Category Archives: Nature

アラスカ野生動物保護センター Alaska Wildlife Conservation Center


アラスカの旅も終盤。 It was nearing the end of our Alaska trip.

この日も雨でしたが、アラスカ野生動物保護センター (AWCC) を訪れました。ここは野生動物の避難所です。It was raining when we visited the Alaska Wildlife Conservation Center (AWCC). It’s a refuge for orphaned and injured wild animals.

オスのムースが枝の皮を剥いているところ見たり、 We watched a bull moose chewing off a branch balk, and…

ゴールデンベアたちが水浴びするところを見たりしました。 watched golden bears’ bathing.

その他、あらゆる動物が保護されていました。 And we saw many other animals that were protected.

ふと、写真家が立ち止まりました。はたして、この動物はなんだろう? 笑 And suddenly, a photographer stopped walking. He must be thinking what kind of animal it could be. hahaha

私の一番見たかった動物はヤマアラシです。 The animal I wanted to see most was the Porcupine.

はじめまして。どうぞよろしく。 Hello. It’s nice to meet you.

こんなシッポなんだ。 Oh my! Its tail is like this.

どうやらアメリカヤマアラシは日本やアジアのヤマアラシとは少々違う様です。 It looks like the North American Porcupine is different from the Old World Porcupine.

さあ、先を急ぎます。さようなら、ヤマアラシ。さようなら美しい自然。 We better move on now. Good-by Porcupine and majestic mountains.

再びバスに乗り、アンカレッジから車で1時間弱のリゾート地、そして最後の場所、アリエスカに辿り着きました。 早く家に帰りたいなぁという気持ちと、もう帰っちゃうという気持ちが交錯していました。 We hopped on a bus, and finally came to the final destination of Alyeska. It is a resort town. This place is less than one hour from Anchorage. I had mixed feelings, both “want to go home soon” and “want to stay longer.”

サソリとクモ Scorpion And Spider


嵐が去った後、来客が滞在中です。 After the storm, we have visitors.

サソリ。5 cmぐらい。 A scorpion. About 2 inches.

くも。足も含めて1 cmぐらい。 A spider. It’s about half an inch including legs.

目下、両者とも玄関脇のジャバという噴水の上の石に住んでいます。それぞれ、別の石の上にいるので、お互いの存在をまだ知らないかもしれません。もしも知ってしまったら、さそりはクモを食べちゃうんでしょうか。。。 They are staying on top of rocks on Jabba, the water fountain by the front door. They are on different rocks, so it’s possible that they don’t know each other yet. I wonder what will happen if they find each other. Will the scorpion eat the spider?

この噴水はスターウォーズのジャバ ザ ハットの様なのでジャバと呼んでいます。陸ガエルたちもジャバのお客さんで、下の水たまりに、ジャバ温泉によく来ます。 I named the water feature Jabba because it looks like Jabba the Hutt in the Star Wars movie. It’s a popular place. Mr. toad and his family also visit to dip themselves in the pool at the bottom of the feature.

ところで、サソリとクモには共通点があることに気がついきました。 By the way, I found one thing in common about the scorpion and spider. It’s their eyes.

さそりの目は頭の上に一対、顔の両脇に一対あります。 The scorpion has two sets of eyes, one on top of the head, and the other is on the sides.

また、クモにも二対ずつ、4個。もしかしたら三対かもしれません。 The spider has also 2 sets, or possibly 3 sets.

私が心配する必要はないんですが、こんなにたくさん目があると、情報処理が複雑にならないかしらと思いました。 I don’t need to worry about this but I wonder how they handle the information from all these eyes without confusing things.

復活 Recovery


アラスカ旅行からの旅の後もしばらく忙しかったので、体調を崩した様です。でも、回復に向かってます。 I was sick for a while, but on the way to full recovery now. It was hectic after the Alaska trip, so my body needed some rest.

さあさあ、アラスカ旅行記もさっさと終わらせなければいけませんねぇ。なにしろ、10Kレースが待ってますから。トレーニングのやり直しです。 I should finish the Alaska trip journal real soon because my 10K race is coming up next. I need to train myself all over again.

