Tag Archives:

かくれんぼ – Hide and Seek


おや? – Oh?

これは・・・ – This could be…

そんなに隠れてもシッポが出てるよ。お顔見せて! – I understand that you think you are hiding, but your tail is sticking out.  Can I see your face?

あ、出てきた。私たち、会ったことあるよね?  – Thank you for showing your face.  Have we met before?

やっぱり、そうだ。あなた、ここで生まれたミソサザイのレンちゃんでしょ? – Yes, it is you, isn’t it?  Aren’t you the Bewick’s wren who was born here?

元気してた?もう寒くなったけど、大丈夫? – How have you been?  Are you all right?  It’s getting cold these days.

また来てね。他の兄弟達にもよろしくね! – Come again.  Say hi to your siblings!

続きがあります。上の写真は8月末のものです。 – The story doesn’t end yet.  The pictures above are from the end of August.

たぶん同じミソサザイが10月末にもう一度来てくれました。そのときの写真は以下です。 – The same wren, I guess, visited our backyard again at the end of October.  Here are images from then.

ところで、ラップトップと写真エディタの互換性がなくなってしまい、新しい写真の編集ができなくなってしまいました。新しいラップトップか、新しい編集ツール、どっちにしようか考えています。 – By the way, I have encountered a laptop and photo editor compatibility issue recently.  It means that I can’t edit new pictures!!!  My laptop is old, but it’s still working fine.  I’ve been thinking whether I should get a new laptop, or a new editor.

レンちゃんどう思う? – Wren, do you have any suggestions for me?

成長したコンドル – Condor Has Grown Up


カリフォルニアから友人が訪ねてきてくれたので、ザイオン国立公園に行ってきました。 – We went to Zion National Park again because our friends visited us from California.

勿論、1K (コンドルの名前) がハイライトでした。(コンドルの赤ちゃんのブログ参照)遠くから見るだけなのでわからないはずなのに、仕草でしょうか。成長したなと感じました。前回見たときの岩には停まっていないし、もう大きな子供という感じ。 – Of course, we went to see 1K the Condor.  (see my blog about Condor baby) as a highlight.   We can see it only from far away, so we can’t see great detail, but we still could recognize that it has grown up to be a juvenile by the way it acts.  It (we still don’t know the sex yet) wasn’t perched on the rock where we saw it last time anymore.

こんな風に飛べたりするし。- It can fly like this already.

コンドルは食べ物を求めて1日に200km以上も飛んで行けるそうです。青年になって自分で餌を探すようになったら、もう、ここでは見られなくなるのかと思うと寂しいです。- A Condor can fly more than 100 miles a day in search of carrion.  When it becomes a young adult and is able to search for food by itself, we most likely won’t see it here anymore.  I’ll miss you, 1K.

1K、もう一度会えるかな?  – Can I see you again…?

ところで、何か言っていますが遠すぎて聞こえません。 – By the way, it is saying something, but can’t hear it as we are so far away.

そうか、自己主張の強い時期になってきたんですね。- I see.  It has reached the age where self-assertiveness appears.

コンドルの赤ちゃん – Condor Baby


カリフォルニア コンドルの赤ちゃんが5月に生まれました。(英語版ですが、そのニュース)California Condor’s baby hatched in May this year.

そんな大ニュースを知らずに訪れたザイオン国立公園だったので、準備不足でした。でも、十分感動して帰ってきました。- We visited Zion National Park without knowing such big news.  Although we didn’t prepare well for the condor viewing, I must say we were so lucky to see them for the first time, and we enjoyed it fully.

昨日書きましたが、ザイオン公園内はバス移動です。最初は風景を撮るために24 – 70 mmのレンズを持ってバスに乗りました。でも、コンドルを見てしまったら、どう考えてもレンズ交換せずに入られません。そこで、1時間半かけて車に戻り、再びコンドルの場所、エンジェルスランディングのまで戻りました。ビッグベンドの停留所がビューポイントになります。(下の地図参照)そこから約 0.5 KM ぐらいの場所に赤ちゃんがいます。- As I wrote about it yesterday, you need to use a shuttle bus to go places inside the park.  I hopped on the shuttle carrying only 24-70-mm lens originally.  But we needed to go back to our car, spending 1.5 hours round trip, using other shuttles to get the 400mm lens once we saw the condor baby.  (See the map below.)  The baby is standing on a rock against the wall below Angel’s Landing trail.  From Big Bend viewpoint to the baby is about 1500 feet.

これがビューポイントからの眺め。巣は高い所に作られたんですが、あまりにも早く巣立ちしすぎて、巣に戻れなくなってしまい、今の場所、巣から多分 0.25km ぐらい下の岩の上に住むようになったとレンジャーが話してくれました。- This is a view from the viewpoint.  The nest was made at much higher place, but the chick couldn’t get back to the nest after it fledged.  A ranger told us that it was too soon for the baby to take off.  So, baby is standing about 500 feet below on a rock since then.

