Tag Archives:

Hike 19: チャックワラ Chuckwalla Trail


ヒーラモンスターばかり追いかけていた私たちですが(依然として目撃できてません)、今年になってからまだリクガメに出会っていなかったことに気がつきました。そこで早速チャックワラトレイルを歩いて来ました。約7km。 We’ve been preoccupied on the Gila Monster and forgot about the Desert tortoises. We haven’t seen them this year yet. So we decided to hike on the Chuckwalla trail for about 4 miles.

今日のレンズは 24-70mmです。リクガメですから 800mmレンズは必要ありません。でも、結局リクガメに出会うこともなく、鳥のざわめきも見逃して、ちょっとしょげていた時でした。I brought my 24-70mm lens today because I wanted to capture tortoises. I don’t need an 800mm lens for that. But we couldn’t find any tortoises. So then I was a little upset because I missed all the bird activity without the long lens.

こんな岩の中から鳥の鳴き声が聞こえて来ました。 But then, I heard constant chirping coming from this rock.

鳴き声が逃げて行かないように、そーっと、ゆっくり近づいていきました。岩の中に入って振り返ってみると、いた!産まれたばかりの幼鳥です。 We stealthily walked towards the sound, hoping that whatever was making it did not run away. When I looked inside, then from the inside looked back towards the entrance, OMG! The source of the noise was there, newly born chicks!

きっと孵化してからあまり時間が経っていないんですね。まだ、目が開いてません。でも、鳴き声は威勢よかったですよ。I assume they hatched not so long ago because their eyes weren’t opened yet. But their chirping voices were quite loud.

この子達は一体誰の子供でしょうか。それを確かめるため、洞窟から出てお母さんが餌を咥えてくるのを待ちました。 Whose babies were they? In order to find out who their parents were, we went out from the cave, and waited for the parents to come back to them with food.

もう〜、望遠レンズが無いことを再び悔やみました。この姿でわかるでしょうか。 I couldn’t express enough how much I regretted not bringing my long lens. Can you identify who it is with this shot?

日本語名は長いです。チャイロツキヒメハエトリ It’s a Say’s Phoebe.

シジュウカラ科 Juniper Titmouse


とんがり帽子をかぶっているのが特徴の小さな鳥で、ピニョンやジュニパーなど、低木に住みます。日本には住んでいないので、日本語名がありません。一応ジュニパーティットマウスとしておきます。The Juniper Titmouse is a tiny bird with a crested head living in pinyon or juniper trees。

オークティットマウスにとてもよく似ています。でも、ジュニパーティットマウスは灰色で すが、オークティットマウスは若干茶色がかっています。また、住む場所も違い、ジュニパーティットマウスは700mから2,500mぐらいの高地に住みますが、オークティットマウスはカリフォルニアのオークの木に住みます。They look very much like the Oak Titmouse but its color is more pale gray compared to the Oak Titmouse which are more brownish. They also live in different places. The Juniper Titmouse lives in the region of 2,250-8,000 feet elevation in juniper woodlands. On the other hand, the Oak Titmouse lives in Oak trees in California.

スクラブジェイの仲間 Woodhouse’s Scrub-Jay


日本語名は見つかりません。ウッドハウススクラブジェイはカリフォルニアのスクラブジェイにとてもよく似ていますが、胸の色がもっと灰色がかっています。また、嘴も細いです。The Woodhouse’s Scrub-Jay is similar to the California Scrub-Jay, but the chest color is more grayish and the beak is narrower.

ミュール鹿の背中に乗っていることがよくあるらしいです。シカのノミをとってあげている様で共存できているんですね。そんなシーンを是非みてみたいです。 Some say that they can be seen standing on the backs of mule deer. They pick off and eat ticks from the deer, so deer don’t mind them on top of them. How nice to know they help each other. I sure hope to see such a sight one of these days.

Hike 15: ミミズクの森 Owl Forest


4.2kmの短いハイキング。コットンウッドの木々がしげる山道を辿っていくと、いた! アメリカワシミミズクです。On a short, 2.5 mile long trail through cottonwood trees, we looked for Great-horned owls. There, we found them.

スヤスヤ。Sleeping peacefully.

「こんにちは〜!」 ” Hello!”

スヤスヤ。Sleeping peacefully again.

「あのう。。。」 「何?」 ”Sorry to bother you…” “What?”

スヤスヤ。 Back to sleep.

「もう赤ちゃんが産まれたかなって思って、来てみました。」”We thought your babies already hatched. So we came here.”

「静かにしてくれる?今、昼寝中。それに今年は子供なし。」 “Be quiet! We are in the middle of napping. And we have no babies this year.”

