Tag Archives:

スネイクプラントの花の意味 Meaning of Snake Plant Flowers


私の仕事部屋の窓際にあるスパニッシュブルームはもう満開。その横のクレオソートも黄色く花をつけています。ウキウキする春です。でも、花粉症なので窓を開けずに鑑賞しています。 The Spanish broom right outside of my study is fully blooming. The creosote plant also looks happy with yellow flowers. Aren’t they pretty? But I never open the window for viewing them because I have pollen allergy unfortunately.

それに比べると室内の観葉植物は花が咲かないので安心です。 On the contrary, the house plants don’t bloom and make me feel very safe.

と、思っていたらなんとスネイクプラントがゴソゴソと花を咲かせてきているではありませんか。今まで一度もみた事がありません。That’s what I thought all this time. But I was so shocked to see flowers growing from my snake plant. I have never seen anything like it and didn’t know what to do with it.

慌ててウェブ検索をすると、以下のことが書かれていました。 I quickly searched through websites and found this:

滅多にあることではないので、ラッキーと思っていい。でも、主に2つの事を私に告げている。一つは水が足りない。もう一つはポットが窮屈になっている。つまり、「植え替えをしてくれ〜!」と叫んでいる。 You consider it as a lucky sign and as a rare incident. However, at the same time, the plant is telling you that it is so tight in the pot and needs more water. In other words, it is screaming, “Re-potting please!”

そうか。。。「近日中に植え替えしてあげるからね。」 Got it. “I will re-pot you soon.”

 

Hike 16: White Dome NP trails


ホワイトドーム自然保護区のトレイル、7.7kmを一人で歩いてきました。I went to hike the trails, 4.9 miles total, in White Dome Nature Preserve alone the other day.

世界中、どこを探してもここにしか生息していない植物の花が開花する時期だったからです。 I wanted to see the flowers which bloom only in this one area of the whole world.

日本語にはない花なので、当然日本語名はありません。It doesn’t have a Japanese name because it doesn’t grow in Japan, needless to say.

Dwarf Bear PoppyもしくはDwarf Bear Claw Poppy と呼ばれています。直訳は特殊なクマの爪を持つケシの花というところでしょうか。 It’s called Dwarf Bear Poppy or Dwarf Bear Claw Poppy.

モエンコピ地層の石膏質のある場所、しかも降水量も少ない厳しい環境に咲く花です。たくさん咲いているわけでもないです。It grows in gypsum rich soils of the Moenkopi formation. On top of that, the precipitation is very low here. As you can see in the picture below, not many plants want to live here.

道の近くにようやく見つけました。近寄ってみると、可憐な白い花です。I finally found it near the trail. It was a lovely white flower.

この花のどこがクマの爪なのかさっぱりわかりません。でも、根元の方を観察してみると、うひゃー、驚きました。 I didn’t understand at all why people call this flower as bear claw. But I was astonished when I bent down to ground level. There, I found leaves with claws coming out of the lower section, closer to the root.

しっかりと長い爪がついていました。こうして自分を守っている姿に感動しました。Look at those claws! The flower sure knows how to protect herself.

高山植物 Alpine Plants


セイントジョージでは摂氏43度を超える暑さが続いてます。そこでシーダーブレイク国定公園に涼みに出かけました。It’s been over 110F these days in St. George. So we went to Cedar Breaks National Monument to enjoy the cool air.

Southern Ligusticum

すでにピークは過ぎているものの、野生の花が広がる高原は清々しかったです。It was slightly past peak for the wildflowers at Cedar Breaks NM, but the remaining open field full of wildflowers refreshed my soul.

Markagunt Penstemon

馴染みの花たち。Familier Flowers:

新しく見つけた花たち。New flowers from this trip:

何故でしょうか。野草は私を優しく包んで心を暖かくしてくれました。I don’t know why, but wildflowers gently wrapped me like a blanket, and warmed my soul.

ドラセナトウモロコシ – Corn Plant


30年近く一緒に住んでいる観葉植物の私のドラちゃんに花が咲いた。Dora-chan, my Corn plant (aka Dracaena fragrans) who has lived with me for nearly 30 years bloomed for the first time.