赤ちゃんの名前は 1K。なぜなら、 California Condor Recovery Program が1992年にスタートしてから 1000番目の赤ちゃんだからです。まだお母さんとお父さんに教えてもらわなければいけないことがたくさんあるそうです。飛び方も、餌の探し方も、巣の作り方も、みんな大切なことです。- Baby’s name is “1K”.  It’s because it’s the 1000th baby successfully hatched since California Condor Recovery Program started in 1992.  The chick still needs to learn so many things like how to fly, find food, make a nest, etc.

向こう、数ヶ月から一年ぐらいは確実に餌を運んで来てもらうので、この場所に行けばかなり高い確率でコンドルの赤ちゃんが見られます。- The parents will bring food back to 1K for the next few months or even up to one year.  Therefore, the chance to see the chick is very high in the next few month.

私たちは日が暮れて太陽の光が隠れるまで観察していました。- We stayed there observing the baby until the sun moved behind the cliff.

こんな所に一人、これからも寒い冬を過ごすのかなぁと思うと、とても心配になります。- The baby will be alone in such a place throughout upcoming winter.  I really hope he can survive all right.

ちょうどその時 Raven というカラスの大きいのが飛んで来ました。それを見たお母さんはカラスを追い出しにいきました。遠くから見ていても迫力のあるドラマでした。また、サイズの差がこんなにあるのねと、改めてコンドルの大きさを確認しました。- Then, suddenly a raven flew over.  Condor Mom immediately started chasing it at full speed.  It was like a National Geographic nature drama in front of us.  As you can see it on the picture, Condor is so big.

ちなみに、全てのコンドルの羽には番号タグがつけられていて、モニターできるようになっているとのことです。このお母さんの羽には”9”の数字が見えます。409番目のコンドルなんですね。- By the way, all condors have numbering tags.  The conservation program can monitor each bird in this way.  We can see number “9” on her wing.  It means she is 409th condor.

1億5000万年間に堆積した地層をバックグラウンドに、この追跡ドラマはあまりにも雄大すぎる!- What a sight, it is too magnificent!  We totally enjoyed the drama in front of 150 million years of strata on the cliff face. 

そして、面白いことにコンドルがこんなに近くにいるのに気がつかない人もいる。左、カメラを持った人間。右、人間を見つめるコンドル。- On the other hand, it’s funny that some people don’t know how close a condor is to them.  On the left, a human with a camera on Angel’s Landing trail.  On the right, a condor looking at the human.

このエンジェルスランディングの絶壁にはクライマーもいます。赤ちゃんの右の方の壁を登っていたクライマーたち。- The wall of Angel’s landing is one of the attractions at Zion for climbers.

この方は、どうやら女性のようですよ。まだ先が長いですが、頂上までたどり着けたでしょうか。- It looks like this is a woman climber.  I hope she made it to the top. It looks like it is still a long way to go..

コンドルの赤ちゃんは身長1.2m、翼を広げると 3m ぐらいだそうです。強く逞ましく成長していってね!- The baby’s height is about 4 feet and the wingspan is 9 feet.  Please be stronger and live long!

1000mmのレンズ、欲しいな!!!  – I want a 1000mm lens!!!

Western Kingbird


この鳥はもしかして・・・  – Could it be…?

この鳥たちは、もしかしてまだ赤ちゃんなのかな?  – Could these be babies…?

Western Kingbird ニシタイランチョウ です。裏庭の木の上で見つけました。  – They are Western Kingbirds.  We found them on a tree in the backyard.

おや?すごい勢いで鳴き始めました。  – What happened?  They started chirping so loudly.

あー、やっぱり。お母さんが食べ物を捕まえて来てくれたんですね。  – I see… Their mother brought back food for them.

おっとっと。落ちないように気をつけて。  – Wow, be careful not to fall down.

やった〜。ランチタイムね。今日のメニューは何かな?  – Yeah!  It’s lunchtime.  What’s the menu for today?

大きなトンボみたいだね。  – It looks like a gigantic dragonfly.

美味しそう。  – Yummy!  

あれ?もう一羽の子にはないの?  – Wait a minute. What about the other one?  

後でもらえるのかなぁ?もらった方の子はもう、食事の後のお昼寝タイムに入ったというのに。  – Can it get a bug later? The other one got food already and now is napping.

ちょっとかわいそう。「お腹すいたよ〜!」と鳴いているのでしょうか。お母さんもお昼寝タイムに入っちゃったのかな?  – Oh, it isn’t fair.  It is crying saying “Hungry… give me a bug…”  Hmm, their mother also started napping.

そこで逞しいニシタイランチョウの赤ちゃん。「よいしょっと。」高い枝に飛び乗りました。高い所に行けばきっとお父さんが来てくれる、と思ったのかもしれません。 – That’s it then.  The baby who didn’t get food hopped onto a higher branch.  He might have thought that his dad will bring something for him if he went higher.