孵化した! Hatched!


オオアオサギの卵が孵化しました。 The eggs of Great blue heron hatched.

今日はとりあえず数枚の写真をあげておきます。ビデオの編集もできたらアップします。 These are only a few of nearly 1000 pictures. I want to share a video also when I finish editing it later.

野生動物の世界です。アカオノスリが近くの木の上でじっと見つめています。 This is the world of wildlife. A red-tailed hawk was watching them from a nearby tree.

子供たちが巣立てるようになるまで 2-3ヶ月間、お父さん、お母さん、お疲れ様です。それまでこうして天敵から守っているんですね。 It takes 2-3 months for the chicks to fledge. Until then, parents need to protect their chicks like this from predators.

オオアオサギ Great Blue Herons


サンタクララ川の川向こう、オオアオサギの巣のコロニーを発見しました。 Beyond Santa Clara river, we found a colony of Great Blue Herons.

強風と、曇り日とでコンディションは良くありませんでしたが、オオアオサギの観察をしながら楽しいひとときを過ごしました。 We enjoyed observing them so much although it was a windy and cloudy day.

再び溜まった大量の写真、まだ全部リビューしていません。ですので、今日はその中から、美しいアイススケートのポーズ、ビールマンスピン を思い起こさせてくれるショットをご紹介します。以下、10秒ビデオにしました。 I have accumulated many pictures again. So I want to introduce you shots reminded me of an ice skating pose, “Biellman Spin” today. I made a 10 seconds video.

白頭鷲の家族 その2 Bald Eagle Family 2


「お父さん、昨夜はお疲れ様でした。」”You worked hard last night by the lake.”

「いやいや、いつもの事だから平気だよ。子供が2羽もいるからね。」”Oh, no, that’s nothing. I have two kids. So, I have to get fish for them all the time.”

「こちらの2羽ですね。逞しそう。」”I see these are your children. They look quite healthy and tough.”

「まだ心配で目がはなせませんよ。」”I still can’t leave them alone.”

「下の子はまだ飛ぶのが下手で、お兄ちゃんにいつも揶揄われてますよ。」”Especially the younger one needs more attention. He is not so good at flying. So his brother always teases him.”

「何してるの?」と、お兄ちゃん。”What are you doing?” said the older brother.

「これ、ラクーンの残り。どうしよう?」と、弟。”Um, what should I do with the leftovers of this Raccoon?” said the younger brother.

「もう食べ終わったんなら、こうやって飛ぶ練習した方がいいよ。」”If you are done with it, you should practice flying more like this.”

「飛べるんだけど、木の上に止まるのがちょっと怖いよー」”I know. I can fly, but I am a bit afraid of landing on a tree.”

「私たちは見守るだけで、あまり口出ししない様にしてます。」と、お父さん。”We, as parents, simply observe them, and try not to interfere with their communications,” said father.

「なるほど。ところでお父さん、太陽を背に受けて飛んでる姿、格好よかったですよ!」”I see. By the way, you looked so cool flying with the light shining on your back.”  

白頭鷲の家族 Bald Eagle Family


ある白頭鷲家のお話、その1です。 This is a story of one Bald Eagle family.

「早く帰って来なさい〜!もう、日が暮れかけているのよ〜!」と、お母さん。 “Hurry! Come back home now. It’s almost sunset.” said mother.

「まだ獲物探ししてたいんだけどなー。」と、子供。”Aww~, I want to keep hunting food a little longer…” mumbled her child.

「聞こえてるでしょ?早く帰ってらっしゃ〜い!」”I know you can hear me. Hurry, come back home!”

「母さん、私が呼んでこようか?」と、お父さん。”I could go and bring him back home, my dear.” proposed father.

「そうね、お願いします。」「よっしゃ!」”Thank you, please do.” “Got it!”

「でも、やっぱり私が行きます。お父さんは魚を釣って来てください。」”Oh, I will take him back home. Would you go and get a fish for us?”

その後日が沈んだ後も、お父さんが一人、湖畔の氷の上で獲物が来るのをじっと待っていました。Later on that day, the father was sitting by an icy lake even after sunset. He was waiting patiently for a fish to catch.

零下11度の夜はこうしてふけていくのでした。寒い! The night went on like this down to 11 degrees Fahrenheit temperature. Soo cold!!!

大きな鳥たち Big Birds


マウントカーメルジャンクションの近く、空は雲に覆われ暗い。そこで4種類の大きな鳥に出会った。以下、地図なんですが、わかるかな?HWY9と89がぶつかる所がお勧めのカーメルジャンクションです。 The sky was dark with thick clouds on that day around Mt. Carmel Junction. I made a map of the area east of Zion. I hope you can read it. The junction of Hwy 9 and 89, is called Mt. Carmel Junction. It is my recommendation to visit there if you like birds.

