Tag Archives: Hoodoo

Hoodoo の秘密


ブードゥーではありません。Hoodoo、 フードゥーです。日本のウィキペディアサイトによると、土柱(どちゅう)とされています。

Brice Canyon 国立公園のフードゥーはその数と規模、そして美しさから世界一とされています。アンフィーシアターから眺めるフードゥーの群はとりわけ朝、夕の光に浴びることで美しさが想像を絶します。カメラを持っていても、一体どうしたらこの美しさを捉えることができるのか、ただ、立ちすくむのみです。

ブライス、そしてCedar Breaks のフードゥーは基本、同じです。同じ高原に位置して、同じように昔海だった場所です。そこに鉄分の多い堆積物がつもり、赤く科学変化が起こり、綺麗な地層になっていきました。また、硬い地層に柔らかい成分が染み込んでいったことにより、温度差によって膨張、収縮を繰り返しながら淘汰されていった結果がフードゥーです。

赤い松かさ。6月も末だというのにここは春が来たばかり。

当然、長〜い時間を経て今の形になりました。それが物語です。ただ、物語は止まることなく今も進行しているところが、悲しい。

Cedar Breaks はブライスのミニバージョンみたいな記述を時々見かけま。フードゥーの量から言えば、そうかもしれません。でも、決定的な違いがあり、それが存在価値を維持しているといっていいでしょう。

それは、高度です。(もう一つありますが、それは次回ね。)地殻変動でハリケーン断層の近くの Cedar Breaks は高く隆起し、ブライスはそれほど隆起しなかったということでしょうか。

ブライスの高さは7000 – 9000 フィート(2400 – 2700m、八ヶ岳の権現岳ぐらいの高さ)。でも、Cedar Breaks の高さは 10350 – 10500 フィート(3155 – 3200m、南アの北岳と同じぐらい)なんですね。この差は大きいです。

なぜなら、寒さが違い、寒い期間も当然長くなる。ブライスの岩が凍りつく日数は年間200日ぐらいとされていますが、Cedar は毎日です。つまり、侵食の進行がそれだけ早いんです。だからフードゥーの数が少ない。

アンフィーシアターの大きさはCedarの方が大きいのに、侵食のスピードが断然早いため、フードゥーの数が少なく、ブライスほどの息を飲むような景色ではないのかもしれません。

フードゥーは今も変化し続けている。

それがフードゥーの秘密。毎年、どこかのフードゥー、もしくは崖が目に見えて崩れていくとレンジャーが話していました。諸行無常を理解する日本人には驚くことではないのかもしれませんが、何万年もの時の流れの中で毎年のように変化するCedar のフードゥーに切なさ、美しさを感じます。

このビジターセンターももしかしたら数年後には無くなっていたりするのかな?いやー、それは早すぎだよねぇ?

Zion, Bryce 国立公園 8 – ナバホ道


風邪のせいで体調は悪化、かたや天候は回復していきます。そうなったらもう、頑張って出かけるしかないでしょう。

ナバホ道からピカブーループ、そしてクイーンズガーデンに抜けて戻って来る8-9マイルぐらいの谷底を歩くルート。これがまた、めちゃすごい。Bryceに来てここを歩かなかったら、その凄さを見ないまま帰ってしまうのと同じと言えるほど。私の風邪もぶっ飛びます。でも、再びジレンマに陥ってしまう。だって、こんなに連立するHooDooを見たら、凄すぎてどう手をつけていいかわからない。20151007-IMG_8633

ブリスタルコーンがそんな私たちを見て笑っているよう。ゆったりと横たわりながら、「ほら、ポーズとってあげるから撮ってみてごらん」と言っているよう。20151007-IMG_8628

近くによると、こんなです。HooDooの下の方の色が染物のようで好きです。20151007-IMG_8674

時折の雨雲も結構いいムードを醸し出してくれます。20151007-IMG_8458

光を浴びたHooDooの撮り方がわからないまま、さすがに疲れきって上り坂へと向かいます。20151007-IMG_8666

夕日を浴びたHooDooを眺めるカップル。言葉もいらないんです。ただただ雄大な景色を一緒に眺めて時を過ごす時、そんな人が横にいるんだと気付いた時、幸せの瞬間だと思いませんか?左下、再び影でお邪魔しております。20151007-IMG_8679

本当は、こっちの老夫婦を撮りたかったんですが、雲間から照らす光は1秒ごとに変化して容赦してくれません。アタフタしているうちにチャンスは逃げて行ってしまいました。あー、人生と同じだ〜。20151007-IMG_8676

 

 

Zion, Bryce 国立公園 7 – 雨とHooDoo


雨は降り続き、予定変更を余儀なくさせられます。でも、じっとしていることもできず、雨中のハイクを決行します。ただ、突然決めたので雨用ジャケットをモテルに置いてきた〜。それが原因か風邪をひき、その後、私の体調は悪化します。

それはさておき雨の中のHooDoo。時折吹き付ける雨の中、カメラをかばいながら公園内の一番高い場所にある道を散策します。しかし、何も見えない。。。20151006-IMG_7996

近くのHooDooからは、まるで息づいているかのように靄が見えました。20151005-_MG_7847

Zionからそれほど離れていないのに、Bryceの気温は華氏で20度も低いと言われています。摂氏にすると30度ぐらいになるのかな?うは〜!高度の違いなんですね。だからこの出で立ち。つい昨日まではタンクトップ一枚だったのに、ジャケットを何枚も着て、思いっきり重ね着です。20151005-IMG_7844

