Tag Archives: bathroom

浴室の改装:改善点 Bathroom Remodel: Improvements


使いやすくなった! It became much easier to use.

前の浴槽:入り口に蛇口があり、狭くなって浴槽に入りにくかった。また、腰掛け部分が平らではなかったので、浴槽に入りにくいどころか足の短い私には深い浴槽から出るのが怖かった。Tub Before: It was tight around the tub entrance because of the faucet. Also, around the tub were rough textured tiles and the rim of the tub sitting on top of it created an uneven surface. So it made it uncomfortable to sit on, which made me scared to go in and out of the tub.

今の浴槽:蛇口を壁に取り付けたので、俄然入り口が広がった。また、浴槽周りもスムーズになった。これで深い浴槽でも怖くない。年寄りに優しい。Tub After: The entrance to the tub became much wider because we moved the faucet to the wall. The tub surround is now smooth dolomitic marble. I can sit on it now which makes it easier for elderly people to go in and out the tub.

前のシンク:ベイスンが小さいのに蛇口が大きかった。Sink Before: The basin was so tiny but the faucet was large.

今のシンク:ベイスンを巨大にした。Sink After: We installed the biggest sink available.

シャワー室のベンチ:カウンタートップと同じ素材(花崗岩と大理石の中間の石)にしたので柔らかい感触になった。今までの物置場所が、ちゃんとしたベンチになった。Bench in the shower room: Changed the surface from tile to the same material with counter top, dolomitic marble, so the surface is soft and smooth. I can sit on it now instead of using it as a shelf.

キャビネットの高さ:左に見えているのは私のキャビネットです。右に見えるキャビネットの壁はバンちゃんのです。彼は身長が186cmもありますが、私は150cmしかありません。だから私のキャビネットの高さをバックスプラッシュ分ほど(15cmぐらい)低くしてもらいました。この違いは朝晩の私の生活を100%向上してくれました。The Height of Cabinets: The cabinet on the left in the picture below is mine, and the one the right, showing just the dolomitic marble as a waterfall, is Banchan’s. My height is only 4’11”, but Banchan is 6’1″. So, I requested the cabinet height to be about 6 inches lower than his. This change made my life 100% better everyday.

この他キャビネット内も便利な作りになってますが、以上の点に比べたら瑣末でしょう。We made more improvements inside the cabinets but they are trivial compared to the other improvements I already mentioned above. So, this is it.

ただ、この全面に広がる景色はやっぱり最高です。外の景色を中に取り込むというアイディア、まさに成功です。Just that, the view spreading out like this is fantastic. My idea, to bring in the outside view, worked so well.

同じとは思えない


御影石をキッチンカウンタートップに使ったことはすでに書いたんですが、バスルームのカウンタートップは最後まで迷いました。なぜなら、二人の意見が一致しなかったからです。
でも、大量に残ってしまった御影石を使うことで意見が一致、結果はとても満足いくものになりました。
20141002-20141002-20141002_161835-Edit
なるべく白っぽい部分をバスルームに切り取りました。チョコレートブラウンのキャビネットに合わせたかったからです。結果はご覧のとおり。
Before
vanity
After20141016-IMG_7777

さて、今日は金曜日。昨日プラマーが家の外壁に大きな穴を空けたので、今日はその修復があるはず。まだ来ないなー。そわそわ。
明日は華麗なる舞踏会。心の準備をしなければ。そわそわ。
だから、今日はこの辺で草々。

四日目


何がって?
シャワーしてない日数です。くさ~い!
幸い、寒いので汗かいてないからそんなに気にならないんだけど、困りましたね。
あ、これ、ばんちゃんの日数ね。私は一昨日、コンドに戻ってシャワーしました。

何なの?何が起こってるの?
はい、2階にはバスルームが二つあります。その二つとも、トイレ、シンク、シャワー、バスタブ、全面的に使えなくなってるんです。
何じゃそりゃ?
ね、困ったもんですが、下水管に根っこが侵入して詰まってしまったんです。それも1メートルぐらいぎっしり。20141201-20141201_13344120141204-20141204_142147

20141204-20141204_134741
月曜日に来てくれた時には簡単な詰まりの問題だと信じていたので、トイレから、シンクから、そしてバスタブから150ft (45m) も伸びるスネイクというワイヤーをどんどん入れていきました。20141201-20141201_133307
その間にリモデルしたバスルームもかなり汚れまくり、うへ~!と心の中で叫びまくってました。まだ完成してから1ヶ月しか経っていないピカピカのバスルームよ~!!!

一生懸命きれいにした後。

一生懸命きれいにした後。

使えないバスルームなんてあっても意味がないわけですから、仕方がないんですが、ちょっとムゴイ・・・。
挙句の果てに、家の中じゃなくて、外に面している地面すれすれの部分から気の根っこが侵入していたことが原因だったってことがわかったわけです。それで外の壁に穴を空けてパイプを取り外して、新しいのと交換してという作業。最初っからわかっていたらよかったんですが、ソフトウエアの問題解決方法と同じです。一つずつ、可能性をつぶしていくしかないんですね。見えないところだから。20141204-20141204_143237

そしてついに今日、無事に終了。四日目にしてシャワーが使えるようになりました。パチパチパチ!
20141204-20141204_134701
さて、明日からこのちょっと汚れちゃったバスルームのリモデルのブログ書きますね。

リモデル 計画変更


予算を立てず検討がつかないままリモデルプロジェクトをスタートしてしまって、
まさに ”予算オーバー” 現象に直面しています。
今更反省。

でも、出資者のばんちゃんには限度枠があったはずなんでよね。
ブツブツ言い始めたばんちゃんに、
「じゃあ、いったい予算の上限、いくらならいいの?」と、詰め寄ります。

vanity

バスルームのバニティー。壁紙も所々はがれ、鏡の縁も錆びてきています。あと1週間でさようなら。43年間、頑張ってくれました。

結局、オーバーした分は私が払うということで決着がつきました。
加えて、マスターベッドルーム、クロゼット、階段の手すりのリモデルはあきらめました。次回(遠い遠い将来)に回すことでかなりの節約です。

それにしても、一番大きなコストのキッチンキャビネットのお値段が未だに不明なんです。出来上がってきた設計図を見てまた変更。だから本当の意味のコストの見積もりはまだなんですよね。

ところで、キッチンの電気。全部合わせて120ワット以下でないといけないという法律ができたらしいです。つまり、ペンダントライトを買おうとしている私達は、諸々の電気を合わせて、その残りのワット数に収めないといけないということらしいんです。当然LED使用の電気になりますが、それに加えて何か調整するものを通さないといけないらしいです。難しいですね。
そんなこんなで、結構予想以上にコスト高となってしまうようです。
いやはや、もう・・・デザインなんかにこだわってられないわ。

まあ~、こんなもんでしょうか。
やれやれ。一応、ここまで大きな喧嘩もなくこれたんで、いいということにしましょう。

リモデル バスルームへの挑戦


もともとバスタブが欲しくてスタートしたプランでしたが、2階でもあり大掛かりな工事無しには完成しそうもないので、泣く泣く断念しました。
結局フロア構成は変更無し。見かけだけアップグレードするというプランになりました。だから問題ないと思っていたんですが、そうでもなかったんですね。

意見の一致がぜんぜん取れなくて、ピザ屋で夕食をとりながら大喧嘩です。
デザインの一致というより、情報収集の方法の不一致ということでしょうか。なんだ、それ? ですよね。
「二人の関係を悪化してまでするリモデル意味ないんじゃない?やめちまえ!」という私の言葉に、長い、ながーい沈黙。そして、どうやら収まったようです。

今日は昼休みを3時間とってタイル屋に行きました。
無事、タイルを選ぶことができてよかった。
キャビネットはSaratoga Plumbing Supply からJensenのMochaという濃い茶色、スタイルと木の種類はコンテンポラリーに変更です。
カウンタートップはシンクと共に一枚になった白をオーダーする予定です。

シャワーはこの写真のスタイルを全部もらいました。
20140827-20140827_114403

20140827-20140827_114422
およそ流行とは無縁、クラシックなばんちゃんが紆余曲折の末、ここまでたどり着くことができました。それを横でサポートしていた私は偉いな。で、お店の人に見積もりを出してもらっていたら・・・
「クリーム色のタイルは在庫切れ。すごい人気で、即なくなっちゃったんですよね。」
「エッ、そんな!」
「イタリアから直輸入して2-3ヶ月はかかるかな。」
「エッ、そ、そんな!」
声も出ず、ばんちゃんの落胆振りといったらありません。せっかく大喧嘩の末にここまでたどり着いたと言うのに、タイルがない・・・!で、渋々、微妙に違う他の色に変更です。私としては、変更後の色の組み合わせの方が断然気に入っているので、「ばんちゃん、かわいそう~」と言いながら、内心ホクホクです。

20140827-20140827_122352
シャワーとファルセットはHansgrohe製品。
床はキッチンの床と同じMediterranean beige travertine

これで一応バスルームも完成です。あとはメディソンキャビネットを壁に埋め込むというプランがありますが、コントラクターに話をしてから決める予定です。
あ、シャワードアがまだあったか・・・

キッチンのリモデル


バケーションも終わり、夏真っ盛り。それほどのんびりもしていられません。
ちょっと大掛かりなリモデル工事の準備です。9月スタートを目指しています。

まずはコントラクター選び。
そして見積もり。
契約書のサインと契約金。

ここまで来たよ。でも、この先、長い長い苦難の道が待っているだろうと覚悟はしています。
で、ネットであれこれと検索して情報集めをしていたら、このサイト、Smart and Responsibleに出会いました。
この方もリモデルをされたようで、そこからヒットしたんですが、それはごく一部で、その他の豊かな情報量といったらないです。
ザクザクと欲しかった情報がでてきて、さっそくブックマークさせていただきました。勿論、こうしたファイナンシャル関連で日本語で書かれているサイトは他にもありそうです。が、ブログ形式の丁寧に誰にでもわかりやすい文体、私にとってのスィートスポットの話題、少しだけ砕けた雰囲気は私好みです。必見!

元へ・・・ってちょっと戻れないかも。老後の医療関連の残酷な事実は、即日本に帰りたい気分にさせられます。
20140719-IMG_4907
風吹かば、飛んでいってしまいそうなはかないこの人生・・・
先はまだ長いような、もう見えているような・・・
よし、だからこそ今できる事をしようね。このタンポポみたいに。
せっかくばんちゃんが私のためにしてくれようとしているんだもんね。リモデルだー!

今日はコントラクターにまた電話。
今週末はキッチンとバスルームの写真を撮っておきましょう。Before と After の証拠写真になりますもんね。
それから材料選び。ワーイ、楽しくなってきたぞぉ~!