ただそのままで美しい


会社の帰り道、このごろはいつも思う。しばらく眺めていたい。ほんの5分もないだろう金色に輝く夕暮れの景色。

サンフランシスコ湾の一番奥に面した所に Alviso という町があり、そこに私の勤める会社がある。85号線に乗り入れる前の景色はいつも息を呑むほどの美しさ。残念ながら車を止めることはできない。だから、入り口の信号待ちで混雑している時ほどうれしくなる。特に今は夏時間になったばかりだから、7時過ぎに日が沈み、ちょうど帰宅途中の時間となるわけだ。夏になったら8時過ぎまで日が沈まないから、こんな景色は見られない。ま、それまで仕事をしていればいいわけだけど、そんな人は、まずいない。いつか、きっと写真を撮りたい場所。その5分でなくなってしまう瞬間を撮りたい。

そういうわけで、近所の写真を撮っている。そして、今はまさに最高の時なんだよね。ここ1週間以上、夕暮れ時はそわそわしてしまった。桜がいつ散ってしまうか、気になっていたから。そして、せっせと例のお気に入りの場所に通った。とはいえ、タイミングのいい時間にその場に居られたわけではない。だって、たったの5分程度だもの。歩き回っていたらすぐ消えてしまう。

ま、そんな時も終わり、ようやくPicasaにも載せる事ができた。桜だけのSakura 2010。私が見た、涙が出てきそうな美しさは、まだまだ捉えられなかった。修行せねば!10分の1、いや、20分の1ぐらいなら捉えられているかな。
24March2010-12

ついでに、先日行ったFiloli Garden で撮った写真もアップした。丁寧に手入れがされていて、花がいたるところに咲いていた。だから、私のようにSLRを持って写真撮るぞ~と、気合を入れている人が多かった。  Filoli という名前はとても変わっているので、パンフレットを時間をかけて読んでみたら由来が書いてあった。

その昔、Bourn という大金持ちがおりまして、その方が建てたお屋敷だったそうな。そして時が経ち、次のオーナーに買われ、今は寄付されて、公共財産となっている。彼はいろいろな事をして財を成した人らしいが、彼のモットーは、
Fight for a just cause; Love your fellow man; Live a good life.”
だったそうだ。そこで、それぞれの最初の2文字 “をとって Filoli と名付けた・・・と書いてあった。 な~るほど、うまいね。
もう一度行こうかな。でも、多分、それでおしまいかも。だって、あまりにも人工的に整頓されすぎているんだもん。

今、午前4時。写真の整理、編集は時間がかかるのだ。さて、いったいいつ寝ればいいだろうという時間だね。寝そびれついでに、それはそれは美しい、長ネギの写真を載せましょう。

 なんと美しい。こんなに清楚に穏やかに美しい。もう、長ネギは食べられません。ウソだけど。
去年、パティオの小さな鉢に植えておいて、そのまま放置されていた。それなのに、長い冬を一人で生き抜き、こんなに美しい花を咲かせた。もう、ひたすら感動!

今週末は、Shoreline Park に久しぶりに行こうと思っていたけど、どうかな。今日は、どっと疲れそう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.