Tag Archives: カウンタートップ

同じとは思えない


御影石をキッチンカウンタートップに使ったことはすでに書いたんですが、バスルームのカウンタートップは最後まで迷いました。なぜなら、二人の意見が一致しなかったからです。
でも、大量に残ってしまった御影石を使うことで意見が一致、結果はとても満足いくものになりました。
20141002-20141002-20141002_161835-Edit
なるべく白っぽい部分をバスルームに切り取りました。チョコレートブラウンのキャビネットに合わせたかったからです。結果はご覧のとおり。
Before
vanity
After20141016-IMG_7777

さて、今日は金曜日。昨日プラマーが家の外壁に大きな穴を空けたので、今日はその修復があるはず。まだ来ないなー。そわそわ。
明日は華麗なる舞踏会。心の準備をしなければ。そわそわ。
だから、今日はこの辺で草々。

40億年前に想いをはせる


んなことできるわけないっしょ。想像の域をはるかに超えてますね~。

40億から6億年まえまでを先カンブリア時代と呼ぶようです。
まだ地球はマグマの海で覆われていた頃。それがやがて様々な過程を経て海になった頃。初めての生物が生息し始めた頃。
そして、花崗岩はそんな頃に生成されたんですね。

日本では御影石と呼ばれているこの石、アメリカのキッチンカウンタートップ用として根強く人気ナンバーワンに君臨しています。私達もトレンドと共に豪勢に2枚も。キャビネットの次に高い買い物となりました。このスラブにはNetuno Bordeuxという名前がついています。

20141002-20141002_161835

工場で最終確認です。ああでもない、こうでもないと、カウンターのテンプレートを置き換えて、ベストフィットを探します。40億年前に作られた模様をどう料理しましょうか。

20141002-20141002_161842

結局、こんな感じに落ち着きました。

20141002-20141002_162043

カウンターの縁の模様もいろいろあるんですね。
突然聞かれても迷ってしまいます。

20141002-20141002_161819

で、結局この一番面倒くさそうな模様を選びました。

さて、このカウンターに関しても、苦いエピソードがあります。

作業はものすごいスピードで進行して行ったんですが、カウンターに板をのせた時に、
「これでいい?」
と聞かれた記憶があります。当然いいよっていってしまったんですが、その質問の意図は、
「デザインとは違うけど、これでいい?」
という意味だったんですね。そんなのぜんぜん気にしなかった私。出来上がってからばんちゃんが
「このカウンターの幅、広過ぎない?なんか不自然じゃない?」とコメント。

それからスッタモンダです。もう一度やり直すにはどうしたらいいのか、やり直しには2000ドルかかる、などなど。
20141016-IMG_7866あ~も~、さすがの私もまいった~。

結局、2000ドル出してやり直す価値無しとみて、そのまま。
私としてはその方がよかったんですよ。
だって、広~いカウンター、きもちいい~。

まだまだたくさん残ってる花崗岩。
窓の桟にも使ってみました。いけますね。

 

Before
20140914-IMG_7085
After
20141015-IMG_7723

Before
20140914-IMG_7083
After
20141016-IMG_7825

Before
15420839047_c59111efc5_o.jpg
After
20141015-IMG_7739