月別アーカイブ: 2018年2月

グループ写真テスト


来週に迫った写真撮影会に備えて、テストしてみました。

今回のチャレンジは15人以上のグループ写真です。どの顔にも均等に光が当たって、影もバックドロップに作りたくない。端の人の顔が変形しないよう注意すること。

実際にはダンススタジオ内での撮影になるのでスペースの問題はありませんが、自宅内では、狭くて苦しい・・・20180220-_MA_9410.jpg

バックドロップから5フィートに椅子の前足を置き、そこに焦点を当てています。三脚に帽子は、人のつもり。バックドロップから8フィートの位置。カメラは17フィートです。

F 8.0, 1/200 sec, ISO 100, 50mm, 2 main lights, 2 sub lights for back drop

50mmレンズを使えれば楽なんですが、せめて70mmぐらい使ったほうがいいのかなと思っています。チャレンジとして、スピードライトをどの辺に持って行ったらいいのかなというところです。当日は、これより5フィートぐらい横幅を作ります。カメラを後ろに移動しても、光ソースはあまり遠ざけたくない。

とりあえず、70mmにして、22フィートまで離れました。帽子は2フィートの位置。カメラ設定と光設定は同じ。

20180220-_MA_9406.jpg

帽子の焦点が、ほんの少し甘いですが、許せる範囲じゃないかな。

こっちは帽子が8フィートの位置。これも許せる限界。つまり、2 – 8フィートが当日使えるDOFとなります。6フィートあったら、3列ぐらいに並んでもらっても大丈夫だろうと思うんですよね。

20180220-_MA_9409.jpg

あとは、光の調整に気をつけるのみ。前の二つのメインはフルパワー。バックドロップ用は1/4に設定してあります。もう一つ、光ソースがあったら十分なんでしょうか・・・

久々にウキウキと写真のテストができました。来週末、5時間ぐらいの撮影会、みなさんに喜んでもらえるような写真が撮れるように、頑張ろう!

義理チョコを作ってみた


昨日の日本はどんなだったのでしょう。ものすごい勢いでチョコレートが消耗された日だったのでしょうね。ここカリフォルニアでは、そこまでチョコレートにこだわりませんが、小洒落たレストランは満員御礼、男性方が花束を抱えていても全く不思議ではない日。

日本語のクラスの生徒に文化の違いを色々と話しているうちに、今年は義理チョコ作っちゃおうと思い立ちました。それで、こんな感じとなりました。ダンスの先生達に差し上げたり、クラスのゲーム優勝者にご褒美としてあげたり、結構楽しませていただきました。ふむ、贈り物って、作る段階から楽しくさせてくれるのかもしれません。作ったと言ってもパッケージを作っただけで、中身は日本のお菓子を入れただけですけど。喜んでもらえたらいいなぁと思いながら作ることは、自分を幸せにしてくれることだったんですね。

特別ダンスコーチのレッスンをプレゼントしてくれたバンちゃんには、本命チョコを作って上げました。白いチョコの扱いが上手くいかなくて、しょぼくなっちゃいましたが、美味しかったよ〜!

今日のレッスンはバンちゃんなし。FoxtrotのTwincleという動き、スロー、クィック、クィックの2歩目の動き方だけで45分が終わりました。これ、すごくないですか?カナダから来た特別コーチのマリオとスタジオの先生ザックと、2人がかりのレッスンで私の2歩目の動きだけを徹底的に観察し、矯正してくれたんです。まさに感動ものです。2歩目の威力。上体のポジション、顔と目の位置と動き、腕と耳の引き締め・・・それだけで汗だくの45分となりました。あ〜、楽しかった。バンちゃん、ありがとう!

今年もやって来た税金申告


それにしても面白いですよね。4月15日までアメリカ全土で苦しみ悶えるという恒例行事です。

まだ書類が全部揃っているわけではないですが、早速 CPA に会いに行って来ました。

諸々なわからない事があるので、さっさと会いに行くとバンバン答えてくれます。宿題ももらって来ますが、わからない事がなくなるという気持ち良さは精神衛生上、非常によろしい。税制も毎年変わることもあり、何を申告して、何が控除になるのか、とりわけ自営業の方々には複雑怪奇になってしまいますよね。

質問した事の中でも面白かったのは、家の一室を使ったスタジオ、お掃除と庭師代を控除できるかというもの。

結論:私のビジネスの収益が出費を上回るまで控除できない。

何しろ去年のAomi Photography の収入は出費の11%でしたからねー。お掃除と庭師代をコストに加えると6%になってしまいます。さすがにこれでは即、事業停止です。何か怪しいと政府に思われるのは必須です。実際、課税所得控除のために架空の会社を持っている人もいるようですから。

あ〜、スッキリ。これで私の去年は終わりました。

そして、今年。勿論、もっと稼ぎたい。出費に対する収益は、101%以上が当然いい訳で、150%以上になってくれたら、続けていけます。でも、今年は60%をターゲットにします。カメラとレンズは歯を食いしばって買わないようにしますが、まだスタジオ撮影に必要な器具を買いたいし、プリンターの買い替えも必要かもしれないんです。

写真は、高い設備投資がいつまでたっても終わらず、一流にならない限り半端なく儲からないビジネスです。じゃあ、なんでそんな事してるのって聞かれたら・・・

楽し〜いからだよ〜!

この一語につきますよね。私の写真をみて少しでも幸せになってくれる人がいたら、なおさら良い。私の幸せが2倍になるもんね。そんな写真が撮れるようになりたい!!!

iPhone で見つけた春


モクレンの花が道脇に咲きはじめてからどのぐらいたったのでしょうか。気がついたらお隣のナシの木にも白い花が咲きはじめていました。そんな風景を見ると気はそぞろ。方や近くの家先には、まだクリスマスの飾り付けがあったりします。清少納言ちゃんがそんな風景を見たら、どんな形容をするのでしょうか。

2月3日、節分か〜と思いながら、今日は久しぶりにiPhone 片手に裏山に登りました。ダンスのための体力作り。

iPhone も悪くない。こんなに咲きはじめてしまった桜を見つけてくれました。IMG_2605.JPG

木々も光を受けて嬉しそう。IMG_2592.JPG
ハンターズポントへ向かう途中で見つけてくれたカタバミ。きっと、あっという間に丘一面を黄色くしてくれることでしょう。IMG_2591.JPG

春はやっぱりいいなぁ。ウキウキ、ソワソワしてきちゃう。行き交う人達もなんとなく嬉しそう。遠く、Lick Observatory も見えていました。IMG_2597.JPGブログには、iPhone の写真で十分なんでしょうかね〜。そこそこいい。

ただ、家に向かう途中のフクロウの森。(勝手に名付けてますが。)遠くからフクロウのホーホーという鳴き声。こんな日中に見えるわけないよねぇ?と思いつつも見上げたら、なんと、目の悪い私にも見えた! 久しぶりに味わった悔しさ・・・ 一眼レフで500mm のレンズじゃないと絶対無理なのはわかってます。・・・そう、写真家よ、チャンスを逃したくなかったら、カメラを忘れるべからず。