Tag Archives: Vermillion Cliffs National Monument

コロラド川のコンドル – Condor at Colorado River


バーミリオンクリフ国定公園 には一般公開されていない場所があります。抽選で選ばれた20人限定が行けるCoyote Buttes の The Wave という場所です。私たちは勿論すでに申し込んでありますが、早くても10月以降でないと行けません。待ちきれない私たちは、下見の意味でバーミリオンクリフぐるりと回る 89 号線を走ってみることにしました。 – A certain location in the Vermillion Cliffs National Monument is open to public by permit only.  It’s called the Wave at Coyote Buttes, and only 20 people by lottery can go per day.  We have already applied for October’s lottery, the earliest we can apply for.  So we went to the Vermillion Cliffs as a preview by driving through HWY89 which runs around the monument.

すぐそばにはグランドキャニオン国立公園が南に続いています。つまり、コロラド川が流れているわけです。そして、コロラド川に架かるナバホ橋、ほんの少し休憩するために立ち寄っただけの橋でしたが、そこでとんでもない”おまけ”をいただいてしまいす。私とバンちゃんへの誕生日プレゼントみたい。 – There is Grand Canyon National Park south of the monument.  It means that the Colorado river is running there as well.  We stopped to rest a bit at the Navajo Bridge crossing the river.  Although the intention was a short visit, we ended up staying there a while because we received an unexpected present from nature for our birthdays, mine in May and Banchan’s in June.

カリフォルニア コンドルの子供。- A juvenile California Condor

そういえば、去年の5月にもザイオン国立公園で”1K”が生まれています。すでにデータベースにも記載されていますが、性別はまだわかっていないようですね。 – Come to think of it, a condor, “1K”, was born in Zion National Park in May last year as well.  It’s already listed in the condor database, but the sex is still unknown.

全てのコンドルにはタグとアンテナが翼に取り付けられています。この子にもすでにタグとアンテナが付いていますが、名前がまだないようです。まだうまく飛べないようなところを見ると、去年遅く産まれたのでしょうか。近くの崖から橋の下の鉄骨まで飛んできましたが、強風に飛ばされそうです。- Name tags and a radio antenna should have been attached to all condors.  This condor does have tags and an antenna on the wings already, but it seems that it doesn’t have a name yet.  I observed that this one couldn’t fly well, though it was able to fly from the nearby cliff to the supporting structure under the bridge.  And, omg, be careful!  It could  have been blown away by a gust of wind.

他の3羽はすでに遠くの方まで飛んで行ってしまいましたが、この子はじっと我慢しているようです。- There were three other condors that soared away.  But this one patiently stayed there.

次の写真はアイダホ出身の”XX”という名前のオスの子供。まだ2歳です。- The next picture is of “XX”, a two year old male condor.

平均 5-6 ヶ月ぐらいで巣立ちをし、一年ぐらいは親から食べ物をもらったり、飛び方や食料確保の訓練を受けるようです。ということは、ようやく自立できるようになったかなという時期なのかもしれません。  The average fledgling timing is about 5-6 months after hatching. Then the fledgling stays with the parents for a year so that they can get food from parents, learn how to fly, and learn how to get food.  Based on that, this condor could be independent by now.

ポートランド出身の”55”という名前のメスの成長したコンドル。- This is “55”, a fully grown female condor which was raised in Portland.

同じくポートランド出身の”H9″という名前のメスの成長したコンドル。- This is “H9”, a fully grown female condor raised in Portland, as well.

おや?雄じゃないの? – Wait a minute, shouldn’t there be a male condor?

コンドル夫婦は生涯共にすると記憶していたので、コンドルデータベースの間違いかな?と思っい調査をして見ました。結果、赤ちゃんコンドルを育てるのは大変なことなので、よくメス2羽とオス1羽、またはその逆もありですが、3羽交代で育児をすることがよくあるそうです。 – I remembered that condor pairs stay together for their entire lives, so I researched it in case it’s a mistake in the database.  Apparently raising a condor baby is a very hard job.  So often a third condor, could be two males and one female, or the other way around, join the parenting and work together.

昨日はお父さんを見かけなかっただけなんでしょうか。 – Does this mean that we simply didn’t see daddy, a male condor, yesterday?

コロラド川に削られて、カイバブ層、トロウィープ層、ココニノ砂岩層など 2.6 億年ぐらい前の地層が露出しています。コンドルが飛ぶには高い崖が必要なので、コロラド川沿いは絶好の場所なんですね。- Colorado river carved through the Colorado plateau exposing 260 million year old strata, Kaibab, Toroweap, and Coconino sandstone formations.  The deeply cut canyon like the Colorado river is a perfect place for condors to be as they need a high cliff to fly out from.