Monthly Archives: November 2022

今日! TODAY!


いつからでしょう。氷点下になる日々が始まっていました。 Below freezing morning temperatures have started. When did the weather change?

ある日、外を見たらロードランナーのロジャーが冬を前にぷっくりしていました。 When I looked out into our backyard, I found Roger the roadrunner already puffed up before Winter.

すでに爬虫類の友達はみんな冬の住処へ引っ越して、フワフワと夢を見ながら眠っている事でしょう。 All reptile friends have moved into their winter homes. I bet they are comfortably in their cozy beds now.

ところが、なぜかタランチュラの Mr. T がまだ庭の奥の方にいるではないですか。 Only Mr. T, the tarantula was out in our backyard.

冬の家がどこだかわからなくて迷子になってるのかな? I wonder if he couldn’t find his winter home.

毎日様子を伺っていましたが、昨日から Mr. T の姿がありません。きっと冬の住処に避難したんでしょう。 We watched him everyday for a couple weeks to see how he was doing. But since yesterday, we couldn’t find him. I think he finally found his winter home.

感謝祭も嵐のように過ぎ去っていきました。 Thanksgiving had come and gone like a storm.

そして、今日、私たちのダンスを披露する日となりました。 And finally today. It’s the day for us to perform our dance in front of people.

諸々の行事でほとんど練習できず、ダンスルーティンもようやく数日前に決まった有様です。 We were so busy for various events so that we really didn’t have time for dance practice. In fact, it was only a few days ago that our dance routine was finalized.

ウェストコースト スウィングを2.5分間、舞台の上で踊ります。 It’s a west-coast swing routine for 2.5 minutes on stage.

ここまできたら、胸を張って楽しく踊るのみ。 Well, at this point, we simply keep chin up, and enjoy dancing with music.

花畑 Field of Flowers


時間がある時に少しづつデイジーを編んでみました。 I crocheted daisies a little at a time when I had time.

気がついたら、ダイニングテーブルが花畑になっていました。 The dining table was full of flowers before I knew it.

鍋つかみです。でも、主に電子レンジでお茶用に水を沸かすときによく使います。 They are pot holders. But we use them for a variety of purposes such as holding a cup after boiling water for tea time.

また、朝、オートミールを作る時。 Or I use it when I make a bowl of oatmeal for my breakfast.

その他、タッパウエアに入れた残り物を電子レンジでチンして、そのまま食べる時にも。 Or, we use them a lot when we eat leftovers in Tupperware containers.

友人に差し上げたtくて編んでいたら、もっともっと綺麗な色の組み合わせがありそうで、気がついたら20枚も。4枚はすでに差し上げました。 I wanted to give them to my friends. I discovered nice color combinations while I was crocheting. So I tried new colors for the next daisy, and more new colors for more new daisies. I made 20 of them and gave away four already.

こちらは表です。These are the front faces.

こちらは裏。 These are the back faces.

どれも自分で編んだから気に入ってます。これからどれをどなたに差し上げようか考えるのも楽しいです。 I love them all because I made them. It will be very difficult to decide which one I am going to give to who, but that is part of the fun!

黄金の岩 Golden Rock


パウエル湖の北、グランドステアケース エスカランテを南下し、ビッグウォーターに向かうオフロードから見える岩壁は、夕日を浴びると神々しい姿に変身します。 The rocks along the road from Grand Staircase-Escalante to Lake Powell changed their look drastically when the sunset light hit them. They were divine.

まるで金でできているように輝いていました。 They were shining like they were made out of gold.

パウエル湖は人気スポットなのに、この日は誰もいない。私たちだけでこの黄金郷を独占です。 Lake Powell is a popular spot, but we didn’t find anyone yesterday. We had the El Dorado (Golden land) all to ourselves.

月が見えてきました。 The moon had come up already.

夕日をどこで見ようか迷っている間に、太陽はスピードを増して沈んでいきます。 We were looking for a place where we could wait for the sunset, but couldn’t find a place. In the meantime, the sun was going down so quickly.

サイドミラーを見ると、同じ岩壁がほんの少しだけ光っています。 When I looked in the side mirror, the same rock we passed by before was shining only on the top portion of it.

もう、ここしかない! This was it.

日が暮れてから1時間ぐらい、空の色が変わっていくのを観察しました。 For about an hour after the sunset, we observed how the sky was changing.

ピンクに染まった雲が高く登って行った月を追いかけて、ダンスをしている様でした。 The clouds, painted in pink, were dancing and chasing the moon as it went up higher.

Hike 32: カエルの腰掛け? Toad’s Stool?