2000枚の中から10枚程度を選ぶのって、本当に大変です。だから今日はこの鳥だけご紹介します。I’ve been reviewing my bird pictures, but it’s quite time consuming to choose 10 to 20 pictures out of 2000 pictures. So today, I will only introduce one bird below.

89号線を北上して行った途中、道端で出会いました。特別な鳥ではないんですが、声をかけてみました。Going up north of Hwy 89, we found them on the side of road. They are not so special, but I decided talk to them.

「すみません、ワイルドターキーさん。質問です。その胸から出てるものはなんですか?」”Hello, Mr. Turkey! Can I ask you something? What is that thing coming out from your chest?”

「あ、これ?ヒゲ。邪魔しないでくれる?今日は他の鳥の警護係りなんだから。」” What, this? This is my “beard”. Don’t bother me now. I need to guard my family today.”

コンドル Condor


去年、ザイオン国立公園でコンドルの卵が孵化しました。巣立ちしたとのことで、昨日、観察しに行ってきました。A condor egg hatched at Zion National Park last year. We went to see it yesterday because we heard that it fledged.

見えました。でも、やっぱり遠くて 800mm のレンズでも詳細はキャッチできませんでした。We could see it. But it’s way too far that I couldn’t capture much detail even with my 800mm lens.

詳細は撮れなかったけれど、羽が太陽の光を受けて鮮やかに光っているのがみられてやはりラッキーでした。Although I couldn’t get a good shot with detail of it, I still think I was lucky because I could see the wings shining with the light of the sun.

コンドルを1000ショットも撮った後は少し山歩きをして家路につきました。アイコニックとして有名なワッチマンを見る景色は、いつみてもやっぱり美しい。After 1000 shots of the condor, we hiked a little and went back home. The view from a bridge looking out to see the iconic Watchman rock is always breathtakingly beautiful.

オスプレー Osprey


夕暮れ、不気味に明るく見える高原。太陽の光が間接反射して、あたりの風景が異次元の世界のように見えます。Around dusk, the meadow looked strange by getting indirect sunlight. It was as if it was a world of a different dimension.

9時過ぎ、山火事の煙で視界が悪くても、夕暮れはやはり美しい。 After 9:00pm, the sunset view was still pretty although the visibility was so bad with smoke from distant wildfires.

ノースフォーク フラットヘッド川沿い、太陽の最後の光が山の向こうに落ちたのでカメラをしまい始めたら、すごいことが起こってました。 By the North Fork of the Flathead river, the last bit of sunlight disappeared beyond the distant mountains. So I put my camera away, but an incredible action happened there unexpectedly.

なんと、 オスプレー(ミサゴ)がホバリング(空中で停止すること)して何かを見つめていたんです。初めて見る光景です。興奮つつ納得しました。「そーかー、そんなことが出来るからアメリカの航空機 V-22 はこの鳥の名前をニックネームにつけたのね。」 What a sight! I witnessed an Osprey hovering for the first time. While taking pictures of the action, I understood well why the American military aircraft, V-22, has a nickname as “Osprey”.

流石に航空機の方は平行移動から垂直移動に切り替えるのに時間がかかりますが、オスプレーはあっという間に獲物めがけて飛んで行ってしまいました。Unlike the aircraft Osprey that need a little time to change the mode from airplane to helicopter, the bird Osprey needed no time, suddenly zipping down out of the hover to get his dinner.

さて、そんなに格好いいオスプレーですが、それほど珍しい鳥ではありません。Aren’t they cool? But surprisingly, Ospreys aren’t a unique bird.

アイダホ、ワイオミング、モンタナなどの州ではミサゴが巣を作りやすくするため、電柱の上にプラットフォームを設けるなど、保護に力を入れているからでしょうか。Some states like Idaho, Wyoming, and Montana provide platforms on top of electric poles so that Ospreys can make their nests easily. Those efforts may help maintain a health population.

魚が主食なので、川や湖の近くで見かけます。ハクトウワシと同じように、シャープな爪と鋭い目で魚をキャッチするんですね。Their main source of food is fish, just like Bald eagles. So they live near rivers and lakes. Their sharp eyes and claws are designed to catch fish from high in the sky.

今回の旅では、巣の上で親子一緒のところをたくさん目撃しました。ビデオは撮りませんでしたが、写真が集まったので、1分ビデオを作りました。I took many pictures of Osprey parents and chicks together. So I decided to make a one minute video with those pictures.

