Yellowstone 5 宿泊


旅行計画を立てたのが遅かったせいもあり、宿泊場所を探すのにかなり苦労した。
少なくとも3ヶ月ぐらい前には予約を入れておかないと苦戦を強いられることになるんだろう。

私達の苦戦の結果は、移動を何回も繰り返すことになったが、それなりに悪いものではなかった。
まず、West Yellowstone、そして北上し、Gellatin、牧場、再び南下して、West Yellowstone、Jackson と4回も移動した。往復の移動中も入れたら8回になる。

20110723-IMG_0221

中でも印象に残る所は Gellatin の貸家である。
GPSにも載ってない砂利道を登っていったところにあった。ちょうど空模様も悪くなり、ポツリポツリと雨。もう、あたりは暗くなりかけていた。
少し不安にさせてくれる概観に、お化け屋敷のようだ、と誰か。中に入ると空かないドアがある。その向こうに何があるのか・・・外から見ると二回があるようだが、窓は板で覆われている。そんな窓どころか、階段など、どこにも見当たらない。
・・・ふ~ん・・・
そして、バスルームは一つだけベッドルームにあった。不安・・・じゃなかった、不便・・・でした。
でも、ここで若者二人は美味しい夕食を作ってくれた。休暇にはこんなにいいこともあるんだね。
グリルドチキンとアルフレドソースパスタ イエローストーン風って感じ。

20110724-IMG_0224

2泊した後、さらに奥まったところにある牧場に向かった。
2日間も馬に乗ると、かなりお尻と内股が痛くなる。 足の短い私には特にきつい。それに、虫、虫、虫!

でも、夕日を受けての夕食、雑談したり歌ったり、しばしのくつろぎの一時は、記憶に留めておきたいものだった。

その後、山から下りると、川くだりが待っていた。川を下り、途中で一泊キャンプ、さらに下った後、帰ってくるというもの。残念ながら写真はまったくない。カメラ、危険ですから。
ウェットスーツを着て、ボートでの注意事項を聞き、ドキドキしながら始まった川くだりだが、予想外に荒くはなかった。男性組みは全員、川に落ちたけどね。
あ~、あの時のみんなのマッサラな顔、正真正銘の驚きと笑顔、絶好のショットになりえたはずだ。まさにYellowstone川を肌で感じた瞬間。ハハハ。

川辺でのテントの一泊は、高校時代の山岳部での経験を呼び起こす。地面に寝ると、虫とかクモが気になるが、土の匂いがなつかしい。
・・・よく言うわー。毎日じゃないから、そんなこと言っていられるんでしょ~?・・・はい。

しっかし、牧場でも川くだりでも、付き添いのお兄さん達はたくましかったな~。人懐こく話しかけてくる。まだ大学生で、話し始めると幼さが見えるのに、10歳年上に見える。シリコンバレーのボクチャン達とはぜんぜん違う。厳しい自然がたくましく育ててくれるのかな。一ついえることは、コンピュータゲームを家の中でしている暇はないということ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください