Tag Archives:

どこにでもいるメキシコマシコ – House Finches Everywhere.


カリフォルニアに住んでいた時も裏庭でよく見かけたメキシコマシコです。様々な環境に適応できるたくましい鳥なんですね。 – These are House Finches which I often found in our backyard when we lived in California as well.  They are quite sturdy and can adapt themselves into variety of environments.

トカゲの国 St George で、しかもオコティヨの枝に見つけると、見慣れていたはずなのに、違う鳥を見ているみたいで少し嬉しくなります。 – They are quite common birds, but it gives me new excitement as if they are different birds when I see them on Ocotillo branches in Saint George, which I like to call lizard country. 

クレオソートの中にいたメス。くちばしのあたり、綺麗にしておいた方がいいですよ。 – I found a male House Finch on a branch of Creosote bush.  You better clean up around your beak.

あー、そうか。お食事中でしたか。 – Oh, excuse me, it’s your lunch time.

なるほど。クレオソートのあたりでよく見かけると思ったら、棉ボールの中には種が入ってるんですね。綿毛の中から種を取り出して、それを食べてたんだ。だからお口の周りに綿毛がくっついてるのね。 – Now I understand why I find them in Creosote bushes often.  There are seeds inside the fluffy puff balls.  House Finches carefully extract the seeds and eat them.  That’s why the fluffy things are around his beak.

 

やっぱりハヤブサじゃなかった – False Alarm Falcon Shots


ウキウキとハヤブサについてのブログを書いていたんですが、自分のショットをよくよく見ると、やはりハヤブサじゃなかったみたいです。ガックリしてしまい、ブログを書く気になれなくてお休みしてました。– Although I was writing about Falcons with stars in my eyes, I discovered, by comparing my pictures on the trusted bird websites, it was, in fact, not a Falcon.  I was sooo disappointed, I didn’t feel like writing blog entries for the past two days.

これが私のショット。尾を広げないで飛んでいるところとか、丸っこい体型でタカほど翼が広くない。– These are my shots.  The impression they gave me led me to believe it’s a falcon by looking at the tail, much rounder body shape, and the wings aren’t as wide as Hawks that I often see.

Merlin Falcon コチョウゲンボウだと思ったんです。でも残念ながら、多分、Cooper’s Hawk クーパーハイタカです。 – I thought it was a Merlin Falcon, but it is most likely a Cooper’s Hawk, unfortunately.  

そもそもPeregrine Falcon ハヤブサは暑くなると北上してしまうので、夏は100 ℉ (37 ℃) を超えるようなこの地にはもういるはずないですよね。チョット早まりました。冬に期待します。 – How silly I was to think it was a Falcon.  First of all, they should have migrated far north a while ago, avoiding a place like here where the daily temperature goes above 100 degree during the summer.  I still will look forward to seeing them during the winter time. 

それにしても、Cooper’s Hawk クーパーハイタカも初めてなので、とても嬉しいです。– In any case, the Cooper’s Hawk gave me an excitement as well, since it’s my first time capturing it.

この飛び方、格好いいですよねー!何を見つけたんでしょうか。 – Look at how it flies. Isn’t it impressive? What do you think it found?

こちらは Red-tailed Hawk アカオノスリです。 – On the other hand, this is a Red-tailed Hawk.

クーパーハイタカ に比べると、結構よく見かけるので新鮮味がありませんが、地上近くに来ると翼も大きいこともあり存在感があります。 – In comparison to the Cooper’s Hawk, it doesn’t give me as much excitement, because I have more opportunities for seeing it. But still, it gives me a firm presence when it comes down closer to the ground as its wings are so much wider. 

追記:毎回ではないかもしれませんが、英語訳を併記しました。私の拙い英語を夫が校正してくれました。感謝です。

Addendum:  An English translation was added to the original Japanese post.  It’s been proofread by a native English speaker, my husband.  Thank you!

Verdin を求めて


Verdin という鳥は黄色い頭にオレンジ色の肩パッチを持つ 10 cm ぐらいの小さい鳥です。日本語ではアメリカツリスガラという名前を持つようです。

まだいいショットが撮れていません。これが目下のベストです。

日本語のツリスガラという面白い名前は、巣を木の枝などに吊るようにして作ることが由来らしいですが、アメリカツリスガラはちょっと違うようです。

こちらが前庭にあるChollaカクタスに作られた巣。入り口は上じゃなくて斜め下。

チュンチュンという鳴き声は聞こえるものの、すごく小さくてジッとしていないので見つけても撮れない。

きっとチャンスは訪れる。期待して探し続けます。

今日のご褒美


この地に来て初めて撮れました。Bullock’s Oriole。ウレシいです! 日本語で何というのでしょうかねぇ。

朝から野良仕事、頑張りましたから。

セージを半円形に刈り込みました。芝生にせり出し過ぎて、スプリンクラーが作動してませんでした。

それから、

なんと、

大好きな Choila の選定に挑戦しました!