さあ、その後、どうなったんでしょうね。きっと無事に成長して、自分でハエを捕まえていることでしょう。  – I wonder what happened to him.  We didn’t witness the end of the story, but I am sure he is fine. He may be a nice young bird who can catch bugs all by himself by now.

 

 

 

どこにでもいるメキシコマシコ – House Finches Everywhere.


カリフォルニアに住んでいた時も裏庭でよく見かけたメキシコマシコです。様々な環境に適応できるたくましい鳥なんですね。 – These are House Finches which I often found in our backyard when we lived in California as well.  They are quite sturdy and can adapt themselves into variety of environments.

トカゲの国 St George で、しかもオコティヨの枝に見つけると、見慣れていたはずなのに、違う鳥を見ているみたいで少し嬉しくなります。 – They are quite common birds, but it gives me new excitement as if they are different birds when I see them on Ocotillo branches in Saint George, which I like to call lizard country. 

クレオソートの中にいたメス。くちばしのあたり、綺麗にしておいた方がいいですよ。 – I found a male House Finch on a branch of Creosote bush.  You better clean up around your beak.

あー、そうか。お食事中でしたか。 – Oh, excuse me, it’s your lunch time.

なるほど。クレオソートのあたりでよく見かけると思ったら、棉ボールの中には種が入ってるんですね。綿毛の中から種を取り出して、それを食べてたんだ。だからお口の周りに綿毛がくっついてるのね。 – Now I understand why I find them in Creosote bushes often.  There are seeds inside the fluffy puff balls.  House Finches carefully extract the seeds and eat them.  That’s why the fluffy things are around his beak.

 

やっぱりハヤブサじゃなかった – False Alarm Falcon Shots


ウキウキとハヤブサについてのブログを書いていたんですが、自分のショットをよくよく見ると、やはりハヤブサじゃなかったみたいです。ガックリしてしまい、ブログを書く気になれなくてお休みしてました。– Although I was writing about Falcons with stars in my eyes, I discovered, by comparing my pictures on the trusted bird websites, it was, in fact, not a Falcon.  I was sooo disappointed, I didn’t feel like writing blog entries for the past two days.

これが私のショット。尾を広げないで飛んでいるところとか、丸っこい体型でタカほど翼が広くない。– These are my shots.  The impression they gave me led me to believe it’s a falcon by looking at the tail, much rounder body shape, and the wings aren’t as wide as Hawks that I often see.

Merlin Falcon コチョウゲンボウだと思ったんです。でも残念ながら、多分、Cooper’s Hawk クーパーハイタカです。 – I thought it was a Merlin Falcon, but it is most likely a Cooper’s Hawk, unfortunately.  

そもそもPeregrine Falcon ハヤブサは暑くなると北上してしまうので、夏は100 ℉ (37 ℃) を超えるようなこの地にはもういるはずないですよね。チョット早まりました。冬に期待します。 – How silly I was to think it was a Falcon.  First of all, they should have migrated far north a while ago, avoiding a place like here where the daily temperature goes above 100 degree during the summer.  I still will look forward to seeing them during the winter time. 

それにしても、Cooper’s Hawk クーパーハイタカも初めてなので、とても嬉しいです。– In any case, the Cooper’s Hawk gave me an excitement as well, since it’s my first time capturing it.

この飛び方、格好いいですよねー!何を見つけたんでしょうか。 – Look at how it flies. Isn’t it impressive? What do you think it found?

こちらは Red-tailed Hawk アカオノスリです。 – On the other hand, this is a Red-tailed Hawk.

クーパーハイタカ に比べると、結構よく見かけるので新鮮味がありませんが、地上近くに来ると翼も大きいこともあり存在感があります。 – In comparison to the Cooper’s Hawk, it doesn’t give me as much excitement, because I have more opportunities for seeing it. But still, it gives me a firm presence when it comes down closer to the ground as its wings are so much wider. 

追記:毎回ではないかもしれませんが、英語訳を併記しました。私の拙い英語を夫が校正してくれました。感謝です。

Addendum:  An English translation was added to the original Japanese post.  It’s been proofread by a native English speaker, my husband.  Thank you!

Verdin を求めて


Verdin という鳥は黄色い頭にオレンジ色の肩パッチを持つ 10 cm ぐらいの小さい鳥です。日本語ではアメリカツリスガラという名前を持つようです。

まだいいショットが撮れていません。これが目下のベストです。

日本語のツリスガラという面白い名前は、巣を木の枝などに吊るようにして作ることが由来らしいですが、アメリカツリスガラはちょっと違うようです。

こちらが前庭にあるChollaカクタスに作られた巣。入り口は上じゃなくて斜め下。

チュンチュンという鳴き声は聞こえるものの、すごく小さくてジッとしていないので見つけても撮れない。

きっとチャンスは訪れる。期待して探し続けます。