生き返った鯉のぼり


水曜の夜の映画会は号泣した。
一晩だけの特別上映、Pray for Japan という去年の東北大震災後のドキュメンタリーをCupertino AMC Theater に見に行った。アメリカとカナダ、UKの各 17 箇所のAMC Theater の好意により、同時放映が実現した。

震災に遭われた方々、地域を立て直そうとする方々、ボランティア活動をする人々、その3つを機軸に編集されたものだ。作品構成、映像、歌、音声、すべてに甘さが見える、アマチュア感のあるものだった。映画の質は、はっきりいっていいものとはいえない。

でも、心があった。
みんなの善意で作られ、上映されたからこそ価値があった。

世界中の人々が、何らかの形で苦しい状況にいる。
だから、日本だけが特別なわけではない。
明日を信じて、たんたんと前に進む姿に胸を打たれるんだ。

一瞬で無くした豊かな生活。その落差に、絶望する。
困難な状況が大きすぎて、長い闇を手探りで、とにかく歩いた。
そんな中、黎明をみる。
まだまだ闇は続く。でも、希望を捨てない。
何が彼らに勇気を与え、立ち上がらせたのか。

瓦礫の下から発見した鯉のぼり。
言葉にならない。
家族も喪い、家も無くした若者が、青空に放った。
流れ行く風が鼓動となって、生き返った。
希望が見えたよ。

私にできること、それは東北に行って泥かきをすることではない。
今を、感謝を込めて、私のベストで生きることだ。
苦しいことも、楽しいことも、人を思いやることも、みんなひっくるめて生きることだ。

もっと上映できる機会があればいいのにな。DVDができればいいのにな。
だいちゃんにも、ばんちゃんにも見てもらいたい。私の中に流れる血と同じだよ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください