ステキ女子


20120503-IMG_2716昨夜、頼まれてIntel 本社で行なわれた Technovation National Competition のカメラマンをしてきた。
知らないと言うことは、時に無謀すぎて、結果、立ち直れなくなる。
でも、時に異常なまでのパワーを発揮して、次のレベルへと進むことができるチャンスだ。

ローカルの集まりだとばかり思ったので、軽く引き受けた。ところが、とんでもなかった。
集まった11組の高校生女の子達は、それぞれの地区の予選会を勝ち抜いてきていたのだ。
昨夜は、その最終審査の日だったのだ。

これはすごい。行ってから、汗をタラタラとかきまくり。
ついさっき、flickr にアップした写真を主催者に見せた。

夢中だったことと、暗かったことで、質が非常に悪い。
フラッシュなし。ISOを上げられるところまで上げた。Fストップは3とか4。
幸い、ばんちゃんに2台目のカメラを借りていたので、レンズの変更をする必要がなかった。あの状況下では、とても助かった。結局三脚は使わなかった。

今、見直してみると、ストーリーがあまり見えない。
こんなにキラキラの高校生、ステキ女子を前にして、撮れなかった。
優勝したチームの成果は製品として出荷してもらえる。斬新なアイディアをどこまで出荷レベルに持っていけるか、また、どんなにマーケットリサーチできるか、セールスピッチ、これらすべてを競い合う。

悔しいなあ。リクエストを消化して、かつ、おもしろいショットを撮るのは、こんなに大きな催しで一人は、辛すぎ・・・と、文句を言ったら成長がない。何をどうしたらいいか、考えよう。
ひたすら撮り続けて1000枚近くになった。
それを200枚に減らした。中でも私が好きなショットは、数枚だけかもしれない。 とにかく、暗いものは明るく、どうにもできないもの、ぶれまくれのものは削除した。疲れた。

さて、私はもう、立ち直れないのだろうか。それとも、次のレベルへ進めたか。。。?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください