Tag Archives: photography

Hawaii trip 10: when… next?


A Tropical storm was approaching.  All kinds of warnings were reported.  It was two days before our flight back home.  We were discouraged not  go to Hiro because it would get a direct hit.  All of us started wondering and thinking;

    What a perfect timing!
    Our flight may be cancelled and we can stay here longer…!!!  
    Go storm, go…!

In any case, we went out for a drive going up north of Kona, Kohala.  It rained heavily, we couldn’t see a thing outside during the drive.  It’s strange, but everything become fun activitiy when you are on vacation.  Seeing nothing on the front shield, hearing a heavy rainfall, driving 5-10 mph through Kohala, I enjoyed it.  Of course, I didn’t drive. 😉

And this shot… I don’t know when I took this shot but it was when the heavy rain stopped. My LG  cell phone’s camera feature is not bad at all.
熱帯性低気圧が来るという警告があちこちで流れていた。私達のハワイ休暇もあと2日。むむむ・・・
「嵐はどのぐらい大きくなるのかな。」
「飛行機は飛ぶのかな。もしかして帰れなくなるかも・・・?」
「え、え~、そんな~。うっひゃラッキー!休暇延長できる!」
20130729-CAM00230
そこで嵐を見にKoharaというKonaの北にある小さな町に向かって車を走らせた。視界ゼロ。豪雨の中、時速10マイルぐらいのスピードでのろのろ走る。休暇だと、そんなことも楽しくなっちゃうのね。運転手のばんちゃんもきっとそう思ったに違いないということにしておこう。
この2ショット、携帯のカメラ機能で撮ったんだけど、結構いいじゃん。
This is also a shot with my cell phone, LG.
20130729-CAM00248

On the final day at night, I decided capturing a night sky from our condo patio. 44 seconds of exposure with ISO 2000. This is the power of SLR. My LG phone can not capture this one.
ハワイ最後の夜。コンドのパティオから夜空の写真を撮ってみた。シャッター開放44秒、ISO 2000。さすがにこのショットは携帯カメラじゃ撮れない。
20130729-IMG_0669
The tropical storm lost its power unfortunately, our 8 days vacation at Big Island was about to end. Sitting at the Kona airport, I was asking myself,
    “do I want to go back home?”
    “Dah! Of course, Noooo~”
I could stay there another week. If I did, I would probably sitting by a window at the condo and reading a book. I had started reading James Patterson’s book, The ninth judgement found on the bookshelf at the condo a day before we left there. I was still at about 20 pages into the story. I wish I could finish reading it … but run out of time.
Do I want to come back here again? Hawaii is a very special place. Yes, I do, but when?
I still want to go to so many different places where I’ve never been to. Let’s hold off to answer for the question until next year. My friend G told me,   “it like a well. Hawaii water is filled for now, but you need to go back again when it gets lower. It takes about a year to drys up the water.”
Let’s see how much I miss it in next summer.

熱帯性低気圧は残念ながら弱まり、8日間のハワイ休暇が終わろうとしていた。コンドで見つけた推理小説の読みかけも残したまま。あと1週間居られたらもっと落ち着いてボ~っと海を見ていられたかもしれない。コナの飛行場のベンチに座り、椰子の木を見上げながらまた来られるだろうか・・・と自問してみる。行きたい所は他にもまだたくさんある。どうかな~。帰ってきてからハワイに関してはお師匠さまのグミちゃんのコメントしてくれた。

「ハワイは1年たったらまた行きたくなっちゃうの。井戸みたいなものだか。今は水が一杯だけど、1年経ったらそれが枯れてくるから行きたくなっちゃうの。」

じゃあ一年後、私のハワイ度、チェックしてみよう。

Hawaii trip 7: what could I have done with light?


