一枚布のカルトナージュテスト


20140317-CAM00731

Green Giant の冷凍野菜の箱を使って、一枚の紙の展開図から最終の出来栄えがどんな風になるのか、どの辺が難点となるのか、またどの程度の布の節約になるのかテストしてみました。

冷凍野菜の箱はこのように展開図になるように切り開きます。

一枚のバンダナを外側に使いました。

20140318-CAM00736

何も切らないから、その辺はメッチャ楽。

そして、一枚のハンカチを内側に使いました。

こちらは仕方が無いので小さい紙に順次布を付けていきました。

難しい所は角の処理。

20140317-CAM00732

角を作るタイミングは布の端を折り曲げる時。

形を確定してから布を貼り付けるわけではないので、強度は低くなり、形が崩れやすくなります。

でも、確かに断然スピーディーにできるし、洗練された美しさを求めなければ、布も節約できるという利点あり。

また、それほど大きな箱でない時にもこの方法、いいかもしれません。

ちなみに、箱を解体しなくても、一枚布、使えます。ちょっと扱いにくいって感じなだけかな。

お弁当箱みたいな箱、一丁あがり。

20140318-CAM00737

格好がいいわけじゃないけど、せっかっくだから何かに使ってあげましょう。

ということで、このテスト、一応成功ということにしておきましょう。

んじゃ、次の靴箱、一枚布で作ってみる?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください