Monthly Archives: June 2019

水曜日の野鳥の会


 

Wood Duck アメリカオシ

朝6時に起きて、出かけて行きました。朝日を浴びている Phoebe 。

Red Cliffs Audubon という野鳥の会を発見。そこで早速先週の水曜日に行って来ました。残念なことに、もう厳しい夏が始まっているので、今回がこの時期最後の定例散策なんだそうです。

Neotropic cormorant ナンベイヒメウ。野鳥の会の人たちは鳥の知識が豊富で助かります。

あまり鳥もいなくて、みんな残念がっていましたが、それでも、さすがに鳥に詳しい人たちばかり。何かを見つけると名前がスルッと出て来ます。私にはウレシい!

ここでの収穫は二つ。私にとっては初めての Wood Duck に出会えたこと。すでに北上しているはずなのにねーと、みんなが不思議がっていました。この一羽だけ出遅れてしまったんでしょうか?

もう一つは野鳥の会の人たちと知り合えたこと。しばらくお休みになってしまいますが、9月過ぎからまたスタートするとの事でした。

Bullock’s Oriole のオス

Bullock’s oriole の子供

7月にはZion 国立公園の北の方に遠足があるらしいです。ちょっと遠いので、まだ体調が回復していないバンちゃんにはどうかなー。できたら行きたいです。

真昼のマーチ


昼下がり、静かだと思っていたのに騒がしい。
わー、窓の外、ウズラの巨大家族の大行進!!!

慌ててカメラを持ち出したので、ボケてます。40から50羽ぐらいいたと思います。気が付いた時にはすでに半分ぐらい隣の庭に飛び降りていたと思います。

はて・・・そんなに卵を産むとは思わないんだけど、2-3家族一緒に行動するのかな?調査が必要ですねー。

すごく若いのからちょっと成長しているのまで、いろいろ混ざっている感じです。

しばらく見なかったので、どうしたのかなぁと思っていたんですよね。

こんなに大群で訪問を受けるとは思いまよりませんでした。

こんな騒動にミソサザイは起こされてしまいました。

もうちょっと静かにしてくれない?こっちだって頑張ってるんだよ。

こちらは後どのぐらいでしょうか。楽しみですねー。

おっと、まだ小さすぎてついていけないウズラがいます。

塀が高すぎて飛べない・・・!

どうしよう〜?パティオをウロウロしています。

ようやくベンチの背に飛び乗って、なんとか塀の上まで登れました。

よかったね〜。

遠くで見ていたトカゲも喜んでいたに違いない。それにしても、このトカゲ、結構格好いい。お腹のあたりが緑色で黒い縞々模様。Zebra-tailed lizard だと思います。

まだ毛が生えきっていないウズラの子供達、全員無事に成長しきることができるのか。毛は生えきってないかもしれないけど、しっかりしてるよ!と言いたげにキリッとポーズをとってくれた若いウズラ君でした。

ブライスキャニオン国立公園の名前


Horned lizard サバクツノトカゲ

フードゥーの数と規模で世界一とされる、Bryce Canyon 国立公園の名前の由来に迫ります。ちょっと大げさ〜ぁ。ウィキペディアのページにしっかり書かれてましたね。

要約すると、Canyon (渓谷)という名前がついているけど、渓谷じゃない。渓谷は川が流れてこそ谷ができ、渓谷となるわけです。でも、ブライスには渓谷がないんです。じゃ、なんでそんな名前ができちゃったのという素朴な疑問に、レンジャーがいとも簡単に答えてくれました。

周りにGrand Canyon とか Canyonland とか、Glen Canyonとか、Zion もCanyon だったりします。だから同じようにBrice にもCanyonをつけちゃおうって感じのノリでついた。

雪の上を歩くサバクツノトカゲ。こんなに寒いところにも住んでいるとは思いませんでした。

本当かなぁ〜。

ということで、Cedar Breaks の訪問で驚いたこと、3つの紹介でした。

ようやく膨らんできたアスペンの蕾。ここCedar Breaks の夏は短そうです。9月ごろにはもう色づいて秋を迎えているかもしれません。

ちなみに、毎週土曜日には夜空を観測するグループが集まって寒い夜空を鑑賞するとのことでした。Star Gazing 私たちも一回ぐらいは来てみたいな。

Hoodoo の秘密


ブードゥーではありません。Hoodoo、 フードゥーです。日本のウィキペディアサイトによると、土柱(どちゅう)とされています。

Brice Canyon 国立公園のフードゥーはその数と規模、そして美しさから世界一とされています。アンフィーシアターから眺めるフードゥーの群はとりわけ朝、夕の光に浴びることで美しさが想像を絶します。カメラを持っていても、一体どうしたらこの美しさを捉えることができるのか、ただ、立ちすくむのみです。

ブライス、そしてCedar Breaks のフードゥーは基本、同じです。同じ高原に位置して、同じように昔海だった場所です。そこに鉄分の多い堆積物がつもり、赤く科学変化が起こり、綺麗な地層になっていきました。また、硬い地層に柔らかい成分が染み込んでいったことにより、温度差によって膨張、収縮を繰り返しながら淘汰されていった結果がフードゥーです。

赤い松かさ。6月も末だというのにここは春が来たばかり。

当然、長〜い時間を経て今の形になりました。それが物語です。ただ、物語は止まることなく今も進行しているところが、悲しい。

Cedar Breaks はブライスのミニバージョンみたいな記述を時々見かけま。フードゥーの量から言えば、そうかもしれません。でも、決定的な違いがあり、それが存在価値を維持しているといっていいでしょう。

それは、高度です。(もう一つありますが、それは次回ね。)地殻変動でハリケーン断層の近くの Cedar Breaks は高く隆起し、ブライスはそれほど隆起しなかったということでしょうか。

ブライスの高さは7000 – 9000 フィート(2400 – 2700m、八ヶ岳の権現岳ぐらいの高さ)。でも、Cedar Breaks の高さは 10350 – 10500 フィート(3155 – 3200m、南アの北岳と同じぐらい)なんですね。この差は大きいです。

なぜなら、寒さが違い、寒い期間も当然長くなる。ブライスの岩が凍りつく日数は年間200日ぐらいとされていますが、Cedar は毎日です。つまり、侵食の進行がそれだけ早いんです。だからフードゥーの数が少ない。

アンフィーシアターの大きさはCedarの方が大きいのに、侵食のスピードが断然早いため、フードゥーの数が少なく、ブライスほどの息を飲むような景色ではないのかもしれません。

フードゥーは今も変化し続けている。

それがフードゥーの秘密。毎年、どこかのフードゥー、もしくは崖が目に見えて崩れていくとレンジャーが話していました。諸行無常を理解する日本人には驚くことではないのかもしれませんが、何万年もの時の流れの中で毎年のように変化するCedar のフードゥーに切なさ、美しさを感じます。

このビジターセンターももしかしたら数年後には無くなっていたりするのかな?いやー、それは早すぎだよねぇ?

地殻変動 Cedar Breaks National Monument


最初に、 National Monument の日本語訳について。いつも悩みます。いろなところから収集した資料をまず、まとめておきます。

その定義に当てはまる言葉が日本語にはないことがそもそもの問題なんですね。

  • National Park:  こちらは国立公園で問題ないでしょう。国の管理のもと、傑出した自然公園として指定されている。
  • National Monument:  国の指定というより、大統領が一人で指定することができるところが一番の違いで、国の予算で管理されているところは同じです。保護されるものの数の多さと予算も違うらしい。天然自然物国定記念物みたいな訳語になるんでしょうか。
  • State Park:  都道府県が管理している見地から国定公園に近いのかな?

