観察する


2日間ビッシリ観察する事を練習した。Ramrod Ranch は Carmel Valley のど真ん中にあって、1500 エーカーという広大な土地を所有しているブルースの好意で行われた。そこのキャビンをベースキャンプにして参加者4名、写真家のオリバーとブルースを合わせて6人のキャンプだった。

20110507-CIMG3158

500mm のレンズを三脚とフラッシュ、チャージャー、その他もろもろと共に担ぐ。

20110507-CIMG3170

広大な敷地の一角にカモフラージュ用に、テントが設置される。

20110507-CIMG3168

1000 枚以上の写真をテントの中に身を隠して撮り続けた。
夜はクリティーク。
久しぶりに3日間シャワーせず、服も下着も替えない一時を過ごした。
フュ~~

私情を入れずに観察するのは難しい。 鳥の駿足に会わせて500mm を回してフォーカスするのは、まさに練習なしではできない。それでも、さすがに終わりのころには、みんな一斉に同じ鳥を撮っていたりすると、クリックの音がほとんど同じぐらいになった。
たぶん、1500枚ぐらいあると思う写真の整理は時間がかかりそう。
私の鳥物語がどんなものになるのか、まだわかってない。 でも、私の中の写真に対する考え方が大きく変わったような気がする。編集後の写真を見るのが楽しみだ。

そういえば、とんでもないことが起こったんだった。カメラのバッテリー充電器を忘れて、私の T1i は半日で使い物にならなくなった。だから、ばんちゃんの 5D Mark II を急遽使わせてもらうことになった。ところが、どうしてだか、いまだにわからない。連続シャッターを使いすぎたからかな?まさに、そのシャッターがレンズを取り外したときにポロリとこぼれ落ちてきた・・・・真っ青。どうやら、使い始めて1日で壊れてしまったらしい。即ブルースに相談し、オリバーに見てもらい、なんとかその場は切り抜けた。でも、黙っているわけにもいかないので、ちゃんと話したよ。やはり、ひきつった顔してた。そりゃそうだろう。私も買いたいと思っていても、なかなか買えない高価なカメラだもの・・・
その後、カメラについてはタブー。起こってしまったことは仕方がないから、先に進もうね。

さーさ、OpenStudiosの準備の追い込みをしなければ!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.