大ちゃんが来た


ズボンがないということで、買いに来た。
いつものようにランチを食べながら、たくさん私の知らない彼の世界を話してくれた。

今回の話題の中心は、今彼が受けているクラスのこと。
Voice and Diction というクラス。
なんじゃ、それ?初めて聞いたクラスなので、質問の嵐。
私には無縁のようでもあり、よくよく聞いていくと、使えそうな分野でもあった。
要するに、声の出し方、話し方、どうやって人を引き付けるか、話術の勉強のようなものでしょうか。舞台に立つのが好きな子だから、こういうクラスに興味をもつのは当然でもある。

同じペースで話すのではなく、強弱をつけて、ペースを変えて話す。
その為に、声が出る体の仕組みから、音韻学、言語学にまで触れているようで面白そうだ。
ちなみに、こういうクラスの試験はどんなものか聞いてみた。
基本の声帯、音韻、言語学関連は筆記試験になるから覚えなければいけないが、一番大切なのは実際のプレゼンテーションだということだ。

例えば、シェークスピアのある一説のくだりを使うとしたら、最低2人分の役を一人でしなければいけない。しかも、シェークスピア時代の英語なまりを徹底的に研究しなければいけないらしい。だから、台本を覚える必要はないけど、話し方すべてを研究する必要がある。台本の持ち方で、声の出方も変わるから気をつけなければいけない。

大ちゃんは、なまりの勉強をするより、もっと話し方に焦点を合わせたいから、アメリカ英語の標準形で3人が登場するプロットをするらしい。先生は目を閉じて聞いているから、ごまかしが聞かないテストとなる。
いや~、楽しそう。私もテストの時には、立ち会いたいくらいだ。さすが、アメリカの学校はジャンルを超えて、いいクラスがあるね。舞台、放送メディア関係につく人だけではなく、ビジネス、教職、その他、人と積極的にかかわっていこうと思う人には、使えるクラスみたいだ。
01
2年前の舞台の写真を懐かしく見直してみた。彼、やっぱり好きなんだよね。

彼がこのクラスを選んだ理由は、先生になりたいからだって。まだ先生志望をあきらめていないのはうれしい。でも、何を教えるんだろう。。。最悪、テニスがあるけど、生活できそうもないしねー。

今のテニスのアシスタントコーチのアルバイトは、彼にいろいろな事を教えてくれているようだ。
長いこと続けてきた唯一のもの。その甲斐あって、それなりの還元、成果があったようだ。
その関係で、彼は生徒とのダイナミックなコミュニケーションを持てる仕事、つまり先生になりたいと言っていた。

ちなみに、普段はくズボン2本とスーツ一式を買って帰っていった。
どうやら、この冬のダンスパーティーはフォーマルになるらしい。
ガールフレンドはまだいないと言っていたけど、デートをする女の子はいるのかな。
イエローストーンで出会った彼女とは、まだ時々メール交換してるって。うひゃ!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.