“Toadstool” は主に有毒キノコのことです。直訳すれば Toad=カエル+Stool=腰掛け「カエルの腰掛け」となりますが、それがなぜキノコを指すのかわかりませんでした。 A toadstool is a mushroom. I didn’t know it until now. I didn’t know why Toad + Stool become a mushroom either.

語源はイギリスの中世のおとぎ話にある様です。キノコの上にカエルがよく座っていたということから、「カエルが座る腰掛け」という名前になったらしいです。 Based on my research, the origin of the name came from fairytales from 17th century England. Frogs often sit on top of mushrooms as their stool, so it was named as “toadstool”.

ユタ州にあるトッドスツールズと名付けられたこの場所は、駐車場から1.3km 歩けばつける場所です。でも、面白い場所が奥の方まで続いているので、ぐるりと回ると往復4kmぐらいになります。 The Toadstools in Utah is about a 0.8 mile hike away from the parking lot of the highway. But you can keep going to deeper sections of the park where there are even more interesting toadstools. So, it is about a 2.5 mile round trip hike.

ここは白亜紀に形成されたダコタ砂岩層でできています。それが、浸食と風化作用により、土柱となり、その上に帽子が乗っている様な姿、もしくはキノコに似ているので、”Toadstool”と名付けられたらしいです。 The geological formation of this area is the Dakota sandstone formation. It was formed during the Cretaceous period. Many years of rain and rivers carved the ground and wind eroded away the excess sands. It is like Hoodoos at Bryce Canyon national park, but the difference is these have a rock sitting on top of it like a hat. Or some people say it’s a mushroom.

“Toadstool”がキノコのことだとは知らなかったので、見るまで全く違う解釈をしていました。 Because I didn’t know that a toadstool is a mushroom, I imagined a completely different thing until I saw it.

でも、語源を知って「サルノコシカケ」と同じようだと思いました。木の幹に生えている半円形のキノコです。日本語の語源は猿が腰掛けるのに丁度いいサイズに見えるから、そう名付けられたそうです。 But now I know the origin of it, I thought it’s just like a shelf fungus that grows on the side of trees. In the Japanese language, the name “Sarunokoshikake” is “Saru = Monkey + Koshikake = Stool”, Monkey’s stool. The origin of the word was simply the shape of it and the size of it looks perfectly good for a monkey to sit. So it was named that way.

面白いですね。 Isn’t it interesting?

パンプキンケーキ Pumpkin Cake


久しぶりに焼いてみました。 It’s been a while since I baked a Pumpkin cake.

なぜ砂糖が半分も残ったのか気になってレシピを読み返してみたら、私の勘違いでした。通りで甘さ加減が激的に控えめだと思いました。 After baking, I wasn’t sure why I had nearly one cup of sugar left, so I read the recipe again. Silly me, that was my mistake. I made a reduced sugar cake.

それでも、まあまあなお味。5日間かけて、二人で全部食べきってしまいました。 Still, it wasn’t bad. We ate the whole cake completely in five days.

サソリとカエル The Scorpion and the Frog


多分、1ヶ月前にサソリのスコットがいなくなりました。これはいなくなる前に蜘蛛を食べているところです。 Probably about a month ago, Scott the scorpion disappeared. The picture below is him eating a spider before he went.

こちらはカエルのフランクです。彼は地上レベルの小さな池で暮らしていました。 This is Frank the frog. He lived in a small pond at ground level.

それが、少し前ごろから、地面レベルの池から 1m ぐらい上で日向ぼっこしているフランクを発見しました。 But then, a little before Scott disappeared, we found Frank at a terrace about three feet above the ground. He looked like he was enjoying the warm sun light.

その後、彼は大胆にもスコットが住んでいる頂上の大池までジャンプして、大海を満喫している様でした。手前にスッコット、その向こうの水の中にフランクがいます。 Soon after that, Frank jumped boldly to the top level, and was enjoying the larger pool even more.

涼しい顔をしているフランクです。 This is Frank with a cool face.

フランクがスコットに食べられちゃうんじゃないかと心配していましたが、どうやらスコットは冬眠のため、噴水から降りて行った様です。残ったフランクは俄然大きな池を行ったり来たり。スコットが暮らしていた所で夜を過ごし、ついに主となりました。 I was worrying about Frank being eaten by Scott, but luckly the time came for Scott to go find a place to hibernate for the winter. So then, the water feature became Frank’s playground entirely on his own. He spent time between rocks where Scott used to live at night.