何しろ、ちょっと触っただけでジャンプして飛んでくるというカクタスですから、ちょっと怖いです。熊手を使ってバシバシ枝を落としました。

これで来年も可愛い花を咲かせてくれるだろうと期待します。

最後におまけ、ハミングバードも撮れた。とてもシンプルだけど、今日もいい日だったなぁ。

クレオソートブッシュ


クレオソートって、なんだっけ?

そんなわけで調べてみたら防腐剤とか消毒剤に使われる液体ということでした。でも、なぜそんなものを調べたの?って思うよね。それが今日のお題だからです。

今日も朝から野良仕事。なんと、その名もズバリの低木、クレオソートブッシュが庭にはいっぱいあります。しかも、その一つは庭師のデボンがなんと言おうとおかしい。だから、どうしても剪定したかったんです。

もう黄色い花は散りさって、こんな感じの可愛らしいふわふわボールをつけてます。でも、この木はあまりにも秩序なく繁殖します。だからこんな感じでチョキンチョキン。石の右はデザートウィロー、そして左がクレオソートブッシュ。

地面まで半円形に茂っていたので、下を切り取って涼しくしました。これで我が家のドライブウェーが見えて来たというものです。前は真ん中の石も見えなかったほど酷かった。だから私たちもドライブウェーを見逃してバックしたりして、そりゃもう「不便〜!」

まだ完成ではありません。この低木の主の蜂が道路側に陣取って私の作業の邪魔をします。だから、今日はここまで。もっと綺麗に枝を切り取るつもりです。

昨夜バンちゃんが疲労困憊の末帰って来ました。それからズッーと、爆睡しています。だから私一人で野良仕事。楽しいなー!そして、ふと、見上げた空・・・

もしや、昨日の裏庭の・・・鷹?

そうだとしたら、これはRedtail Hawk アカオノスリです。そうか、これだったかもしれません。カメラを持ち出して来た時には遠くに行ってしまって、これだけ。きっとまた来てね!

ついでにお隣のソワロを見にいくと、まだ花が咲いてない。この調子だと、明日もまだかなぁ。

などなど、カメラ持参で変なおばさんがウロウロ。と、そこへ・・・ウワッ!

あれは、Grosbeak?  

こっちはGoldfinch。黄色い花に囲まれて、ますます黄色くなってる。朝の野良仕事はなんて素敵なんでしょう。こんなに可愛い鳥たちに会えるんだ。そして、まだまだあるよ。帰ってくると・・・

先日購入したRainbow Pincushion というサボテン。なんと小さい花を咲かせ始めました。

もう〜、いやになってしまうくらいウレシい!!!一人で頑張ってる良い子。そんな子には鳥や花たちがご褒美をくれるんだ。ありがとう!

 

君だったんだ、ミソサザイ


明日からしばらく楽しくなります。多分、Wren ミソサザイ

一瞬、ロードランナーの赤ちゃんバージョンかと思うほど地面の上を素早く走ったんです。当然、あまりの早さに何者かは確認できず、慌ててカメラを取りに行きました。

その後、観察していたら、なんと巣箱に入って行った!

嬉しいなー!!!

こんな風に巣作りの材料集めをしていたんですね。一生懸命巣作りをしていました。

こちらがビデオ。長い枝を頑張って持って来たのに入らない。挙げ句の果てに落としてしまうところ。ちょっと心が痛みます。

早朝のアクシデント


ブオーンン〜

この音に起こされました。ベッドのすぐ横。

窓の外を見てみると・・・

Wilson’s Warbler ウィルソンアメリカムシクイのメスがパティオの上で失神状態のよう。窓にぶつかって落ちたのでしょう。

死んじゃったのかな〜?

急いでカメラを持って来てパチパチし始めると、

ちょっと目を開け始めました。よかった。小さな体はバクバクと体全体で息をしているよう。

どうしよう・・・このままじゃ他の動物に食べられちゃう。三脚を設置している間もこんな感じで動かない。

こんなに至近距離でこの鳥を見たのは初めてです。窓越しでも夢のよう。そうこうしているうちに、Warbler はどうやら意識を持ち直して来たようです。

周りをキョロキョロ見渡し始めました。でも、もうかれこれ10分ぐらい経過してます。飛べないのかな。助けに行ったほうがいいのかな?一生懸命窓ガラスをたたいて元気付けたつもり。

それからほんの15秒ぐらいの刹那。目を離した隙にいなくなっていました。無事に飛び立って行ったんだと思います。まさか他の鳥にさらわれちゃったなんてことないでしょう。

そんな興奮で始まった今日、ベッドルームの窓ガラスを入れ換える日です。

厚さ1インチ (約2.5cm)、ダブルペインの大きなガラスは二人掛かりで運ばれます。

無事にインストールされてもうすぐ完了。

ダブルペインの中に空気が入って端の方が白くなっていたんです。でも、すっかり綺麗になりました。久しぶりに青空も見えて、いーい気持ち。こんなに透明感が増すと、またWarbler がぶつかって来そうです。失神するだけなら、いいことにしましょうね。