Monthly Archives: April 2016

Joshua Tree 国立公園


人生、何があるのか全くわからないものですね。
いい事も悪い事も全部ひっくるめて人生。だから、ただひたすら受け止めるしかないんですが、時にジタバタしたい時、ありますよね。

20160417-_MG_5698

オフロードの末にたどり着いたCholla カクタスの群生地。車の中から撮った奇跡の一枚。

Joshua Tree 国立公園への旅は、まさにそんなお話です。

大した事ではないです。ただ、とっても不思議な事に、1日分の写真がスッポリなくなってしまったんですね。なぜ、そんなことが起きたのか、未だに不明です。例えばメモリーカードの写真が無くなっていたら、全部削除されているはずでしょ?でも、1000ショットもある中の、まさにその日の分だけが消えていたって、どういうことー?

20160416-_MG_5309

Barrel Cactus

この旅はCholla というカクタス (Teddy bear Cholla) の花を撮るために行きました。Joshua Tree 国立公園にはこのカクタスが繁殖している場所、Cholla Garden があって、そこが最大の目的だったんですね。気合を入れて、やる気満々。

20160417-_MG_5255

Desert Collared Lizard

夜、7時半から10時過ぎまで、夜空をバックグラウンドにわずかな月明かりに照らされたカクタスをただひたすら撮っていたんです。オリオン座がバッチリ入っていて、やった〜!とご機嫌だったんです。

Sand Blazing Star

Sand Blazing Star

それが、全滅です。う〜〜〜。

もう一つの目的、陸ガメに出会う事。そのために向かったハイキングコースでの写真も全滅でした。いえいえ、亀には出会えなかったんですけどね。

20160417-_MG_5496-Edit

Chuckwalla – 亀には出会えませんでしたが、このイグアナの親戚には出会えました。

20160418-_MG_5421

Pencil Cactus

そして、なんと、Joshua Tree という名前が付いている公園で、しかもゴマンと生息しているJoshua Tree カクタス、その写真も消えてしまい、見事に一枚も残ってない。あ〜あ〜・・・

ということで、唯一残っている奇跡の Cholla(チョイアと発音する)カクタスの花をご覧ください。

Cholla Cactus の花

Cholla Cactus の花

その他の写真はこちらです。Josua Tree NP

 

ヒメレンジャク


昨日は初日、25年ぶりに日本語を教えてきました。
まだ感覚がつかめてないから汗だく。フィ〜。
いろいろ予想してプランしていきましたが、プランとは、破られるもの。全然違うことをパラパラ復習することになりました。生徒の反応を見て、それをシッカリ掴んであげる。そうだ、その辺のダイナミックなところが好きだったんだっけ。。。なんて、遠い昔を少し思い出しました。
それにしても友人Gに感謝です。この超有名な会社のレッスンを紹介してくれました。人数も手頃だし、生徒も環境も非常にいいという、好条件のもとのスタートです。頑張ります!

さて本題。3月末のことです。
ヒメレンジャクの大群がオレゴン州に旅する当日に前庭に押し寄せてました。20160326-_MG_0006

まさに車に荷物を入れている時だったので、後ろ髪を引かれる思いの出発でした。写真もあまりありません。

この鳥は赤い実を食べるためにやってきたんですね。ロビン達が食べ尽くしてもまだ残っていたので探し求めてたどり着いたのかもしれません。

それにしてもこの大群、バンちゃんも見たことないといってました。20160326-_MG_0002

彼らの習性はグループ行動の模範生みたいです。
お互いに助け合うんです。
火消しの時の水の入ったバケツリレーみたいに、枝に並んで実をリレーしていくんです。スゴッ!20160326-_MG_0005