水を上げなかったために、2回も死にかけた経験のあるドラちゃんに初めての花。ビックリして、ちょっと怖かった。花が咲くなんて、聞いたことなかったから。It nearly died twice because I didn’t water it for too long, but it survived and now has bloomed for the first time. I was so surprised, and scared, to see it. I never knew that corn plants bloom.

一週間してもそれほど変化なく、枯れてきたようなので、花の茎を切り落としてあげた。The flowers didn’t changed much in the past week, but just dried a little. So I cut the entire flower stem.

クリスタルみたいに光るボール状の塊、樹液かな。 I saw shining sap like Crystal balls here and there.

ドラちゃんの花、再び見ることができるのでしょうかねぇ。また30年ぐらい待つのでしょうか。I wonder if I could see Dora-chan’s flowers again in the future. Do I need to wait another 30 years to see them?

2度目のチャンス – Second Chance


朝目が覚めたら窓の外のテキサスセージが朝日を浴びて踊っていた。
The Texas Sage right outside of our bedroom window was dancing with joy, getting plenty of sunshine when I woke up.

前回の嵐で一気に花が散ってしまったから、今年はじっくり鑑賞してあげられなかったなと思っていた。だから、きっと自然からの贈り物。もう一度美しい花を愛でることができるように。
It was so pretty before the last storm but lasted only one day because the storm blew all the petals away. I was reluctant to accept that I would not be able to gaze at them this year anymore. But look at this! This is a gift from nature for me to enjoy the lovely flowers again.

早速裏庭に出て、他のセージも見に行ってあげた。
I went out to the backyard right away to look for other Texas Sage flowers, too.

セージの葉が蝶々のように花にとまっているようだ。
The little leaves looked as if they were sitting on flowers. They even gave me the impression of butterflies sitting on flowers.

みんな嬉しそう。優しくなった季節を楽しんでいるようだ。
The weather is much friendlier and gentler now. Our Texas Sages seem to be fully enjoying the weather.

チョコレートフィンガーの花 – Chocolate Fingers flowers


日本語名がわかりません。英語名も不確かですが、多肉植物のコチレドンの仲間だと思います。 – I don’t know Japanese name for this plant.  Actually, I am not sure about English name either, but my guess is it is one of succulents in the Cotyledon family.

なぜなら、オレンジ色のベル状の花を咲かせるからです。去年は不作でしたが、今年初めてたくさん咲いてくれました。どうしてでしょうねぇ。見るだけで幸せな気持ちになります。 – It’s because it holds these pretty bell-shaped orange flowers.  It didn’t bloom at all last year, but this year it did, and with so many flowers.  I don’t know why, but it makes me so happy just seeing them.

お店ではチョコレートフィンガーという名前で売られていました。名前の通り、チョコレート色の指がたくさんランダムに生えてるのが特徴なんでしょうか。大好きなウィキペディアにエントリーがないのが残念です。- It was sold as “Chocolate fingers” plant.  As the name indicates, so many chocolate colored fingers grew out from only one plant.  It’s so unfortunate that this plant is not listed in Wikipedia.

イースターの贈り物 – Easter Gift


2週間ほど前、ご近所さんからユリの鉢をいただいた。キッチンカウンターの上に置いたら、周りが華やいだ。 – Our neighbor gave us a pot of Lilies two weeks ago.  The kitchen counter brightened up when I placed it on top of the kitchen counter.

一つ、二つと開花していって、もう5輪も開花した。 – One by one, the buds started opening up, and now we have five flowers blooming.  

朝のユリ、大きな顔のご挨拶は清々しい。 – It’s quite refreshing to have lilies greeting us in the morning.

ところで、今年のイースターは4月12日。それまで持ち続けてくれるかな。蕾はあと二つ。 – By the way, this year Easter Sunday is April 12th.  I started worrying about whether the blooms will last that long.  We have two more buds to go.

