Tag Archives: Book making

日本のサービスみたい


昨日、印刷のオーダーを入れました。
サンプルの仕様を見て、テスト印刷も見て、ふむふむふむ。

もう躊躇する材料はないはずですが、初めてって、やっぱり漠然と不安ですよね。高いお金も払うことだし。しばしのためらいの後、思い切って えいや〜っと、オーダーを入れました。

そして、今日、朝からバタバタしていてメールを見ていない間、印刷会社からメールが5通も届いていました。開けてみると、大きく分けて3つの質問と確認項目が並んでいました。

  1. レゾリューションの低い写真のリストと、それでいいかの質問。
  2. 2種類の本のオーダーの内容の確認。
  3. カバーのファイルについて。

1番は古い写真を扱っているので、仕方がないのです。2番も問題なし。でも、3番は私のミスでした。細心の注意を払って作ったつもりのファイルだったのに最後にバックアップをした時になぜかレゾリューションを低く設定してしまったようです。その確認でした。さっそっく送り直しました。

久しぶりに出会えた丁寧な対応に感動です。日本の職人さんみたいに細部にまで目が行き届いています。完成した本をまだ見てませんが、きっときちんと製本されてくるに違いありません。これが質の高さに繋がるんだなー。なるほど〜!

完成まであと一歩


初めての本、完成までにすること、私には、もう、何もない・・・
キャ〜〜〜!おめでとう、自分!!!
3種類の体裁を考えてます。

  1. リネンのハードカバー
  2. グロス仕上げのハードカバー
  3. ソフトカバー

1番のリネン仕上げはエンボス加工の文字の色と場所を設定するファイルを用意するだけで、価格としては一番高いですが、一番簡単。

2番目と3番目は、カバーのデザインをしなければいけないので、全く別物です。四苦八苦してできたデザインは、最先端のデザインとはかけ離れていますが、本の内容に合ったものができたんじゃないかなと思います。

印刷することに興味があるわけじゃないですが、どんな世界も奥が深いですね。彼らは 0.01mm 以下の世界で測定しています。だから私もそのレベルの設定でファイルを作りました。

目下、サンプル印刷を作ってもらっている最中です。また、サンプルの用紙や布などもリクエストしました。それが来たら最終的にオーダーすることができます。この会社のいいところは、製本前に最終のプルーフリードができることです。勿論オーダーする前に数名の人たちにリビューをお願いする予定です。ただ、写真がたくさん挿入されているので、写真の質が一番気になるところです。私の撮ったイメージは当然いいとして、彼女の古い写真がどれほどのレベルになるのか、気になります。だからこそ、プルーフリードはありがたいです。

今回の調査で分かったことは、ウェブ上には五万と写真の本を簡単に作れるサイトがあることです。しかもコストはそんなにかからない。本の質を問わずにサイト内のツールを使えば、写真をアップして、チョチョイのチョイで出来ちゃう。テキストも適当に挿入できるようです。何しろフェイスブックですら超簡単な自分のコメントの本作りサービスをしているんですから。

じゃなんで?私の本作り、サービスの真価は何?

産みの苦しみを通り越し、ようやくここまでたどり着きました。その過程でなんとか自分のミッションを確立できたようです。その辺のことはまた後ほど。

心に触れる瞬間


昨日、一昨日と、本創りでした。

本の中のワンシーン

私の役目は、なんだかわからない遠い記憶の中から、その人が大切にしている事柄を引き出してあげる事なんだなーと、つくづく思ったのでした。

写真という媒体を通して具体化してみると、より分かりやすくなり、見えてくる。最初に見えていたものと違うものが見えてくる。

そんな瞬間に一緒に出会うと、嬉しさが倍増するんですね。心と心が繋がる瞬間。

ドラフトを何回も印刷し直して、少しずつ近づいていく。物作りの面白さ。

あと1週間ぐらいかなーと思ってましたが、完成までには、もっと時間がかかる事を自覚させられます。写真のイメージを見ながら言葉を探していく作業は、自分を見つめ直すことにつながって、難しい。扱っている事柄は小さくても、それに関連するその人の通ってきた人生は、深い。

心を大切にしたい。
だから、その人のレベルに立って、ぐっとスローダウンして進みます。

1st Draft Copy できた!


しばらく前から取り掛かっていた作業ですが、ようやく形のある物になってきました。小さな本作り。

詳しいことは書けませんが、写真が半分、後は少しの文章で構成される小さな本。

ドラフトとはいえ、まだ文章の方が未完成です。でも、大きな構成がわかると、文章も書きやすくなるので、テープレコーダー持参で、この本の著者の家を訪れます。その際、写真も何枚か撮り直します。今週末に資料が整ったら、仕上げにかかります。印刷できる日が、トンネルの向こうに見えてきたような気がします!

ちなみに、昨夜のレベルテストは合格でした。やった〜!