Tag Archives:

恐竜を求めて – Meeting Dinosaurs


久しぶりに旅に出ました。旅は約一週間ほどでしたが、盛りだくさん。- We went out for a short trip for the first time after a long time. It was only about a week, but quite intense and fun.

まずは北東、ユタ州とコロラド州の境にある、恐竜国定公園に向かいました。- We went to Dinosaur National Monument located at the border of Colorado and Utah.

公園が近づいてくると恐竜がここかしこにいて、私たちを迎えてくれました。期待度がどますます上がって行きます。- When we got closer, we found welcoming dinosaurs here and there. This raised my expectation higher and higher.

下の写真、この建物がメインアトラクションと言っていいでしょう。恐竜の化石満載の壁を囲むようにして建てられ、多くの化石を保護しているからです。- The picture below shows the building which is one of the main attractions of the park because it is built around a large intact wall of fossil bones.

1909 年に最初の恐竜の化石がこの地で発見されてから、何百という骨がアメリカ中の博物館に展示物として送られました。この公園があるジェンセンという町は、まさに恐竜発掘のメッカです。- Hundreds of dinosaur fossil bones were found from here and sent to museums all over America as exhibits. The town of Jensen next to the park is literally the place of Dinosaurs.

勿論、まだまだ多くの化石が地面の中に眠っていて、発掘作業は続いています。- Of course, the excavation of fossils are still ongoing as many more bones are in the ground.

ちなみに、バンちゃんは古生物学が大好きで、アルゼンチンまでボランティアとして発掘作業に出かけていった経験があります。- By the way, Banchan loves paleontology and has experienced digging fossils as a volunteer in Argentina.

残念ながら、時間がなくて公園内の探索はできませんでしたが、またぜひ訪れたいリストに入りました。- Unfortunately we ran out of time and couldn’t explore the park more. So it is now in the list of “Want to go back to places.”

その日に泊まった宿の外、絶対に欲しい車椅子に出会いました。車輪はキャタピラで、上り降り、多少のでこぼこ道も自由自在に動ける電動式。- On a side note, I found an amazing gadget. It is a wheel chair that was in front of our cabin for the night. The wheels are basically caterpillars and it can travel on many types of terrain freely. It is electrically powered by a battery. I want this!

あー、これだから旅は面白い。オフロード車椅子みたいな格好いいものまで発見できるんだから!- Isn’t it great to be on the road again and to be able to see things like this, “Off-road Wheel Chair!”

4850マイルの旅


旅から帰ってきました。
家はやっぱりいいな。落ち着きます。旅先で体調崩したので、尚更。暴飲暴食には気をつけましょう。

さて、本題。
走行距離4850マイルとなった、ニューメキシコ、テキサスの旅。
2語で表すなら、鳥とカレイドスコープの旅とでもしておきましょうか。
ちなみに、4800マイルがどのぐらいの距離かというと、アメリカ大陸を横断して、帰りの道の途中ぐらい。
日本の最北端から最南端までは3000kmと言われています。4850マイルは約7800kmですから、日本を北から南まで往復してもおつりがくる距離ということになります。

20160928-_ma_3290どーりでー。

長いこと車に揺られ続けて「陸酔い」になってました。

5000枚の写真の中から、今日のブログにふさわしい一枚を選ぶとしたら
・・・難しい・・・

この方、ロードランナーさんに登場してもらいました。
今回、初めて撮れた鳥です。

さあ、明日からボチボチ旅のこと、書いていきます。

夏の終わり


もう時間がありません。明日から再び旅に出ます。

だから、大切に育てた朝顔ちゃんも明日から3日分ぐらいの開花を予想して剪定しました。寂しさが一層募ります。20160921-_ma_1938それでも、こんなにまだ咲いていてくれている。
たった1日しか咲かなくて、翌日には花殻となってしまう花。その儚さと逞しさに感動した毎日でした。ピーク時には436輪も咲いたんですよ!
2.5週間後、再び帰ってくる頃にはどうなっているんでしょうね。お隣さんに毎日様子伺いしていただくことにしましたが、どうなることでしょうか。20160921-_ma_1939賑やかだった裏庭も、少し寂しそうです。
水浴びをしに来ていた鳥たちも、どこへ行ったのでしょう。あまり見かけなくなりました。20160823-_mg_8972

先週の土曜日に、結婚式の写真を撮らせていただきました。もう、ドキドキ。でも、陽気な音楽家たちの集まりだったのでとても楽しく過ごせました。その時の写真は公表できませんが、これぐらいならいいでしょう。_ma_0604
こんな私でいいの?と思いながら全力投球しました。それでも力不足、思慮深さに欠けること、たくさんありました。本当に貴重な経験をさせていただきました。写真だけじゃなく、むしろ、それ以外の事の方が大切なのかもしれません。たくさん勉強になりました。
今、ファイル転送をしていますが、15GB以上もあるので16時間以上かかります。明日の朝までには終わるでしょう。

旅に出る前はいつもバタバタします。幸い、車での旅なので、パッキングの心配はあまりありません。それでもこういう時、人生の取捨選択みたいに必要なものだけ選び出すんです。これからの私の人生、何が必要なんでしょうね〜って。

冬が来る前の旅。夏の名残がいっぱいある中の出発です。

旅の準備


楽しい休みも終わり、わずかながらも仕事が明日から始まります。

Fitbit の 24K ヨセミテ国立公園の Valley loop も無事完了。次のチャレンジは42kなので明日以降に保留です。24%ef%bd%8b

今日は年老いたミヤタの6ヶ月点検のため、マツダディーラーに来ています。エンジンチェックランプも先週から点灯していたので少々心配です。そんなわけで、待ち時間にこのブログを書いています。

旅の季節。昨日は1日かけてこの地図を書いていました。nmtripmap

何をかくそう、(全然隠してないって)こんなに歩いている理由はこの旅の準備だったんですね。

今回の目玉は6つ。Rio Grande 川沿いにある Bib Bend 国立公園、El Paso (仕事がらみ)、熱気球ジョージオキーフTurinity原子力爆弾テストサイト、そしてMesa Velde国立公園と多様です。

とりわけ、期待度が大きいのはBig Bend 国立公園です。この公園はあまり人の訪問はありません。なぜなら、テキサス州のはずれ、Rio Grande 川がメキシコとの国境となってる、不便な場所だからでしょうか。それ以外はこれといった目玉がない(ように見える)ことも挙げられます。

でも、ただ一つ有名なのは、鳥たちの訪問量の多さです。アメリカ全土の鳥の3分の2ぐらい、450種類の野鳥が観察できる場所なんです!なんで、なんで〜?

なぜなら、毎年春と秋にある恒例のアメリカ大陸移動の中継地点に位置するからです。それプラス、気候の多様性も助けてくれているらしいです。

行く前から知ったかぶりなことを書いてますね〜。旅の計画のために調査が必要だったってこと、言いたかったのね。よくやったよ、自分!

・・・と書いていたら、マツダディーラーのお姉さんが来て、ブレーキ変えた方がいいし、エンジンの点検も含めてあと4-5時間かかる・・・だって。トホホ・・・コストも心配・・・

なぜ旅するの?


知らない土地へ、まだ見ぬものを求めて出かける。
新しい物、古いもの、刺激と感動を探してる。
この道の果てには何があるのか、好奇心でいっぱい。20160401-_MG_5073-2

醜いものはちょっと苦手、美しいものを探してる。

20160329-_MG_4481

Sunset at lodge by John Day River.

憩える場所も探してる。

20160330-_MG_4680

自然にチャレンジしては、到底かなわない事を再確認しようとしてる。20160401-_MG_5081

20160329-_MG_4400私たちの旅は質素です。

最初と最後は、大抵ちょっとましなホテルに泊まりますが、中間はショボい所です。
20160328-_MG_4397

家に居る方がずっと居心地がいいのにね。
寒くて不便、でも周りには素晴らしい光景が広がるから来てしまう。

20160329-_MG_4632

The lodge we rent stands right by John Day river.

そして、二人でいるからどこにでも行ける。そんな勇気が湧いてくることを再確認するために旅に出るのかもしれない。

20160331-_MG_4984

熊野古道2


熊野本宮大社
天皇家の人々は今でも御参りなさるし、お墓もあるので当然、御紋は菊花・・・でしょうか。三つ巴でしょうか。きっと両方とも使える許可が下りているんでしょう。
どうもこの辺の御紋の扱い方はわからないなーと思いつつ、スーッと忘れて次へいきます。
20150318-IMG_1836
現皇太子様もいらっしゃったようで、記念樹も植えてあります。
20150318-IMG_1840
雨の中を参拝される方はほんのわずかです。京都の人混みからは想像もつきません。
20150318-IMG_1838
雨が本格的に降っていたのでたいした事はできませんでした。それでも頑張ってパチリパチリ。

20150318-IMG_1839実はここでばんちゃんはカメラを落としてしまいます。レンズを換えようとしていたんですね。彼の顔が10秒ほど凍りつきます。私もギェ~と叫びたいほどの衝撃でした。
20150318-IMG_1844
でも、両側コンクリートの間の幅20cmぐらいの砂利に奇跡的に落ちてくれたおかげで、多分大丈夫だったのでしょう。もしもコンクリート上だったらここでアウトでした。

さて、このバンダナに書かれている言葉、面白いです。
20150318-IMG_1834
神仏習合なんですね。こうしてはっきりと書かれているのを見るのは初めてです。

この長い階段を下りていくと正面の大鳥居があります。
20150318-IMG_1846
バスの時間を気にしながら、先を急ぎます。次のバスを逃すと宿にはたどり着けませんからね。宿は川湯温泉の富士屋。
20150318-IMG_1899
まずは温泉につかり、お夕食。旅館の定番、懐石風料理は後から後からどんどん出てきます。私は美味しくいただきましたが、ばんちゃんは苦戦したようです。
20150318-IMG_1853
翌日も雨。
20150318-IMG_1866
20150318-IMG_1874
朝食もあまり食べられなかったばんちゃん。
20150318-IMG_1870
そこで付き合ってホテルのカフェでコーヒーへ。実はこのコーヒー、衝撃の美味しさで、おかわりをいただきました。人里離れたこの地で予想外の出会いです。そして、共に出てきた炭のマドラーも気に入ったのでお土産用に買ってきました。
20150318-IMG_1887
さて、雨もやまないので予定していた山道コースをキャンセル。どこへも寄らず京都へ帰ることにしました。
20150318-IMG_1868
ばんちゃんはホッとしていたようでした。忙しく移動するのはやはり大変ですね。
20150318-IMG_1891
ホテル前でバスを待っていた時の事。
20150318-IMG_1908
雨に煙る山のかなたからやってきたサギ。さすがに大きな鳥は雨でも平気なんですね。優雅に別れを告げにきてくれました。
20150318-IMG_1915
特急「くろしお」のマスコットの椅子に座って結構ご機嫌な私達。
こうして熊野の旅が終わったのでした。他の写真もflickr: Kumano Kodo にアップしました。

明日からは京都編に移ります。

旅、持ちかえる物と残してくる物


オリンピック国立公園の旅から帰ってきました。
長かったような短かったような、いつも感じるあの感覚。
1600枚強の写真と共に帰ってきたんですが・・・
やっぱり。
クジラとハクトウワシを追いかけて、撮りたくて連写をし続けて、その挙句なんです。

で、さっきザクザク処分して300枚程度になりました。まだ、かなりの量ですが、10日分だし、いいことにしましょう。

とりあえず、今日はこの一枚だけ。
Lake Quinault Lodge のラウンジにあったティッシュボックスです。
カルトナージュの箱作りにはまっていなかったら、きっと見過ごしていたにちがいありません。20140722-IMG_5922

シークに目立たずに、でも、気品を持ってそこに存在する。家具と同じ色だからでしょうか。木彫りの装飾は華美でもメープルカラーが部屋に溶け込んでいます。
何人の人が気がついたでしょう。必要でなければ気がつかない。それでいいんですね。
今度、ぜひそんな箱を作りたい。自分の部屋にマッチした、謙虚な主張のできる箱。

さて、こんな言葉、聞いたことありますか?

Take only picture, leave only footprints.
(ゴミなど捨てず、足跡だけ残して帰りましょう。また、花や種、公園内のすべての物は持ち帰らないこと。持ち帰るのは自分が撮った写真だけ。)

今回、この言葉、ググッときてます。なぜなら、20140728-IMG_7041
– お気に入りの麦わら帽子、どこかに残してきてしまったー
– ビーチで拾った小石、写真を撮ったら残そうと思ったのに忘れて、そのまま持ってきてしまったー

帽子は仕方ないとして、持ってきてしまった石、いつか返しに行けるかしら。。。せめてそれまで、大切に保管しておきますね。