Tag Archives: California Kingsnake

夏が過ぎようとしている – Summer is almost over


セーターが欲しい朝夕の冷え込み、もう最高気温 27 度を超える日はない。  – I need a sweater in both mornings and evenings these days, since the high temperatures these days are in the 70’s or 80’s.

夏が過ぎ去ろうとしている。ちょっと寂しい。  – The summer is ending.  It gives me a little melancholy feel.

私のオフィスの窓に映った夕日。A sunset image reflected on my office window.

ユタ州セイントジョージでの初めての夏。セミの抜け殻は夏中たくさん見て来た。  – It was the first summer for us at this gorgeous place in Saint George, Utah.  I saw many Cicadas’ husks during summer.

大きく成長した虫たちは鳥にたくさん食べられて、だんだん静まって来た。  – It’s so much quieter these days as many grown bugs are eaten by birds.

わーい、これは、きっとカリフォルニアキング蛇のジェイク(9月9日のジェイクのブログ)の抜け殻にちがいない。私の仕事部屋の窓の外に置き去られていたから。  – Oh my gosh!  This must be Jake the snake’s skin that he shed while molting, which he left right outside of my office window.  (Jake is a California Kingsnake, see my Sept. 9 post.)  

すごいですね。なるほど、ここはお腹の部分ね。  – Wow…!  This part must have covered Jake’s tummy.

よくもまあ、抜け殻はこんなに完全で残るものなんですね。これ、一体どうしたらいいでしょう。ジェイクからのプレゼント?  – It’s amazing that the shell could keep its form so well after the snake molted.  Anyway, what am I going to do with it now?  Is this a present from Jake?  

ジェイク、来年の夏も会えるかな?  – Hey  Jake, can I see you again next summer?

ジェイク – Jake the Snake


金曜日の朝、玄関のベルがなり、庭師のデボンが立っていた。彼が挨拶とは珍しい。  – Our gardener, Devon, was standing there when we opened the front door on a Friday morning.  He rarely knocks on the door, so we wondered why.

「蛇が裏庭にいる。」 – “There is a snake in the back yard,” said he.

きゃ〜〜〜!大慌てでカメラを持ち出して、外に出た。 – What?  Really?!  We rushed out with our cameras.

ローズマリーからスルスルとでてくると Mr. Goo に向かってスルスル。速い!  – It came out from Rosemary bush and slithered toward Mr. Goo with pretty good speed.

カリフォルニア キングスネークです。体が伸びているところ。約 1.2 m ぐらいです。  – It is a California Kingsnake, about four feet by looking at the stretched body.

その後家の横に回り、私のオフィスの窓の前まで這って来ました。そこで驚くことが起こります。  – It went around the side of the house, and finally came to right outside of my office windows.  We then witnessed an amazing thing.

これは I.C.V. (Irrigation Control Valve) と言います。庭の水やりシステムの元栓が入っている筒が埋め込まれていて、その蓋の写真です。直径、約 15-16 cm で、小さな2.5cm ぐらいの穴が空いています。蓋を開けるときに指を差し込んで蓋を持ち上げるんですね。  – This is an I.C.V. (Irrigation Control Valve).  A small cylinder is embedded to protect the valve that controls the entire irrigation system.  The picture below shows the lid covering it.  It’s about 6 inches in diameter, and the finger hole is about 1 inch.

彼はなんと、その小さな穴に入り込み、姿を消してしまいました。うっそ〜!  – The shocking thing was that it went into the I.C.V. through the finger hole and disappeared completely! Unbelievable!!

バンちゃんのショット。あまりのショックにシャッターボタンを押せませんでした。Banchan’s shot. I couldn’t press the shutter button as I was so shocked by it.

そもそも、彼の体の横は 4 cm ぐらいだったような気がします。伸縮自在なんでしょうか。そして、I.C.V.の筒の中はすごーく狭いんです。この蛇がすっぽり入れるとはとても思えません。体が柔らかいということでしょうか。怖くていまだにI.C.V.を開ける勇気がありません。- First of all, the snake’s body was about 1.5 inches or more.  How in the world it can go through the hole.  On top of that, the inside of the cylinder is so tiny.  I really can’t believe that a snake with that size could fit in it entirely.  I am so afraid of opening it to verify the inside even now.

ところで、私たちはこの蛇をジェイクと名付けました。その後彼は姿を見せていませんが、なんとなく仕草が愛らしかったので、「ジェイク ザ スネイク」と呼ぶことにしました。  – By the way, we decided to call it “Jake the Snake” although we haven’t seen it since then.  His gesture and movement were somewhat humorous and cute.