Category Archives: Nature

Black-Chinned Sparrow


ブラックチンスパローは北アメリカ南西部に住むホオジロ科に属する鳥です。 The Black-chinned Sparrow lives in the southwest United States to Mexico.

私たちはラッキーなことにオスの繁殖期の写真を撮る事ができました。繁殖期にはこの様に黒いアゴになるそうです。それ以外の時はメスと同じように黒い色がなくなります。We were lucky that we could capture the male bird clearly showing black color on his chin. The male shows the black chin during the breeding season only. They look very much like female birds without the black chin outside of breeding season.

シジュウカラ科 Juniper Titmouse


とんがり帽子をかぶっているのが特徴の小さな鳥で、ピニョンやジュニパーなど、低木に住みます。日本には住んでいないので、日本語名がありません。一応ジュニパーティットマウスとしておきます。The Juniper Titmouse is a tiny bird with a crested head living in pinyon or juniper trees。

オークティットマウスにとてもよく似ています。でも、ジュニパーティットマウスは灰色で すが、オークティットマウスは若干茶色がかっています。また、住む場所も違い、ジュニパーティットマウスは700mから2,500mぐらいの高地に住みますが、オークティットマウスはカリフォルニアのオークの木に住みます。They look very much like the Oak Titmouse but its color is more pale gray compared to the Oak Titmouse which are more brownish. They also live in different places. The Juniper Titmouse lives in the region of 2,250-8,000 feet elevation in juniper woodlands. On the other hand, the Oak Titmouse lives in Oak trees in California.

スクラブジェイの仲間 Woodhouse’s Scrub-Jay


日本語名は見つかりません。ウッドハウススクラブジェイはカリフォルニアのスクラブジェイにとてもよく似ていますが、胸の色がもっと灰色がかっています。また、嘴も細いです。The Woodhouse’s Scrub-Jay is similar to the California Scrub-Jay, but the chest color is more grayish and the beak is narrower.

ミュール鹿の背中に乗っていることがよくあるらしいです。シカのノミをとってあげている様で共存できているんですね。そんなシーンを是非みてみたいです。 Some say that they can be seen standing on the backs of mule deer. They pick off and eat ticks from the deer, so deer don’t mind them on top of them. How nice to know they help each other. I sure hope to see such a sight one of these days.

ホシワキアカトウヒ Spotted Towhee


日本語名はホシワキアカトウチョウです。北アメリカに住むスズメの仲間です。 珍しい鳥ではなく、北カリフォルニアに住んでいた時は裏庭でよく見かけました。The Spotted Towhee belongs to the sparrow group and it lives in North America. It’s not a rare bird. I have spotted it even in our backyard when we lived in Northern California.

赤い目が印象的ですよね。The red eyes, aren’t they impressive?

名前が全てをあらわしてくれます。ホシは星のように白い斑点。ワキアカは脇が赤いから。セイントジョージの町付近には住んでいませんが、標高2,000メートルまで来ると見かける事ができるんですね。 We don’t see them around St. George, but they are in the surrounding higher elevations at about 6,000 feet and above.

食べ方の違い Different Ways Of Eating


同じ食べ物でも、鳥によって食べ方が違います。当然のことなんですが、目撃してウヒャッと思いました。Birds eat same food differently depending on the kind of bird. It’s a silly statement to say it, but I was shocked when I observed it.

こちらはオオアオサギがモグラを飲み込むところです。連写をビデオにしました。(注:ちょっとショックかも)This is a Great Blue Heron swallowing a gopher. I made a video from rapid repeat still shots.

その後、お腹の中で食べやすくなった餌を巣の上に戻し、子供たちはそれを食べるようです。 After the food becomes somewhat softened in her stomach, she spits it out onto the nest. Her chicks will eat it from there.

一方、こちらはアカオノスリです。ご主人が持ってきてくれたモグラを引きちぎって食べていました。子供が生まれたら、小さくちぎった餌を口から口へと与えます。 On the other hand, Red-tailed Hawks eat differently. The female ate a gopher which her husband brought back to her by biting chunks off using her beak. When her chicks are born, she will feed the smaller pieces to her chicks, beak to beak.

こちらがビデオです。1.5 倍速してあります。This is a video. I made it 1.5 times faster than the original speed.

ところで、アカオノスリがもうすぐ産まれると言っていました。 By the way, Red-tailed hawk said that babies are coming real soon.