注目するところは、今回初めて使った編集ツール、DaVinci Resolve の無料版の出来栄えです。かなり豊富な機能があり、複雑なので完成までにとても時間がかかってしまいました。まだ基本中の基本機能しか学習してませんが、すでに気に入ってます。何はともあれ、第1作目のテストビデオ、ご覧ください。 The highlight of the video is not the contents itself for me, but rather the video editing tool itself, DaVinci Resolve free version. It took so long for me to make a video with it because it simply has so many great features, and I needed to learn them. Although I still know the tool so little, I already like it very much. I may write about the tool in the future, but for now, please take a look at my first video with DaVinci Resolve.

道を開いてくれた Who Opened A Door


#1の目の所有者にはグレイシャー国立公園の西北にあるボウマン湖で出会いました。そして、この方が私たちの公園滞在を最高のものに導いてくれたと言っても過言ではありません。We met the owner of #1 eye at Bowman Lake located on the north west portion of Glacier National Park. I must say without exaggeration that this eye lead us to the most memorable park experience ever.

グレイシャー国立公園の花形道路、ゴーイングトゥザサンロードは通行制限をしています。入場チケットはすぐ完売、抽選もありますが、当たる確率は半端じゃないです。だから、私たちのように抽選漏れ組はレッドバスツアーなどに乗る事になります。でも、レッドバスツアーの席も完売・・・豪快な景色を満喫するのは至難の業です。The most popular road, Going-to-the-Sun road, is limited only to entrance pass ticket holder (in addition to the park pass). Needless to say that tickets sell out immediately. They reserve 400 tickets to be sold two days before the date, but is also impossible to get. So the people like us who couldn’t get it from either option need to look for an alternative, such as the Red Bus Tours. Unfortunately, this option is nearly impossible as well. The seats sell out instantly. So it was quite challenging to us to view the famous glaciers in the park.

公園の北西に位置するボウマン湖 Bowman Lake, located at North West of the park.

それでも1ヶ月前、レッドバスツアーのこの日のチケットを奇跡的に購入することができた私たちは、期待に胸膨らませて公園入り口までたどりつきました。ところが、私たちは結局入園できなかったんです。なぜなら、購入したチケットは、なんと1ヶ月前の物だった!Having said that, a month before I could miraculously purchase two tickets for the Red Bus tour. We drove up to the entrance gate with excitement in the morning. However, to keep the story short, we couldn’t go in because the tickets I bought was exactly one month ago instead of the day we were there.

ジャリ道を延々と走らないと辿り着かないので、観光客もまばらで静かな湖でした。 Because you need to drive unpaved road for a long time to get there, it was a very quiet lake with only few visitors.

巨大ポカ。自己嫌悪。お金も払ってるのに、こんなに遠くまで来たのに、入れない。どうする?3日間も運転してきたバンちゃんに申し訳ない。It was a huge careless mistake. I was quite depressed by it. I paid for it, but we couldn’t enter the park. What could we do? I felt so sorry for Banchan because he drove three days to get here from home.

そんな打ちひしがれた気持ちでいた時に出会ったのが、ボウマン湖畔にいたこの鳥、シギでした。My heart sank and felt like crying. Then I met this bird, a sandpiper at Bowman lake.

こんな風に座っている所を見たのは初めてです。I have never seen a Sandpiper sitting like this by the shore.

シギの写真を撮っていたら少しづつ、心も晴れて来ました。写真はいつも私を無心にさせてくれます。そんな時、居合わせたカップルと親しくなり、シギの話題で会話が弾みます。まさにシギがもたらしてくれた出会いでした。その後、当然、公園の話題となり、貴重な情報も教えてもらいました。While I was taking the sandpiper’s pictures, my sunken feeling gradually lifted. Taking pictures is my meditation. It was at that time we met another couple there. We talked about the sandpipers (there was actually a pair of them) and had quite a good time. It was because of the sandpipers that we could meet that couple. They shared with us their park experiences and valuable information that helped us a lot for the following days.

旅は不思議です。塞がれてしまったと思った道をシギが開いてくれたんです。私たちの素晴らしい旅はその時から始まりました。Life is full of surprises. One door closed for us but a new door opened for us by these sandpipers. Our wonderful trip started from then on.

「君のおかげだよ。ありがとう!」”Thank you guys for guiding us to the wonderful people!”

「おや?何食べてるの?」”Oh? What are you eating?”

「すっかりお邪魔してしまいました。おやすみなさい。」”Sorry for disturbing you guys so long. Good night~”

利き足とかあるんでしょうか。眠る時はどっちの足の方が眠りやすいのか聞いてみたい所でした。I wonder if they have a dominant foot to stand while they sleep. I always want to ask them that, but….