Tag Archives: nesting

出産場所 A Place To Have Babies


今朝のハイキングより。A view from a hike this morning.

こんにちは!暑くても、早朝なら気持ちがいい。そんなこの頃です。Hello! It’s still hot but rather pleasant in the early morning these days.

さて、今日の話題は「自然の流れに従おう」という事です。Today’s topic is about “Surrendering to the flow of nature.”

今年は、裏庭でズアカカンムリウズラの赤ちゃん達が11羽産まれました。私たちはワクワクしながら成長過程を見守りましたが、結果として、最終的に1羽になってしまいました。これが自然界の現実なんでしょうか。少し罪悪感を抱いてます。裏庭はウズラ達にとって安全そうで、実は双刃の剣だったんじゃないかって思うんです。Eleven Gambel’s quail chicks were born in our backyard this year. We were so excited and we watched over them for their safety, but only one survived to fledge. Is this the real nature’s way? To tell the truth, I feel a bit guilty because we kept chicks in the backyard. We thought it’s safe for them, but it could be like a double-edged sword.

なぜなら、水と食べ物がすぐそばにあるけれど、塀という安全そうな囲いのお陰で逃げたい時に逃げられない。4本足の動物からは身を守れそうだけど、実はボブキャットなんか簡単に入ってこられる。We provided food and water, and a space surrounded by a fence. I thought they were safe in there but, at the same time, they couldn’t run away from intruders like a bobcat. But even the bobcat cub could jump over the fence.

ウズラのお母さん、出産場所選びは大変ですね。ちなみに、私はまだウズラ達の産まれた巣が何処なのか知りませんでした。裏庭のどこ? It must be so hard for a quail mom to find a safe place to lay her eggs. By the way, I didn’t know where the nest was until now.

そこで、うずらの巣を探してみると、So I looked for it…

あった! And I found it.

リビングルームの窓のすぐ側のボックスウッドの中にありました。The shells were deep in the boxwood by the living-room.

・・・フーム・・・どうしよう・・・ …. hmmm … what can I do …

やっぱり、ウズラは自然の中で育つ方がいい。私の出した結論です。 My conclusion after thinking for a while was this: It’s best that Quail chicks grow up in the natural environment.

ならば後は行動あるのみ。まさか塀を取り除く事はできないので、ボックスウッドをプードルのコンチネンタルカット風にしてしまいました。これでこの低木の中に巣を作る事はできなくなったと思います。 Well then, I cut the boxwood like a poodle’s continental cut. It’s much easier than removing the fence. With this, quails can’t make nests in there.

ウズラのお母さん、来年はどうぞ別の場所で強く逞しい子供を育てていってくださいね。Quail mom, please find an ideal place for your next batch, outside of our backyard next year.

春の別荘 – Second House for Spring


これが春の別荘です。- This is the second house for Spring.

ここで産卵予定のシロハラミソサザイのご夫婦です。 – This is the Bewick’s wren pair who decided to lay their eggs here.

「そう、それそれ、早く持って来て!」と奥さん。”Yes, that’s it.  Bring it up here quick!” said the wife.

「フカフカ綿毛を見つけるのは、結構大変なのわかってくれてるのかなぁ。」と、ご主人。- “I am not sure if she knows how hard it is to find fluffy fuzz-balls like this.” said the husband.

「はい、これでいい?」 – “Does this work?”

「産卵準備は本当に大変。もう時間あまりないの。」と、奥さん。”Nest making is a huge project for us.  We don’t have much time left.” said the wife to me.

「それは大変。ストレス溜まっていそうですね。顔の周りや、口の中まで綿毛が付いてますよ。少し休む時間があるといいですね。」と、私。- “That sounds tough.  You look quite stressed.  A few strings of fuzz are around your face and inside your mouth.  I hope you have time to rest a little.”

 

 

君だったんだ、ミソサザイ


明日からしばらく楽しくなります。多分、Wren ミソサザイ

一瞬、ロードランナーの赤ちゃんバージョンかと思うほど地面の上を素早く走ったんです。当然、あまりの早さに何者かは確認できず、慌ててカメラを取りに行きました。

その後、観察していたら、なんと巣箱に入って行った!

嬉しいなー!!!

こんな風に巣作りの材料集めをしていたんですね。一生懸命巣作りをしていました。

こちらがビデオ。長い枝を頑張って持って来たのに入らない。挙げ句の果てに落としてしまうところ。ちょっと心が痛みます。

巣作り


ばんちゃんのお母さんから、花に水をあげられないと電話があった。「なぜ?」を探しに行って見たら、小鳥が座っていた。20180603-IMA_3962.jpg

遠くから400mmで驚かさないように撮ってみた。尾から鳥の種類を識別したいんだけど、よくわからないなぁ。まーいいっか。20180603-IMA_3960.jpg

花はこの通り、枯れてしまったけど、小鳥の孵化は間近のはず。20180603-IMA_3963.jpg

書きたいことがたくさんある。でも、なかなかできない。

溜まりにたまって4000枚以上の写真を処理しなければいけないから、それだけでグ〜〜と伸びた。だから、その前にちょっと、鳥で息抜きね。