いよいよ出発


いよいよ明日、仕事の後即出発となる。
大方準備ができた。心配なところは3泊目から4泊目。
Furnace Creek の心地よいロッジを出てからの旅だ。

Racetrack 近辺にはキャンプ場はなく、2マイル以内のキャンプは許されていないことがわかった。だから、水もトイレもない。シャベルで穴を掘るしかなく、トレぺは燃やす。

その後、さらにオフロードをうねうねとゆっくり走り、Saline Valley の砂丘を見て、Eureca Duneでまたキャンプする。
ここが一番心配な場所だ。

ガソリンもタンクに入れて持っていく。スペアタイヤもある。が・・・
何かあってもレンジャーが来る場所でもないから、誰かが来るまで待つしかない。勿論、携帯は使えないのだ。
ばんちゃんの運転をそこまで信頼できる・・・?

この質問は究極のところ、
「道路の反対車線を走ってくる車の運転手を信頼できるのか?」
と聞くのと同じようでもある。誰かの口癖、Preposterous!

まあ~、人生も同じようなもんだ。
しっかり準備しても、安全だと思っても、事故は起こりえる。じゃあ、やめるの?
そんなんじゃないよね。
生きるという事は、チャンスを掴んで前に進むこと。ちょっと怖い時は、その向こうにあるワクワクを思い描こう。
フム、旅の前に私の人生、再確認ね。今ドキドキ、ワクワク!

次は服の準備。悩むところだ。真夏と真冬の究極の準備が必要なんだって。
だから荷物はどんどん膨れ上がった。車に入りきれるかな。XTerra の屋根に積み上げますか。

Death Valley ミニ知識:

4月の最高平均温度は90.5F (32C) 最低平均温度は 62.1F (16.7C)
これはFurnace Creek の温度だ。だから、Racetrack やEureka のような高度のある場所はもっと低くなる。
ちなみに、最高記録温度は4月でさえ 111F (42C) 。
また、一番熱い月は7月で、 134F (57C)と記録されている。 まさに死の谷だ。

この地図には載っていないが、ぜひ立ち寄りたいところが一つある。Manzanar 
第二次世界大戦中に、アメリカに帰化した日本人たちが強制的に移動させられてきた場所である。アメリカ全土に10箇所ぐらいあったらしい。思い出したくない歴史の一つだ。

シエラネバダ山脈が一望できる、すばらしい場所だ。アラスカを除いたら、アメリカで一番高い山、 Mount Whitney が目の前に見えるのだ。観光としてならいい。でも、半ば強制収容所のような生活を強いられた人達にとって、この自然は厳しかったろう。どんな景色が見えたのだろうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.