ということで、Cedar Breaks 国定記念物

地質学についてほとんど知識のない私にも、とても面白かったレンジャーの説明に、「そうだったのね〜!」と感心したことが3 点ありました。

  1. Cedar Breaks という名前の由来。
  2. 近くにあるHoo Doo の奇岩がたくさんある Brice Canyon 国立公園との違い。
  3. Brice Canyon 国立公園の名前は間違っている!

今日は話が長くなるので、一番目について書きます。

地球の歴史60億年に比べると、かなり若いですが、ようやく火山や地殻変動がひと段落した頃、9千万年ちょい前からスタートです。ということは、恐竜たちの繁栄の終わりの頃。

この地帯はコロラド高原の最西端に位置します。Zion, Canyonland, Grand Canyon などがある同じ高原です。そして、この辺は海岸沿いの一等地だったんですね。波が寄せては引いて繰り返し、あらゆる所から運ばれてきた堆積物が化石をたくさん含みながら茶色い地層になっていったとパンフレットには書かれています。

そして、ここには Hurriane Fault (ハリケーン断層)が走っていて、1千万年ぐらいかけて地震を繰り返し、高原の西側、今の Cidar City 、は低くなり(5,800 フィート、1,767m) 、その反対側、Cidar Breaks 近辺はぐんぐん盛り上がり、10,350 フィート (3,155m)まで上昇しました。

Amphitheatre から見下ろす景色。遠くに見えるのがCedar City.

ようやく春が来たよとロビン君。

つまり、断層によってCedar 地帯が2分割されてしまったから、Break (割れるという意味)という言葉が名前の一部になったんですね。そ〜か〜。納得!

補足です。荒地のことを昔はよくBreaks と言っていたからとも言われています。でも、断層による分割があったからという説明の方がグッと理解できちゃいますよね。

ここは山ではなく高原ですが、高さのイメージを掴むために日本の山と比べると、日本の二番目の山、北岳よりちょっと高いところにある高原ということになります。どおりで寒いわけです。つい先週まで雪が降っていたので入れませんでした。また、ハイキングコースはまだ通行止めとなっています。多分、7月ごろから解禁されるとのことです。富士山の山開きと同じですね。

道端のアスペン。まだ雪が積もってます。

Chipping Sparrow が捕まえた獲物を見せてくれました。

ちなみに、私の住んでいる所、St George は海抜 2,860 フィート、872m です。支笏、洞爺地方の天狗岳と同じなんだ。こちらの日本の山一覧(高さじゅん)サイトを見ながら、ふむふむ、そっかー。

高い山トップ10のうち、3つしか登ってなかったのね。もう登る機会もないかなと思うとちょっと残念です。

近くの名もない公園


鳥を探しに出かけました。でも、もう10時過ぎ。いないな〜。

Globe Mallow 、可愛い花。

もちろん、トカゲ君。

大した収穫もなく帰ろうとしていた時です。

わー・・あなた、誰?

ヒゲが長い〜!ネズミの一種なんでしょうね。夜行性なんじゃなかったっけ?可愛いんだけど・・・うちには来ないでね!

落し物の話


落し物というか、落とされた物と言えばいいのかな。人間以外の排泄物の話。すみません!

犬、猫、馬、鳥、この辺の落し物は有名どころなので話す必要はないと思います。コヨーテ、ウサギなども、まあ、わかる。そしてネズミも。。。と、思っていたんですが、どうやらそうでもないらしいんです。

念のため、この Desert Cottontail は走っているだけです。夕日を浴びて綺麗ですよね。

閑話休題、こちらの落し物・・・

てっきりネズミだと思ったので、近くのアイビーも全部刈り取って、その道の専門家に来てもらって囮の餌が入っている箱まで設置したんですが、餌は全く手付かず。相変わらず毎晩の訪問と落し物がありました。そこで専門家の大親分のお出ましです。

彼曰く、「ふむ、コウモリかもしれませんねぇ。」

「え〜っ?!!!」

中庭には格子が付いているし、コウモリがぶら下がる格好の場所が他にもあるし。

ということで、ネズミ用の餌箱も念のためしばらく設置しておきますが、今度は上からの落下を観察することとなりました。

ちなみに、中庭にはこんなのも結構見かけます。専門家曰く、こっちはヒキガエルなんだそうです。山猫だったらどうしようなんて思ってたのに、温泉に浸かりにくるヒキガエルだったとは・・・それにしても、大きい〜!

あまり触れたくない話なんですが、まだ謎の問題なので書いておきました。

気分直しに、もう一枚、可愛い Desert Cottontail の写真で締めます。