Tag Archives:

夏が終わりスコットが消えた – Summer and Scott are gone


強い風が吹いていました。サソリのスコットは風を避けるためにジャバザハットの横の方に避難していました。冬になったらどうするのだろうと思っていたところで す。  – We had strong winds these past few days.  Our scorpion, Scott, moved to the side of the water-fountain, Jabba the Hutt, to avoid cold winds.  I was wondering what he would do when the winter comes.

翌朝、ジャバの回りを丁寧に探しましたが、スコットの姿はどこにもありませんでした。いつかこんな日が来るとは思っていましたが、実際に来てみると、予想以上に悲しい。 – Sadly, the day came.  We looked for Scott everywhere around Jabba, but had no luck finding him.  I mentally prepared for the last day, but it’s still very sad.

暗闇でもブラックライトを当てるとこんな風に見えます。With a blacklight, you can see it even in the dark.

夏が終わったからサソリのスコットがいなくなったのか、スコットがいなくなったから夏が終わったのか?  – I wonder what the relationship is between summer and Scott.  The summer has gone and, or is it because Scott has gone?

水面を見つめるようにじっとしていたのでナルシストかと思いました。Because he positioned himself to see his own reflection on the water surface, I thought he is a narcist.

念のため、ジャバの回りのアイビーを刈り取って見ました。それでも見つかりませんでした。- Just in case, I cleared the Ivy around Jabba, but no luck finding him.

Before

様々なウェブサイトによると、冬は暗く暖かい場所を見つけて冬眠すると言われています。ふーむ・・・  – According to websites, Scorpions hibernate by moving into a dark and warm place.  Where could he find around here?

After

まさか家の中に入って来てるなんてことないと思いますが、少し気になる。先日のタランチュラがどうやってベッドルームに入って来たのか、未だに不明だし、トカゲはどうやって家の中から脱出したのかも不明です。  – I hope Scott did not come inside our house.  We liked watching him on top of Jabba, but definitely not inside!!!  I can’t remove this possibility 100% because we still don’t know how the Tarantula came inside the bedroom, plus it’s still unknown how the lizard disappeared from the tightly closed room.

日本の諺だけじゃなく、私の尊敬する例の「アルケミスト」で有名なパウロ コエーリョも言っていますね。「2度あることは3度ある。」- Not only is there a saying in Japan, but Paulo Coelho who I respect and is known for the book “Alchemist”, is also saying “Everything that happens once can never happen again. But everything that happens twice will surely happen a third time.”

ない、ない、絶対にない〜!    No! Not for this case, it won’t happen!

夏の終わりを告げるためでしょうか。ベッドルームの脇、名前がわからない低木がラベンダー色の花を一斉に咲かせました。夏の終わりに最後の力を振り絞っているようです。 – We still don’t know the name of the bush right by our bedroom window.  It suddenly started blooming so gorgeously as if it used the last bit of mighty power to show off its beauty at the end of summer.でも、1-2週間ほどで散っていきました。秋バージョンの桜みたいな咲き方ですね。 – But the petals fell off onto the ground in 1-2 weeks.  It is like the Autumn version of Cherry blossom the way it came and went so quickly.

 

再び静かになったトカゲの国


先週はカリフォルニアから友人二人が遊びに来てくれました。

たった一人で寂しかろうと、楽しくワイワイ女子会の90時間。買い物に料理、そしてワイン片手におしゃべり。

そんな楽しい時間も過ぎ去って、静かなトカゲの国に戻りました。

そして、明らかに季節の変化が見えます。ユッカちゃんはもう最盛期が過ぎて鼻がポトリポトリと落ち始めてます。

Desert Willow も大方花が散りさってしまいました。

隣の家のSaguaroの花が咲き始めました。昨日見た花はすでになく、本当に一年に1日しか咲かない。頑張って明日は見逃さないようにしなくちゃ。こんなに大きくなるまで何年かかるのかなぁ。

ということで、庭の鉢に植えてあるパンジーとはサヨウナラの時が来たようです。そこで、こんな感じにアレンジしました。

どんな花が似合うのかまだわからないので、とりあえずパンジーとは全く違った感じの花揃え。ちょっとショボいかなー?

こちらは可愛らしく根付いてくれました。

それから、アガベもゲットして来たよ〜!欲しかったんですよ。私が欲しい種類がなかったので、とりあえずシャークスキンという種類。前庭に植えたい。

ところで、今日はすごーい体験をしてしまいました。

裏庭の右手、あまり行かない場所の方でバサバサ凄い勢いで何かが起こっていました。ちょうど花を植え終えて、やれやれ、腰が痛いなーと思っていたところ。突然バサっ!白地にまだらの茶色っぽい点々の鳥、まさに鷲が塀に舞い降りたんです。Cooper’s Hawk みたいな感じ。じーっとしていましたが、向こうも動かない。

そこでソロリソロリとパティオのドアを開けて中に入って一目散にカメラを取って来て見たら、当然ですが、いなくなってました。あーあー、何事が起こったのかな。獲物を見かけたのかな?と、窓の外を見ていたら、再び突然、今度は私を威嚇?観察する様に、窓の近くまで飛んで来てそのまま飛び去って行きました。あの迫力はすごい!

