Verdin を求めて


Verdin という鳥は黄色い頭にオレンジ色の肩パッチを持つ 10 cm ぐらいの小さい鳥です。日本語ではアメリカツリスガラという名前を持つようです。

まだいいショットが撮れていません。これが目下のベストです。

日本語のツリスガラという面白い名前は、巣を木の枝などに吊るようにして作ることが由来らしいですが、アメリカツリスガラはちょっと違うようです。

こちらが前庭にあるChollaカクタスに作られた巣。入り口は上じゃなくて斜め下。

チュンチュンという鳴き声は聞こえるものの、すごく小さくてジッとしていないので見つけても撮れない。

きっとチャンスは訪れる。期待して探し続けます。

芋虫の怪物


芋虫の怪物の出現に、悲鳴をあげ続けること数秒間。

おっと、絶叫している場合ではありません。玄関の方に向かってかなり速いスピードで動いている。

:::: こういう系の写真が苦手な方、この書き込みの写真にご注意ください。::::

Sphinx Ligustri Caterpiller というものではないかと思われます。こちらのサイトの下の方の写真がまさにそれです。10cm以上あったような気がします。Privet Hawkmoth という蛾になるらしい。ただ、アメリカには生息しないと記載されています。誰かが持ち込んだんでしょうか。

どうやらサナギになるための準日期間になると、色が緑色からピンクっぽい色に変わって来るのだそうです。

ということは、私が目撃した時はサナギになるための場所を一生懸命探していたのかもしれません。でも、場所間違えてますよねー。地面の中に入って行きたいんだけど、うちの周りコンプリートだし。

その後の消息はわかりません。アイビーの茂みの中に消えて行きました。

動画まで保存しておいた逞しさ。自分を褒めてあげます。

 

トカゲの国の夕日


今日は7月4日、アメリカ合衆国の独立記念日です。だから私たちもクラブハウスのパーティーに参加します。公式クラブデビューってことでしょうか。どんな人たちに出会えるのか、ワクワク、ドキドキ、両方が混じっている感じです。

この地に引っ越して来てからすでに3ヶ月が経ちました。

ご近所さんたちは皆さん避暑に出かけていて、9月ごろまで帰らないそうです。六軒の家でシェアするこの道、しばらくは二人だけでちょっと寂しい。

ムムム?考え方を変えれば、それって、突然数エーカーの土地の所有者になったのと同じじゃん。ウッホッホ〜!

この素晴らしい景色が私たちだけのものだ〜!

毎日、自然を探しに行くんじゃなくて、自然がやって来る暮らしにはまだ慣れていません。

悲鳴をあげながら、心臓バクバクさせながら、マスクをして手袋を何重にもして、わけのわからない糞退治してます。

それでも楽しいと思える。それもこれもこんなに素晴らしい夕日が突然やって来るから。

大〜きな空、果てしなく続く大地。

ということで、今日は夕日特集でした!

ウサギとウズラの関係


今日も面白い。

窓の外、ウズラの家族集団の散策は続きます。

こうして、ウズラの子供達は生きる術を学んでいくんでしょうか。オヤ?そこで見ているのは誰?

また侵入して来たウサギ。

でも、ウサギ君もウズラの大群に「まいった〜」と言って顔を覆ってしまいました。

思案の末、ピョンピョン飛び回りの術。その効果は・・・

ウズラたちは塀の上に避難して行きました。

安心したウサギ君。「これでゆっくり食事ができるもんね〜。」

ちょい待った!!!

「君〜!ここに侵入しちゃいけないって言ったよね!!!」

ここからは、人間とウサギとの格闘騒動で幕がおりました。

 

トカゲとウズラの関係


毎日が面白い。

窓の外を見ているだけで、いろいろなドラマが展開します。

今日もいつもの散策。ウズラのオスは一等警備隊長ですから、こうしてまだちびっこいウズラの子供達が無事散策できるよう、見張っています。そして、はて?

これは・・・なんと!トカゲの登場です。

さあ、ここからが緊張のドラマのスタートです。

警備隊長は早速トカゲ退治です。

野を超え山を越え・・・。

苦しいトカゲ君。必死に逃げて行きます。お腹やあごのあたりがやけに膨らんでいますが、威嚇しているのでしょうか?

しかし・・・突然、トカゲ君、ピタリと止まり動こうとしません。疲れてしまったのでしょうか。

これは・・・もしかして・・と、興奮しながら見守っていると、警備隊長は苦い顔をして通過して行ってしまいました。

えっと、何これ?拍子抜けです。こうしてドラマに幕がおりました。

キャスト:警備隊長は Gambel’s Quail 、通行人は Desert Spiny Lizard 

このシッポは・・・!


わ〜っ!

このシッポは、もしかして・・・!

かなりの確率で・・・まずい!

裏庭に・・・入って来てしまったDesert Cottontail 砂漠地方のウサギ。

実はこれで2回目です。裏庭のドアを閉め忘れていたからだと思いますが、ほかにも隠れルートがあるのかもしれません。

何から食べていこうかな〜。緑がいっぱいで天国みたいだ。

なんて、考えているんでしょうか。ウサギをペットにしている方もいらっしゃるかもしれませんが、私はいいです。ガンガンスプリンクラーを使って維持している庭ですから。ピーターラビットのマクレガーさんの気持ちがよくわかる。今回も箒を持って5-6分の格闘の末、出て行ってもらいました。

水曜日の野鳥の会


 

Wood Duck アメリカオシ

朝6時に起きて、出かけて行きました。朝日を浴びている Phoebe 。

Red Cliffs Audubon という野鳥の会を発見。そこで早速先週の水曜日に行って来ました。残念なことに、もう厳しい夏が始まっているので、今回がこの時期最後の定例散策なんだそうです。

Neotropic cormorant ナンベイヒメウ。野鳥の会の人たちは鳥の知識が豊富で助かります。

あまり鳥もいなくて、みんな残念がっていましたが、それでも、さすがに鳥に詳しい人たちばかり。何かを見つけると名前がスルッと出て来ます。私にはウレシい!

ここでの収穫は二つ。私にとっては初めての Wood Duck に出会えたこと。すでに北上しているはずなのにねーと、みんなが不思議がっていました。この一羽だけ出遅れてしまったんでしょうか?

もう一つは野鳥の会の人たちと知り合えたこと。しばらくお休みになってしまいますが、9月過ぎからまたスタートするとの事でした。

Bullock’s Oriole のオス

Bullock’s oriole の子供

7月にはZion 国立公園の北の方に遠足があるらしいです。ちょっと遠いので、まだ体調が回復していないバンちゃんにはどうかなー。できたら行きたいです。