奇しくも、お天気も大嵐で家のランドリールームとゲストハウスの浸水がありました。でも、嵐の後、外を見たら、ほら、虹が大きく二重にできていました。 This could be the monsoon season here. We had very strong storms, and our guest house and the laundry room have some water damage. Sigh… but after the storm, we found a huge rainbow outside the house. Can you see the double rainbow, too?

レースの日まで、あと47日。 I have 47 days to the race day.

花と朝焼け Flower And Morning Glow


夜明け前の力強い光の変化が好き。 I love watching the sky right before sunrise. The color changes every second.

朝焼けとテキサスセージが競い合っていた。 The morning glow and the Texas sage plant competed with each other.

“どっちが綺麗? Which is prettier?”

”一人ずつだと1と1だけど、今日は二人一緒になってともっと素晴らしくなってるよ。どっちが綺麗じゃなくて、1+1が3になった朝。 It’s not that either one is prettier. Each of you are 1, but together, you made something more this morning. In this case, 1+1 became 3!”

ヘラジカ Moose


朝4時ごろに目が覚めていました。アラスカの夏は午前3時にはすでに明るくなっています。まだ誰も起きていないシンとした朝、カメラを持って朝食前の散歩に出かけました。 I was already awake at 4 o’clock in the morning. Alaska’s summer days start early. It was already bright enough at 3 o’clock to see things outside. So we went out into the very quiet morning air for a walk with our cameras.

バンちゃんが道路脇にまだ新鮮な足跡を見つけました。これは、もしかして例のあの動物かもしれない。 Banchan found a few sets of fresh animal tracks. We thought it could belong to the animal we want to see.

足跡を辿っていくと、やっぱり、いました。ヘラジカのお母さんと子供。 We followed them, and indeed, we found a mother moose and her cub.

明るいとはいえ、カメラの感度を上げるほど明るくはなく、ISOを3200に上げても1/6秒のスピードです。カメラ調整している時間はありません。またしても絶好のチャンスなのに準備ができてなくてもどかしさを感じてました。 It was already bright enough to see outside but not enough for the camera’s sensitivity. I quickly raised ISO to 3200 but the shutter speed was still 1/6 of a second. I didn’t have time to adjust my camera. I regretted so much why I didn’t prepare for such a great opportunity.

ビデオならなんとかなるかと、祈る思いで撮ったのが以下です。画面がすごくブレてます。そんな質の悪いビデオをシェアするのは心苦しいのですが、雰囲気はやはりビデオじゃないとわからないので載せておきます。 So, I gave up pictures, and switched to video mode hoping that it was somewhat better. I made the video below by combining 4 videos out of 6 I had taken. Unfortunately, the quality is so bad because I couldn’t hold my camera still while walking backwards. But I still think you can see the feeling of the scene.

野生動物との距離の取り方のポスターを見つけました。 By the way, this is a poster talking about “social distance”.

これによると、ヘラジカとは100mぐらい距離を置かなければいけないそうです。私たちの場合は、気がついた時にはすでに30mぐらいの距離でした。 It says that we need 300 ft with a moose to be safe. For us, it was probably 100 ft when we found them.

しかも、子供が私たちに興味を持ち、どんどん近づいてきました。お母さんが横の方でしっかり状況を見つめています。 On top of that, the cub thought we were interesting objects, so he kept coming towards us. We knew his mom was looking at the situation carefully.

すっごくヤバイ。 It was, indeed, a very very dangerous situation.

それでも、静かに、静かに後退りを繰り返しながら撮影しました。途中、お母さんにやめなさいと言われたのかもしれません。諦めて林の中に入っていきました。ホッとしました。野生動物を見たいけど、こんな至近距離での出会いはしたくない。 We tried to keep ourselves calm, and walked backwards slowly and quietly while I video taped occasionally. At one point, the cub stopped coming towards us. Maybe his mom told him “that’s enough.” Then he went into bushes. What a relief I felt then. I want to have wildlife encounters, but not this close.

ところがその後、ホテルへの帰り道、道路で再び出会ってしまいました。お母さんが私たちを一喝するように見つめ、歩き去っていったのを見て再び安堵しました。 On the way back to our hotel, we met them again on the paved road. The mother moose looked at us as if she was scolding at us. “Leave us alone!” Then they went away. What a relief, yet again.

ドキドキ興奮する、アラスカの早朝でした。 It was a truly exciting morning in Alaska.

ジニー Ginny


コッパーセンターという町について何も知りません。移動の途中で一泊した場所でした。クルティナ川沿いのログキャビン風の宿で、しかもまだラングルイライアス国立公園が目の前の川向こうに見えていました。晴れていたら絶景が目の前にあった事でしょう。観光用ヘリコプターが時折発着してました。 I don’t know anything about the town, Copper Center. We stayed there one night on the way to the next destination.

雨がちらつく曇り空の中、何も見えませんでしたが、それでもこの地が記憶に残っている理由はジニーと出会ったからです。 We couldn’t see anything due to the rainy weather, but I remember this place very well because I met Ginny.

生後7週間のスタンダードプードルの子犬です。 Ginny is a seven week old red standard poodle puppy.

バスの運転手の奥さんが連れてきてくれました。抱いてあげるとまだ震えていました。信じられない可愛さ。夕食後10分程度の出来事でしたがズッシリと記憶に残りました。 Our bus driver’s wife brought her there for us. Ginny was shaking when I held her. She was so tiny and incredibly cute! Getting to hold her only lasted 10 minutes, but it became an important part of my Alaska trip and one of my best memories.

ランゲル・セントイライアス国立公園 Wrangell-St. Elias National Park


ランゲル・セントイライアス国立公園は、アメリカ合衆国で一番面積の広い公園です。どれほど大きいかというと、53,321平方メートルあり、イエローストーン国立公園の6倍、九州全県含めてもまだ及ばない大きさです。 Wrangell-St. Elias National Park is the largest National Park in the United States. It’s 13,175,799.07 acres, so huge that it is more than six times the size of Yellowstone National Park and bigger than the state of Maryland.

この日、私たちは小型飛行機で公園内のマッカーシーに飛び、そこからケネコット銅山跡地に向かいました。 We flew into McCarthy airport in the park, then went to Kennecott mine that day.

茶色に見えるのは氷山です。その真横に立つケネコット銅山。The foreground brown color is Kennecott glacier. The Kennecott mine stands right next to it.

この銅山は1900年に活動を始め、1938年に閉山しています。その間、第一次世界大戦が起こっていることを考えると、この銅山がいかに活性化していたかわかります。 The mine started from 1900 and closed in 1938. Considering that World War I started and ended during that time, I can imagine how active this place was.

この非常な寒さの中、物資運搬だけでも大変だった様です。でも、病院、学校、リクリエーションセンターなども作られて、ここでの厳しい生活を少しでも改善しようとしていた跡が見えました。 The severe weather made everything so hard to do including carrying things and goods to and from the nearest depot. Yet we could see that the mine owners tried to make the life here good enough for workers by making a hospital, a school, a recreation center, etc.

また、銅の製錬過程も興味深かったです。でも、私にはちょっと複雑ですでに忘れてしまいました。The tour guide for the mine gave us a very good explanation of how the mine was operated and the process of the mill, but it was quite complicated for me and I already forgot.

さて、銅山の帰りの飛行機からの眺めは素晴らしかったです。背の高い欧米人の中でチビっこい私が撮れた写真には限りがありますが、それでも素晴らしい。何はともあれ特記する写真はこれです。 We hopped back on the plane again after that, and enjoyed the grand views from the airplane window. I was only a tiny woman among all the tall people, which made it difficult to take pictures, but I still managed to take some. This is one of the most important pictures that I took that day.

