis

こんな風景を目撃した時、私の世界はトキと共に時間を超えていると思いました。忘れられない心象風景のようです。- I was shocked to see such a sight. I thought I traveled back in time with an Ibis. The scene was like an image deep in my mind, a forgotten memory.

羽の色が何色もあるのに落ち着く色ですね。色ありでもシルエットでも美しい。どっちの方が私好みかな。そう、白黒写真にしたら、日本画になりそうです。- The Ibis feather’s contain so many colors, yet are so soft and calm. It’s beautiful in both color or as a silhouette. Let me think which one I like more. Yes, that’s it. It could be a Japanese painting if I make it a monochrome picture.

ベアレイク野生動物保護区でなくてもトキには出会えますが、じっくりと向き合ったのは今回初めてのような気がします。- We don’t need to come to Bear Lake National Wildlife Refuge to see Ibis, but it happened to be the first time for me to face it like this.

このブログポストの日本語名、「トキ」と時間の「時」を掛け合わせてみました。- The Japanese blog post title is a pun. Ibis in Japanese is “Toki”. Time in Japanese is also “Toki”. The difference is the accent. And, of course, the written characters are different as well.

クエイルクリーク貯水池 – Quail Creek Reservoir


クエイルクリーク貯水池に白頭ワシがいると聞いて行ってみました。 – We’ve heard that Bald Eagles are at Quail Creek Reservoir, so we went.

なんとザイオン国立公園の岩山が見えます。 – Surprisingly, we could see the peaks of Zion National park.

そして、期待通り白頭ワシに出会うことができました。空高く飛行していたので、私の400mmレンズではこれが精一杯でした。- And we could indeed see a Bald Eagle.  It was flying so high in the sky, this is my best shot with my 400mm lens.

こんにちは。- Hello!

アカオノスリもいました。- A Red-tailed hawk was also there.  

地層が作る綺麗な模様。地質学者じゃなくても嬉しくなる場所。- The rock strata create a pretty design on the hills.  You don’t need to be a geologist to enjoy the view.  

平和なひと時 – A Peaceful Moment


バレリーナの白サギ。- Egret ballerina.

ハクガンが遠くの空で大群をなして飛ぶ姿はとても不思議。近くで見ると、クチバシが不思議だ。 – A flock of Snow Geese in the sky is quite magestic from far away.  Their beaks from close up is … interesting. 

こちらはカナダガン。近寄るとガーガーと鳴く。遠くから眺めると白鳥のように優雅に見える。 – These are Canadian Geese.  They are noisy and annoying when you go close to them, but quite elegant from far away like swan.

スィー。ひたすらスィー! – Woohoo!

Ivin 貯水池の朝は平和に過ぎていく。静かなひと時。下の写真はあまりにも幻想的なのでタイトル写真の中に入れました。 – Morning of Ivin’s reservoir passed by peacefully.  It was such a quiet moment.  The shot below came out so dreamy, so I added it to the title banner image set.

水辺の山登り – Hiking on Water


清々しい朝。みんなで丘に登ろう! – Air is fresh, it’s such a great morning.  Let’s hike up to the hill!

アッハッハ!わーい、みんなでスイスイ、水上山登り! – That’s so cool!  Let’s hike up the hill on the water!

クーツ君も?一緒に山登り! – You too, Coot?  All right!  Let’s go together!

コンドルの赤ちゃん – Condor Baby


カリフォルニア コンドルの赤ちゃんが5月に生まれました。(英語版ですが、そのニュース)California Condor’s baby hatched in May this year.

そんな大ニュースを知らずに訪れたザイオン国立公園だったので、準備不足でした。でも、十分感動して帰ってきました。- We visited Zion National Park without knowing such big news.  Although we didn’t prepare well for the condor viewing, I must say we were so lucky to see them for the first time, and we enjoyed it fully.

昨日書きましたが、ザイオン公園内はバス移動です。最初は風景を撮るために24 – 70 mmのレンズを持ってバスに乗りました。でも、コンドルを見てしまったら、どう考えてもレンズ交換せずに入られません。そこで、1時間半かけて車に戻り、再びコンドルの場所、エンジェルスランディングのまで戻りました。ビッグベンドの停留所がビューポイントになります。(下の地図参照)そこから約 0.5 KM ぐらいの場所に赤ちゃんがいます。- As I wrote about it yesterday, you need to use a shuttle bus to go places inside the park.  I hopped on the shuttle carrying only 24-70-mm lens originally.  But we needed to go back to our car, spending 1.5 hours round trip, using other shuttles to get the 400mm lens once we saw the condor baby.  (See the map below.)  The baby is standing on a rock against the wall below Angel’s Landing trail.  From Big Bend viewpoint to the baby is about 1500 feet.

これがビューポイントからの眺め。巣は高い所に作られたんですが、あまりにも早く巣立ちしすぎて、巣に戻れなくなってしまい、今の場所、巣から多分 0.25km ぐらい下の岩の上に住むようになったとレンジャーが話してくれました。- This is a view from the viewpoint.  The nest was made at much higher place, but the chick couldn’t get back to the nest after it fledged.  A ranger told us that it was too soon for the baby to take off.  So, baby is standing about 500 feet below on a rock since then.

赤ちゃんの名前は 1K。なぜなら、 California Condor Recovery Program が1992年にスタートしてから 1000番目の赤ちゃんだからです。まだお母さんとお父さんに教えてもらわなければいけないことがたくさんあるそうです。飛び方も、餌の探し方も、巣の作り方も、みんな大切なことです。- Baby’s name is “1K”.  It’s because it’s the 1000th baby successfully hatched since California Condor Recovery Program started in 1992.  The chick still needs to learn so many things like how to fly, find food, make a nest, etc.

向こう、数ヶ月から一年ぐらいは確実に餌を運んで来てもらうので、この場所に行けばかなり高い確率でコンドルの赤ちゃんが見られます。- The parents will bring food back to 1K for the next few months or even up to one year.  Therefore, the chance to see the chick is very high in the next few month.

私たちは日が暮れて太陽の光が隠れるまで観察していました。- We stayed there observing the baby until the sun moved behind the cliff.

こんな所に一人、これからも寒い冬を過ごすのかなぁと思うと、とても心配になります。- The baby will be alone in such a place throughout upcoming winter.  I really hope he can survive all right.

ちょうどその時 Raven というカラスの大きいのが飛んで来ました。それを見たお母さんはカラスを追い出しにいきました。遠くから見ていても迫力のあるドラマでした。また、サイズの差がこんなにあるのねと、改めてコンドルの大きさを確認しました。- Then, suddenly a raven flew over.  Condor Mom immediately started chasing it at full speed.  It was like a National Geographic nature drama in front of us.  As you can see it on the picture, Condor is so big.

ちなみに、全てのコンドルの羽には番号タグがつけられていて、モニターできるようになっているとのことです。このお母さんの羽には”9”の数字が見えます。409番目のコンドルなんですね。- By the way, all condors have numbering tags.  The conservation program can monitor each bird in this way.  We can see number “9” on her wing.  It means she is 409th condor.

1億5000万年間に堆積した地層をバックグラウンドに、この追跡ドラマはあまりにも雄大すぎる!- What a sight, it is too magnificent!  We totally enjoyed the drama in front of 150 million years of strata on the cliff face. 

そして、面白いことにコンドルがこんなに近くにいるのに気がつかない人もいる。左、カメラを持った人間。右、人間を見つめるコンドル。- On the other hand, it’s funny that some people don’t know how close a condor is to them.  On the left, a human with a camera on Angel’s Landing trail.  On the right, a condor looking at the human.

このエンジェルスランディングの絶壁にはクライマーもいます。赤ちゃんの右の方の壁を登っていたクライマーたち。- The wall of Angel’s landing is one of the attractions at Zion for climbers.

この方は、どうやら女性のようですよ。まだ先が長いですが、頂上までたどり着けたでしょうか。- It looks like this is a woman climber.  I hope she made it to the top. It looks like it is still a long way to go..

コンドルの赤ちゃんは身長1.2m、翼を広げると 3m ぐらいだそうです。強く逞ましく成長していってね!- The baby’s height is about 4 feet and the wingspan is 9 feet.  Please be stronger and live long!

1000mmのレンズ、欲しいな!!!  – I want a 1000mm lens!!!

Western Kingbird


この鳥はもしかして・・・  – Could it be…?

この鳥たちは、もしかしてまだ赤ちゃんなのかな?  – Could these be babies…?

Western Kingbird ニシタイランチョウ です。裏庭の木の上で見つけました。  – They are Western Kingbirds.  We found them on a tree in the backyard.

おや?すごい勢いで鳴き始めました。  – What happened?  They started chirping so loudly.

あー、やっぱり。お母さんが食べ物を捕まえて来てくれたんですね。  – I see… Their mother brought back food for them.

おっとっと。落ちないように気をつけて。  – Wow, be careful not to fall down.

やった〜。ランチタイムね。今日のメニューは何かな?  – Yeah!  It’s lunchtime.  What’s the menu for today?

大きなトンボみたいだね。  – It looks like a gigantic dragonfly.

美味しそう。  – Yummy!  

あれ?もう一羽の子にはないの?  – Wait a minute. What about the other one?  

後でもらえるのかなぁ?もらった方の子はもう、食事の後のお昼寝タイムに入ったというのに。  – Can it get a bug later? The other one got food already and now is napping.

ちょっとかわいそう。「お腹すいたよ〜!」と鳴いているのでしょうか。お母さんもお昼寝タイムに入っちゃったのかな?  – Oh, it isn’t fair.  It is crying saying “Hungry… give me a bug…”  Hmm, their mother also started napping.

そこで逞しいニシタイランチョウの赤ちゃん。「よいしょっと。」高い枝に飛び乗りました。高い所に行けばきっとお父さんが来てくれる、と思ったのかもしれません。 – That’s it then.  The baby who didn’t get food hopped onto a higher branch.  He might have thought that his dad will bring something for him if he went higher.

さあ、その後、どうなったんでしょうね。きっと無事に成長して、自分でハエを捕まえていることでしょう。  – I wonder what happened to him.  We didn’t witness the end of the story, but I am sure he is fine. He may be a nice young bird who can catch bugs all by himself by now.