久しぶりの箱


しばらく静かにしておりましたが、再登場。
テレビの下に置く箱を作っておりました。今回は初挑戦で、引き出し付きであります。はい、旅の前に作り始めて、実はまだ完成はしていませんが、一応、外観は終了したので、ご報告です。20160424-_MG_5736
下のチェストに合わせて、赤と黒でまとめました。
引き出しのハンドルは少々色がマッチしませんが、まあよくできたと褒めてあげたい。
すべて残り物の材料なので、引き出しの中にはバンちゃんがなぐり書きしたダンスルーティンがまだ見える・・・20160424-_MG_5734
時間ができたら、中もきれいに仕上げるつもりですが、いつになるやら。。。
苦心したところは、材料足らずで色々と切り張りしたところ。どうしても工夫できなくて仕方なくグレーの紙を使った所。ま、いいんじゃん?20160424-_MG_5735
こうして、テレビの下のDVDとXfinityの箱の台が出来上がったのでした。あとは、バンちゃんが、コードをきれいに処理するだけです。20160424-_MG_5724

さて、明日から仕事始めです。何かって?二十五年ぶりに先生復活です。その準備もあって、静かにしておりました。
いやいや、沈黙の理由はそれじゃない。

今回のスタジオ照明のクラスがすっごくチャレンジで毎回ドキドキだから?レベルが一気に上がったので、ついていくだけで大変ですよ。。。それも違う。

そうそう、ご近所さんが一カ月プラスの世界旅行に出かけてしまったから、猫シッターしてるから、毎日ソワソワ。
何言ってるんだか。

一番の理由は旅の写真でしょう?
もう、一週間も経ってるのにね。まだ何も編集してないの。
ぐずぐずしている理由は・・・泣きたいくらいにガックリしてしまったことがあったからです。
何かって?はい、、、う、う、うっ・・・

ハイライトの日の写真が全部、ぜ〜んぶ、消えてしまったからなのだー!

夜も十時過ぎまで頑張ってオリオン座をバックグラウンドにしたチョイアカクタスを撮ったのに、それも残ってないの。
う、う、うっ・・・ずっと、ず〜っと、立ち直れなかったのですよ。

引き出し付きの箱


ついこの前帰ってきたばかりなのにね。明日から3泊4日の旅。

写真のクラスが終わったら即、南へ。Joshua Tree 国立公園が目的地です。
そして月曜日、6時までに帰ってくるのが目標。なぜなら夜7時からのダンスのワークショップがあるからです。

実は今週、久しぶりにカルトナージュにハマってました。
もう使わないのにまだキープ?のDVDプレーヤー。それにケーブルテレビの箱。その2点を置く台が必要になったんです。で、結構大きめですが、二段の引き出しのついた箱を作ることになったというわけです。box

引き出しなんて作った事ないので、試行錯誤です。あーだこーだと手順を組み立てては変更して、亀のようなスピードです。材料は例のごとくダンボールと端切れなどなど。久しぶりに紙を切ったり布を貼り付けたりで、大切なことを忘れてました。微妙な角の処理や、0.5mmごとの誤差を見落としてはならないこと。まさにそんな積み重ねが2-3mmになってしまって、どうしようかなー、やり直そうかなー。という所で思案中。

ヒュ〜、今週はここまで。

明日の写真のクラスの準備しなくちゃ。それに、旅の準備も。

ではでは、良い週末を!

なぜ旅するの?


知らない土地へ、まだ見ぬものを求めて出かける。
新しい物、古いもの、刺激と感動を探してる。
この道の果てには何があるのか、好奇心でいっぱい。20160401-_MG_5073-2

醜いものはちょっと苦手、美しいものを探してる。

20160329-_MG_4481

Sunset at lodge by John Day River.

憩える場所も探してる。

20160330-_MG_4680

自然にチャレンジしては、到底かなわない事を再確認しようとしてる。20160401-_MG_5081

20160329-_MG_4400私たちの旅は質素です。

最初と最後は、大抵ちょっとましなホテルに泊まりますが、中間はショボい所です。
20160328-_MG_4397

家に居る方がずっと居心地がいいのにね。
寒くて不便、でも周りには素晴らしい光景が広がるから来てしまう。

20160329-_MG_4632

The lodge we rent stands right by John Day river.