マウントブラックバーン山から続いているケネコット氷河がハイウェイの様に流れています。マウントブラックバーンは雲に隠れて見えません。標高4996m、北アメリカで12番目に高い山です。この氷河が銅山の前にも到達しているんです。 Kennecott glacier is coming out from Mount Blackburn, and running down like a highway. The mountain itself was behind the clouds and we couldn’t see it. The height of the mountain is 16,391 ft, the 12th highest mountain in the North America continent, and a part of the Wrangell mountains.

もう一つ書いておきたい事は、グレイシャーシルト(氷河の泥)です。下の写真に写っている水溜りは氷河が溶けて出来ました。溶けると濁った水になるんですね。だから氷河に近い川はみんな濁っています。その為、ほとんどの魚は生息していません。でも、その中でも元気に泳いでいる魚も、勿論います。 Another thing I want to write about is “Glacier silt”. The picture below shows a small lake that was made by melt water from the glacier. The glacier ice contains much finely ground earth. Therefore the melt water filling all the rivers near the glacier are silty like this and not many fish live in the silty rivers.

他にも私好みの抽象画のような写真がたくさんあって、(自分で撮ったので当然ですが)どれを選ぼうか悩みました。 It was very hard to choose a few pictures for this blog because they are my kind of abstract pictures. (silly me… of course I like them since I took them.)

ツンドラ地帯と氷河が高いところか見ると、ちょっと似ていると思うのは私だけでしょうか。 The tundra area and the glacier look alike from high above. Could it be only me who thinks this way?

コッパーセンターという町に行く途中、バスの中から見えた景色です。公園の景色ならいいな。氷河の先の一番奥の方がランゲル山地ならいいなと思いながら撮りました。 This is a view from the bus through the window on the way to get to the next destination, Copper Center. I took this picture hoping that it’s a view of Wrangell-St. Elias National Park, and the far end of the glacier were the Wrangell mountains.

ランゲル山地は火山でできた山々です。中でもランゲル山はまだ活動している山とされています。対照的に、セイントイライアス山は2つの大陸、北アメリカと太平洋、がぶつかり合い、隆起して出来た山です。 そんな対照的な山を含むからでしょうか。二つの有名な山の名前がそのまま公園の名前になったのかもしれませんね。Wrangell mountains were made by volcanic activity, and Mt. Wrangell is still an active volcano. It’s interesting that Mt. Saint Elias was made by the movement of two plates, the North American plate and the Pacific plate. This park includes these two mountains contrasting each other, and maybe that is why it is called Wrangell-St. Elias National Park.

コロンビア氷河 Columbia Glacier


氷河に圧倒され、言葉になりませんでした。以下、16枚だけを選びに選び抜いて、それぞれにコメントしました。 I was overwhelmed by the Glacier, and can’t find words to express it. It was very difficult to choose only 16 pictures, but here they are. I added a comment to each pic.

ヘラジカの置き土産 Gifts From Moose


デナリの空気を吸いたくて、トリプルレイクスの山道を10kmほど歩きました。水色マーカーの部分です。 We hiked 6.1 miles on Triple Lakes trail because we wanted to feel the Denali air. See the light blue highlighted line in the map below.

ハインズクリークを超えて、ライリークリーク沿いに歩きました。 We crossed Hines Creek, and walked along Riley Creek.

この山道から私たちの乗ったアラスカ鉄道の列車も見えました。 We could see the Alaska railway train from this trail.

道端には馴染みの花や初めて見る花、とにかく緑が生い茂っていて楽しいひとときでした。 We enjoyed it so much seeing so many familiar flowers as well as unknown flowers among the green plants.

初めて見た珍しい植物は、ノーザングラウンドコーンです。地面から松ぼっくりがニョキっと生えているかの様です。 The unique plant that I had never seen before was the Northern Groundcone. It looks like pinecones coming out from ground.

そしてこちらは・・・卵? And this one… eggs?

ここにも。And they were here, too.

動物の置き土産、フンだという事はわかっていました。ヘラジカのものだと知り、興味深く観察しました。 We knew they were animal droppings. But we observed more carefully after we realized they were from Moose.

あ、ここにもあった! Wow, I found them here, too.

というのはウソで、アラスカ土産に最適、ピーナッツ入りのチョコボールでした。 Just kidding. They are chocolate covered peanuts, and a perfect souvenir from Alaska.

デナリ国立公園 Denali National Park


以下の写真は三つの地図を含んでいます。右下がアラスカ州の地図、右上がデナリ国立公園の地図、そして左の拡大してある地図が公園内を走る一本の道です。The picture below includes three maps. The lower right is Alaska, the upper right is Denali National Park, and the left is the park road.

私たちは右端のビジターセンターからトクラットまで53マイル、公園内を走るバスで行き、帰ってきました。水色の線が私たちの通った道で、その先は通行止めで行けませんでした。 The park bus drove 53 miles from the visitor center to Toklat and 53 miles back. See the light blue highlighted section. We couldn’t go farther because the road was closed.

バスから3回降りただけで、自由行動はありませんでした。 We got off the bus only three times during the entire drive, and didn’t have much time to do anything.

不満は募りましたが、それでも驚きや発見がありました。 We were a little frustrated, but we could still discover new things and had some moments of awe.

カラフトライチョウとハリモミライチョウを初めて見ました。We saw Willow Ptarmigan and Spruce Grouse for the first time.

カラフトライチョウはアラスカ州の鳥でもあります。冬には白い羽根をつけ、カメレオンの様に体の色を変化させることができます。 Willow Ptarmigan is Alaska’s state bird. Their feathers turn totally white in winter to hide in snow. They can camouflage themselves kind of like a Chameleon.

ハリモミライチョウのヒナです。まだ白い産毛が生えてます。冬が来る前に体力をつけておいてね! This is a Spruce Grouse’s chick. As you can see, it still has white baby feathers. I hope they will be strong enough before winter comes.

次に、ドールシープ。800mmレンズでもこんなに豆粒にしか見えない。 The next picture is of Dall Sheep. Can you see them on the hill? Even with my 800mm lens, this was best I could capture.

無理やり拡大すると、もう限界を超えてるクアリティーですが、角が生えてるのがわかります。 And this is the enlarged version of it. It’s less than acceptable quality, but you can see the horns at least.

こんなに遠くにしか見えなかったドールシープですが、道路脇にはこんなサインがありました。 Although we could only see Dall sheep from so far away, we found a sign like this on the side of the road.

ドールシープが見えても見えなくても、10分間停車していなければいけない標識です。 It means that you have to wait 10 minutes before proceeding even if you don’t see any Dall sheep. This gives sheep a chance to cross the road.

こちらはカリブー。トナカイと基本は同じですが、トナカイが家畜化されているのに対し、カリブーは野生でです。 This is a Caribou. They are basically the same as Reindeer, but are called differently because Reindeer are domesticated, while Caribou are not.

そして、最後にグリスリーベア。 And of course, here is a Grizzly bear.

テクラニカ川。そして次のトクラット川で引き返してきました。 This is Teklanika river. We needed to return back to the visitor center from the next river, Toklat river.

バスの中から見るデナリ国立公園。次回訪れることがあるなら、やはりキャンプをして生の自然に出会いたい。 So, we saw Denali National Park through the park bus window. If we have another chance to visit there, I want to camp out and meet the real Denali wildlife.

と、文章を結びましたが、もう一つ驚きの出会いがありました。 Oops, I can’t forget one more encounter.

ジャーン!なんかゴッホの絵みたい。 Here it is! It looks like a Vincent van Gogh painting.

なんと、突然厚い雲間から光が当たり、姿を隠していたデナリの雪を被った岩壁がチョットだけ見えたんです。バスドライバーがラッキーでしたねと言っていたので、そのまま受け取ります。全容は全く見えませんでしたが、貫禄ありますね。 It was, believe it or not, Denali. The heavy clouds covered the sky most of the time, but the sun shined through the tiny break in the clouds, and revealed the majestic snow covered rocky wall. The bus driver told us that we were lucky to see it. I took her word for it. How lucky we were, and how dignified it is.