当然、一枚も写真は撮れてません。

この巣箱がある方の庭で起こりました。覗いてみると鳥たちが騒いでました。もしかしたら、これが目当てだったのかな?

ただそこにある


20180626-2.jpg

土曜日にみた生まれたばかりの雛。暑い日を無事に生き延びて欲しいと思ってた。20180626-1-2.jpg

今日は、もう見えなかった。無事にいるのだろうか。そんな思いを抱いて裏庭に出たら、用済みの鳥の巣が落ちていた。20180626-1.jpg

元気〜!と主張している多肉植物が隣にあって、20180626-3.jpg

春は過ぎて夏が突然来ていた。みんな、ただ、そのままそこにあった。20180626-5.jpg

そして、慌てて家の中に入ろうとした私は捻挫してしまった。ううう〜。今夜のダンスレッスンは完全にキャンセルとなる。早く治って欲しい。

また来てしまった新年


クリスマスも慌ただしくすぎ、年末、年始はモントレーに恒例となったダンスパーティーで踊りまくり、疲れ果てて帰って来たらすっかり風邪をひいてダウンです。

雨が続き草木が嬉しそう。雨上がりにふと外を見ると、庭が輝いてる。やっぱり新年が来たのかなぁっていう気がする光景でした。

20170102-_ma_9327

友人Kがアレンジしてくれた花。バリバリに気合が入っている彼女を見ると、勇気と元気をもらっちゃいます。

20170102-_ma_9363

まだ喉が痛いし、フラフラしてるのでもう少し寝ています。始動開始はちょっと送れますが、2017年、失敗を恐れず、飛躍の年にしたい!

20170102-_ma_9365

新しい赤、見つけた


アマリリスの花が4輪、咲きました。そこで早速パチパチ写真を撮り始めたら、その美しさにうっとり。

そして、自分で撮った写真にもうっとり。ジョージア オキーフの赤い色のよう。でもちょっと違う。花びらが作り出す赤いフォルムはあまりにもセクシーなんですよねー。

Narciso Yepes の演奏するセルバンテス時代の舞曲を使ってビデオを作りました。ご覧ください。

ラベンダー色のじゅうたん


20150510-IMG_4189
うわ~!
ラベンダー色のじゅうたんが道路沿いに広がります。国道5号線を北上して、Mt. Shasta も通過して、オレゴン州に入ったあたりから。

Ashlandはそんな谷間にある小さな町。

そこにある小さな大学 SOU (Southern Oregon University) の寮に住む大ちゃんを訪ねるのが目的でした。彼はビッシリと勉強やサークル活動で忙しそうです。
ガールフレンドではないけど、大切にしている女の子も紹介しれくれました。みんなで夕食に出ると楽しい一時はあっという間です。別れはやっぱり名残惜しいな・・・と思うのは私だけでしょうか。

ところで、オレゴン州では買い物をしても税金がかからないということをご存知ですか?
それを発見して、突然興奮します。ダンス用のドレスを3着と悪魔の役をする為の角を買ってしまいました。8月のショーケースという、ちょっとしたお披露目ダンス用です。
この税金無しって、すごい魅力ですよね。だからなのか、定年退職してカリフォルニアから移り住んでいる人が多いとか。
20150510-IMG_4169
Ashlandを去る直前、ラベンダーのじゅうたんを見に丘に登りました。Lupinus argenteusという名の花のようですが、ちょっと自信ない。
20150510-IMG_4188Ashland の町を下に見下ろして、向こう側には雪が残る Mt. Ashland が見えます。パチリパチリと写真を撮っていたら、同じく写真を撮ってた老カップルに出会いました。知らない人達なのに話が弾みます。奥さんはSOU の先生をしていらっしゃることもわかりました。この6月で退職されるそうですが、大ちゃんのことも時々様子をうかがってくださるとか。突然のオファーに感謝です。

それはさて置き、このご夫婦、ペンシルバニアから定年退職のために引っ越していらしたんです。アメリカ全土の候補地を比較して、この町が選ばれたというわけです。たしかに、文化人が多そうで、落ち着いたたたずまい。気候もそれほど悪くない。シェークスピア劇場で有名なこの町、お勧めです。

雨の中のピンクッションとアネモネ


と言っても、植物です。大好きなマクロレンズで雨の中、再び撮ってみました。
まだ生長しきってない子供のピンクッション。20150207-IMG_9721こっちは赤ちゃん。20150207-IMG_9722そしてもうおばあちゃんになろうとしている姿。その名のごとく白いピンをさしているように見えます。20150207-IMG_9723
こんな風にフリルのような花びらがたくさん付いているんですね。
20150207-IMG_9708-2
マクロレンズは本当に楽しいな~。

目の前に見えているはずの物、それがまったく別の次元の美しさを映し出してくれる。

アネモネ。20150207-IMG_9713
もうちょっと近づいてみると・・・20150207-IMG_9710
そして更に近づいてみると。。。20150207-IMG_9712
赤から白への色の変化はこんな風になってるのね~。20150207-IMG_9720