そして、二人でいるからどこにでも行ける。そんな勇気が湧いてくることを再確認するために旅に出るのかもしれない。

20160331-_MG_4984

Painted Hills


さて、いよいよ山場。
John Day Fossil Bed国立モニュメントの3つのユニットの一つ、Painted Hillsです。
500枚ぐらい撮ったのに、まだ撮りきれなかった場所。
そして、どのショットを選んだらいいか一番迷った場所でもあります。

まずはご覧ください。こんな景色がドーンと広がります。圧倒されて、胸がザワザワします。20160329-_MG_4476-2
落ち着け、自分!じっくりと見ればいい。そうそう、構成を考えて歩き回ればいいんだ。マシになってきたね。20160329-_MG_4534
私たちは1-2時間、ウロウロして過ごします。すると、見えてきました。
このショット、翼を広げている鳥のように見えませんか?
20160329-_MG_4493
強い風に雲が超スピードで流れます。だから、光を追いかけるのが大変。
巨大な生き物が昼寝をしているよう。20160329-_MG_4428-2
400ミリのズームです。20160329-_MG_4437
これもズーム。セクシーだな〜。20160329-_MG_4440
どのショットも私の中でストーリーがあって、なかなか客観的に見られない。なんとか絞り込んで集めたオレゴン州の旅の写真はこちらです。20160329-_MG_4459
とりわけ気に入っているのは。。。20160329-_MG_4406-2
山のてっぺんを真正面から捉えたショットも気に入ってます。じっと見ていると山の顔が見えてきます。それだけをまとめたアルバム Hill Tops はこちらです。20160329-_MG_4444

化石


私たちは化石から何を学べるのでしょうか。20160330-_MG_4805

下、Sheep Rock で見つけたOriodonts だと思われる化石。4500万年前に生息していた豚のようなカバのような生き物らしいです。ということは草食系と思われるのですが、牙のような歯も見つかっています。これは何を意味するのか、考古学者たちはいろいろな説を唱えてきました。今後も本当のところは誰にもわからずじまいでしょう。だって、400万年前に忽然と歴史の闇の中に姿を消し去ってしまったんですから。

20160330-_MG_4806こちらは Clano ユニットで見つけた葉っぱの化石。20160331-_MG_4831

化石化はどうしたら起こるのか、今回初めて考えてみました。
ほとんどは腐食して何らかの鉱石に変化して残っていくようです。

下の写真は道端で見つけた葉っぱの化石です。葉っぱですから、それほど珍しくないんでしょうか。転がっているんですね。自分で見つけたものだから感無量です。「これが1500万年前ぐらい前に、この地に生えていたものなのね・・・」20160331-_MG_4853

そんな風景を想像すると、ウヒャ〜、宇宙の果てまで飛んでいってしまいそう。

。。。言葉をなくします。。。

火山流が流れ地表を覆い、何千万年もかけて、やがて化石や硬い鉱石に変化する。そんな積み重ねが作り出す地層。
そんな巨大な歴史の中では、目の前の岸壁は永遠に存在しそうです。でも、変化しているんですね。
Lichen (地衣類)と呼ばれる生物は硬い鉱物の表面を多い、ゆっくりと、ゆっくりと何万年もかけて侵食していきます。遠くから見ると、まるでどこかの落書きのような雰囲気です。絵の具を散りばめたようだと言ってあげましょう。

20160330-_MG_4807-2

こうして、歴史は大きなウネリを作り繰り返していく。

うまく説明できません。

空を飛ぶ鳥たちは、そんなことお構いなし。
自由にただひたすら飛び回るだけです。時を超えて自由に飛んでいるよう。

そっかー。
こんな巨大なウネリの中で戸惑ったり悩んだりって、気抜けしちゃいますね。
私も鳥のようにただひたすら自由に飛び回るしかないんじゃない?

20160331-_MG_4859

地層


私が見る地層の美しさは、スケールの雄大さと自然色のハーモニーです。20160330-_MG_4764

Sheep Rock ユニットの3.5マイルの山道は特別な感動はなかったものの、1500万年から3500万年前の地層の違いが綺麗に見えるハイキングでした。下の写真にはバンちゃんが楽しそうに歩いているのが見えます。20160330-_MG_4785

こんな風に歩いていると、古い映画、サウンドオブミュージックの最後の歌が自然に口をつきます。フォントラップ家族が国境越えのために山道を歩いていくシーン。それに合わせて”Climb every mountain~ ” と修道院の院長が歌うあのシーン。大きな声を出して歌い出したので、バンちゃんが驚いていました。遥か彼方を見回しても私たちだけなんですから、いいじゃないですかねぇ。20160330-_MG_4655

名も知らぬ野草が可憐に咲いているだけ。時折、美味しそうな鳥が近くに飛んできては去っていくだけ。20160330-_MG_4761-2

1500万年前の地層の上を飛行機が飛んでいく。一生懸命飛んでいる姿が愛おしくなるほどの時のギャップ。20160330-_MG_4811

キャビンへの帰り道、John Day川でカワアイサを見つけました。20160330-_MG_4874

のどかだなー。一日中外にいたのに、バンちゃん以外、人に会わなかった日。あ、ビジターセンター内の化石ラボの中に人がいたっけ。20160330-_MG_4925

 

時を越える旅


Crater Lake 国立公園を後にして、私たちはオレゴン州の奥地、John Day Fossil Bed 国立モニュメントに向かいます。

その名の通り、化石が見えると期待するわけですが、派手な恐竜時代ではありません。恐竜時代は6500万年前に終了しており、この地は主に1500万年から4500万年前頃のことです。

初っ端から気の遠くなるような昔に飛んでしまいますが、そんな時代を旅してみたかったんでした。なぜかって?ちょっと難しいですが、軽く説明するとしたら、こんな感じ。

たかだか100万分の1ぐらいしか生きられない私たちの人生を、こんな歴史の中に位置付けるとどうなるのか、体感したかった。もちろん、そんなことできないんですが、それでももう少し自分の中に取り込んでみたかった。

え〜、どうやって? “Journey through Time”20160329-_MG_4630

ここはモニュメントとはいえ、3ユニットから構成されていて、この近辺一帯を指しています。この標識の付いている道を辿っていくんです。OregonTrip

  • Sheep Rock: ビジターセンターがあるユニット。ハイキングコースがいくつかあります。ビジターセンター内には化石ラボがあり、実際に化石を処理、保管しています。ガラス張りの外から見学することができ、興味のある方には必見と言えます。
  • Painted Hills: 多分、一番わかりやすく、はっきりとすごい!と言えるユニット。
  • Clarno: 地味なユニットですが、ショートハイクの道沿いに時代を遡る手助けをしてくれる説明書きがあります。

John Day 川を渡ると、さあ、化石の世界、時を越える旅の始まりです!
20160329-_MG_4622-Edit
ゆったりと流れるJohn Day 川。コロンビア川に注いでいきます。
20160329-_MG_4625
さて、今日はここまで。続きは明日からにします。

余談ですが、今日からDe Anza college 春学期がスタートしました。
ビッチリ朝9時半から午後2時半までのはずでしたが、出席、自己紹介、概要、来週への準備で終わり、お昼頃にはキャンパスを後にしていました。
私以外の学生はすでに写真のクラスをいくつも取っているようで、お互いに顔見知りのようです。他己紹介というのでしょうか。知り合いの相手を紹介しあうという形式で挨拶をし合ったんですが、私は誰も知らないので、自己紹介しました。それぞれが目的を持っていて、前のクラスとは真剣さがかなり違いそうです。グループ共同プロジェクトがベースとなり採点されるようなので、どういうことになるのか、今後のレッスンに期待が膨らみます。では!

オレゴン州唯一の国立公園


カリフォルニア州には国立公園が9つ。国立公園の管理するモニュメントなども合わせると、28箇所もあります。
方やオレゴン州、驚いたことに国立公園は一つしかありません。モニュメントなどを合わせても6箇所しかない!

Snow pile by Crater Lake.

Snow pile by Crater Lake.

オレゴンの北にはワシントン州。美しい州なのに3箇所が国立公園でその他も合わせて14箇所。
ふむふむ・・・どうやらカリフォルニア州が他と比べて特別多いってことなのかな。
州ごとにリストアップされた国立公園表をご覧ください。(注:カリフォルニアには新しく州立公園から昇格したPinnacle国立公園がありますが、リストにはまだ乗っていません。)

前置き長すぎ〜!

Crater Lake

Crater Lake

ということで、私たちはオレゴン州唯一の国立公園 Crater Lake 国立公園を訪問することにしました。

まだ3月末、標高を考えると寒いだろうと思っていましたが、こんなに雪がたくさんあるとは思ってもみませんでした。だから、この子も準備せず、素足にサンダル姿・・・若いな。いや、無謀だ。

Young girl standing by Crater Lake view point with bare feet...!

Young girl standing by Crater Lake view point with bare feet…!

初日はまさに雪の吹きまくる日で、視界ゼロ。せっかく来たのにね。

Windy snowy day. Crater Lake is behind the tree but you can see only a hint of island shape.

Windy snowy day. Crater Lake is behind the tree but you can see only a hint of island shape.

立ち去り難くロッジでウロウロ。20160327-_MG_4224
もう一度展望台に登ってみると、見えた!

The iced branches look like flower blossomed trees.

The iced branches look like flower blossomed trees.

この湖はカルデラ湖です。火山国の日本にもたくさんありますよね。
何が特別なのかわかりませんが、その深さは世界で7番目だということで、深い青が美しいと言われています。

Blowing snow with dark blue surface of Crater Lake.

Blowing snow with dark blue surface of Crater Lake.

雪がまるで砂漠のように風に吹かれて舞っています。だから美しいフォルムを作り出してくれていました。

Fantastic forms created by wind and snow.

Fantastic forms created by wind and snow.

こちらの方、お肌が荒れてますね。でも、たくましく生きています。

A tree by Crater Lake. The bark is pealed off by strong wind and snow? I want to get the vitality like this!

A tree by Crater Lake. The bark is pealed off by strong wind and snow?
I want to get the vitality like this!

翌日、立ち去る前にもう一度訪れてみました。

The park entrance.

The park entrance.

相変わらずの強風でしたが、快晴。よし〜!と気合を入れて写真を撮っていたらパークレンジャーのおじさん。

Park Renger He has been volunteered past 10 years there.

Park Renger
He has been volunteered past 10 years there.

10年以上ボランティアとして働いているそうです。話好きで20分ぐらい立ち話です。

それもそのはず、彼も写真が大好きで、雪の中をカメラ二台も下げて歩いてる私を発見して飛んできたと言っていました。

それなりに面白い会話でした。でも、シャッターチャンスを逃してしまいました。会話が終わった頃には再び雪混じりの強風。もう先に進まなければ!

私たちはここから東へ進み、あまり知られていない John Day Fossil Beds National Monument へ移動します。

カナダヅルの会話


今年に入って既に2回も会いに行ったのにいなかった、カナダヅル。オレゴン州で時折2羽ずつ見られたので、撮ってみました。97号線を南下していた時の光景です。多分、夫婦だと思います。でも、大きさの違いがあったので、父親と息子の会話を想定してみました。

ストーリー その1:親子の会話

父:今日、飛び方の練習するって言ってたこと覚えてるかい?
息子:覚えてるよ。

Son, do you remember we will have a flight practice today? Yes, Dad.

Son, do you remember we talked about a flight practice today?
Yes, Dad.

父:じゃあ、あそこを目指して飛んでみよう。わかるか?
息子:わかった。

Look over there. We'll aim toward that. God it? Yes, Dad.

Look over there. We’ll aim toward that. God it?
Yes, Dad.

父:復習だ。飛ぶ時に知っておかなければいけない10のルールを覚えてるかい?
息子:・・・

So, do you remember 10 rules you need to know when you fly?

So, do you remember 10 rules you need to know when you fly?
um…

父:ルール1、目を閉じてはいけないこと。ルール2、・・・
どこ見てるんだ!集中しなさい!

Number 1, keep open your eyes. Number 2, ... Hey, stay focus!

Number 1, keep open your eyes.
Number 2, …
Hey, stay focus!

息子:ついついあそこの鳥が気になって・・・ごめんなさい、父さん。

Sorry Dad.  I was distracted.

Sorry Dad. I was distracted by a bird over there.

父:集中だ。まず、こんな風に翼をパタパタする練習。

Focus now. Flap your wings like this.

Focus now.
Flap your wings like this.

父:お前の番だ。見せてごらん。
息子:え〜、しなくちゃいけないの?

Now, show me how you do it, Son. Dad... Do I have to?

Now, show me how you do it, Son.
Dad… Do I have to?

息子:こんな感じ?
父:まあ、いいだろ。

Like this? Well, good enough for now.

Like this?
Well, good enough for now.

父:次に、翼を広げる前に上体を低く構える。

Next, hold your body low like this before open your wings.

Next, hold your body low like this before open your wings.

父:そして、大きく広げる。

Then spread your wings.

Then spread your wings wide.

父:風を感じるためだよ。

Feel the air under your wings.

Feel the air under your wings.

父:準備万端だ。地面を思いっきり蹴りあげる。

Now you are ready to kick the ground with your legs.

Now you are ready to go. Kick the ground with your legs.

父:行くぞ〜!

Off you go!

Off you go!

息子:待ってよ〜!

Dad...!  Wait up!!!

Dad…! Wait up!!!

父:遅れるんじゃないぞ。もっと加速して!
息子:父さん、置いてかないで〜!

Stay with me, Son.  Accelerate more! Dad, Dad... Wait for me...

Stay with me, Son. Accelerate more!
Dad, Dad… Wait for me…

ってな会話はどうでしょうか。
ストーリーその2は当然、夫婦の会話です。ご自分で考えてみてください。
てへっ!

象の耳というニックネームの植物


オレゴン州の旅から帰ってきました。
結構地味な旅でしたが、それでも写真の山に埋もれてます。

まずはこの植物の話です。20160326-_MG_4142ハイウェイ5号線を北上して、カリフォルニアからオレゴンに入る手前。オレゴン州との境から1時間ぐらい南に位置する Castle Crags State Park で発見しました。川沿いに生えていて、とても不思議な植物です。名前は?

20160401-_MG_5135はい、そう簡単には教えられません。だって私たちも苦労してようやくわかったんですから。
パークレンジャーならきっと知ってると期待しましたが、すでに5時過ぎで、オフィスは閉まっていました。20160326-_MG_4134もちろんウェブサーチもしましたが、マッチする植物が見つかりません。
事あるごとにいろいろな人に聞いてもわからない。キノコの一種?なんて答えぐらいしか返ってきませんでした。

こんな感じで、繁殖していくようです。20160326-_MG_4149

そこで、私たちはこの謎解きの為にオレゴンからの帰り道、一週間後に再び立ち寄ります。
まずはレンジャーオフィスでこの花のことを聞きます。
「ああ、それはね、俗にElephant Ear って呼ばれてるよ。」
「象の耳みたいに大きな葉っぱがそのうちに生えてくるから。5月頃また来たら見られるよ。」

20160326-_MG_4126象の耳を見るためにまた来たいかなぁ?多分、もう来ない・・・なんて思いながら再び1時間の山道を登りました。今回は三脚持参ですから、5ポンドの三脚がずっしりと肩に乗って、ちょっとシンドイ。前回は曇り空で鬱蒼と暗く、ISOも1000以上あげて撮りました。だから、今回はISO100で、もっと質のいい写真を撮るぞ〜っと、気合が入ります。

と言いつつも、私は三脚の頭の部分を持ってくるのを忘れてしまいました。
「ウェ〜ん!!!」使えない!5ポンドの無用の長物!20160401-_MG_5152

丸いカタマリが花なのかな?なんてバカなことを考えてましたが、一週間後に再開した時には、見事に花が咲いてました。
メガネも忘れていた私は、小さな花には気づきませんでしたが、よくよく見ると・・・撮った写真の中にちゃんと咲いていてくれていました。20160401-_MG_5145
それが分かっていたらもっと、きっちり花を撮ってあげられたのに・・・下は、一週間前。花は咲いてません。

一週間前のショット。まだ花が咲いていません。

一週間前のショット。まだ花が咲いていません。

帰り道、再びレンジャーオフィスに立ち寄ります。
「話をした後に思いついたんだけど、オフィスの裏庭にも生えてるよ。こっちね。」
ウハッ!

象の耳の正式名称はBergenia、ヒマラヤユキノシタ