その後、私たちは忙しくてフランクの観察ができないでいました。でも、ある日、フランクが私たちを観察しているような感じで家の中をうかがっていました。 Then, we forgot about him because we became busy. But one day, I noticed that Frank was sitting close to the edge of the water feature and looking inside the house.

そこで、何ですか?と尋ねると、 So, I asked him, “what’s up?”

どうやら、記念撮影をして欲しそう。 He didn’t say a word but I understood that he wanted me to take portrait pictures.

恐竜のデイノニクスと一緒にいるところや、おすまし顔を撮ってあげました。 I took several pictures like the one being with Deinonychus, and doing a big boy pose.

その後、私たちの留守中にフランクは噴水を降りてどこかに行ってしまいました。きっと、また来てね! We don’t know when he left the water feature, but I haven’t seen him since the last portrait. Come again next year!

Hike 31: イエローノール Yellow Knolls


6.1 km 2時間弱のハイキング。 It’s a 3.8 mile, under two hour, hike.

10Kレースの後、あまり体を動かす機会がなかったので、久しぶりの山道は気持ちがいい。タランチュラも気持ちよさそうに歩いていました。 I didn’t have many opportunities to do outdoor activities after the 10K race, so I felt so good simply being there.

鳥の巣を発見しました。小さいので、鷹より小さい鳥が使っていたに違いありません。来年の春、ここで雛が孵化したら観察できるかもしれないと思うと、楽しみが一つ増えました。 We found a bird nest in a hole on the side of a sandstone wall. It’s rather small. So it must be smaller than a hawk for sure, but we have no idea what kind of bird used it. I am already excited to simply think about observing the tiny chicks that may hatch there next spring.

外で体を動かすこと、やっぱり好きです! Indeed! I love going out there and doing some exercise.

今朝の訪問者 A Visitor This Morning


寒くなりました。まだグズグズとベッドの中にいたら、バンちゃんの席立てる様な声が聞こえてきました。 It is getting to be cold these days. I was still dawdling in bed when I heard Banchan’s voice.

「早く、早く、裏庭にハイタカが来てるよ!」 “Come quick! A hawk is in the backyard!”

飛び起きてリビングルームに行くと、いた! I jumped out from bed, and went to the living room. And I found it.

飛んでいってしまう前にと、レンズ交換もしないまま100mm レンズが付いているカメラを持って、そーっと窓際まで近づきました。 I didn’t want to miss the chance, so without changing the lens, I simply grabbed my camera which happened to have the 100mm prime lens attached, then I quietly hid myself behind a chair.

クーパーハイタカです。 It was a Cooper’s hawk.

多分、まだ幼鳥です。 It was still a juvenile.

窓ガラスを通してでも気づかれてしまい、さっさと飛び立って行ってしまいました。あと5秒居て欲しいと思う気持ちがあった反面、安心したのも事実です。まだ子供でも鋭い警戒心と洞察力を持っていたからです。 As soon as it noticed us even through the window glass, it flew away. Although I wanted it to hang around for only 5 more seconds, I felt relieved because it had keen perceptivity and vigilance even though it’s still a child.

「これから来る厳しい冬を頑張って乗り切るんだよ。来年、逞しい大人になった時、また会おう! 」”You’ve got to pull through this harsh winter. Then meet us again in the next year when you become a strong adult!”

ハイタカの飛び立つ姿に、元気をもらいました。 The hawk’s strong take-off gave me energy.

西へ東へ Going West and East


西へ、そして東へと一人で1,368km を走りました。高齢の義母の最後のひと時を共に過ごすためでした。 Going to the west, then back to the east, I drove 850 miles total. The purpose was to be there for my mother-in-law’s last moments before her passing.

距離的には日本の本州の最北端から最南端まで走ったことになります。 The round trip distance is roughly equivalent to the distance from the northern tip to the southern tip of Honshu island in Japan.

アメリカで例えたら、ニューヨークからアトランタまで、ヨーロッパで例えれば、マルセイユから巡礼の最終地、サンチアゴ デ コンポステーラまでの距離。 The round trip distance is also equivalent to the distance from New York to Atlanta in the states, or from Marseille to Santiago de Compostela, the destination of the pilgrimage route, in Europe.

いつもと違う景色は刺激を与えてくれます。助手席に座っているんじゃなくて、自分で運転すればなおさらです。 The different views along the way were inspiring. You get those views especially when you drive rather than sitting in the passenger seat.

運転するのは好きではないので、家に帰り着いた時はホッとしました。そして、夕日に向かい改めて義母にお別れの言葉を送りました。 It was a huge relief when I came back home because I don’t like driving. And I sent my mother-in-low my farewell when I saw a gorgeous sunset.

“Bon Voyage!”