タグ別アーカイブ: Photoshoot

なぜ、この地?


今、先週の撮影会を見直しているところなんですが、可愛いですね〜。これで最後だと思うとますます可愛さが増します。

無事終了できたのでホッとしていたんですが、、、去年のギフト券の方が駆け込みで今日、いらっしゃいました。

こちらのお客様も、皆さん可愛らしくて、ただただ嬉しくなりました。生きているだけで素晴らしい、みんな素敵だなぁ〜。

これで、本当に本当。この地での撮影会は終了し、ぜーんぶ機材バッグに収めました。

こうして、この地を去ることがますます現実味を増してくると、やはり名残惜しいです。

今はどんどん小さくなっている世界。車で行くとしたら、ここから約9.5時間。飛行機なら1時間ちょっと。大したことないんですけどね〜。

さて、なぜユタ州の Saint George なの? いい質問ですね。

一言で言えば「好きだから」。私が死んだら「キャニオンランド国立公園内のホワイトリムから灰をまいて欲しい」というのが遺言です。(キャニオンランドのブログ)ブライス、ザイオンも近くにあるし。何千万年もの時の流れが地層となって見えるそんな場所で、ふわふわ〜っとドクター・フーみたいに時空を超えて旅してみたい。Saint George はそんなに素晴らしい所に近いんです。

もちろん、他にも候補地がありました。サンタフェは結構期待したんですが、イマイチ。

ユタ州の北部のミッドウェーという小さな街もすごく気に入りましたが、寒いんです。冬は平均気温 -10度以下になったりするんですよ。

Saint George には、Utah Friends of Paleontology (UFOP) 古生物学の同好会支部があります。毎月会合があるし、活動がとても盛んそうです。昔、恐竜の骨を発掘するために大金を払って参加したいと本気で考えてました。でも、ここでは無料だ〜〜〜!

かと思えば、ボールルームダンスのスタジオもあったりするんですよ。私たちの興味のあるものが全部ある。しかも家の値段はカリフォルニアの4分の1以下かも。ね、引退するためにはこういう物価の安い所に引っ越すに限ります。

夏の終わりに


まだ暑いんですが、もう夏じゃないと感じます。レイバーデーウィークエンドの真っ只中の今日、明日の撮影会の準備です。

IMA_5289  久しぶりに持つカメラ。

4台のフラッシュ設定を時間をかけてしていくと、なんだかすごく懐かしい。そっか、これが多分カリフォルニアでの最後の撮影会になるからかもしれないんだ。

ユタ州の南端、Saint George という町に引っ越します。目下、準備中。この写真は Snow Canyon State Park で撮ったたった一枚の写真。買おうとしている家から10分ぐらいで行けてしまう。

untitled-12.jpg

これから、引越しに関するドタバタ騒動劇を少しずつ書いていきます。来年2月、3月ごろには引越し完了しているはずです。

撮影会終了


ドーッと、安堵。

ダンススタジオの撮影会が終了し、納品に向け徹夜も久しぶりにしました。
その甲斐あって、スタジオの方の新聞掲載にも間に合いました。
今年の仕事、第一号、まだ終わってませんが、自分の評価では80%成功の方です。

チャレンジはバックドロップ用の107インチ x 160インチの巨大な白い紙2枚の設置。壁にはダンスの練習用のバーが取り付けられているので諦めていましたが、少し浮かして取り付けるアイディアがピキピキッと浮かんだんです。大ちゃんに手伝ってもらえたからこそできたことでした。

また、4台のスピードライト。家で何回も何回も練習を重ねたので自信がありました。ところがですねぇ・・・ アクシデントは起こるものです。

当日、テストショットをしてみたら、フラッシュが焚かれない!!!もう〜心臓バクバク、顔面蒼白、カメラを持っていた手が震える、断じてありえないことが起こってしまったんですね〜。

まだ時間は30分ほどありました。大ちゃんにまず話し、落ち着いて最初から点検することにしました。カメラ、トランズミッター、4台のスピードライトを全てオフにして、そこからやり直し。

結果、それでも動かない!!!涙が出てきそうなところを必死で抑えます。この大失態を正直に話してお詫びして、40ー50人の人たちに帰ってもらうしかないとまで考え始めました。私の短い写真家人生の終わりか・・・

その時です。「フラッシュの方は電池量があるようだけど、トランズミッターの電池を変えて見たらどう?」なんて初歩の初歩のことを大ちゃんがポロリ。

藁にもすがる思いとは、まさにこのことです。昨夜、取り替えたから大丈夫なはず。でも、やってみなきゃわからない。で、

交換、テストショット、パチリ。

ウワァ〜〜〜。動いた〜〜〜!これが奇跡に近い、その時のショット。感動で涙ウルウルでした。

 