Hike 17: Chuckwalla Trail


チャックワラトレイルは岩登りの練習場が入り口付近にあることで有名です。 The Chuckwalla trail has a nice rock climbing practice area near the trailhead.

そんな若者を横目に、私たちは往復7.25kmの道を歩きました。 We started hiking by looking at young people on the rock. The round trip was 4.5 miles.

この道の名前はチャックワラトカゲをよく目撃するから名付けられたようです。でも、まだ涼しい季節です。もっと暑くならないと出会う事はないでしょう。その代わり、今年初めてのトカゲに出会いました。 The name of the trail is “Chuckwalla” because chuckwalla lizards are often seen around there. We didn’t see any of them however because it’s still not hot enough. Instead, we could see a side blotched lizard. It’s my first lizard of the year!

前足の脇、付け根の所が黒いのでワキモントカゲと名付けられています。The name comes from a feature on the lizard where there is a black blotch on the side behind the arm of the front legs.

小さなイワミソサザイです。This is a rock wren.

追いかけていたら岩の奥の方に飛んで行きました。きっと巣があるに違いないと探しましたが、見つかりませんでした。 The wren was flying here and there and went into a slit in a large rock. We followed it and looked for its nest, but couldn’t find it.

古い大きなコットンウッドの木です。威厳ありますよね。This is a large old cottonwood tree. Isn’t it impressive?

近寄ってみると、テントキャタピラーの巣が至る所に作られています。テントのような巣を作るのでそう呼ばれています。 When we went closer, we found many tent caterpillar’s nests on the tree branches. They are called “tent caterpillars” because the nest is really like a tent.

それぞれの巣の中には200から300の卵が入っていると言われています。想像するとちょっと怖いです。でも、孵化して毛虫になると、鳥の食べ物になったりするわけで、自然の仕組みの素晴らしさを感じます。 Each nest holds 200-300 eggs. We are talking about only one nest here. There are probably 100 or more nests on the same tree. I don’t even want to imagine the number of caterpillars as it’s not my favorite subject. But I know, at the same time, that they are an important part of the circle of life. When caterpillars come out from it, some of them will be bird’s food.

鳥の巣を探して歩いたハイキングでしたが、一つも見つかりませんでした。でも、この砂漠地帯の季節の変化をたくさんみることが出来ました。 We came here to look for birds’ nests, but we didn’t find any. Instead, I could see all of nature’s changes as Spring returns to this wonderful place in the desert.

Hike 16: White Dome NP trails


ホワイトドーム自然保護区のトレイル、7.7kmを一人で歩いてきました。I went to hike the trails, 4.9 miles total, in White Dome Nature Preserve alone the other day.

世界中、どこを探してもここにしか生息していない植物の花が開花する時期だったからです。 I wanted to see the flowers which bloom only in this one area of the whole world.

日本語にはない花なので、当然日本語名はありません。It doesn’t have a Japanese name because it doesn’t grow in Japan, needless to say.

Dwarf Bear PoppyもしくはDwarf Bear Claw Poppy と呼ばれています。直訳は特殊なクマの爪を持つケシの花というところでしょうか。 It’s called Dwarf Bear Poppy or Dwarf Bear Claw Poppy.

モエンコピ地層の石膏質のある場所、しかも降水量も少ない厳しい環境に咲く花です。たくさん咲いているわけでもないです。It grows in gypsum rich soils of the Moenkopi formation. On top of that, the precipitation is very low here. As you can see in the picture below, not many plants want to live here.

道の近くにようやく見つけました。近寄ってみると、可憐な白い花です。I finally found it near the trail. It was a lovely white flower.

この花のどこがクマの爪なのかさっぱりわかりません。でも、根元の方を観察してみると、うひゃー、驚きました。 I didn’t understand at all why people call this flower as bear claw. But I was astonished when I bent down to ground level. There, I found leaves with claws coming out of the lower section, closer to the root.

しっかりと長い爪がついていました。こうして自分を守っている姿に感動しました。Look at those claws! The flower sure knows how to protect herself.

Hike 15: ミミズクの森 Owl Forest


4.2kmの短いハイキング。コットンウッドの木々がしげる山道を辿っていくと、いた! アメリカワシミミズクです。On a short, 2.5 mile long trail through cottonwood trees, we looked for Great-horned owls. There, we found them.

スヤスヤ。Sleeping peacefully.

「こんにちは〜!」 ” Hello!”

スヤスヤ。Sleeping peacefully again.

「あのう。。。」 「何?」 ”Sorry to bother you…” “What?”

スヤスヤ。 Back to sleep.

「もう赤ちゃんが産まれたかなって思って、来てみました。」”We thought your babies already hatched. So we came here.”

「静かにしてくれる?今、昼寝中。それに今年は子供なし。」 “Be quiet! We are in the middle of napping. And we have no babies this year.”

孵化した! Hatched!


オオアオサギの卵が孵化しました。 The eggs of Great blue heron hatched.

今日はとりあえず数枚の写真をあげておきます。ビデオの編集もできたらアップします。 These are only a few of nearly 1000 pictures. I want to share a video also when I finish editing it later.

野生動物の世界です。アカオノスリが近くの木の上でじっと見つめています。 This is the world of wildlife. A red-tailed hawk was watching them from a nearby tree.

子供たちが巣立てるようになるまで 2-3ヶ月間、お父さん、お母さん、お疲れ様です。それまでこうして天敵から守っているんですね。 It takes 2-3 months for the chicks to fledge. Until then, parents need to protect their chicks like this from predators.

赤いシッポ Red Tail


ザイオン国立公園の山々が見える場所。 We could see mountains of Zion National Park.

さらにパインバレー山脈が一望できる。 We could also see the entire Pine Valley Mountains.

そんな場所にある小さな赤い岩の岸壁に、アカオノスリの巣を発見することができました。野生動物になるとバンちゃんの目は千里眼となります。 Having the power of second sight, Banchan found the nest of a pair of Red-tailed Hawks up high in a small hole in the red rocks of this gorgeous place.

巣の中にはすでに卵がある様で、夫婦交代で暖めてます。 It seemed that eggs were laid in the nest already. So the husband and wife took turns sitting on them.

ちょっと遠い場所なので頻繁に観察しに行けるわけではないですが、2-3 週間後にまた行きます。その頃までに卵が孵化していたら興奮します。 Although we can’t go there so often because it’s not so close to our house, we want to go back there again in 2-3 weeks. I am very hopeful that the eggs will hatch by then.

ところで、この鳥の名前のアカオノスリは、赤い尾だからそう付けられた様ですが、赤い尾を今まで確認できませんでした。でも、今回その赤い尾をバッチリ確認できました。 By the way, we know that the name of bird comes from its red tail. I have seen them so many times in the air or in trees but I have never quite seen the red color on the tail until now.

以下のビデオにしっかり赤い尾が映っています。また、夫婦で卵の孵化作業をしている様がわかります。The video below captured the red tail clearly. You can also see how a pair of hawks take turns to sit on their eggs.

子犬 Puppy


ダンスの先生の家に1匹の子犬が来ました。まだ産まれてから1ヶ月半ぐらいの時です。 A puppy has come to our dance teacher’s house. He was one and a half months old when they brought him home.

まだ目が離せず、ダンススタジオに連れてきてくれました。He needed attention all the time then. Our dance teacher even brought him to the studio often.

その後も数回、見る度にグンと大きくなっている成長のスピードに驚きます。I am so amazed by the speed of his grouth. I can see the changes every time I see him.

犬はなぜ靴が好きなんでしょうか? Why do dogs like shoes?

だんだん抱き上げるのも難しくなってきました。 It’s getting harder to pick up and hold him.

私のダンス靴なんですけど。。My dance shoe…!

体重が増えたこともありますが、じっとしていないのが1番の理由でしょうか。 It’s because he is bigger and heavier, but also he simply doesn’t stay still at all.

3ヶ月が経ち、もう、「お座り」や「お手」などはできるようになりました。 Three months have passed, and he can do “sit” and “shake hand” now.

オオアオサギの観察 Observation Of Great Blue Heron


ビデオ1:サンタクララ川の向こう側、オオアオサギの群生地です。99%の場合、こんな風景です。Video 1: By the Santa Clara river, we can see Great Blue Herons. And it looks something like this 99% of the time.

ビデオ2:そして辛抱強く待った甲斐ありで、突然興奮状態が始まります。Video 2: But then, excitement suddenly starts after patiently waiting.

ビデオ3:もしもラッキーなら、0.01%の確率でこんなシーンが見られます。春ですから。(音量にご注意下さい。) Video 3: If you are extremely lucky, you could see something like this, perhaps 0.01% of the time. It’s because it’s Spring now. (Please control the volume of the sound. It may be too loud.)