雨と風邪のため、たいしたこともできず、Bryce ロッジで時間つぶし。朝食、昼食、夕食、そして念のためもう一度夕食をロッジでとりましたが、結果は良くなかったです。かといって、公園のすぐ外にあるRubby Inn も美味しくない。

そこで私たちはチョット遠出をして知らない町のレストランに入ります。クロアチアから夏のシーズンだけきている女性。来年シーズン開けまで翌週から閉めてフロリダに行き、その後クロアチアに戻るとか。客もまばらなのか、ちょっとした会話から全人生が見えてきそう。EUに加盟したことについての話、などなど、話はついきません。

宿の近くのレストラン。ラスベガスから引退してきた82歳のおばあちゃんはウェイトレスをしつつ、共同経営者でもあります。もう30年もたってしまったということですが、死ぬまで働き続けるって。シェリフバッチをつけて毎日出勤です。多分もう会うこともない人たち。それぞれの人生の一コマに触れただけなのに、ものすごい感動がもらえる。それが旅の醍醐味なんですね。いつまでも元気でいて欲しいから一緒に写真を撮らせていただきました。このレストランも翌週から来年のシーズン開けまで閉めるそうです。20151007-_X5A1419

 

Zion, Bryce 国立公園 6


Fitbit カウントが悲惨です。このところ、写真の編集に加えて、ビデオの編集にも取り掛かったので、もう〜机にかじりつきです。木曜日と金曜日は2500歩も無い!!!昨日、今日はなんとか10,000達成しましたが、ちょっと気を抜くとこれです。歩こうと意識しないとダメなんですね。私のライバルが二人に増えました。二人とも1日10,000は確実にこなしている人たちです。追いつかなくちゃ。

さて、旅行記に戻ります。ちょっと先を急がないといつまでたっても終わらないので、今日はZionを後にしてBryceに向かうところまで書きます。

Kodachrome Basin State Park は実はBryce National ParkやGrand Staircase Escalante Monumentに近い方にあります。北からと南からのルートがあり、私たちは南からの舗装されていない道を辿りました。

舗装されていないので、それだけ静かだし、意外性の発見度が高まります。例えばこの牛。おそらくTexas Longhornとよばれている牛です。特徴はオスもメスも両方長い角を持っているということ。_MG_6855

子牛がお母さんのミルクを飲む音が静かな平野に響いて印象的でした。20151003-_MG_6847-2

20151003-_MG_6876-2道は狭くなりホコリが舞い上がります。急な坂道になってきてやだなぁと思っていたら、ここにたどり着きました。Bull Valley Gorge

すでに車が一台停っています。で、私たちも車から降りてパチリパチリと写真を撮り始めました。最初は全然気がつかなかったんですが、後から来た人たちに聞かれて、フム、これのこと?と見せてあげたら激しく頷いていました。20151003-_MG_6877-2

ある年、車がこの谷に落ちて当然人は即死。頑張って屍体は運び出したものの、車は引き上げることができず、そのまま放置されているとか。いやはや、やはり危ないところだったんですね。

そうこうしていると、雄大な牧場を通り越して、舗装されている道に入り、公園がまじかだとわかります。一枚だけ選ぶとしたら・・・ジャン、これかな。左下に影自撮り入り。IMG_7618

もう一枚、と言われたら、これかなぁ。こんな感じの所を歩くんです。IMG_7581

不便な場所にあるので、とにかく人がいない。だから落ち着いて3時間ほどのハイキングを楽しみました。

帰り道、いつもそう。夕日が雲に映って何回見ても車を止めて眺めていたいと思わされます。この日も道端に止めてパチパチパチ。同じような写真はたくさんあるはずなのに、ず〜っと、ず〜っと撮っていたい。きりが無いので渋々車を走らせます。助手席の私はそれでも止まらずシャッターを押し続けました。
IMG_7627

さて、翌朝。モテルをチェックアウトして、Bryceへと向かいます。でも、この頃から天候が悪化していきます。まさに雨雲の口から雨が降り出しているみたい。どんどん近づいてきて、このショットを撮った30秒後ぐらいには激しい雨の中でした。ユタ州の雨はこれだから好きです。20151004-IMG_7663

Bryce公園の付近の宿はすでに10月だというのに満杯。Hatchという小さな町のモテルにチェックインした後、Bryce方面に向かいます。でも、その前に是非とも立ち寄りたかった場所がありました。

Red Canyon Visitor Center  このポスターを見るために立ち寄ります。20151004-IMG_7684

なぜかって?ばんちゃんの写真がポスターの中に使われているからなんです。雷が落ちている写真。名前入りで乗っていました。ついでいビジターセンターに入り、レンジャーと雑談。キャニオンランドに行った時に雷にたくさん遭遇しました。その時のワンショット。本当に使われていたことを確認して、ホッとしました。

その後、私たちはBryce公園内に入り、まだ見たことのないHoodooと初めてのご対面となります。20151004-IMG_7692

その異様さに圧倒されます。とんがっている砂岩をHooDooと呼びます。おそらく、何万という数のHoodooがここに集中しているんです。しかも、白とほおずき色をしたHoodoo達の姿は光を浴びて変化するようです。日中は、やっぱり綺麗に撮るのが難しいです。でも、時にラッキーショットが期待できます。特に雲が流れて隙間から光を浴びて、瞬間の美しさがあるんですよね。

この日は雨が降ってきて三脚なしに写真を撮るのは難しい日でした。諦めていたら、雲間から光さしてきて、部分的に谷を照らします。そして、横には虹がスーッと見えました。二度と繰り返すことのできない自然の美しさ。涙がでてきそうなほど、胸が一杯になりました。20151004-IMG_7743