We went to Hawaii volcano National Park to see Kilauea volcano.
You can see white smoke coming out from the crater during the day, but you can see a red reflection on the smoke at night.
It’s getting quite cold, but I tried several shots from different angles. The challenge was that the volcano reflection was too bright compare to the rest of darkness. I wish we could be there a little earlier when it’s not so dark yet. I could manage the light better then. Instead, we enjoyed the dinner at Volcano house too much.
In anycase, this is the best shot from the night including Milky-way.
ハワイ火山国立公園でのハイキングは楽しいものだった。昼間は白い噴煙は夜になると溶岩が反射して赤く燃えているように見える。このショットは夜すっかり暗くなってから撮ったので天の川も入れることができたけど、おかげでその他はまったく映し出す事ができなかった。ある一点だけものすごく光が強い場合はフィルターとか使えばいいのかもしれないけど持っていない。だから本当はもう少し明るい時に撮るのが一番いいんだろうと思う。
20130726-IMG_0387
We walked Kilauea iki trail during the day. I enjoyed it a lot walking down to the crater going through a tropical forest. I like all my flower/plants shots from there. Please visit my flickr site for them. Hawaii trip 2013
Here are a few from the site. Aren’t they lovely?
火口周辺にはハイキングコースがいくつかある。熱帯雨林の中のシダ類はきれいだった。どれもこれも満足のいくいい写真が撮れたと思っている。よかったらflickrの写真集を見てください。Hawaii trip 2013
以下、数枚を紹介します。
20130725-IMG_0278
Uluhe, Dicranopteris linearis コシダ
20130725-IMG_0307
Japanese anemone アネモネ
20130725-IMG_0318
more Japanese anemone アネモネ
20130725-IMG_0323
and more Japanese anemone アネモネ
20130725-IMG_0337
A family of Kalij Pheasant was there on the trail. ミヤマハッカンの家族。
20130725-IMG_0370

Fun Editer


funny_photo_20130712200932Went to haircut and color last Thursday.
By sitting 3.5 hours at hair salon, I could learn a lot about my LG smart phone.

One of the features I played with was Camera.
It doesn’t matter whether it’s well focused or not.
All I need is simply to have fun with it.

Then, I have downloaded three different photo editors.
They are really straightforward and easy to use.

スマートフォンって楽しいのね。
これじゃあ手放せないはず。

PhotoGrid_1373683382117
昨日、5ヶ月ぶりに美容院に行った。
長い髪の毛を切り、カラーとハイライトを入れてもらうのに3.5時間。
そんな時にはもってこいのおもちゃね。
そうか。。。
日本は電車社会だから携帯の普及は早かったんだ。

こんな風に酢ティっカーを貼り付けたり、
いろいろな効果も入れたり、
オプションがたくさんあるから楽しい。

PhotoGrid_1373682594693
美容院にいる間に3つのエディタをダウンロードした。
どれもそれなりに楽しい。
できうることなら、もう少し手振れなしで撮れるようになって欲しい。
でも、気楽になんでも撮れるということは写真をより日常、暖かい人に近づけていくように思える。

下の写真、長い髪を切ってもらっているところ。
ハイライトを入れてもらっているところ。
そして、終了後。3枚をつなぎ合わせた。

PhotoGrid_1373681600500
Before the cut,
color highlight,
and the result.
They were stiched together.

カメラの話しHistogram & Live View


I want to talk about Histogram and Live View today.  You may know this already by reading the camera manual, but I am one of those who don’t care reading them.   I’ve learned them from Eric Gould’s workshop, and want to share with you because I found them so useful.

20090101-CAM00049-Edit

Live View option – I love it now although I rarely used it till now.

Why?  It’s because we can use it for occasional focus tuning especially when you see things far away.  By default, Auto Focus is best and no doubt about it.  But when you can not focus quite right for small objects, Live View is useful.

ライブビューオプションのパワー大発見。フォーカスしにくい物を撮りたい時に使えるのだ。オートフォーカスが一番頼りになるのは当然なのだけど、特に小さい物を撮りたい時は結構フォーカスしにくい。そんな時にはとても便利。

20090101-CAM00050-Edit By clicking Magnifying button two times (each click makes the image 10 times larger), the image become 100 times larger. At this point, it really doesn’t matter whether you use AutoFocus or Manual Focus because the image is so large.

イメージ拡大ボタンを2回押すことで、ライブヒューの画像が100倍に拡大される。そこでフォーカスをするのとオートフォーカスとでは差がまったくわからない。

20130703-IMG_0048

shot with Auto Focus

20130703-IMG_0049

shoto with manual focus via Live view.

Can you see the difference between these two shots?
オートフォーカスと、ライブビューを使ったマニュアルフォーカスのショット。
20130703-CAM00033Histogram … You can learn about the general concept of it from someone’s page like this. It’s very useful.  What I’ve learned this time was this, together with Highlight alert option, you can control the images pretty good.

ヒストグラムと共に使いたいのがハイライトアラート。ヒストグラムで右端に見える赤で囲ってある部分は露出オーバーで白とびしてしまっている部分。その白とび画像がどこかを示してくれるのが赤で囲ってあるハイライトアラート。

Red circled area in the histogram is over exposed pixels. Red circled area in the image is corresponding area, and Highlight alert flashes the area.

20130703-CAM00037
You will see two extremely high curve on both sides of Histogram when you take pictures especially at night or mid day with full sun light.
Of course, you want to avoid touching on both sides as much as you can, but it’s either not possible or very difficult at night.

こんなシャープな三本の山は避けたい。
しかも白とびもできうることなら避けたい。
でも、夜景写真ではそれがなかなか難しい。
20130703-CAM00041
This image includes very dark areas. The histogram tells me that I still have enough space on the right side. So you want to push the tall bar to the right as much as you can to save the definition of the dark area.
このショットはヒストグラムが示すように暗い部分がたくさんあって、しかも何が起こっているのかわからない。ヒストグラムの右側にはまだ余裕があるから、そちらに移動させていけばいいことになる。

20130703-CAM00044
You can change Exposure/shutter speed, ISO, or Aperture for that purposes, to make a better image. High ISO will give you high noise. Wide Aperture gives you shallow depth. And long Exposure will loose the image stabilization. Well, it’s a must item for night photography, a tripod. With it, you can have a longer exposure and push the left side pixels to the right.

20130703-CAM00047
絞り、ISO、そしてシャッタースピードを変える事で左のピクセルを右に寄せることは可能となる。ただ、それぞれの長短を考慮しないと理想の画像が得られない。そこで三脚の登場となる。これである程度の暗さはコントロールできる。でも、まだまだなのだ。

このショット、シャッタースピード30秒。それでも暗い。だからISOも引き上げた。ただ、絞りだけはF8から変えたくなかったのでそのまま。車のヘッドライトの光で橋はかなり露出オーバーとなっている。でも、せめてこのぐらい引き上げないと暗いだけの写真となる。そんな判断を助けてくれるのがハイライトアラートなんだ。フォーカスしなくてもいい場所にハイライトアラートがかかっているだけならいい事にする。ここは微妙に難しいけど、小さなカメラ画面を見ただけではわからない事の判断の助けをしてくれる。こんなちょっとしたこと、知っていて損はない。

The histogram of the above shot indicates that it contains some over exposed areas.  Indeed, it does show it for the headlights from cars passing through the bridge.  After all, the exposure is 30 seconds.  So, it’s up to me whether it is OK to be that way or not.  The Highlight alert is handy for the case like this and help me for the final judgement.  If it’s not important in the picture, I’ll accept it and keep the overall exposure.  It’s difficult to see it through a tiny camera screen.  But with Highlight alert, it’s easier to see.

Histogram and Live View… I never pay attention to them, but they have much larger roles than I could imagine before.

Night photography workshop


I don’t like driving, but enjoy riding a car at night. Especially at the hot summer night like last weekend, it was quite refreshing drove through Goldengate bridge to Presidio and Saousalito area, north of San Francisoco.
Banchan and I attened a night photography workshop by Eric Gould last weekend. I have learned two simple yet eye opening tips from it. Let me talk about them in a separate topic entry tomorrow.

20130629-IMG_9992

Capturing Transamerica triangle building between the bridge pillars.
Aperture F9.0, Exposure 1/125 sec., ISO 320


SFまで、しかもゴールデんゲイトブリッジを渡った北まで車を走らせるのはちょっとめんどうくさい。しかも夜となると躊躇する。でも、ばんちゃんに運転してもらうとなると話は別ね。
気持ちよかった~。SFでの夜景写真のワークショップ。
上の写真はゴールデンブリッジを通してその向こうにSFの町を見るショット。そして、トランザメリカの三角タワーをバッチリキャッチしている。あまりこんな感じのショットには興味ないけど、夕暮れ時の自然の色の変化がきれいだった。

下の写真。多分、ここはとても有名な場所。橋を目の前に見下ろせる場所。こんな感じのショットはきっと多くの人が撮っているはず。まだ完全に暗くなっていない時のショット。それでもシャッタースピード15秒ぐらい。

20130629-IMG_0026

Aperture F8.0, Exposure 15 sec., ISO 200


このショットには遠くに見えるベイブリッジのライトアップされたつり橋も入れた。シャッタースピードは30秒。そして、さすがにSFだけあって寒い。風が強い。強風で三脚が揺れるのを必死で抑えていた。
20130629-IMG_0045

View from north of Golden gate bridge looking into SF downtown. Bay bridge is also visible on the right side.
Aperture F8, Exposure 30 sec., ISO 400


ヒストグラムの見方。もちろん誰もが知っていることは、なるべく右端と左端に山を作らないようにすること。そうでないと光の情報を保存できないからだ。
ただ、すごく暗い時、すごく明るい時、そして両極端の光が混ざっている時はとても難しい。それをどう扱うか・・・ それがテクニックということになる。その辺のことは次回書きましょう。

さて、これから。
これで少しは何に注意して夜の風景を撮ればいいのか少しわかってきたし、怖くなくなってきたぞ。
次は何を撮ろうかな・・・

Highlights from Japan trip – people


Oh, no… it’s almost a month ago, but here it goes. It’s about people in Japan today. I love them all. (of course, I love people around me here, too.)

