It guided me here…


今日は、ばんちゃんと彼の友達とお昼を一緒した。オフィスがすごく近いから、これからも会おうと思えばすぐ会えそうだ。

久しぶりに、とてつもなくおかしなエンジニア達と話ができて、懐かしかった。そういえば昔、こんなんだったよね。トランスフォーマーの話を延々とする人、水色と黄色とオレンジのテニスシューズを履いて、ベビーシートを横につけてフェアレディーZを運転する人、それぞれが個性を丸出して、でも、すごく自然体。最近、私の回りには見かけなくなっていた。
そして、はたとばんちゃんを見てみると・・・おかしいな。すごくまともに見えた。いやいや、友達、同僚があんなにユニークなんですからね・・・まだまだ・・・ 楽しくさせてくれますね~。

ランチの前、約束のレストランを探していたら、案の定、迷子になってしまって、時間にも遅れて・・・少しあわてていた。それでも、ようやく近くまで運転していったら、ついにばんちゃんの姿を発見。
そして、まさにその時Ennio Morricone の曲がiPod からタイミングよく流れてきた。わ~。
その曲には美しい歌詞がつけられていて Celine Dion が歌っている。笑顔で手を振ってくれた彼の姿を見たら、その美しい歌詞が映画のシーンを見ているように、ゆっくりと頭の中でよみがえってきた。大切にしたい。
The hands of time would lead me to you
It guided me here
It knew you’d be here
I knew…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください