Tag Archives: fossil

恐竜を求めて – Meeting Dinosaurs


久しぶりに旅に出ました。旅は約一週間ほどでしたが、盛りだくさん。- We went out for a short trip for the first time after a long time. It was only about a week, but quite intense and fun.

まずは北東、ユタ州とコロラド州の境にある、恐竜国定公園に向かいました。- We went to Dinosaur National Monument located at the border of Colorado and Utah.

公園が近づいてくると恐竜がここかしこにいて、私たちを迎えてくれました。期待度がどますます上がって行きます。- When we got closer, we found welcoming dinosaurs here and there. This raised my expectation higher and higher.

下の写真、この建物がメインアトラクションと言っていいでしょう。恐竜の化石満載の壁を囲むようにして建てられ、多くの化石を保護しているからです。- The picture below shows the building which is one of the main attractions of the park because it is built around a large intact wall of fossil bones.

1909 年に最初の恐竜の化石がこの地で発見されてから、何百という骨がアメリカ中の博物館に展示物として送られました。この公園があるジェンセンという町は、まさに恐竜発掘のメッカです。- Hundreds of dinosaur fossil bones were found from here and sent to museums all over America as exhibits. The town of Jensen next to the park is literally the place of Dinosaurs.

勿論、まだまだ多くの化石が地面の中に眠っていて、発掘作業は続いています。- Of course, the excavation of fossils are still ongoing as many more bones are in the ground.

ちなみに、バンちゃんは古生物学が大好きで、アルゼンチンまでボランティアとして発掘作業に出かけていった経験があります。- By the way, Banchan loves paleontology and has experienced digging fossils as a volunteer in Argentina.

残念ながら、時間がなくて公園内の探索はできませんでしたが、またぜひ訪れたいリストに入りました。- Unfortunately we ran out of time and couldn’t explore the park more. So it is now in the list of “Want to go back to places.”

その日に泊まった宿の外、絶対に欲しい車椅子に出会いました。車輪はキャタピラで、上り降り、多少のでこぼこ道も自由自在に動ける電動式。- On a side note, I found an amazing gadget. It is a wheel chair that was in front of our cabin for the night. The wheels are basically caterpillars and it can travel on many types of terrain freely. It is electrically powered by a battery. I want this!

あー、これだから旅は面白い。オフロード車椅子みたいな格好いいものまで発見できるんだから!- Isn’t it great to be on the road again and to be able to see things like this, “Off-road Wheel Chair!”

化石


私たちは化石から何を学べるのでしょうか。20160330-_MG_4805

下、Sheep Rock で見つけたOriodonts だと思われる化石。4500万年前に生息していた豚のようなカバのような生き物らしいです。ということは草食系と思われるのですが、牙のような歯も見つかっています。これは何を意味するのか、考古学者たちはいろいろな説を唱えてきました。今後も本当のところは誰にもわからずじまいでしょう。だって、400万年前に忽然と歴史の闇の中に姿を消し去ってしまったんですから。

20160330-_MG_4806こちらは Clano ユニットで見つけた葉っぱの化石。20160331-_MG_4831

化石化はどうしたら起こるのか、今回初めて考えてみました。
ほとんどは腐食して何らかの鉱石に変化して残っていくようです。

下の写真は道端で見つけた葉っぱの化石です。葉っぱですから、それほど珍しくないんでしょうか。転がっているんですね。自分で見つけたものだから感無量です。「これが1500万年前ぐらい前に、この地に生えていたものなのね・・・」20160331-_MG_4853

そんな風景を想像すると、ウヒャ〜、宇宙の果てまで飛んでいってしまいそう。

。。。言葉をなくします。。。

火山流が流れ地表を覆い、何千万年もかけて、やがて化石や硬い鉱石に変化する。そんな積み重ねが作り出す地層。
そんな巨大な歴史の中では、目の前の岸壁は永遠に存在しそうです。でも、変化しているんですね。
Lichen (地衣類)と呼ばれる生物は硬い鉱物の表面を多い、ゆっくりと、ゆっくりと何万年もかけて侵食していきます。遠くから見ると、まるでどこかの落書きのような雰囲気です。絵の具を散りばめたようだと言ってあげましょう。

20160330-_MG_4807-2

こうして、歴史は大きなウネリを作り繰り返していく。

うまく説明できません。

空を飛ぶ鳥たちは、そんなことお構いなし。
自由にただひたすら飛び回るだけです。時を超えて自由に飛んでいるよう。

そっかー。
こんな巨大なウネリの中で戸惑ったり悩んだりって、気抜けしちゃいますね。
私も鳥のようにただひたすら自由に飛び回るしかないんじゃない?

20160331-_MG_4859