20130406-IMG_8845

About 30 people gathered for my dad’s 88 years old birthday party.  They are all my relatives.  I could only greet them because we simply didn’t have much time, but it was indeed nice to see them there and sharing the moment together.    I must say my dad is one of the happiest people in the world having all of us there for him.
It was not so long ago last time I met them, yet I found new lines of wrinkles here and there on their faces.  It’s funny that I don’t want to see wrinkles on my face, but I found them beautiful on their faces. Indeed, they are their history of lives.
父の88歳の誕生日祝いに集合した家族達、30名。落ち着いて話す時間がなかったけれど、共に過ごした一時はやはりいい。
以前会った時は、確かになかった皺。1本、2本と彼らの顔に発見すると、なんだか愛おしい。自分の顔にはあってほしくないけど、彼らの顔に見えていた皺は美しかったよ。生きてきた証だものね。忙しい中を都合を付けてきてくれたみんな、父は、世界一幸せ者なのだ。

Can you see a smiling old woman on the left in the picture below?
She is a proud mother of the shop owner, a soba noodle restaurant we went to. Her son makes soba noodle in the room behind everyday. I could see how much she cares about the restaurant, and loves what she does.  The food was wonderful, and she served us so well, but I must say she gave us more than that, something very warm, a true hospitality.
下の写真、左端のおばあちゃんこそが、本当は撮りたかった人。(クリス君、ごめんね)
彼女はこのお蕎麦屋さんのオーナーのお母さん。この息子のレストランを大切に思う気持ちが全身から感じられた。
それって、いいな。手打ち蕎麦は勿論美味しかったけれど、おばあちゃんからそれ以上のものをもらっちゃったよ。日本の暖かい心。
20130404-IMG_8574

An old man is delivering an order to his customer with a bicycle by carrying a tray on his shoulder. It’s a sight I often saw when I was young, but I don’t see it so often any more. It reminded me of a happy old days…
お馴染み、自転車にまたがってランチの配達風景。下町ならではの光景でしょうか。もう見なくなっちゃいましたね。
20130403-IMG_8361
Unfortunately, I couldn’t take pictures so much about lovable people in Japan. So it will be my next assignment. It’s far from colorful and fancy, but they are something I want to treasure. I could hear from their wrinkles; they said it’s all right, we are doing all right.
ちょっとほほえましく思えたショット、沢山あったのに、どれもボケまくり。日本の街中で人々に一眼レフを向けるのって、結構勇気がいるのね。でも、今度ね。次は大好きな日本の人たちの何気ない様をもっと撮りたいな。

Mustard flower


和名をカラシナという。
カラシナが一面に広がる所を撮りたかった。去年から言っていたことを、ちゃんと覚えてくれていたのね。この週末はそんな所に連れて行ってくれた。

237号線沿いのオフィスビルに囲まれた一角、ハイウェイからそこだけが一面黄色く見えた。

以外に複雑で行ったり来たりして、ついにたどり着いた頃は日が傾き始めていた。いつもなら夕暮れ時は金色に光る絶好のチャンスなんだけど、どうもこの花には夕暮れ時は合わないんじゃないだろうか。真っ青な空のもと、一面黄色の花畑を想像していたんだ。
そう、黄色いカラシナ畑を撮るには、快晴の日中がいい。次回に期待しよう。
20130209-IMG_8820
その後、もう半分以上沈みかけている太陽と競争しながら、ふたたび Shoreline に行った。今回は三脚も持参だったので、微かな光でもいいショットが期待できた。
ニマニマ・・・満足。しいて3枚だけ選ぶとしたら、こんな感じかな。

たそがれ時にアヒルが一羽、幻想的な色に染まった岸辺を泳ぐ。
20130209-IMG_8896
写真家だって画の一部になってしまう。
20130209-IMG_8937
そして、このショット。親子が水際で一時を過ごす。
20130209-IMG_8956