花泥棒 – Flower Thief


ある日突然、花が消えちゃうのって、ショックです。 – It’s quite shocking when you wake up one day, to see that flowers disappeared suddenly.

消える前のパンジー。綺麗に花が咲き始めて、これからっていう時でした。 – These were pansies before they disappeared.  They recently started blooming and would be even prettier from then on.

でも、初めてじゃないんです。理由もわかってます。常習犯のこのうさぎのせい。 -But I know why and how, because it wasn’t the first time.  This cottontail rabbit is the habitual thief.

網で庭には入れないようにしても、隅の網をググッと押しのけて入って来ちゃう。 – Even though the gate is carefully wrapped with wire, it comes in by pushing the bottom corner of the wire.

困ったことに、網は外に曲がらないから、外には出られないんだなぁー。 – Unfortunately, the flower thief can’t go out once it comes in because the wire won’t bend outward.

バンちゃんと一緒に庭中を追いかけてようやく追い出しました。網の隅も補強して、再び挑戦です。 – Banchan and I spent a while chasing it all over the backyard. Finally we got it to successfully leave.  We have reinforced the corner of the wire.  It’s like a war between the cottontail and us.

今度はデイジー。頑張れ! – Daisy, it’s your turn now.  Live well!

夏が終わりスコットが消えた – Summer and Scott are gone


強い風が吹いていました。サソリのスコットは風を避けるためにジャバザハットの横の方に避難していました。冬になったらどうするのだろうと思っていたところで す。  – We had strong winds these past few days.  Our scorpion, Scott, moved to the side of the water-fountain, Jabba the Hutt, to avoid cold winds.  I was wondering what he would do when the winter comes.

翌朝、ジャバの回りを丁寧に探しましたが、スコットの姿はどこにもありませんでした。いつかこんな日が来るとは思っていましたが、実際に来てみると、予想以上に悲しい。 – Sadly, the day came.  We looked for Scott everywhere around Jabba, but had no luck finding him.  I mentally prepared for the last day, but it’s still very sad.

暗闇でもブラックライトを当てるとこんな風に見えます。With a blacklight, you can see it even in the dark.

夏が終わったからサソリのスコットがいなくなったのか、スコットがいなくなったから夏が終わったのか?  – I wonder what the relationship is between summer and Scott.  The summer has gone and, or is it because Scott has gone?

水面を見つめるようにじっとしていたのでナルシストかと思いました。Because he positioned himself to see his own reflection on the water surface, I thought he is a narcist.

念のため、ジャバの回りのアイビーを刈り取って見ました。それでも見つかりませんでした。- Just in case, I cleared the Ivy around Jabba, but no luck finding him.

Before

様々なウェブサイトによると、冬は暗く暖かい場所を見つけて冬眠すると言われています。ふーむ・・・  – According to websites, Scorpions hibernate by moving into a dark and warm place.  Where could he find around here?

After

まさか家の中に入って来てるなんてことないと思いますが、少し気になる。先日のタランチュラがどうやってベッドルームに入って来たのか、未だに不明だし、トカゲはどうやって家の中から脱出したのかも不明です。  – I hope Scott did not come inside our house.  We liked watching him on top of Jabba, but definitely not inside!!!  I can’t remove this possibility 100% because we still don’t know how the Tarantula came inside the bedroom, plus it’s still unknown how the lizard disappeared from the tightly closed room.

日本の諺だけじゃなく、私の尊敬する例の「アルケミスト」で有名なパウロ コエーリョも言っていますね。「2度あることは3度ある。」- Not only is there a saying in Japan, but Paulo Coelho who I respect and is known for the book “Alchemist”, is also saying “Everything that happens once can never happen again. But everything that happens twice will surely happen a third time.”

ない、ない、絶対にない〜!    No! Not for this case, it won’t happen!