写真撮影会、無事終了


早朝の太鼓橋。メインのローケーションの一つでした。

石庭への入り口も使わせていただきました。

丁寧に維持されている箱根ガーデンの歴史は1915年に遡り、今は非営利団体になっています。
緊張してました。だから虚脱感。
出来栄えがどうだったのか気になりますが、今日は写真チェックしません。

客観的に自分の写真を見るためにちょっと時間を置いた方がいいし。
明日から編集して、水曜日までにドラフトを完成させます。

今日は感謝祭のディナーの買い出し。お持ち帰りのクッキーでも焼きましょう。11人のゲスト、15品、全部自分で作る予定です。
え〜!頑張りすぎじゃない?と言われ、七面鳥はホールフーズにお願いしました。塩とレモンで下準備をしてあるものをオーダーしました。あとは焼くだけらしいです。

雨が気になる


プールに描かれた波紋が面白そうで、カメラ持参で外に出てみました。
赤葉の枯葉がプールに落ちて風情がありそうなんですが、放っておくと厄介なことになるなーと思いつつもパチリ。
瞬く間に雨が激しくなって来て退散しました。
先週末は箱根ガーデンで撮影会がありました。運良く晴れて、良かった。今週末も引き続き撮影会です。曇り空ならいいけれど、雨は困る。空模様が気になる季節です。

次のクエスト


人生、山あり谷ありですね。
そして、常に何か新しいチャレンジが待っている。だから生きがいがあるってことにしておきましょうか。

Shichi Go San箱根ガーデンの七五三写真。
1000枚の中からそれぞれのご家族に10枚程度を提供させていただきました。

当日はやはり、汗だく。光の加減がとても難しく、それをうまく生かせなかったのがとても残念です。まだまだ未熟です。でも、子供達のかわいらしいショットがたくさんあって選択に困りました。

その後は、即、感謝祭の準備に突入です。
山場は何といても七面鳥のローストです。新しいキッチンに入ったばかりの新品オーブンで、しかも未だかつてした事のない七面鳥料理。大胆ですねぇ~。さすが私。怖いもの知らずというところです。
結果オーライとなりましたが・・・

最大の失敗は、買出しを自分でしなかったこと。Safewayのデリバリーサービスで購入配達をお願いしてしまったこと。
だって、重いじゃないですか。ばんちゃんは忙しそうだったから一人で買い物となると10ポンド(4.5 kg)もある七面鳥を自分で運ぶのは酷ってもんでしょ?
それで届いてしまったのが、これ。
20141127-20141127_094802
昨日料理の達人Kに写真を見せるまでまったく気がつきませんでしたが、ちゃんと書いてある。”Turkey Breast” そんなのないですよねー。冷凍で来たからそのまんま冷蔵庫で解凍することだけしか気が回らなくて、開けて見らこれ。
20141127-20141127_104437
内蔵もなければ腕も足もない鳥。ただ大きな洞穴があるだけで格好いいイメージ像からほど遠い。

んで、達人Kに電話すること3回。胸側ってどっち?え?穴が開いているほうが上に?どっちだかわかんないよー。

泣きたい。もう、放り投げたいところをこらえて、とりあえず人気ナンバー1のレシピ、Martha Stewart の Herbed Roasted Turkey レシピに忠実にしたがってでき限りの事をしました。
20141127-20141127_11302520141127-20141127_115430
オーブンの温度、鳥の温度が上がらない!!!と思ったら、鳥にさしておいた温度計が壊れていただけで、とっくに焼きあがってたという最後の恐怖もありました。
20141127-20141127_130219(見えている温度計はオーブン用ではなく冷凍用かな?)
・・・が、すっごく上手にできちゃって、皆から絶賛の声です。見かけはぜんぜんよくないし、失敗だと思ってたからろくに写真も撮ってないんです。
20141127-20141127_163432
こうして私にとって初体験となった七面鳥焼きも無事に過ぎていきました。

オレゴン州に行っていた大ちゃんも一晩だけ泊まって帰っていきましたが、100マイル北に向かったところで車の故障、などなど、ハプニングはつきものですね。何はともあれみんな無事。やれやれ・・・そして、次はクリスマス・・・

何と、今度はロースとビーフに挑戦です。個人的にはこっちの方がかなり難しそう。それまでにしっかりとした温度計を購入してその日に備えなければ!!!