日本の誇る登山家、世界初の5大陸最高峰登頂者として知られる植村直己は、1984年にデナリ(当時はマッキンレー山)に単独登頂に成功しています。残念ながら下山途中で行方不明となり、43歳で人生の幕を下ろしました。彼の遺体は今でもデナリ山中に眠っています。 The great Japanese adventurer, Naomi Uemura, who was the first person to concur the highest peaks in five continents in the world, succeeded in reaching the top of Denali alone in 1984. Unfortunately, contact from him was lost after that and he never came back to the base camp. He is presumed dead at the age of 43, but his body still remains somewhere on Denali.

おもいっきり生きる To Live Fully


フェアバンクスでは、何人かの逞しく生きる若者に出会いました。 We met several strong-willed young people in Fairbanks.

アラスカといえば金の採掘で有名です。ゴールド ドーターズ(直訳:金の娘たち)は旅行者にも金の採掘の一部を経験させてくれる所です。名前が示す通り、二人姉妹が始めたビジネスです。 Alaska is famous for “Gold digging”. The Gold Daughters is a place for tourists to experience panning for gold. It’s a business started by two sisters (daughters) as the name indicates.

彼女たちのおじいさんはオリンピック水泳選手でしたが、引退後、アラスカで広大な土地を購入し、金の発掘という新しい人生を歩み始めます。この姉妹はそんなお爺さんの元で育ち、大学卒業後、二人のビジネスベンチャーが始まりました。Their grandfather was an Olympic swimmer. He came to Alaska, bought a huge land, and started a new life as a gold miner after his retirement from competitive swimming. These girls grew up under him, and started the business after they both finished college.

勿論今でもゴールド採掘のビジネスは続いていますが、今後伸びていくかもしれない化石の発掘にも力を入れ始めました。 The gold panning is still their on-going main business, but they have been digging out fossils as well. This could be a good future business.

半端ではない発掘量に、古生物学者たちも注目しています。 The amount of fossils they have found are incredible. Paleontologists are now paying attention to their finds.

Tシャツとカップケーキ売るところからスタートしたベンチャーです。チャンスを逃さず、躊躇なくやってみようというバイタリティーはすごいですよね! They began their business just selling T-shirts and cupcakes. Now they have come this far. Their vitality is admirable. They grab the chance when they see it and take on new challenges.

次に出会ったのは、エミリーロビンソンという14歳の女の子です。 Next, we met a 14 year old girl. Her name is Emily Robinson.

エミリーと子犬。 Emily and a puppy.

まだ14歳の若さなのに人前で話をすることに躊躇しません。その後、彼女がジュニア犬ぞりレースのチャンピオンだと知って納得しました。 She didn’t hesitate at all speaking in front of people even though she was only 14. I understood why later because we learned that she is the champion of the Junior Dog Sled race.

エミリーからもらった絵葉書。 A post card Emily gave me.

大人のレースは1000マイルの荒地を10日から20日間で走り切りますが、ジュニアなので150マイル(約240km) を1日で走ります。だから1日分の自分の食糧と犬たちの食糧を積んでスタートさせます。 The adult dog sled race is 1,000 miles through wilderness. It takes 10 – 20 days. On the other hand the Junior race is only 150 miles completing in a day. So they carry 1 day’s worth of food for themselves as well as their dogs.

エミリーのお姉さんからハスキー犬と犬ぞりの説明を受けました。 Emily’s sister gave us a quick lecture about Husky dogs and the dog sled races.

犬ぞりの過酷なところは、勿論、極寒の自然の厳しさ、自分の体調管理、そして最も大切な犬たちの調教と管理でしょう。 I imagine that the harshest aspect of the dog sled race is the severe weather. It is quite a challenge to their own mental and physical capabilities. Managing dogs could be a challenge, too.

7週間目の赤ちゃん犬。 7 week old puppy.

まだ14歳の女の子ですから誘惑がたくさんありそうです。でもブレずに自分のやりたい事をやり通す強い意志、敬服しました。Thinking back when I was 14 years of age, I can easily imagine that so many temptations are around Emily. But she maintains her focus on what she wants to do. I admire her strong will.