夏の終わりを告げるためでしょうか。ベッドルームの脇、名前がわからない低木がラベンダー色の花を一斉に咲かせました。夏の終わりに最後の力を振り絞っているようです。 – We still don’t know the name of the bush right by our bedroom window.  It suddenly started blooming so gorgeously as if it used the last bit of mighty power to show off its beauty at the end of summer.でも、1-2週間ほどで散っていきました。秋バージョンの桜みたいな咲き方ですね。 – But the petals fell off onto the ground in 1-2 weeks.  It is like the Autumn version of Cherry blossom the way it came and went so quickly.

 

再び静かになったトカゲの国


先週はカリフォルニアから友人二人が遊びに来てくれました。

たった一人で寂しかろうと、楽しくワイワイ女子会の90時間。買い物に料理、そしてワイン片手におしゃべり。

そんな楽しい時間も過ぎ去って、静かなトカゲの国に戻りました。

そして、明らかに季節の変化が見えます。ユッカちゃんはもう最盛期が過ぎて鼻がポトリポトリと落ち始めてます。

Desert Willow も大方花が散りさってしまいました。

隣の家のSaguaroの花が咲き始めました。昨日見た花はすでになく、本当に一年に1日しか咲かない。頑張って明日は見逃さないようにしなくちゃ。こんなに大きくなるまで何年かかるのかなぁ。

ということで、庭の鉢に植えてあるパンジーとはサヨウナラの時が来たようです。そこで、こんな感じにアレンジしました。

どんな花が似合うのかまだわからないので、とりあえずパンジーとは全く違った感じの花揃え。ちょっとショボいかなー?

こちらは可愛らしく根付いてくれました。

それから、アガベもゲットして来たよ〜!欲しかったんですよ。私が欲しい種類がなかったので、とりあえずシャークスキンという種類。前庭に植えたい。

ところで、今日はすごーい体験をしてしまいました。

裏庭の右手、あまり行かない場所の方でバサバサ凄い勢いで何かが起こっていました。ちょうど花を植え終えて、やれやれ、腰が痛いなーと思っていたところ。突然バサっ!白地にまだらの茶色っぽい点々の鳥、まさに鷲が塀に舞い降りたんです。Cooper’s Hawk みたいな感じ。じーっとしていましたが、向こうも動かない。

そこでソロリソロリとパティオのドアを開けて中に入って一目散にカメラを取って来て見たら、当然ですが、いなくなってました。あーあー、何事が起こったのかな。獲物を見かけたのかな?と、窓の外を見ていたら、再び突然、今度は私を威嚇?観察する様に、窓の近くまで飛んで来てそのまま飛び去って行きました。あの迫力はすごい!

当然、一枚も写真は撮れてません。

この巣箱がある方の庭で起こりました。覗いてみると鳥たちが騒いでました。もしかしたら、これが目当てだったのかな?

ただそこにある


20180626-2.jpg

土曜日にみた生まれたばかりの雛。暑い日を無事に生き延びて欲しいと思ってた。20180626-1-2.jpg

今日は、もう見えなかった。無事にいるのだろうか。そんな思いを抱いて裏庭に出たら、用済みの鳥の巣が落ちていた。20180626-1.jpg

元気〜!と主張している多肉植物が隣にあって、20180626-3.jpg

春は過ぎて夏が突然来ていた。みんな、ただ、そのままそこにあった。20180626-5.jpg

そして、慌てて家の中に入ろうとした私は捻挫してしまった。ううう〜。今夜のダンスレッスンは完全にキャンセルとなる。早く治って欲しい。

また来てしまった新年


クリスマスも慌ただしくすぎ、年末、年始はモントレーに恒例となったダンスパーティーで踊りまくり、疲れ果てて帰って来たらすっかり風邪をひいてダウンです。

雨が続き草木が嬉しそう。雨上がりにふと外を見ると、庭が輝いてる。やっぱり新年が来たのかなぁっていう気がする光景でした。

20170102-_ma_9327

友人Kがアレンジしてくれた花。バリバリに気合が入っている彼女を見ると、勇気と元気をもらっちゃいます。

20170102-_ma_9363

まだ喉が痛いし、フラフラしてるのでもう少し寝ています。始動開始はちょっと送れますが、2017年、失敗を恐れず、飛躍の年にしたい!

20170102-_ma_9365